Menu
 >
 >
 > ワイルド・フラワーズ

ワイルド・フラワーズ

2004年【日】 上映時間:127分
平均点: / 10(Review 7人) (点数分布表示)
ドラマスポコンもの青春もの
[ワイルドフラワーズ]
新規登録(2004-12-25)【カズゥー柔術】さん
タイトル情報更新(2009-02-23)【+】さん
公開開始日(2004-04-17
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督小松隆志
キャスト岡田義徳(男優)細谷伸一
石川美津穂(女優)中島涼子
鈴木美妃(女優)桐島みどり
東城えみ(女優)木崎郁美
麿赤兒(男優)豊島敬吾
高畑淳子(女優)アイアン藤島
キューティー鈴木(女優)田島博子
ジャガー横田(女優)ジャガー
木下ほうか(男優)山内
二階堂智(男優)西城
つぐみ(女優)芝山絵里香
マギー(1972年生まれ)(男優)立花
久保晶(男優)
種子(女優)
芦川誠(男優)
遠山俊也(男優)
音楽遠藤浩二
撮影坂江正明
製作松下晴彦
配給東京テアトル
ザナドゥー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.主演:鈴木美妃の存在感が光る。
新人俳優らしい序盤の垢抜けない硬さがあってこそ、リング上の立居や表情や本格的なレスリング技が次第に様になっていく姿が劇中の成長物語と通じ合い映画後半の盛り上がりを生んでいる。

タッグを組むこととなる石川美津穂、ライバルの東城えみ&キューティー鈴木といった実質的なプロたちに交じりながら、終盤には彼女たちの凄味、貫禄、技の切れとスピードに対し全く引けをとらない渾身のファイトぶりが素晴らしい。

クライマックスのタッグ試合でひたすら四人の身体がぶつかり合う迫真性は日本版『カリフォルニア・ドールズ』の趣だ。

また粗末なガレージ内の練習場、地味で狭い選手寮、寂れたキャバレー内に設営された試合会場といった真実味のある美術もまた王道的なスポーツドラマに納得性を与えている。
ユーカラさん [DVD(邦画)] 7点(2009-05-18 21:45:42)
6.途中までどうなるかと思ってましたが、最後のほうは盛り上がりました。意外と良く出来ていました。
山椒の実さん [ビデオ(邦画)] 4点(2007-08-19 17:57:39)
5.《ネタバレ》 特に期待していなかったので、意外な内容の良さにびっくりしました。一番良かったのは、リング上のトレーニングや試合のシーンを、小細工をせずに素朴に正面から撮り切っていること。リングのバタンバタンという音、選手の息づかいや表情、肉体の衝突する音や質感、まわりの声援(罵声?)なんかも全部そのまんま伝わってきます。こういうところで真剣にやっているからこそ、台詞がイモ臭かろうが、中心2人以外のレスラー陣が途中からほとんど無視されていようが、クライマックスに至る過程が都合良すぎだろうが、それらを押しのけて作品として心に残るのです。最初と最後に出てくる主人公の母親の手紙と同様、製作者のプロレスに対する深い愛情を感じる作品です。懐かしの志生野温夫アナの登場にもびっくり。
Oliasさん [DVD(邦画)] 7点(2007-08-17 22:31:07)
4.映像もしょぼいし、演技も稚拙。ストーリーもいまいち。
女子プロレスの魅力を真面目に描こうとしている姿勢は素晴らしいけど、作品としてはB級としか言いようがない。
もとやさん [地上波(邦画)] 4点(2007-08-14 05:30:51)
3.安い設定をビデオ撮りした内輪ウケ系の寒い映画だとばかり思ってたので、これには不意打ちを食らった。面白い! モチーフそのものは目新しくないベタなスポ根ドラマの寄せ集めには違いないんですけど、登場人物それぞれのエピソードが融合し、ちゃんと一本の熱い物語を形作ってる。正々堂々と丁寧に作られてるのも良いし、ビデオ撮りを感じさせない質感のある映像も頑張ってる。プロが出演してるのでレスリング・シーンの迫力も充分。鑑賞後は、思わず女子プロレスを見に行きたくなりました。次回は予算をかけて、東京ドームでリターン・マッチして欲しいです、7点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2005-05-17 00:37:31)
2.《ネタバレ》 物足りませんね。社長がやる気出すまでが遅すぎです。 ホストクラブでしらけました
やっぱトラボルタでしょうさん 3点(2005-02-08 17:56:14)
1.弱小貧乏女子プロレス団体の話なんですけど、単なるスポコンドラマに収まらなかったところが良い。本物の女子プロレスラーが多数出演していることもあり、試合シーンはシッカリ撮ってるし、話の方もなかなか良くて、プロレスファンならニヤリとしそうなところもあると思います。特に後半、ライバル団体との抗争あたりからのプロレスラーは”見せるプロレス”と”潰すプロレス”は別!プロレスファンやっていれば一度は思う、真のプロレスラーの強さ的な内容に触れるあたりは個人的にかなり○です。しかし「ぶっ潰す」や「二度とリングに上がれないようにしてやる」的な発言しておいて、実際の試合ではフォールしてのスリーカウントってのはどうだろう。それじゃあ何回やろうが相手はリングに戻ってきちゃうと思うんですけど。
カズゥー柔術さん 6点(2005-01-06 12:02:28)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 5.43点
000.00%
100.00%
200.00%
3114.29%
4228.57%
500.00%
6114.29%
7342.86%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS