修羅のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 修羅
 > (レビュー・クチコミ)

修羅

[シュラ]
DEMONS
(Pandemonium)
1971年【日】 上映時間:134分
平均点:7.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(1971-02-13)
ドラマホラーサスペンスラブストーリー時代劇モノクロ映画
新規登録(2004-11-09)【すぺるま】さん
タイトル情報更新(2020-05-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督松本俊夫
キャスト中村賀津雄(男優)源五兵衛
三条泰子(女優)小万
唐十郎(男優)三五郎
今福正雄(男優)八右衛門
観世栄夫(男優)宅兵衛
松本克平(男優)了心
山谷初男(男優)長八
原作鶴屋南北「盟三五大切」
脚本松本俊夫
撮影鈴木達夫
製作ATG
配給ATG
照明海野義雄
その他内田絢子(記録)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.MoMAにおけるATG映画祭の一本として鑑賞。

先にコメントを書いた同じくATGによる「心中天網島」と比較してこちらはより大人向けといったところか。愛憎は更に深く、残酷さも負けじと深い。現代映像にもつながるカット割りや反復の手法は、時代劇でも使えることを本作が証明してくれた。

本作での唐十郎のカツラ姿が素晴らしく、同じ映画祭を通して出会った作品「新宿泥棒日記」で彼と再会した際にすぐにつながらなかったのは不覚。ましてや21世紀に入ってからの「北の国から」でのトド役にいたっては点と点がつながるまで数週間を要した次第(笑) 彼独特の節回しは本作よりは「新宿~」にて堪能あれ。
keiさん [映画館(邦画)] 7点(2014-04-02 10:14:35)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
71100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 1.00点 Review1人
4 音楽評価 4.00点 Review1人
5 感泣評価 2.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS