プライド 栄光への絆のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > プライド 栄光への絆
 > (レビュー・クチコミ)

プライド 栄光への絆

[プライドエイコウヘノキズナ]
Friday Night Lights
2004年【米】 上映時間:117分
平均点:5.11 / 10(Review 9人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-05-14)
ドラマスポーツものスポコンもの青春もの学園もの
新規登録(2005-02-24)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2017-05-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・バーグ
キャストビリー・ボブ・ソーントン(男優)ゲイリー・ゲインズ
デレク・ルーク(男優)ブービー・マイルズ
ジェイ・ヘルナンデス(男優)ブライアン・チャベス
ルーカス・ブラック(男優)マイク・ウィンチェル
ギャレット・ヘドランド(男優)ドン・ビリングスリー
リー・トンプソン・ヤング(男優)クリス・コーマー
ティム・マッグロウ(男優)チャールズ・ビリングスリー
アンバー・ハード(女優)マリア
マルコ・ペレラ(男優)
野島昭生ゲイリー・ゲインズ(日本語吹き替え版)
江川央生ブービー・マイルズ(日本語吹き替え版)
落合弘治ブライアン・チャベス(日本語吹き替え版)
森川智之マイク・ウィンチェル(日本語吹き替え版)
伊藤健太郎ドン・ビリングスリー(日本語吹き替え版)
田中正彦チャールズ・ビリングスリー(日本語吹き替え版)
宝亀克寿(日本語吹き替え版)
脚本ピーター・バーグ
音楽ブライアン・レイツェル
編曲ブルース・ファウラー〔編曲〕
挿入曲モトリー・クルー"Wild Side"
撮影トビアス・A・シュリッスラー
製作ブライアン・グレイザー
ユニバーサル・ピクチャーズ
配給UIP
特撮リズム&ヒューズ・スタジオ(視覚効果)
美術シャロン・シーモア(プロダクション・デザイン)
編集デヴィッド・ローゼンブルーム
コルビー・パーカー・Jr
その他フェイス・ヒル(サンクス)
アラン・J・パクラ(献辞)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
9.青春だね。日本人が高校野球を見て喜ぶように、これぞディスイズオールドアメリカという価値観だろう。フットボールの魅力に溢れる1本。実話なためどっちつかずに終わったのが残念だが。
Arufuさん [DVD(字幕)] 6点(2010-12-09 01:52:46)
8.やたら暗く汚い画面、躍動感ブツ切りの編集、ゆらゆら揺れてどこを撮りたいのか分からないカメラと、スポーツというものをわざとおとしめて撮っているとしか思えない画面には怒りすら感じます。「エニイ・ギブン・サンデー」の撮り方もかなりひどかったけど、この作品はそれ以上です。また、選手たちの誰がどういう想いでアメフットをしているのかという描写も、ほとんどありませんでした。突然かかって懐かしかったポイズンの"Nothin' But A Good Time"に2点。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2009-07-18 00:06:20)
7.う~ん..今時のカメラワークに編集..カットが多くて、手ぶれがひどくて、観ていて疲れる..ところが多々ありますが..ストーリーはシンプルで、意外とコテコテな展開..ノリは軽いですが、そこそこ楽しめるのでは.. クライマックス、ハーフタイムでのコーチの言葉には、グッ ときました~ それと、アメフトのプレーシーンは、かなりリアルで、好感が持てます...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 5点(2007-07-24 12:14:36)
6.フットボールしかないのかというような異常な感覚は日本人の自分としては理解しづらい。結構淡々としていて、特別どうという感動も感じず、終止冷めた感覚で観てしまった。ドキュメンタリー感を出したかったのか、カメラが常にフラフラしていて見づらかった。
MARK25さん [映画館(字幕)] 3点(2006-06-10 17:02:30)
5.《ネタバレ》 ピーター・バーグって俳優出身なんだ。コラテラルに出てたっていってもどんな役か全然思い出せない。それはともかく。「僕はラジオ」を見たばかりだったが、同じ実話ものでもテーマが違うのでこちらは競技シーンに重きがおかれており、迫力もかなりのもの。これは「アメリカのマチズモの伝承」をアメフトを通して描いた作品である。「アメリカのマチズモ」は、放っといても勝手に育つものではなくて、「父から息子」へ「伝承」されてきたというわけだ。「父」とはもちろん現実の父親でもあるが、名誉な指輪(州大会優勝の)をはめた町の住民たちや、アメフトのコーチもその「父役」を担っているのであった。「僕はラジオ」でも思ったが、アメフトのコーチと選手の関係は父子そのものである。その父子なるコーチと選手が試合の前に祈りを捧げるのは「神(父性の最高権威)」である。この光景を見ると、げにアメリカは父権社会であるなあ、の感きわまるのであった。アル中のやさぐれ親父のティムマッグロウが出色である。アメリカの父親は男性性を育てるため息子を抑圧する。息子たちがパーティなどで危ないくらいにハメをはずすのは、この親父のプレッシャーへの反動のような気もする。このテの「アメリカのマチズモ礼賛」作品に対し、そこそこ感動しながらも心のどこかで「ケッ」と思ってしまう自分がいることは否めない。その理由は、「どこをどう探しても自分の中にチアリーダー性が見出せない」ためなのでした。石原慎太郎などが喜びそうな映画。 《追記》私的な研究テーマである「失われた黒人社会の父性」をブービーの伯父L.V.に発見した。孤児院にいた彼を引き取って我が子のように育て、アメフトを教えたそうな。ティムマッグロウがカントリー歌手で、これが映画初出演と知り超驚く。てっきり本職の役者さんと思っていた。そんなこと知らずに彼の演技に心打たれ、「雰囲気出してるー」と思っていた。ボンジョビに比べると雲泥の差。なんでこんなにうまいのか。おそるべしアメリカのカントリー歌手。
パブロン中毒さん [DVD(字幕)] 7点(2006-02-05 18:13:45)
4.試合のシーンは迫力があって楽しめました。
たまさん [映画館(字幕)] 6点(2005-12-22 23:19:09)
3.アメフト・感動もの・親子で、「ルディ」や「遠い空の向こうに」と比較した得点です。
午後のコーヒーさん [DVD(吹替)] 4点(2005-12-07 23:36:37)
2.アメフトのルールなど知らなくても、楽しめました。評価が少ないのですが、それだけ人気がなく地味な作品だったのかしら?? どんなスポーツであれ、打ち込んだ事のある人なら感情移入できるし、心に何かしら「悔い」のある人間なら、スクリーンに映る彼らを観てエールを送りたくなるはず。目一杯頑張った事は、どんな形であれ(勝・敗、達成・挫折に関わらず)自分の糧になるもの。ラストの清々しい彼らの表情にはそれが表れています。主要な登場人物が抱えている様々な問題は、ありきたりと言えばありきたり。 でも、最初から最後まで飽きずに鑑賞出来るし、十分に楽しめる作品だと思います。コーチ役のビリボブはやっぱり上手いし、ソツなく演じていますが、同時期に同じアメフトを扱った映画 「僕はラジオ」 を鑑賞(DVD)した後だったので、やはりこういった役は、エド・ハリスの方が上手いなぁ(はまってる)と思いました。 
プリシラ3103号さん [映画館(字幕)] 7点(2005-06-18 16:18:25)
1.1988年、テキサス州の高校アメリカン・フットボール・トーナメントを勝ち上がる、田舎町のチームを描いた実話の映画化。弱小チームが奇跡を起こす様な陳腐な話ではなく、舞台になるチームはスタッフ・施設等も充実し、伝統もある普通に強いチーム。特殊なのは、見渡す限り何も無い田舎町では、そのチームの「勝利」だけが関心の的だということ。選手の親も含めた全住民を挙げたプレッシャーの中で、挫折し成長する高校生達が描かれていきます。高校生達それぞれのエピソード自体に新味は感じませんし、前半は激しく動く手持ちカメラのクローズ・アップ映像ばかりなので、どうにも取っ付きにくかったんですけど、クライマックスのアストロドームでの決勝戦は、私も流石に熱くなってしまいました。そういうことで、6点献上。
sayzinさん [映画館(字幕)] 6点(2005-05-13 00:12:40)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 9人
平均点数 5.11点
000.00%
100.00%
2111.11%
3111.11%
4111.11%
5111.11%
6333.33%
7222.22%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 6.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS