モロッコ慕情のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > モ行
 > モロッコ慕情
 > (レビュー・クチコミ)

モロッコ慕情

[モロッコボジョウ]
Sirocco
1951年【米】 上映時間:98分
平均点:7.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(1980-09-06)
アクションドラマモノクロ映画ロマンス小説の映画化
新規登録(2005-03-17)【一番星☆桃太郎】さん
タイトル情報更新(2008-08-26)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督カーティス・バーンハート
キャストハンフリー・ボガート(男優)ハリー・スミス
リー・J・コッブ(男優)フェロー大佐
エヴェレット・スローン(男優)ラサール将軍
ゼロ・モステル(男優)
ジェフ・コーリイ(男優)(ノンクレジット)
原作ジョセフ・ケッセル"Coup de Grace"
音楽ジョージ・アンセイル
モリス・W・ストロフ(音楽監督)
編曲アーネスト・ゴールド
撮影バーネット・ガフィ
製作ロバート・ロード(脚本)
美術ロバート・プリーストリー
字幕翻訳山崎剛太郎
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.テロリズムの蔓延るフランス占領下のシリア・ダマスカス。
シビアな政情を生きる男たちの面構えがいい。
ハンフリー・ボガートの居所をフランス軍に売る男は職業俳優だろうか。
脇役ながら、如何にも殺伐とした世界を生き抜いてきたというような
凄みを感じさせるしたたかな顔貌がいい。

リー・J・コッブの強面がそれに負けていないのもいい。

映画は夜のシーン、地下のシーンが中心となり、閉塞感を増す。
狭い路地や地下住居の設計が独特の闇を創り出し、異国の趣を漂わせている。
とりわけ、ゲリラ達との接触場所となるローマ時代のカタコンベの美術が素晴らしい。

ユーカラさん [DVD(字幕なし「原語」)] 7点(2014-02-01 21:36:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
71100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS