あらしのよるにのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > あらしのよるに
 > (レビュー・クチコミ)

あらしのよるに

[アラシノヨルニ]
2005年【日】 上映時間:107分
平均点:5.65 / 10(Review 49人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-12-10)
ファンタジーアニメ動物もの小説の映画化
新規登録(2005-05-07)【ヴァッハ】さん
タイトル情報更新(2022-08-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督杉井ギサブロー
演出杉井ギサブロー
中村獅童ガブ
成宮寛貴メイ
林家正蔵(九代目)タブ
KABA.ちゃんヤギのおばさん
早見優ガブの母
山寺宏一バリー
板東英二長老
市原悦子メイのおばあちゃん
竹内力ギロ
柳原哲也ビッチ
平井善之ザク
加瀬康之ガリ
星野充昭カマ
森田正光モロ
増田ゆき
脚本杉井ギサブロー
音楽篠原敬介
作詞aiko「スター」
作曲aiko「スター」
主題歌aiko「スター」
製作近藤邦勝
東宝(「あらしのよるに」製作委員会)
小学館(「あらしのよるに」製作委員会)
毎日新聞社(「あらしのよるに」製作委員会)
TBS(「あらしのよるに」製作委員会)
博報堂DYメディアパートナーズ(「あらしのよるに」製作委員会)
毎日放送(「あらしのよるに」製作委員会)
企画濱名一哉
配給東宝
作画西村貴世(原画)
江口摩吏介(作画監督/キャラクターデザイン)
林静香(原画)
美術阿部行夫
山本二三(背景)
加藤浩[美術](背景)
編集古川雅士
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
49.《ネタバレ》  【チリンの鈴】を投稿したら、その2日前に、当作品が投稿されていました。「確か【あらしの…】は【チリンの…】と違い、ヒツジでなくヤギだったけど、オオカミが絡む物語だった」と思い、皆さんのレビューを拝読させていただきました。
 皆さんのレビューを拝読するまで、私は漠然と【ベストセラーの絵本のアニメ化。“対立や支配・被支配”の関係にある所属集団を“オオカミとヤギ”に置き換え、異なる立場の垣根を越えて育まれる友情の物語】と思っていました。しかしレビューの拝読で「え?同性愛を意図したお話なの?…メイをメスにして異性愛のお話にしたほうがシックリくる?そうなの?」と戸惑いました。
 そこで「原点に帰って観賞しよう」と決意。絵本(講談社の大型版‐第1~7巻)を図書館でかりてから、DVDをレンタルしました。 

 まず、絵本を読んだ感想から。
【第1巻:あらしのよるに】は【①互いに異なる立場にあり、②同じフレーズに対して別々のイメージを抱いているにもかかわらず、③絶妙に会話が成立する面白さ】を軸にしたシチュエーション・コメディという印象。勿論、聞き手である子供達には「正体がばれて、ヤギさんが食べられたらどうしよう…」といったハラハラドキドキはあるでしょうが、少なくともこの時点では、奇妙な【友情もの】であっても【感動の物語】ではないな…と思いました。本来、この1巻だけで終わるはずだったとか…。
 【第2巻:あるはれたひに】は、子供達には「食べちゃうの?/食べられちゃうの?」とハラハラドキドキの要素は増すでしょうが、ユーモラスな語り口はそのまま。これもシチュエーション・コメディの一種という印象。
 【第3巻:くものきれまに】もコメディの印象。特に【ヤギの友人・タプが、去ったかと思ったら再び現れ、慌てふためくメイ】のシチュエーションの繰返しは、吉本新喜劇やドリフのようなドタバタ場面を連想しました。
 しかし【第4巻:きりのなかで/第5巻:どしゃぶりのひに/第6巻:ふぶきのあした/第7巻:まんげつのよるに】は、シリアス路線へ…。しかも【性愛的】なニュアンスが目立ち始め、巻が進むほど【目を合わせる/濡れて冷たくなった身体に、温もりを感じた】【いつも一緒にいられることが楽しかった/二匹の心はもう一つになっていた/今夜は、あんたと、こんな綺麗な月が観られて最高の夜/ええ、ガブと一緒なら】【ああ、あの身体、あの歩き方、大好きな相手だから、すぐにわかる/もう、二度と、あの優しい眼でこの私を見てはくれない】…これらのフレーズ(絵本は仮名文字ですが、私なりに漢字に変換)は【恋愛もの】の常套句のような気がしました。さらに【これ以上、一緒にいたら、おいら、何をするかわからねえ/早くどっかに行ってくれ、おいらが我慢している間に…】も、好きな女の子の前で、性的衝動を抑えている健気な男の子のセリフでは?と思ってしまいました…ただ、少なくとも最後の【健気な男の子のセリフ】という感想は、私が【大人】だから連想するものであり【絵本が想定している読み手・聞き手である子供達】なら、このようには感じないでしょうが…。
 最終的には、ストーリー以上に【当初の製作意図を越えた反響により、おそらく様々なプレッシャーにさいなまれながらも、足掛け11年間で見事に物語を完結させた、きむらゆういち先生の努力】に感動しました。

 次に、アニメ版の感想は…絵本なら、読み手・聞き手による想像力によって補えるような【曖昧な面】も、映像作品となると具体的にきっちり描写しなければならず、杉井ギサブロー監督を始めとするスタッフの皆さんの多大な苦労が伝わってきました。
 ただ、キャラクター達の容姿にしろ、声(性別)にしろ【作り手の一解釈として、具体的に既定せざるを得なかったこと】が、逆に、絵本ならではの【読み手・聞き手なりの自由なイメージや解釈の広がり】を奪ってしまったとも言えるかな…と思いました。そのあたりが、当サイトでの様々な批判的な意見につながっているのでは…という気がしています。

 さて、採点ですが…杉井ギサブロー監督には申し訳ないですが「あくまで“一解釈”であって、絵本で読んだほうが…」という意味で、基本は「可もなく不可も無し」の5点。ただし、きむら先生・作の【あかちゃんのあそびえほんシリーズ:偕成社】で、一時期、個人的に大変お世話になったこともあり、先生への感謝を加味して6点とさせていただきます。
 いずれにせよ、当アニメはファミリー映画であり、一人でも多くのお子さんが、観終わったとき「これからも友達と仲良くしよう」という気持ちが残れば、成功なんじゃないかな…と思います。

 *備考:【チリンの鈴】は、別途、レビューを投稿しています。
せんべいさん [DVD(邦画)] 6点(2020-07-23 14:02:55)
48.うーん、悪くわないのだが、なぜメスの羊の設定にしなかったのか。
なんか、友情というより、愛情という感じに近いので、これはいいのかなという感じ
まして、成宮の話し方がゲイっぽいし・・・
シネマファン55号さん [インターネット(邦画)] 5点(2020-06-18 15:10:24)
47.とくにこれと言った特徴のない映画
aimihcimuimさん [DVD(邦画)] 4点(2014-09-17 00:40:14)
46.《ネタバレ》 可も無く不可も無く。
やはりどうしても、なんで男同士なんだと思ってしまう。なぜ友情じゃ無きゃいけないんだろう。男女には超えられない壁があるとか言うが、それって言うのは性欲が立ちはだかるからだろうどうせ。物語として子供がターゲットであるとこれではまずいというくだらない配慮は理解できないでもないが、家族ではない男同士の愛情というのは余り感心しない。男女のセックスよりずっと感心しない。

どう考えても同性愛をわざと臭わせているが、男女の性欲は駄目で何で同性愛的な表現は良いのだろう。訳が分からない。確かに友情物の定石展開はあるのだが、そのことごとくに男同士の性を臭わせるのは大きな違和感。

同性愛てきな感情が理解できないと難しいんじゃないだろうか。同性愛が解ればこの程度の関係に性的なメタファーを感じることがないだろうから、純粋な友情物語としてみることが出来るのかもしれない。ただし、直接同性愛を嗅ぎ取ってしまうとキャラクターのちょっとした行為が同性愛者のそれなのではないだろうかと距離をとってしまう。

そういうわけでワタシはこの映画が理解できなかった。 絵本を映画化するのは良いが、原書を軽く見すぎではないだろうか?所詮絵本的安易な改変が入っている節があり、作家を冒涜するなよと言いたい。

絵本を馬鹿にするな。
黒猫クックさん [DVD(邦画)] 5点(2012-03-07 00:06:17)
45.《ネタバレ》 メイもガブも色合いが地味なので、映像的には地味でした。ラストは一応 感動的ですが、この先どうするんだろうと考えると、明るい未来は考えられないので、5点です。
チョコレクターさん [DVD(邦画)] 5点(2012-03-06 20:59:54)
44.いちいち成宮くんと獅童の顔が浮かんで来てしまう点がマイナス点。メイは犬山イヌコさん ガブは小杉十郎太さんでやり直してみてはくれんかしら 本気で言ってるんです。マキバオーとディランってイメージで。 やっぱアニメならアニメらしく声は声優さんに任せよう
3737さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2010-08-06 20:51:17)
43.声優の声に邪魔されずに内容に集中できました。絵のタッチがかわいくて癒されます。かわいい作品でした。
HRM36さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2010-06-01 22:23:43)
42.《ネタバレ》  観賞前に、ここのレビューを見なかったことを後悔しています。
 勝手な私の想像ですが、作者はある日「突然の大雨で雨宿りしたら、バッタリ会ったのが思いがけない人だったら……」とか閃いたと思うんです。さらに、それが狼と羊だったら…ねえ、監督、どう? このアイデア?
 それからは先の話は「ロミオとジュリエット」「ウエストサイドストーリー」と同じ構成です。
 でも、狼と羊でしょ?……どうしても無理があります。
 で、結局これ何が言いたいの?って感じの、感情移入できないアニメでした。
クロエさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2009-08-12 04:08:00)
41.なぜ狼とヤギを同性にしたのかがやっぱり疑問。恋愛ではなくあくまでも友情に命を懸けられるのかというのがテーマだからなんだろうけど、そもそも異種間しかも天敵同士であるのだから、たとえ異性でも恋愛感情に発展することはなかなか考えられず、むしろ狼を男に、ヤギを女に設定したほうが人間界における男女の友情の有無にもリンクして考えることができるのでは…などという邪推は抜きに、子供の心で見れば良いのでしょう。ハッピーエンドが良かったです。でもどうしても大人の感覚で観てしまうので、成宮クンのヤギには違和感を感じてならない。あと小林アナ、ひど過ぎ。
ちゃかさん [地上波(邦画)] 6点(2008-06-02 16:06:13)
40.命を懸けてもいい友達がいると言うことはすごく素晴らしいことで、
一つしかない命をなげうってでも守りたいものがいるのは誇らしいこと。


甘口おすぎさん [DVD(邦画)] 9点(2008-04-19 19:29:43)
39.《ネタバレ》 なぜメイが女でないのかがわからない。ガブはともかくメイの声が非常に
合ってない感じがした。またガブがメイに惹かれる理由はわかるがメイがガブに
惹かれる理由が不明。純粋だったですもうとおもえばそれもできるが小さいころに
親も殺されてるんでしょ?すこしエピソードとして甘い。もっと納得行く
エピソードを作って欲しかったな。しかし後半にかけての切なさはもう涙涙。
なんで腹がへるんだようとガぶの悲痛の叫びは悲しいっす。
ただラストは非常に蛇足。いらない。且つご都合主義に閉口。
ラストはメイが緑をみつけたシーンで終わるかそれが幻でその幻の緑の
中で先に天国にいっていたガブと出会い。ここではおなかも減らないお互いずっと
一緒にいれるという切ないが天国にいって二人は理想を手に入れたって
ラストでよかったとおもうんだけどなぁ。
とまさん [地上波(邦画)] 7点(2008-01-23 10:04:53)
38.前情報なし。オオカミ版マダガスカルといってしまえばそれまでですが、こちらはさらに友情(というより愛?)が根深い?ガブ役の声はうまいなぁと思っていたものの、それが中村獅童によるものだったとは。誰もが思い描く心優しいオオカミのイメージが忠実に具現化されていたかに思います。その芸当ぶりは、子供心そのままに役に入り込めばこそできるものかと。
ノマドさん [地上波(邦画)] 6点(2008-01-07 01:45:08)
37.《ネタバレ》 原作に忠実な作りっぽいが、ひとつひとつの話が1話完結のような絵本が元であることもあり、全体のまとまりやら整合性という点では今ひとつ。ガウがメイに気を使ってこっそりネズミを捕って食べているのに、メイがそれも嫌などと我が儘を言うのは随分な話。それは言ってやんなよという気がする。小説版ではメイは女として描かれているらしく、そのあたりの設定をなんでそんなにフラフラさせてしまっているのか謎。声については主演の二人はまったく問題は感じなかった。しかしアナウンサーの声優起用は酷すぎる。一言程度の出演ならともかく、それなりに台詞のある役にあの棒読み女子アナを当てるとは。軽い殺意を覚えます。
MARK25さん [DVD(邦画)] 4点(2007-10-25 22:21:11)
36.いくつかのエピソードからなる展開、いきあたりばったりのように見えて、実は最後にちゃんと輪が閉じるのが、いい。過剰なCG使用は、かえって物足りない感じがするけど・・・。さあ、キミは、晩飯のオカズと友達になれるか? そして特に中村獅童、アナタは、大好物のオネーチャンを前にして、喰わずにガマンできるのか??
鱗歌さん [地上波(邦画)] 6点(2007-07-15 08:38:29)
35.《ネタバレ》 泣ける映画と聞いていましたが、やっぱり泣けました。特に冒頭のシーン。声優さんは、脇役でも下手な人はやめて欲しい。(アナウンサーだからって・・・酷すぎます)ストーリーの突っ込みどころは皆さんと同じ意見ですが、子供向け、絵本が原作ということで、まあいいんじゃないかな。理屈ばっかり言ってもつまらないし。絵がとてもきれいでした。ぷりんぷりんした後ろ姿がかわいかった。原作も読んでみたいです。
なおさん [地上波(邦画)] 6点(2007-04-20 12:08:33)
34.正に王道、非の打ち所のないストーリーではあるんですが、如何せん感情移入がどうも出来ず、ただ傍観しているだけという感じでした。主題歌は好きなんですが。。種を超えた友情をテーマに設定したまでは良い、でもちょっと扱いが重すぎた感があります。
kinouさん [DVD(邦画)] 5点(2007-04-12 21:49:33)
33.《ネタバレ》 結局これは「友情」じゃなく「恋愛」だったんですね、だから好きになる事に理由付けなんてモノは要らないし、ズバリ相手が「何」であれ好きになってしまったらどうしようもない。  んで人間で言う所の同性愛や近親愛のような社会に受け入れられない恋愛だからメイとガブは自分の社会を捨て手を取り合って破滅への逃避行を選んだと・・・・そう考えるとすごい作品だと思います。
人面猫さん [DVD(邦画)] 9点(2007-04-12 21:00:53)
32.《ネタバレ》 物語の設定はおもしろそうだし、展開も期待させるところがあるのだが…。あの終わり方はないでしょう。ガブはこれから何を食べて生きていくの? ガブのこれからのエサについて言及しなければ、今までの物語の意味がまったくなくなる。あんなのハッピーエンドでもなんでもないですよ。子供向けとは言え、そこらへんはちゃんと作らなくちゃ、教育上もよくないです。あと、もう一つの不満は、メイとガブが、あれほど(仲間やそれまでの暮らしやアイデンティティをすべて捨ててしまえるほどに)、ひかれあうことに、リアリティや必然性が感じられない。最初の小屋のシーンで、二人にもっと大きな事件が起こり、「そりゃあ、強い絆ができて当然だなあ」と思える、そういう仕掛けが必要でした。まあ、何にしろ、投げっぱなしの不出来なアニメでしたね。
コウモリさん [地上波(邦画)] 2点(2007-04-12 12:38:11)(良:1票)
31.思ったよりよかった。最近のジブリよりも面白かったな。声は声優を使ってほしい。
後半声もこなれてきたが、やっぱりプロにまかせたほうがいいよ。
joumonnさん [地上波(吹替)] 7点(2007-04-10 03:49:02)
30.《ネタバレ》 初っ端から声優の棒読み加減に挫折しそうになりましたが、そこを我慢して観ていたら………… メイってオスだったの!!??∑(゜□゜ び、びびった…なんかもっとキャピキャピしているメスだという先入観がありました。ネットで調べてみたところ、「原作ではメイの性別は明言されていないが、映画では監督が「男の子」と言及している」そうで。映画は何より、メイの声優が大人の男性ですからねえ…ガチで…ちょっとえろい。声優さんの来歴もアレだし、監督がそういう趣味なんじゃないか?と勘ぐらずにはいられない。私の個人的な趣味で言えば「男同士上等!」なのですが、一般作品として考えるとどーなんだろう、という気がしないでもないです。ピュアな目で見ればきっと平気なんだろうけど…メイの声をもう少し高くして、どっちの性別にも受け取れる形にしたほうが一般受けはよかったのでは? 話はそこそこ面白かったです、ちょっと泣けた。オチはあっさりしすぎの気もするけど…
えむぁっ。さん [地上波(邦画)] 7点(2007-04-09 02:11:32)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 49人
平均点数 5.65点
024.08%
100.00%
224.08%
312.04%
4714.29%
51020.41%
61122.45%
7714.29%
8510.20%
936.12%
1012.04%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review4人
2 ストーリー評価 4.60点 Review10人
3 鑑賞後の後味 4.62点 Review8人
4 音楽評価 5.62点 Review8人
5 感泣評価 4.50点 Review8人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS