ミスター・ベースボールのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ミ行
 > ミスター・ベースボール
 > (レビュー・クチコミ)

ミスター・ベースボール

[ミスターベースボール]
Mr. Baseball
1992年【米・日】 上映時間:110分
平均点:4.16 / 10(Review 62人) (点数分布表示)
コメディスポーツものロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2015-11-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フレッド・スケピシ
助監督チェリン・グラック(第2助監督 / 第2班の第1助監督)
キャストトム・セレック(男優)ジャック・エリオット
高倉健(男優)中日ドラゴンズ 内山監督
高梨亜矢(女優)内山の娘 ヒロコ
デニス・ヘイスバート(男優)中日の外人選手 マックス・"ハマー"・デュボア
塩屋俊(男優)通訳 西村ヨウジ
豊原功補(男優)中日の選手 ヤマシタ・トシ
藤原稔三(男優)中日の選手 ムカイ・リョウ
穂積隆信(男優)中日ドラゴンズのオーナー 中村ヒロシ
浜村純(男優)ヒロコの祖父
大木正司(男優)中日のコーチ ホリ
藤田朋子(女優)ヒロコのアシスタント エイコ
桜金造(男優)審判
アート・ラフルー(男優)NYヤンキースのコーチ
ラリー・ペネル(男優)ドジャースのフロント ハウィー・ゴールド
スコット・プランク(男優)ライアン・ウォード
神保悟志(男優)
原作ジャン・ユンカーマン(脚本原案)
脚本ゲイリー・ロス
ケヴィン・ウェイド〔脚本〕
音楽ジェリー・ゴールドスミス
編曲アレクサンダー・カレッジ
アーサー・モートン〔編曲〕
撮影イアン・ベイカー
イアン・ジョーンズ(カメラ・オペレーター)
デヴィッド・ノリス〔撮影〕(ウェスカムカメラ・オペレーター)
製作フレッド・スケピシ
ダグ・クレイボーン
ロバート・F・ニューマイヤー
ユニバーサル・ピクチャーズ
電通
製作総指揮ジェフリー・シルヴァー〔製作〕
配給UIP
美術テッド・ハワース(プロダクション・デザイン)
金田克美
中澤克巳
編集ピーター・ホネス
字幕翻訳戸田奈津子
風間綾平(TV放映版)
その他ジェームズ・D・ブルベイカー(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
62.《ネタバレ》 観終って思うのは、文化・慣習の違い系映画?のまぁありがちな展開+健さん演じる監督の娘の存在意義が結構謎。野球関係の仕事じゃないのにあのしゃしゃり出感が意味不明w 。まぁ球場での撮影に、良く皆さん協力したね~、というのが率直な感想かな? 
Kanameさん [DVD(字幕)] 3点(2016-12-02 05:52:33)
61.文化の違いによる衝突と理解による和解。ありがちな話だけどその辺は面白かった。
あと見どころはもう懐かしいと言える昔の日本が見られることかな?
misoさん [地上波(字幕)] 5点(2016-11-11 01:19:42)
60.中身については何も見るべきところはなくて、むしろゲイリー・ロスの黒歴史といってもいいくらいの出来なのだが、手間を惜しまずにエキストラをきちんと使っているところと、練習にしても試合にしても「打っているところ(瞬間)」をきちんと撮っているところだけは評価したい。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2015-04-05 02:24:38)(良:1票)
59.当時は多かったんですよね。プライドの高いガイジン助っ人が。今でこそ日本野球のレベルも理解していますが、当時は完全にバカにしているような元メジャーが多かったですからね。
東京ロッキーさん [地上波(字幕)] 5点(2015-03-29 16:53:56)
58.内容としてはプロ野球を通じて日米の文化の差をシニカル&コミカルに描いた作品で特筆すべきとこはないんだけど、記録フィルムとしては1990年当時の日本プロ野球全盛時代の名古屋とナゴヤ球場の映像を残したいう点で、名古屋人特に中年以降のドラゴンズファンにとっては涙もののフィルム。
タッチッチさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2015-03-27 12:17:29)(良:1票)
57.《ネタバレ》 製作年度がバブルが弾ける直前くらい。当時のジャパン・マネーがハリウッドに作らせた映画、なのかな…。でも、多少の製作費を出しても内容にはあまり口を挟めなかったようで、通訳をやってた男の態度に似たものを作品全体から感じます。ボブ・ホーナーのようなプライドが高くて嫌味なメジャーリーガーが中日ドラゴンズにやって来て、日本人たちと交流するうちに改心するストーリー。日本人側も改めるべきを改めるという文化交流映画ですが、やってることのレベルは高くないです。米国人の目を意識して「日本的」な部分の描写に妙な力を入れて文化摩擦を強調します。あれ以下だと日米の生活習慣の違いが視覚化できずに消化不良が残るのでしょう。でも、精神面の協調がテーマのはずなので、日本人の「変な習慣」より内面の描写にもっと注力して欲しかったです。これは、不良高校生と熱血教師がお互いを認め合う昭和の学園ドラマの域を出ていないです。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2012-04-30 02:51:58)
56.まったく期待せずに、たまたまつけたらやってたので見始めました。結果、なかなか面白かったです。ストーリーに関しては「ん…?」なところはありましたけど、シーンごとの演出がとてもよく出来ててついつい続けて見ちゃいました。ロッカールームの男くさい感じ、日本人野球選手のスポ根な感じ、コーチや高倉健さん演じる監督のいかにも上司的な威圧感、といった雰囲気・空気感がとてもよく出ています。わりと難しいと思うんですが、どうやって撮ったんでしょうか。日本文化や日本女性、恋愛、親子愛の描き方についてはもちろんツッコミどころは満載ですが、当時としてはよく調べてるんじゃないでしょうか。野球のラジオを聞いたりテレビを見ていたりする一般庶民は、日本人の私でも昔を懐かしんでしまうようなリアリティがありました。ちょっと前の日本野球ってこんな風に何気なく愛されてたと思います。野球ファンにはおすすめできます。
うしおにさん [地上波(吹替)] 6点(2012-01-29 08:58:26)
55.《ネタバレ》 発想は面白そうなのに何とも大味で残念
osamuraiさん [地上波(邦画)] 4点(2011-11-22 22:00:29)
54.文化の違いから、メジャーの選手が日本に来ても本来の能力を発揮できない、
という話は昔からよく耳にしていて、これは面白いところに目をつけたなと思ったのだが、
肝心の中身は昔の青春ドラマのような脚本レベルで、ガッカリ度も高かった。
コメディー作品とは言ってもストーリー性の強いお話なので、
もっとしっかりと登場人物たちの人間を描いてくれないと正直キツイ。
主人公のトム・セレックは身体も大きく、実際にこんなメジャーリーガーがいそうでハマリ役。
健さんの監督役はまあまあそれなりにこなしているが、
娘役の女優さんは完璧なド素人で何の魅力も感じない。試合のシーンも迫力なし。
長所を挙げれば、日本を舞台にしているので、取っつきやすいところか。
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 3点(2011-07-24 06:55:04)
53.意外と面白かったとおもう。
軽い雰囲気と暖かい話が微妙にリアリティを持っているっていうのが、この時代の色だったかなと思う。

野球パートは結構面白かったし、何となく同意してしまいたくなる部分もあった。それと現実のメジャーリーガーともなんか違うような雰囲気がまた「映画としての野球」という見せ方としては正解だったのかなと感じた。

日本文化の扱い方もこういう勘違いのされ方というのは、ちょっと調べれば良いだけのことなので結構やらせ的な部分もあるんだと思う。これは当時のアメリカの人たちが持つイメージから離れすぎないことも大事だったんだな、とうなずいたりした。いくら正確に日本を表現してみても、観たことも想像したこともない国が一体どこの国だかわからないと言うことになってしまうためだろう、どこのアジアの国でも必ず実在のその国ではなく、デフォルメされた国や町だったりするのはそういう事情ではないかと思う。考え過ぎかもしれないけれど。

ただ、恋愛パートや人情パートなど要素が多すぎて映画と言うより2時間ドラマっぽいような雰囲気に感じてしまったのが惜しかった。これって今の脚本技術でも難しいんじゃないかと思う。意外と面白かったけど、二度はいいやというパターンだ。
黒猫クックさん [ビデオ(字幕)] 6点(2009-05-31 01:07:13)
52.《ネタバレ》  まあ、コメディ映画に誇張は付き物なんで日本の野球や社会の描写についてはツッコミを入れながら楽しむのがこの映画の正しい観方ではないでしょうか。高倉健の人情味のある鉄拳監督役も中々よかったです。

 何といっても、この映画はプロ野球が国民的娯楽の王様であった時代の思い出を甦らせてくれる作品でもあります。ゴールデンタイムには当たり前のようにプロ野球中継が流れ、視聴率もとっていた時代。当然メジャーに行く日本人などおらず、プロ野球こそがまさに国内の最高峰の選手たちが集う舞台であった時代。この映画で映されるナゴヤ球場の熱気は作り物ではありますが、今の球場に漂う空気とは異なる「熱狂」をリアルに作り出しています。当時、各地の野球場に通ってた野球マニアであった者としては非常に懐かしく感じます(まあ、パリーグに関しては今の方が全然いいですけど)。

 当時は隔絶していた日米野球界もかなり交流が深まり、すっかり日本野球もメジャーに取り込まれてしまいましたね。そういう意味では、この映画は現在の野球界の流れを読んでいたということになりますね。その代わり、日本プロ野球はメジャーのマイナーリーグ化しつつありますが・・・・・。
TMさん [地上波(字幕)] 8点(2009-05-30 22:23:34)
51.野球好きだから、ついつい引き込まれて観ちゃうんですが・・・野球に興味ない人が、人間ドラマとして観たらどうなんでしょうか?かなり安っぽいドラマだと思いませんか?日本野球をリアルに監修したとは思えません。日本野球、それに日本文化を下に見ている感が溢れてますね。不快ですが・・・それがまた面白い(笑)
カロさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2009-05-28 15:39:13)
50.ミスター、ミスター、ミスター長嶋じゃなかったねぇ。
大味でした。 スポーツを映画にするのってやっぱり難しい、みずらいね。
杉下右京さん [地上波(字幕)] 4点(2009-03-06 03:16:18)
49.一応教科書通りに作ってあるんだけど、スポーツにおいて一番大事な熱や気持ちみたいなものを全く感じない珍しい作りでした。球場で見る観客、ラジオやTVで応援するファンの姿がちょくちょく写りましたが、正直必要なかったし、その分選手たちのドラマをしっかり作って欲しかった。余談ですがナゴヤ球場を見て94年の10・8を思い出しました。あの頃のプロ野球は熱かったなぁ~。
オニール大佐さん [地上波(字幕)] 4点(2009-03-05 20:01:04)
48.当時、男星野ドラゴンズが絶好調の時代、ドジャーズ似のカッコいいユニフォーム!中日ファンでなくても高まる期待を胸に・・・期待を大きく裏切られた。おい!日本人を舐めるなよ!日本の女をバカにするなよ!!と言いたい。それから気が付きました。健さんは、何時如何なる時も健さんなのです。
リニアさん [ビデオ(邦画)] 1点(2007-05-02 01:32:25)
47.懐かしいなぁナゴヤ球場。今頃こんな監督いたらチーム潰れるっしょ(笑)なんで中日ドラゴンズなんかは知らんけど、すっげー強引なストーリーって感じがしてたまんなかった。球場での初練習で出会った女性とfall'in loveて。。それも監督の娘て。。健さんは二本最高の打者とかいってたけど体がちっちゃいからそう見えないのもツボだわな。まぁトム・セレックと健さんの掛け合いが面白かったからまだよかったかな~。
M・R・サイケデリコンさん [地上波(字幕)] 4点(2007-02-03 10:08:28)
46.この映画は往時のナゴヤ球場が舞台になっていることに最も意義がある。球場の熱気がすさまじい!ベースボールやドーム球場の屋球ではなく、まさしく日本の野球!
ストーリーはアメリカから見た典型的、ステレオタイプ的日本像が貫かれているけど、別に不快というわけでもないし、むしろそんなノリが良かった。
こまごまさん [地上波(吹替)] 6点(2007-01-04 22:04:41)
45.《ネタバレ》 思った以上に面白くて良かった。前半のほうは日本に戸惑っている感じとかがよかったし自分はかなり笑える部分があった。後半もテンポを保っていたし、展開的にも悪くなくて最後まで面白く見る事が出来た。この映画、意外に日本のことに対して的を射ているのではないかと思った。主人公がいろいろ文句を言っているがそれに対して日本人である自分もなぜか共感を持ちながら見ていた。この映画の中の日本は他作品のようなへんてこな日本ではなく普通に存在する日本の悪い部分を見ている感じだった。野球シーンを見ているとなとなく「メジャーリーグ」に似ているなと思った。最後のバントは良かった。デニス・ヘイスバートも出てるし。それと自分も思うが野球はメジャー同様、決着がつくまで引き分けなしでやってほしいと思う。
スワローマンさん [ビデオ(字幕)] 7点(2006-09-28 18:04:31)(良:1票)
44.結構面白かったですよ?  いや、80年代、野球漫画なんかでは、こういう助っ人外人哀歌みないなストーリーが描かれていたような記憶があるけど、本家大リーガー側のカントクがこのストーリーを撮ったってのが、感心しますね。 健さんはかっこいいけど、やっぱ「元プロ野球選手」っていうのだと、さすがに体の線が細いけどね。 当時は結構楽しみました^^
とっすぃさん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-11-21 22:47:19)
43.この映画が作られた年は、ちょうど中日の監督が星野監督から高木監督に交代になり、ちょっとチームが低迷していて、当時中日ファンで名古屋非在住だった私は肩身の狭い思いをしていたことを思い出します。そんな中で作られたこの映画、やっぱり高倉健監督のモデルは星野氏なんだろうか、でも表面的な模倣なんじゃないかな?などと思いつつもコメディと割り切って観たせいか、性格設定なんかも含めて結構楽しめた記憶があります。そういや桜金造がカツラ被って中日の選手役してませんでしたっけ。
ライヒマンさん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-04-26 21:05:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 62人
平均点数 4.16点
034.84%
169.68%
234.84%
3914.52%
41117.74%
51320.97%
61117.74%
746.45%
823.23%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.50点 Review2人
2 ストーリー評価 4.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review2人
4 音楽評価 3.50点 Review2人
5 感泣評価 3.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS