地球で最後のふたりのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > 地球で最後のふたり
 > (レビュー・クチコミ)

地球で最後のふたり

[チキュウデサイゴノフタリ]
LAST LIFE IN THE UNIVERSE
(Ruang rak noi nid mahasan)
2003年【タイ・日・オランダ・仏・シンガポール】 上映時間:107分
平均点:5.08 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-07-31)
ドラマロマンス
新規登録(2004-06-20)【鉄腕麗人】さん
タイトル情報更新(2007-10-14)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ぺンエーグ・ラッタナルアーン
キャスト浅野忠信(男優)ケンジ
シニター・ブンヤサック(女優)ノイ
ライラ・ブンヤサック(女優)ニッド
松重豊(男優)ユキオ
竹内力(男優)タカシ
三池崇史(男優)タジマ
田中要次(男優)タジマの部下
佐藤佐吉(男優)タジマの部下
脚本ぺンエーグ・ラッタナルアーン
音楽フアラムポーン・リッディム
撮影クリストファー・ドイル
配給クロックワークス
あらすじ
ケンジ(浅野忠信)はタイで働いている。そこでひょんなことからタイ人女性・ノイと親しくなるが・・・言葉の通じない男女の間に生まれた感情を、切なく、そして美しく描いた名編。監督はタイの新鋭ペンエーグ・ラッタナルアーン。撮影は世界を股にかける名カメラマンであるクリストファー・ドイル。主演は日本のトップ俳優・浅野忠信。アジア最強トリオが送る、ペンエーグ監督の最高傑作!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.静かに流れてゆく展開が多く睡魔が襲った 一気に観れなかった 
結果、途切れ途切れでの鑑賞になってしまい、全部観終えるのに述べ二週間以上も掛かってしまった。
結果、自分にとって到底娯楽作品とは成り得なかった 
すごく楽しみにしていた作品であっただけに残念で仕方なかった やむなしだ。

浅野忠信のだらしないヘアースタイルも見苦しかった要因の一つとして挙げておきたい 
死ぬにしても生きるにしても もっとシャキッとせい と言いたくなってしまった
3737さん [DVD(邦画)] 3点(2013-06-17 21:28:06)
11.ぬおーーーー長い。理解に難しい映画は嫌いではないが、理解の前に言いたい事がまったく見えてこない。これは前代未聞です。浅野さんの存在感だけが光ってました。アジアンな雰囲気が素敵だったけど。
未歩さん [DVD(字幕)] 3点(2008-05-11 16:47:38)
10.私が生涯観てきた作品の中でナンバー1の作品。

この映画を観て以来、監督のペンエーグ・ラッタナルアーン、撮影のクリストファー・ドイルの「ふたり」に、強い関心を持った。

内容としては、それほど難解なものではない。むしろシンプルなストーリー展開だ。(最後の部分とか、一部、解釈の分かれそうなシーンはあるが。)

この映画を観たのは、2004年の夏だった。
渋谷のミニ・シアター「渋谷シネ・アミューズ」の、レイトショーでの公開だった。
2004年と言えば、その年の2月に、10日間ほど、タイに旅行に行った年でもある。

タイに行った直後に、タイの映画に出会ったわけである。
私はこういったパターンに弱い。その映画が描く土地や舞台が、自分が過去に行ったことのある場所だったりすると、大抵は惹かれてしまう。
(ラストエンペラーは中国の紫禁城が主な舞台であったが、とても気に入った。それは、過去に自分が紫禁城に行った経験がある為だと思われる。)

監督のペンエーグ・ラッタナルアーンの影響か、それとも撮影のクリストファー・ドイルの影響か、もしくはその両者の組み合わせの妙による影響かは分からないが、とにかくこの映画の醸し出す雰囲気に酔いしれてしまった。

基本的には、ラブストーリーなのではあるが、自殺願望の強いバンコク滞在の神経質な日本人が主役であったりと、決して爽やかとは言えない。主人公ケンジの部屋の中が、かなりの時間を費やして描かれており、開放的でもない。

しかし、中盤から後半にかけて、海辺のシーンや屋台のシーン、ドライブするシーンなどが登場する。室内の鬱積した雰囲気から一気に解放される感じである。こういう展開は、最高に好きだ。特に、ヒロインの住む家の撮り方なんて最高だ。タイのパタヤの緑が刺激的である。

ただ、そう言った個人的好みの流れの中で、苦手なシーンもある。
それは、日本のVシネマ的ノリの、日本人ヤクザが登場するシーンだ。このシーンは、監督が意図的にねらって挿入したと思われるが、私個人の感覚からすると、「雰囲気ぶちこわし的蛇足シーン」としか、感じられなかった。

しかし、その部分で多少のマイナスはあるにしても、私が今まで観てきた映画の中で、ナンバーワンの映画であることに変わりはない。
にじばぶさん [映画館(字幕)] 10点(2007-08-30 23:37:05)
9.過去を捨ててタイへ逃げてきた日本人男と、過去を捨てようと日本へ逃げ出そうとしているタイ人女が、ほんの束の間すれ違った現在(という私なりの解釈)。撃ち殺される兄、事故で死ぬ妹、セーラー服パブ、潔癖症、自殺願望、刺青、ヤクザ、蔵書、etc.…と、映画には様々な記号が散りばめられてましたけど、何が何を表現してるのやら私にもさっぱりと解りません。たぶん浅野忠信は元ヤクザで、日本でとんでもないことをしでかして足を洗い、ひたすら過去を悔いながら隠遁生活をしてたんでしょう。しかし過去に縛られる人間には、やがて過去が迫ってくるものです、3点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2006-10-08 00:03:49)
8.浅野さんがよかった
アンダルシアさん [DVD(字幕)] 5点(2006-10-06 02:14:04)
7.《ネタバレ》 なんか意味ありげなシーンがかなりあるんだが、結局なんだったんだろう。浅野さんの演技はいいと思う。殺し屋1の宣伝はマイナスだな。
やっぱトラボルタでしょうさん [DVD(字幕)] 5点(2006-02-20 18:26:13)
6.わからん。全く何をしたいのか意味不明。風景がきれいなわけじゃないし。いかにも日本的な映画だと思えば監督は日本人じゃないのね。中途半端に日本語やら外国語やらをごちゃまぜするなら、どっちかの言葉で統一して欲しいです。つまらない作品でした。
たかちゃんさん [DVD(字幕)] 1点(2005-12-02 07:24:22)
5.《ネタバレ》 私が見てはいけない映画だったんでしょうね。疲れました。平均点下げてゴメンなさい。
お好み焼きは広島風さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2005-11-30 15:59:57)
4.10年前なら評価できる。
michellさん [DVD(字幕)] 5点(2005-09-12 00:04:38)
3.とにかく観る側が色々と(勝手に)補足しなきゃいけないことが多い。
そのわりに、何も考えずにただぼーーっと見とれてるだけでも楽しめる。
正直まだまだ荒削りな感は否めないし、主演二人の存在感に頼り過ぎじゃないのとか、
「何もおこらない感じ」の表現の仕方が板についてないというか、なんというか。
(それにしてもあのノイの元彼、ワンパンチで逃げ帰るって弱すぎじゃん…)
が、それらを差し引いてもなんだか妙なパワーと愛着を感じてしまう作品。
ナクサライトさん [DVD(字幕)] 7点(2005-04-30 16:18:34)
2.正直、“足りないもの”は非常に多い映画だ。そのことがストーリーを展開していく上で、分かりにくさにつながる部分は確かにあり、曖昧な空気感が退屈に感じることも無いとは言えない。でも同時にその物足りなさが、なんだか心地よかったりする。日本人の男とタイ人の女の“片言の対話”が不思議だけれど、とても純粋な人と人との交わりに見えてくる。この監督の前作「シックスティナイン」の印象が強いので、日本ヤクザの登場による抑揚の強い展開を期待したところはあるが、期待を裏切り、美しい映像によってあくまで淡々と終始する映画世界は、洗練された世界の果てを想像させる。
鉄腕麗人さん 7点(2004-11-06 18:22:23)
1.《ネタバレ》 ひたすら静かな映画、眠い時は見たあかんかな。設定ワザとかなりあいまいで現実感以外なかったちする。それで人間だけ旨く表現できてたんかなー、と。不思議なシーンけっこーめっちゃあったけど、意味があるんかないんか、でも大好きなシーン、でも綺麗にまとまり、切ないラストでした。。。切ないラストでしたー。
ヒロヒロさん 8点(2004-09-27 20:54:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 5.08点
000.00%
118.33%
200.00%
3325.00%
418.33%
5325.00%
600.00%
7216.67%
818.33%
900.00%
1018.33%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.66点 Review3人
2 ストーリー評価 3.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review3人
4 音楽評価 2.66点 Review3人
5 感泣評価 2.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS