リミットレスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > リ行
 > リミットレス
 > (レビュー・クチコミ)

リミットレス

[リミットレス]
Limitless
2011年【米】 上映時間:105分
平均点:5.62 / 10(Review 40人) (点数分布表示)
サスペンスSF犯罪ものミステリー小説の映画化
新規登録(2012-03-12)【Arufu】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ニール・バーガー
キャストブラッドリー・クーパー(男優)エディ・モーラ
ロバート・デ・ニーロ(男優)カール・ヴァン・ルーン
ジョニー・ホイットワース(男優)ヴァーノン・グラント
トマス・アラナ(男優)肌色コートの男
ロバート・ジョン・バーク(男優)ピアース
アビー・コーニッシュ(女優)リンディ
アンナ・フリエル(女優)メリッサ・グラント
T・V・カーピオ(女優)ヴァレリー
脚本レスリー・ディクソン
製作レスリー・ディクソン
スコット・クルーフ
ライアン・カヴァナー
製作総指揮タッカー・トゥーリー
ブラッドリー・クーパー
あらすじ
作家志望のエディは、折角の契約成立にも全く筆は進まずピンチに。そんな時、彼は偶然出会った元妻の弟から謎の錠剤を強引に渡される。その薬は人間の脳を100%活動させるという話を信じないながらも、彼は半ば捨て鉢にそれを服用してしまう。ところが効果は即座に現れ、執筆は勿論、彼はあらゆることに卓越した能力を発揮し始め、株式で大成功を果たすことに。しかし、巨万の富を手に入れた彼に、やがて黒い影が近付いて来る…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
40.《ネタバレ》 主人公の男が、薬を元嫁の弟の家から大量にかっさらっていったら、まず最初に

「この在庫がなくなったらもう入手先はない。ずっと常用したいから、どうしたら増やせるか?」って考えるべきだと思う。

頭が冴え渡ってない私でもすぐそう考えるのに、なぜそこに思いが至らず、デニーロとの重要な会合の時にお薬ケチって飲まなくてドジふんだり、チンピラに「薬よこせやい」って言われた時に薬がなくてされるがままにメタメタにされてるのか、シラケてしまう場面が多い。

その最たるものは、常に持ち歩けるように特注スーツに、隠しポケットを作れって頼んだのに、全然隠しポケットじゃなくて普通の内ポケットになってるところ。

そりゃ、そんな分かりやすい普通の内ポケットの位置になってたら、薬持ってかれるに決まってますやん笑

普通隠しポケットっていったら、襟をぺろっとめくった襟の内側(背中側)とかにしますがな。


そんなこんなで、話を展開させるために、”おマヌケ場面”がたびたび登場するのが、ちょっと…っていう映画。

テンポはいいので最後まで見きれたけれど、また見たいかといえば、そこまで中毒性のない内容ですね。
フィンセントさん [DVD(字幕)] 4点(2020-08-28 17:19:23)
39.《ネタバレ》 とにかくテンポがいい。
お薬やったら覚醒するよ!けど副作用があるよ!最悪死ぬよ!
この前提がありながらハッピーEDで終わらせるとは思わなかった。
ラストのあれはNZTの改良版のおかげであぁなったのか、お薬やめたけど覚醒を維持できるようになったのかが気になります。
もしかしたらあの200万ドルで作らせた改良版がすごかったのかなぁ。
あとお金取り立てにくる人とずっとストーキングしてくる人が最初一緒に見えた。混乱した。
悲喜こもごもさん [インターネット(字幕)] 5点(2020-03-20 23:41:42)
38.《ネタバレ》  ヴァーノンを殺した組織がその後一切出てこない。ヴァーノンが何をしていたのかも語られない。エディは記憶がない間にモデルを殺してしまったのか。その真相も闇の中。と、こんな感じで説明不足や投げっぱなしのエピソードが散見する作品。ですが、そんなマイナス要素が気にならないくらい、この作品にはパワーがあります。
 薬を飲んで脳がフル回転。トーク力アップ。観察力アップ。掃除力アップ。40分で大学の論文を代筆し、小説を4時間で書き上げる。その小説は編集者から大絶賛。このシークエンスだけでテンションは一気に上がります。
 やったことはないですが、ドラッグをやる人たちってこれに近い感覚を味わっているのかもしれません。全能感や万能感に酔いしれてしまうみたいな。薬が切れたときのエディの症状。あれってまさにドラッグの禁断症状じゃないんだろうか。その末路の一例として、メリッサの口から語られる身の上話。この身の上話が結構エグイ。もしかしてこの作品はエンターテイメントに見せかけた『ドラッグ、だめ。絶対』の啓発運動なのだろうか。だとしたらラストは悲惨な結末しかあり得ないじゃん。
 と思いながら暗い気持ちで見ていたら、まさかのハッピーエンド。これもある意味どんでん返しですね。
 薬の成分を解明し、危険な副作用を取り除いた?それはわかるとしても、結果薬を飲まなくてもよくなったって・・・。しかもシナプスが変化してスターマリオはそのまんまですか。今までみた映画の中でもかなり強引。
 で・す・が、ハッピーエンド好きの自分としましては、整合性の欠片もない、ご都合主義の究極系のこの終わり方にさえ、ちょっとニヤニヤしてしまうのでした。ロバート・デ・ニーロをやりこめちゃうのがちょっと清々しかったんですよね。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2020-02-04 03:18:05)(良:1票)
37.《ネタバレ》 このオチには納得いかないって人も多いとは思うが、それを含めても展開はかなり面白い方だし、能力覚醒時の映像表現やブラッドリーの有能感全開の芝居も相当に興味深く観れる。

ただ、そもそもこれだけの効能の薬にも関わらずエディや義弟のチンピラ中心に物語が回り続ける(政府の裏組織とか出て来ない)等、リアリティ的には相当にいー加減(端的に言うとシナリオが練られてないor予算が足りないのかも?)。薬抜きでエディと対等に立ち回るデニーロの存在感は流石。全体として暇潰しには十分以上の娯楽アクションスリラー。
Yuki2Invyさん [インターネット(字幕)] 6点(2019-11-23 11:59:21)(良:1票)
36.《ネタバレ》 まさかのハッピーエンド。この展開で、あんな終わり方をするとは思わなかった。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 6点(2019-06-23 13:18:02)(良:1票)
35.出だしからツッコミどころ満載ですが、「人間は欲望に限界がない」がテーマの単純明快なお話。
ジェットコースター型ストーリーなので、視聴者を飽きさせることなくラストへ導いてくれます。
デニーロはもったいないけど、彼だからこそあの凄味は出せたわけで、大切なキャスティングだと思います。

決して見て損はしません。
Bさん [インターネット(字幕)] 5点(2019-04-23 12:01:15)
34.《ネタバレ》 有名な「人間は脳の10%(20%)しか使ってない」という都市伝説をもとにした映画なわけですが、そもそも「人間は脳のn%しか使ってない」というのは都市伝説にすぎず実際にはそんな事は全然なくほぼ全部使ってます。

この映画に関しては後味が妙に悪い映画で、ツッコミどころも満載。
そもそもあの主人公に限らず(特に薬を開発した側の誰かが)薬の効果を推し進めてより効果の高いものを開発してるに決まってるわけで、そういう人がいくらでもいそうなのにそうじゃない…というあたり、もう根本的におかしい…と思ってしまう矛盾点だらけの映画でありました。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-07-06 10:29:54)
33.ツッコミどころにツッコム暇もなく物語は進んでいきます。個人的にはこの展開の速さは好きですし楽しめました。
最後は予想をちょっとだけ裏切られまますね。
東京ロッキーさん [インターネット(字幕)] 6点(2017-05-10 22:33:45)
32.低俗&おつむの程度が知られてしまいそうですが、結構面白かったですこの映画。。最近の映画って、やたら難しいかやたら馬鹿っぽいかの二択になっている節がありますが、この映画はあきらかに後者です。

殺人事件その他ツッコミどころ満載ですが基本スルーしましょう。個人的にはルーシーよりよっぽどリアルで面白かったですね。肩の力が抜けてライトに作られていますので、そういった意味でも非常に見やすいくて良かったです。100%時の主人公の”出来る男感”は理想的w (ただ、考え方はクズそのものでしたが)
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 6点(2017-04-14 12:38:18)
31.《ネタバレ》 夢の薬を手に入れた主人公。
なぜ義理の弟はそんな薬を持っていたのか、周囲の人に薬を分け与えたのか、そもそも誰が薬を作ったのか、主人公が疑われた殺人の犯人は誰だったのか、取引をしていた要人も頭が切れそうなタイプだったのに主人公のように服薬を調整して身体のバランスを乱すことなく活用できなかったのか……

などなど色々疑問は残るけれど、
「良い時流にのっているうちに、先手を打つことは大事だよ♪」と言いたい映画だったのかなと思いました。
nina09さん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2016-05-30 12:50:34)
30.《ネタバレ》 ○あれよあれよとスピーディに展開していく。○中盤から終盤の変なおっさんに絡まれるところから急にスケールダウン。○大体が元の自分に戻ってしまうものだが、まさかの主人公の勝利。○1度軽く楽しむ程度には十分。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-07-25 09:06:42)
29.ダレない展開でスピーディーに進み好印象。薬でキメた主人公は出来る男って感じで魅力的です。
真尋さん [DVD(吹替)] 6点(2015-03-21 14:04:01)
28.《ネタバレ》 面白い映画でした。この流れでハッピーエンドというのは面白く感じました。
えぴおうさん [DVD(吹替)] 6点(2015-03-16 15:59:48)
27.脳の力を100%駆使するというと、こちらの方が「ルーシー」よりはまだ少し現実味があって楽しかったです。あの程度で借金はしないなあとか、他人の●は飲めないなあと思ってしまうのですがそれはまだ脳をフルに使っていないからなのでしょうか。。。
HRM36さん [DVD(字幕)] 6点(2015-02-09 11:34:45)
26.《ネタバレ》 後半に向かって下降線をたどる映画。
金融屋と殺し屋?のおっさん二人の見分けるのに気を取られたこと数回・・・
わかりにくい所がありすぎ。もうちょいって作品。
ドンマイさん [DVD(字幕)] 5点(2015-01-10 00:26:37)
25.《ネタバレ》 こういうクスリの話だと、通常はスーパーマン的な物語にしちゃう所を、子供は観なくて結構と、儲け話の方向へ進んでるところが良い。ただ、カネが欲しいなら世界的なベストセラーを連発するだけでも良いとは思ってしまうので、作家云々の才能を何故放り投げるのか説得力に欠ける嫌いはある。まあ、それ以上の富が欲しいのだと言われればそれまでだが、それならラストはグッと飛ばして大統領選の方が良いと思う。それでも、こういう話のパターンとして、主人公はラストで元に戻るか死んじゃうのが常の所を、思いっきり勝ち逃げで終わらせた点は好感が持てた。
へろへろさん [地上波(吹替)] 6点(2014-12-18 17:17:51)(良:2票)
24.《ネタバレ》 面白そうなお話が段々と面白くなくなっちゃったかな? なんで投資や議員さん?もっと違う方向にいけば面白くなりそうなのにね(残念)&デニーロさんの無駄遣いじゃない?。展開的に、薬を飲んで覚醒した彼女が暴走しちゃうとかwそりゃまた問題かww。まぁ独特の映像はなかなかだったとオモイマスハイ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2014-12-01 09:17:14)
23.《ネタバレ》 最初のブラッドリー・クーパーのやさぐれた感じは良かったと思いますが、その後の展開はやや短絡的だったように思います。
スーパー能力を得た割には結局投資による金儲け話だけというのは物足りない。序盤から急展開だった割に中身は薄かった印象です。
落としどころもちぐはぐ。
これはハッピーエンドなんでしょうか?
典型的なダメ男が薬頼って成功しました!となってもしっくりこないです。
最初に戻って作家としてコツコツやっていくのが筋だと思うのですが、そういう発想が日本的なんでしょうか。
午の若丸さん [DVD(字幕)] 4点(2014-03-05 23:04:42)
22.《ネタバレ》 脳細胞を100%活性化したら人間なにが出来るか、という命題には「透明人間になれたら何をする?」というお決まりの妄想にもつながる面白さがあります。そこを如何に巧みに映像として表現してくれるのかというところに興味が有りましたが、その才能を使って投資で金儲けに奔走するというお話しとは、ちょっと夢がない様な気がしました。脳細胞をフルに使えることのメリットは記憶や知識の断片をすべて活用できることだとしているのは判るけど、それが投資の成功につながるとはちょっと思えないんですがね、あれじゃほとんど超能力ですよ。 スピーディな映像はハンドカメラを使ったグラグラ揺れる画を多用されるよりもずっとマシですが、脚本のボロを隠すにはこういうスタイリッシュな撮り方は有効です。ブラッドリー・クーパーを追いかけてくる謎の男なんて陰の組織が背後にあるのかと思いきや、まさかボスがあれとは肩すかしも良いとこでした。けっきょくあの新薬自体についてはほとんど説明皆無で、映画の後半は薬をめぐって三つ巴の争奪戦になっちゃいます。その挙句に“脳のシナプスが進化した”というあのオチは賛否が分かれるところでしょう。続編を撮る気は満々という印象は有りましたね。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-12-30 11:55:40)(良:1票)
21.《ネタバレ》 映像がミュージックビデオのような感じで楽しめる。
キーとなる薬が麻薬的な意味あい以上でも以下でも無く、
それで目指すものが権力とお金。なんだかな~。
様々な謎を解決してるわけではないので、鑑賞後にしこりは残るかも。
ラストも、脳が進化しちゃいましたというご都合主義。
デニーロは勿体無いが、彼でどうにかなる題材でもない気がする。
HIGEニズムさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-06-24 18:42:39)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 40人
平均点数 5.62点
000.00%
100.00%
200.00%
312.50%
4410.00%
51332.50%
61537.50%
7615.00%
800.00%
912.50%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review3人
2 ストーリー評価 5.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 5.75点 Review4人
4 音楽評価 4.50点 Review2人
5 感泣評価 3.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS