Menu
 >
 >
 > サブウェイ・パニック

サブウェイ・パニック

THE TAKING OF PELHAM ONE TWO THREE
(THE TAKING OF PELHAM 123)
1974年【米】 上映時間:104分
平均点: / 10(Review 50人) (点数分布表示)
サスペンス犯罪ものパニックもの小説の映画化
[サブウェイパニック]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-09-20)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョセフ・サージェント
助監督バート・ハリス(第二班監督)
マイケル・ヘイリー(第二助監督)
キャストウォルター・マッソー(男優)ザカリー・ガーバー警部補
ロバート・ショウ(男優)ブルー/バーナード・ライダー
マーティン・バルサム(男優)グリーン/ハロルド・ロングマン
ヘクター・エリゾンド(男優)グレイ/ジョー・ウェルカム
ディック・オニール(男優)フランク
トニー・ロバーツ(男優)ウォレン
ドリス・ロバーツ(女優)ジェシー
ケネス・マクミラン〔男優〕(男優)ハリー
ジェームズ・ブロデリック(男優)デニー
ジェリー・スティラー(男優)リコ
バート・ハリス(男優)リッチ
ビル・コッブス(男優)駅のホームの男
ルディ・ボンド(男優)
富田耕生ザカリー・ガーバー警部補(日本語吹き替え版【TBS】)
中村正[声優]ブルー/バーナード・ライダー(日本語吹き替え版【TBS】)
緑川稔グリーン/ハロルド・ロングマン(日本語吹き替え版【TBS】)
若本紀昭グレイ/ジョー・ウェルカム(日本語吹き替え版【TBS】)
幹本雄之(日本語吹き替え版【TBS】)
玄田哲章リコ(日本語吹き替え版【TBS】)
兼本新吾フランク(日本語吹き替え版【TBS】)
阪脩(日本語吹き替え版【TBS】)
小川真司〔声優・男優〕(日本語吹き替え版【TBS】)
笹岡繁蔵(日本語吹き替え版【TBS】)
亀井三郎(日本語吹き替え版【TBS】)
山田礼子(日本語吹き替え版【TBS】)
松岡文雄(日本語吹き替え版【TBS】)
鈴木れい子(日本語吹き替え版【TBS】)
原作ジョン・ゴーディ『ペラム123』
脚本ピーター・ストーン
音楽デヴィッド・シャイア
撮影オーウェン・ロイズマン
トム・プリーストリー・Jr(アシスタント・カメラ)
製作ガブリエル・カツカ
エドガー・J・シェリック
配給ユナイテッド・アーチスツ
美術ジョセフ・M・カラッシオロ・Jr
衣装アンナ・ヒル・ジョンストン
編集ジェラルド・B・グリーンバーグ
録音デヴィッド・レイ[編集]
クリストファー・ニューマン〔録音〕
字幕翻訳高瀬鎮夫
日本語翻訳木原たけし(日本語吹き替え版【TBS】)
その他マーク・キャントン(プロダクション助手)
レイモンド・ハートウィック(トラック運転手代表)
バーバラ・デ・フィーナ(プロダクションオフィス・コーディネーター)
あらすじ
白昼のニューヨーク、ペラム発の地下鉄123号が4人組の男にハイジャックされる。犯人は1時間以内に100万ドルを用意するよう要求。かくしてガーバー警部補との駆け引きは始まった。 コメディタッチで描かれたパニック物の傑作。ウォルター・マッソーのラストにも注目です。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
30.列車と管制室を切り返しながら見せてゆくシンプルな構成。犯人のバックボーンや地下鉄幹部と警察のエゴをくどくどと語らないシンプルなシナリオ。シンプル・イズ・ベスト。(今年公開予定のリメイク作も楽しみだ。)緊張感が足りない!というのはたしかにそうで、リアルさを求めるときついかもしれない。しかし例えばコロンボや古畑の現実味の無いキャラを楽しめるならこれだって楽しめるはず。最後のマッソーの表情はまさにこの世界観を象徴しています。下手(シタテ)に出ながら堂々と去って行った国鉄職員たちはこの翌年に新幹線ひかり109号に爆弾を仕掛けられることをまだ知らない(『新幹線大爆破』は1975年公開)。
R&Aさん [DVD(字幕)] 7点(2009-04-02 14:32:34)(良:1票)
29.覆面捜査官や主犯役のロバート・ショウ、日本から視察にきた国鉄の社員など、印象的なサブキャラの存在も大きい。しかし、やはりウォルター・マッソーという芸達者を主役に迎えることで、まさに都会的な、ちょっと皮肉の利いた粋な作品に仕上がっていることは確かだ。
kagrikさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2008-12-18 22:39:47)
28.余り期待せずに鑑賞も、なかなか面白い、コミックなとこらがたくさんあるハラハラ・ドキドキのサスペンス。
40年前の作品とは思えないスピ-ド感。 最後のシーン最高!!伏線が上手い。
この手の解り易い、粋なエンドが最近少ないように思える。
2017.07/13 2回目 BS鑑賞。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2008-09-04 13:01:18)
27.《ネタバレ》 恐ろしいほど無能な警察側、追う側をからかう作品にしたほうがいいのでは。アホらしい。この緊張感の無さは驚き。
monteprinceさん [インターネット(字幕)] 4点(2007-11-25 00:21:02)(笑:1票)
26.《ネタバレ》 いくらなんでもあの緊張感のなさはありえない。
yoshi1900olololさん [DVD(字幕)] 4点(2007-07-06 08:06:42)
25.公開当時の評判は「予想外に面白い」というものでした。リアルタイムで観る機会を逸し、後にテレビでの鑑賞となりましたが、「予想以上に面白かった」です。ロバート・ショウは本当に良い役者ですね。原題はアメリカ映画らしくちょっと無味乾燥に思えます。いっぽう邦題は軽すぎるのだけれども当時のパニック映画ブームを反映していて、これはこれでよいかと今は思えます。犯罪映画、サスペンス映画がお好きな方に、とてもお薦めの作品です。
ジャッカルの目さん [地上波(吹替)] 8点(2007-05-20 23:10:39)
24.《ネタバレ》 何故にこんなに点数が高いのか判りません??地下鉄をジャックされたってのに、あの緊迫感の無さはなんだ?運行管理室のダラダラ感、人質にされた乗客の危機感の無さ、市長のやる気の無さ!この映画ひょっとしてコメディ?と思ってしまった。だいたいウォルター・マッソーのあの衣装はなんだ?黄色いチェックのシャツに黄色いネクタイって・・・コメディアンじゃないんだから!無線交信の度に“お大事に”って!アホか!と思っていたら最後のあのオチの為にだったのですね!最後のあの表情は結構良かった。“みーつけたぁ”みたいな表情がなんとも言えず頭にこびりついた。
みんてんさん [DVD(字幕)] 5点(2007-03-22 13:08:30)
23.閉鎖空間である地下鉄なんかジャックして、どうやって犯人は逃走しようってのか、それを考えると夜も寝られなくなっちゃう、というわけで春日三球を不眠に追い込みそうなテーマの作品。ジョン・ゴーディの原作に骨子は沿っているものの、映画化によって「大化け」したように思います。いや勿論、原作も結構楽しめる作品ではありますが、もしかしたら「ちょっと奇抜な発想の小説」というレベルで埋もれてしまっていたかもしれない。カットバック的構成の多用で「映画的」描写のこの小説を、むしろ派手さを抑えてドキュメンタリ風味の映画に仕上げたのが実にうまく、小説的ウンチクなども削ぎ落として、着々とすすめられる犯罪の緊迫感をよく表しています(実際の時間と劇中の時間がほぼ同時に進む)。暗く静かな地下鉄と地上の騒動。タイムリミットからくる緊張感と、犯人やW・マッソーの何やら暢気な表情。それらの対比のうちに、やがて迎えるクライマックス。イキな映画、ですな。
鱗歌さん [DVD(字幕)] 8点(2007-01-08 12:55:43)(良:1票)
22.《ネタバレ》 犯人がみんなあの格好ってのにまず爆笑。犯人とのやりとりも緊迫してるはずなのに、なんかこっけいで面白い。ラストもいいし。
レザボアは明らかにここからとってますね。
鑑賞後、DVD即購入しました
θさん [DVD(字幕)] 10点(2006-12-18 18:03:50)(笑:1票)
21.同じくウォルター・マッソー主演作「突破口!」と続けて観ました。んー、主人公の顔には緊張感がないけれど(笑)、映画自体の緊張感は最高!犯人たちの描き方も、冷酷だけど人間臭くて良かったですよ。潜入していた警官、僕はてっきりアノ人かと思っていたらアノ人か・・・あ、日本人の描き方にはエスねこさんと同感です。「英語が分かる」ことが分かった瞬間のウォルター・マッソーの凍りついた表情がサイコー。
ぐるぐるさん [DVD(字幕)] 9点(2006-09-03 18:55:49)
20.まるで落語のようなオチ(笑)。ラスト以外でも笑いどころがいっぱいあったりするし。
「誰だ?」
「公安局です」
「オゥ!」
このリアクションめっちゃ笑える(^^)
ゆうろうさん [DVD(字幕)] 9点(2005-05-07 17:20:40)
19.BGMに萌えまくりました!オープニング・クレジットで流れるBGMに萌えて途中で流れてきて萌えてエンド・クレジットで萌えて・・・。いやー、こんなに萌えたのは「男たちの挽歌」以来だわ(笑)しかし!!!、ラストのウォルター・マッソーの顔はものすんごいよかった!妙な印象で終わるけどこういうのがまたいいんだよね。
M・R・サイケデリコンさん 9点(2004-11-10 18:26:38)
18.渋い、燻し銀の仕上がりです。最後のオチにそれが集約されています。後半の急展開にも甘さがなく、しっかり伏線を回収しきっています。派手な演出の映画ばかりを見慣れた人にはなかなか受け入れられない面もあるかもしれませんが、とりあえずお薦めできる一本です。
Kさん 8点(2004-10-18 17:39:54)
17.なんだ、爆発しなくても面白い映画撮れるんじゃんアメリカってやっぱりすげーはアメリカはと思ったのが初見の感想です。ラストのウォルター・マッソーの表情は、最高。全然ハンサムじゃぁないむしろブサイクと言っても過言ではない(ファンの方すいません。ただ俺もマッソー好きです。)マッソーが痺れるほどかっこよく映る。えっキ○タク?ヨ○様スマイル?太刀打ちできませんよ。
一番星☆桃太郎さん [DVD(字幕)] 9点(2004-09-23 23:31:27)
16.音楽とラストは確かによかった。このドライ感もいまとなってはかっこいいですよね。
かじちゃんパパさん 6点(2004-09-01 12:24:57)
15.ここの平均点が何気に高いんで観てみたら、おもろいやん。まー、昔の映画独特の雰囲気なんで、ダメな人はダメかもしれへん。どこかドキュメンタリー風というか、こうなんかパッとせんというか、「ジャッカルの日」っぽい雰囲気かな。こっちはもうちょっとテンポはいいと思うけど。あと主人公とか一応決まってるんやけど、視点が犯人側に移ったりと色々飛ぶんで、特定の人に感情移入はしにくいねん。でも、だから結末がわりとどーなるかわからんっていうのもあるから、俺は結構のめり込んで観てもーた。お金運ぶとことかドキドキしたし。全体的なあっさり感も一気に観れて好きやわ。後↓のジャンさんも書いておれれますが、音楽がいいねん。なんか、ファンキーでかっこいい。そして、ラスト。あんなユーモラスでインパクトがあってしかも変なラスト、あんまり他に知らんわ。あそこの映像だけポスターにして部屋に飾りたい。そんなラスト。気になる人は観てな~。
なにわ君さん 10点(2004-08-27 03:29:24)(良:1票)

14.だって音楽素晴らしいもの。そして字幕がまるで標準語じゃなくって とてもうさん臭くてナイスだったし、ラストだって2段構え3段構えのような感じでとても楽しめましたし、なんてったってラストのラストがとても好き。あの顔、いいね~え。 って事で、最終的にはやはり音楽が素敵だったじょ。見終わった後でもずっとあの音楽リピートして聴いてましたもん ビバ・DVDでした。
3737さん [DVD(字幕)] 9点(2004-05-04 23:41:15)(良:1票)
13.ラストのウォルター・マッソーの顔だけで、確実に2点UPする作品。全体のドライさは70年代の特徴ですが、この作品のは「70年代の香り代表作」と言えそうなくらい洗練されてます。言うまでもなく、警察 vs 犯人の、切羽詰りながらも余裕綽々の駆け引きは『ダイ・ハード』で使われてますね(『太陽を盗んだ男』もコレが元だろうな)。犯罪映画のひとつのスタイルの、頂点にある映画だと思います。 (追記:「日本人蔑視」って意見もあるけど、オイラは逆だと思うなあ。日本語やたら巧いし。最初は黙ってニコニコ笑ってカメラ撮りまくってるだけで、コントロールセンター内でも「お前ら何しに来たんだ」状態だったのに、事件発生を知った途端「いやあ、私たち実はバッチリ英語わかるんですよ。聞こえてます聞こえてます。いや地下鉄乗っ取りとは! 天下のニューヨーク地下鉄公安部も大変ですなあ、いいモノを見せてもらいましたハッハッハッ!」ってな感じで去っていく…めちゃ美味しすぎますよこの役)
エスねこさん 8点(2004-02-29 06:10:59)(良:2票)
12.淡々と進むなかにも緊張感が溢れる良作です。しつこさがないところが最近の駄目ハリウッド映画にはないクールさを感じさせます。中学生のときに映画館でみたときは、そこが物足りなかったんだけど大人になると視点が変わるもんですな!!
アトミックさん 8点(2004-01-05 01:17:26)
虎尾さん 8点(2003-12-12 23:49:08)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 50人
平均点数 7.28点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4510.00%
536.00%
6612.00%
7816.00%
81734.00%
9918.00%
1024.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review4人
2 ストーリー評価 7.40点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.60点 Review5人
4 音楽評価 9.33点 Review3人
5 感泣評価 8.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS