アナと雪の女王のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アナと雪の女王
 > (レビュー・クチコミ)

アナと雪の女王

[アナトユキノジョオウ]
Frozen
2013年【米】 上映時間:102分
平均点:6.70 / 10(Review 138人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-03-14)
公開終了日(2014-07-16)
アドベンチャーファンタジーミュージカルシリーズものCGアニメ3D映画
新規登録(2014-03-11)【あばれて万歳】さん
タイトル情報更新(2017-08-29)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリス・バック
ジェニファー・リー〔脚本・アニメ監督〕
クリステン・ベルアナ
イディナ・メンゼル雪の女王/エルサ
ジョナサン・グロフ〔男優〕クリストフ
ジョシュ・ギャッドオラフ
アラン・テュディックウェーゼルトン公爵
キアラン・ハインズパビー
クリス・ウィリアムズ〔脚本・アニメ監督〕オーケン
神田沙也加アナ(日本語吹き替え版)
松たか子雪の女王/エルサ(日本語吹き替え版)
ピエール瀧オラフ(日本語吹き替え版)
諸星すみれアナ(少女期)(日本語吹き替え版)
根本泰彦国王(日本語吹き替え版)
多田野曜平ウェーゼルトン公爵(日本語吹き替え版)
最所美咲王妃(日本語吹き替え版)
木村聡子(日本語吹き替え版)
原作ハンス・クリスチャン・アンデルセン(原案)
クリス・バック(原案)
脚本ジェニファー・リー〔脚本・アニメ監督〕
音楽クリストフ・ベック
編曲クリストフ・ベック(追加編曲)
主題歌イディナ・メンゼル「Let It Go」
松たか子「Let It Go~ありのままで~」(劇中)(日本語吹き替え版)
製作総指揮ジョン・ラセター
制作ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
字幕翻訳松浦美奈
あらすじ
王女のエルサは触ったものを凍らせてしまう。両親はそれを呪いだと考え、人目から彼女を隠そうとした。大人になったある日、妹のアナとの喧嘩で、エルサは国民に正体がばれて失踪してしまう。妹のアナは姉を探すためにエルサの作った王国へと入っていく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
118.《ネタバレ》 一年以上前に劇場で観ました。その時すでに世間はブームも盛りのロングラン中。でも鑑賞後の率直な感想は「騒がれている程じゃないね」でした。気難しく見なければ穴の多い脚本も気になりませんが、同時に感動の域まで達することも無い。そんな印象でした。
魔法に目覚めた姉を世間から隠そうとした両親の方針に違和感を覚え、すぐに「おおかみこども~」との対比が浮かびました。本作に関しては隠すより活かす方法は無かったものかと思います。両親の判断は物語の発端としてオープニングで片づけられたまま再浮上することは無いのですが、何らかの方法で回収した方が作品に厚みが出たと思います。
この作品がヒットした要因に主題歌の力があげられます。その通りだと思いますけど、個人的にはその「分かり易さ」だと分析しています。ちょいと愚痴が混ざりますが、最近の日本の歌謡は私の耳には歌詞が半分も聞き取れないのです。BGM的に聞き流すものが好まれているのか、歌唱力不足を演奏で誤魔化しているのか…。いずれにしても歌詞からメッセージを受け取ることが困難で、バリバリの昭和歌謡で育った者にはとても物足りない状況です。そんな私に「ありのぉ~ままのぉ~」はとても分かり易くて、久しぶりに安心して聴ける歌だったのですよ。前後しますが吹替え版で観ました。松たか子さん、歌は本職じゃないけどいい仕事してました。
アンドレ・タカシさん [映画館(吹替)] 6点(2015-08-04 01:16:05)(良:1票)
117.《ネタバレ》 触れるものを凍らせてしまう魔法体質を持つ姫がそのことを隠してきたものの
戴冠式でばれて町中を凍らせてしまい山奥深くに姿を隠す。
姫の妹が姉を追うが暴走する魔法が妹を凍らせてしまう。
一方国を奪おうとする某国の公爵が乗っ取り計画を企てようとしていた。
といった話。
普通に面白かった。
SASUKEさん [DVD(吹替)] 6点(2015-06-25 00:06:28)
116.有無をも言わさせない展開の早さに、私自身の心が追いつかず、姉妹の辛く過ごしたはずの「時間の長さ」に共感出来ないまま、ラストまで突き進み、終ってしまった感がありました。設定はお城や魔法など古風ですが、出逢ってすぐに結婚したいなど、現在的な恋愛観を取り入れているところは、時代が変わったのだなぁと、つくづく感じました(私が年を取ったんだなぁとも実感しました。) 映像は美しく、雪や氷の質感は驚くレベルで、歌も楽しく、素晴らしかったですが、ディズニー作品にしては「作られた感満載のストーリー展開」には残念ながら、感動出来ませんでした。
sirou92さん [DVD(吹替)] 3点(2015-06-21 14:46:12)
115.《ネタバレ》 盛大にブームに乗り遅れて観賞。

まあ確かに、シナリオに関してはかなり欠陥だらけです。例えば、アナがエルサの魔法に関しての記憶を消された設定が全く活かされていません。幼少時代にアナを傷つけてしまった事故によりエルサはアナを避けるようになりましたが、結局アナは、エルサがアナを避けていたのは妹を想う優しさゆえであったことを知らないままなんですね。感動やカタルシスの材料になっていません。

また、真実の愛が「姉妹愛」であったオチもいまいちピンときません。「真の愛はクリストフとの純愛だと思うでしょ?」というミスリードから「実はエルサとの姉妹愛でした」というトリッキーな流れにはつい制作陣のドヤ顔が浮かぶのですが、ぶっちゃけあの流れだったらクリストフとくっ付けてよくね?って思います。そのあとゆっくり、エルサとの対峙に挑んでもよかったんじゃないのっていう。

他にも、エルサが魔法をコントロールできるようになったことに特に解説がされてないのもすっきりしませんし、トロールとクリストフが以前からアナを知っていた設定も活きてません。

というわけでシナリオはまさしくアナだらけなのですが、しかし、それを補って余りあるのが、画と演技と音楽。氷の輝きがキラキラとした映像美は幻想的だし、その映像をステージとした楽曲、歌声の数々も大変胸に響きます。そして吹き替え声優陣の演技力。特に神田沙也加の演技は力強くもナチュラルで、おてんばなお姫様であるアナのキャラクターに一層の魅力を吹き込んでいます。

ぶっちゃけいうと、歴代興収TOP3に食い込んだ実績にはかなり納得仕切れてないんですが、それでも、ミュージカル映画の楽しさを花開かせた作品として十分に充実した102分でございました。

つららを望遠鏡にするといった細やかなアイデアが豊富なのも魅力。
Jar_harmonyさん [DVD(吹替)] 7点(2015-06-02 20:56:45)
114.《ネタバレ》 さすがに爆発的ヒットとなった作品ですね。
映像も音楽も凄かった!

クレジットの後に『ブロローン』の氷のトゲまで消し去るあたりは、ぬかりないね。

ただ、キスシーンだけは、まだまだですね!
なんとなーく違和感が。
これだけ美しい表現が可能になったCGですが、
人間(実写)のようには、さすがにいきませんね!

そこにちょっとだけホッとしたよーな気持ちになりました。
ろにまささん [ブルーレイ(吹替)] 9点(2015-05-31 01:12:27)
113.《ネタバレ》 ディズニーには詳しくはない、ただのおじさんです。
これだけ話題になっているし、加入している有料放送で放映されたので、とりあえず見ておこう、と鑑賞。
見事に(良い意味で)裏切られました。
メインのストーリーは置いといて
(1)映像が素晴らしすぎる(アニメはほとんど見ないので知識や慣れがないこともありますが)
(2)ちりばめられている「何気ないセリフ」が心に突きささる、いい歳した大人でも、はっとする表現(内容)がときどき出てきて、どきっとしました。

子供向けと軽視してはいけませんね、自戒を込めて。
素直に楽しめました。
tiger_katzeさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-05-17 17:28:12)
112.《ネタバレ》 非常によかったです。 面白かった。
抑圧され びくびくしていた 卓越した個性の持ち主 エルサが 本来の自分をとりもどす
それが let it go
アナも トイストーリー2にでていた カウガールに似て とても魅力的でチャーミングでした。
CGなのに なんて 人間的なんだろうと思わせる ディズニーの力量に感服。
王子様が あれなのには ちょっと残念。 でもその正直さは、人間的なのかも とも思いました。
教訓 白馬の王子様は君をさらいにはやってこない
杜子春さん [CS・衛星(吹替)] 8点(2015-05-15 18:39:02)(良:1票)
111.《ネタバレ》 当方、いい年したオッサン。
入会しているWOWOWで放送があったので「これだけ話題になったのだから、とりあえず観ておくか」くらいの気持ちで鑑賞。
多くの評論家がヒットの理由を「音楽が良かったから」と述べていたけど、観てみての感想は「確かに音楽はいいが、それだけではあれほどヒットしないよね」でした。
ストーリーも面白いし、展開のペースもいい。子供はハラハラしたと思う。
いつもテレビで切り取って流されるのはエルサがレリゴーを歌うシーンだけど、本当の名場面は後半にありました。
アナが凍ると同時に剣戟を防ぐシーンは、直後に無音になることもあって感動的。
レリゴーのシーンは宣伝で流せても、この場面は出せない。
ヒットして話題になっているとき、「なにを騒いでんだか」とクールに見てましたけど、今は続編が楽しみになっちゃいました(笑)。
レイブンのかなづちさん [ブルーレイ(吹替)] 8点(2015-05-09 15:56:31)
110.あまり興味が無かったので今頃です。期待していなかった分、予想よりはだいぶマシでしたがレリゴーの歌は英語版のほうがドラマチックだと思いました。(でもまあ、松たか子さんもかなり上手でした) 歌詞の翻訳には賛否あるようですが、ウマく日本語の歌に直してあるほうだと思いました。そもそも映画自体の日本語吹き替えはなかなか良い仕上がりでした。

しかしながら、大人がハマっている光景を見ると少し不安になります。。私も結構良かったと書きましたがあくまで子供向けとして良かっただけで、大人がハマるよう映画では無いですね。興味無い方はレリゴーのシーンだけ見ちゃえばイイような気もします。。
アラジン2014さん [ブルーレイ(吹替)] 4点(2015-02-18 10:38:00)
109.《ネタバレ》 今まで全然見る気がなかったけど、友達がDVDを貸してくれたので見ました。
あら、びっくり。イチャモンつけるつもりで見たのに、意外に楽しめました

何と言っても画が美しい。CGもここまできたか、という感じ。
雪なんて本物のパウダースノーみたいだし、人物の肌の質感もめちゃリアルです。

そして、耳たこ過ぎて聴きたくないとまで思ったレリゴーの部分が、とても良かったです。
エルサが山へ逃げて氷のお城を造るまでの歌、美しい雪の結晶やみるみる出来上がっていく氷のお城の映像の美しさとともに場面に合ってる曲と歌声でした。

ちなみに吹き替え版で鑑賞。これで正解でした。
神田さやかと松たかこはとても良かったです。吹き替えも上手、歌も上手。
このお城を造るシーンを見るだけでも価値がありました。

悪いのは、能力を隠して、たった一人の肉親の妹を避けるように育てた両親ですね。
それは守るんじゃなくて臭い物に蓋的な考えだから、問題の解決になりません。
ずっと孤独だったエルサが可哀想。
だから、抑圧された思いを発散して「ありのままに」と歌うシーンの、エルサの生き生きとした表情が活きて来るんですね。

エンディングも松たかこが良かったです。
ちょっとノッペリした薄い感じの歌声になってて残念でした。
nanapinoさん [DVD(吹替)] 7点(2015-02-11 23:18:22)
108.《ネタバレ》 猫も杓子も級なアナ雪旋風吹き荒れてましたね~~。タマタマ友人たちと鑑賞する機会があり、あえて吹き替えで鑑賞致しました。まぁぶっちゃけお子様向け、小さな女の子向けかな~?。映像は綺麗さと緻密さはさすが最新だけあって素晴らしい。だけど中身はほとんどなしなんじゃないのコレは。なんでこんなに大大大ヒットしたのかな?ディズニーのマーケティング戦略にまんまんとハマってしまったということかな?もうぅ「ありの~♪」で思わずムフフってなっちゃうのは私だけじゃないはずw。最後の真実の愛もなんじゃこりゃな結末にガッカリ、というかこれが「今風」なんでしょうね。もう少し言わせてもらえれば、エルサの能力はどっからきたのか?そこらへんが盛り込まれてたらモット面白かったかも。とっても強烈な能力のエルサの無敵さwに4点
Kanameさん [ブルーレイ(邦画)] 4点(2015-02-04 17:44:55)
107.音楽の力ってすごい。そう思わせる作品。
ストーリー以外は、純粋に楽しめました。
国王と王妃には娘への愛が足りなかったのか....いや、必要悪だから。とか冷静に言い聞かせる自分がいる(笑)。
ハクリキコさん [映画館(字幕)] 6点(2015-01-31 23:32:09)
106.《ネタバレ》 雪と氷の表現に関しては極限に達しているかもしれません。氷の城が生み出されていく幻想的な場面はこれまで見たことがないような美しさ。この素晴らしい映像だけでも見る価値は十分以上にあると思います。降り積もった雪の質感や、服の柔らかさ、トナカイの毛の質感など、すでにCGと現実の垣根はないと思わせられます。素晴らしい映像の反面でストーリーに関して、子供向けと解っていてもいまいちでな部分が目立ちます。もっとも気になったのは王子の性格が前半と後半で違和感を感じるほどがらりと変わってしまう場面。命がけで町と人を守っていた王子ですが、唐突に急変し悪役となります。王道ストーリーだと思って見ている観客の虚を突くためだと思いますが、この説得力のなさはちょっと受け付けませんでした。
kirieさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2015-01-21 23:29:13)
105.こだわりなのかどうかはわからないが、ディズニー映画はストーリー展開や表現の骨格はどれも基本的に同じである(ほとんどのハリウッドアニメに言えることだが)。変わることなく観客の期待にしっかり応えるということも大事だとはもちろん思うけれど、大人の私にはやはり驚きや新鮮さに欠けるため、相変わらず保守的な映画しか作らないなあという印象で終わってしまう。ハリウッドの素晴らしいCG技術を持って、もっと挑戦的なアニメを制作してほしいと思うのは私だけだろうか?
ばかぽんさん [DVD(字幕)] 7点(2015-01-18 00:08:34)
104.劇場は冷房が効いてて、ちょっぴり寒かったです。
うーさん [ブルーレイ(吹替)] 4点(2014-12-28 16:41:59)
103.出張中の空き時間に見たのを思い出したので備忘メモ。お子様向けラブストーリー。子どもの教育にはいいかもしれないが、大人が見るものではなかった。
ぷろぐれめたるさん [映画館(吹替)] 4点(2014-12-21 15:26:14)
102.王道を地で行きながらも"真実の愛"の正体が意外な形で浮上する。ミュージカルシーンも素晴らしく、大ヒットする理由が分かります。しかし、「お粗末な脚本が足を引っ張っている」。これなんですよね。上記の二つのお陰で、御都合主義が際立ってしまっているというか。幾度かピクサーと共同で製作しているディズニーですが、どうやらストーリーのノウハウだけは学べなかったようです。
Cinecdockeさん [映画館(吹替)] 6点(2014-12-21 11:16:02)
101.《ネタバレ》 ウチの子供とカミさんは映画館で観ているので、ワタシャ当面観ることなかろう、と思ってたのですが、諸般の事情によりレンタル借りることになり。子供たちは繰り返し観ては一緒に唄っており、やっぱり魅力的な作品なんですな(カミさんは「あ、このシーンも憶えてない。私、かなり寝ててんなあ」。そういう人もいるようです)。しかしどうやら、その魅力というのは、ストーリーにあるんじゃなくって、ストーリーそっちのけで展開する、歌、そして見事なCG描写、の方にあるんですね。つまり、いかにもミュージカルらしいミュージカルが、近年においてこれほどヒットしたということ、まさに画期的。いやいや、二人がそれぞれの思いを同時に吐露する「二重唱」に至っては、もはやオペラですよ、これは。ホント言ったら、ハンスの裏切りなんてキャラをを不明確にするだけでおよそ余計だと思うし、クリストフなんて登場させずにその役目はオラフに統合しちゃえばいいと思うし、ついでに雪ダルマは最後溶けちゃえばいいと思ってるんですけれども、あ、あまり目くじら立てないでもいいかな、と。
鱗歌さん [ブルーレイ(吹替)] 8点(2014-12-13 16:16:30)
100.《ネタバレ》 扉=エルサの心として描かれていて、開けたり閉めたりといった表現がいいスパイスとして効いていた。
アナの一目ぼれの相手が悪役だったのいうのは、物語にいい起伏をもたらしていて良かった。
アナは最後凍りついてしまうが、エルサの抱擁によって意識が戻る。この場面は、真実の愛のキスになぞらえてキスをしてほしかった。
カジノ愛さん [映画館(字幕)] 7点(2014-12-07 17:49:12)
99.《ネタバレ》 あっちにもこっちにも気を遣って、お姉ちゃんは、ツライですね・・。
おおるいこるいさん [映画館(吹替)] 7点(2014-11-28 12:02:12)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 138人
平均点数 6.70点
000.00%
100.00%
200.00%
321.45%
4117.97%
5128.70%
63223.19%
74129.71%
82719.57%
9117.97%
1021.45%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.30点 Review10人
2 ストーリー評価 5.93点 Review16人
3 鑑賞後の後味 7.06点 Review15人
4 音楽評価 8.80点 Review15人
5 感泣評価 5.33点 Review12人
chart

【アカデミー賞 情報】

2013年 86回
オリジナル主題歌 受賞(楽曲|"Let It Go")
長編アニメーション賞 受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2013年 71回
主題歌賞 候補(ノミネート)(楽曲|"Let It Go")
アニメ映画賞 受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS