蝉しぐれのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 セ行
 > 蝉しぐれの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

蝉しぐれ

[セミシグレ]
The Samurai I Loved
2005年上映時間:131分
平均点:5.73 / 10(Review 59人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-10-01)
ドラマ時代劇小説の映画化
新規登録(2005-06-27)【ヴァッハ】さん
タイトル情報更新(2018-06-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督黒土三男
キャスト市川染五郎(七代目)(男優)牧文四郎
木村佳乃(女優)ふく
今田耕司(男優)島崎与之助
ふかわりょう(男優)大和田逸平
原田美枝子(女優)登世
緒形拳(男優)牧助左衛門
小倉久寛(男優)小柳甚兵衛
利重剛(男優)石栗弥左衛門
渡辺えり子(女優)おとら
原沙知絵(女優)淑江
麿赤兒(男優)尾形
田村亮(1946年生まれ)(男優)藤次郎
三谷昇(男優)権六
大滝秀治(男優)関口晋助
大地康雄(男優)青木孫蔵
柄本明(男優)磯貝主計
加藤武(男優)里村左内
石田卓也〔俳優〕(男優)牧文四郎(子供時代)
佐津川愛美(女優)ふく(子供時代)
久野雅弘(男優)大和田逸平(子供時代)
矢島健一(男優)相羽惣六
山田明郷(男優)村上
佐藤二朗(男優)佐竹
藤貴子(女優)伊代
蛭子能収(男優)小助
深水三章(男優)坂本
田中要次(男優)北村
不破万作(男優)木戸
中村優子(女優)おきみ
竹嶋康成(男優)桜井
緒形幹太(男優)犬飼兵馬
芦名星(女優)
原作藤沢周平『蝉しぐれ』(文春文庫刊)
脚本黒土三男
音楽岩代太郎
浅梨なおこ(音楽編集)
作詞一青窈「かざぐるま」
作曲武部聡志「かざぐるま」
編曲武部聡志「かざぐるま」
主題歌一青窈「かざぐるま」
撮影釘宮慎治
戸澤潤一(撮影監督)
製作島谷能成(製作総括)
東宝(「蝉しぐれ」製作委員会)
木村純一(「蝉しぐれ」製作委員会)
朝日新聞社(「蝉しぐれ」製作委員会)
テレビ朝日(「蝉しぐれ」製作委員会)
電通(「蝉しぐれ」製作委員会)
ジェネオンエンタテインメント(「蝉しぐれ」製作委員会)
市川南〔製作〕(製作委員会)
杉山登(製作委員会)
製作総指揮遠谷信幸
プロデューサー遠谷信幸(エグゼクティブプロデューサー)
柴田一成(協力プロデューサー)
配給東宝
録音橋本泰夫
照明吉角荘介
その他東京現像所(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
59.今田耕司とふかわりょうがスクリーンに登場する度、まるでコントのようで緊張感が台無しになる。演技の良し悪しの話ではない。キャスティングにあまり文句を言っても仕方がないが、藤沢周平氏の名作の映画化に、それも端役ではなく大役にタレントやコメディアンとはいくらなんでも稚拙なキャスティング。原作は日本人の心を描いた名作です。だからこそ、この映画は本物の役者たちで臨んでほしかったです。
タケノコさん [DVD(邦画)] 5点(2015-11-23 22:55:24)
58.自由に生きることの出来ない時代の切ない物語でした。しかし、美しい日本の四季でした。
東京ロッキーさん [ビデオ(邦画)] 7点(2015-04-18 13:57:28)
57.木村佳乃が怖い。劇場で見た時は、なぜあのような演技をするのか、どういう解釈で役作りしているのか、意味がわからなかった。その後、他のドラマや映画で木村佳乃さんを見て、そういう演技しかできない人なんだとわかった。気が触れているような役は上手いんだけどなー。  映画自体は、セットづくりとか頑張ってると思いました。内容は、うーん、つまらないわけじゃないけど…。
まめさん [映画館(邦画)] 5点(2015-03-08 00:08:14)
56.2014.09/03 鑑賞。TVドラマの内野聖陽 水野真紀の好印象が強く、しかも丁寧な作品だった。2時間に濃縮はかなりしんどい。最近時代劇が少ないのでその意味楽しめたが・・。+1点。
ご自由さんさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-10-31 11:53:35)
55.演技や表現や発声という概念がない、ただの「動作」を延々と見せられ続けるのは、本当に辛い。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2014-07-13 02:22:21)
54.原作にすごく忠実だと思いました。すごくいい作品なので多くの方にみていただきたいですね。
HRM36さん [DVD(字幕)] 6点(2013-08-20 17:10:38)
53.映像が好きですねー。自分が体験したことのない情景だからか、冒頭の蛇とのからみの部分から、童心をくすぐられました。ストーリーは王道。各役者の演技も王道。存在感といえば、よくもわるくもネームバリューな感じ。しかし、鑑賞後は決して悪い気分ではない。そうか、身分が違うから叶わぬ恋という構図は、王道の演技をはじめとする、安心感の上にあるとじっくりはっきり受けとれるんだな、と思いました。
元祖さん [DVD(邦画)] 6点(2013-08-02 04:01:18)
52.文四郎とふくの悲恋物語という見方をすると、前半のクライマックスは父の遺体を乗せた大八車を二人で押すところ、後半は出家直前の告白ということになりますね。だとすると前半のその時点でふくは木村佳乃であってほしかった。子役のあの子とでは顔が違いすぎて同一人物と感じにくかったし、文四郎と身分が隔たってしまったという印象が薄かったのです。そこが残念。その他、気になったのは殺陣シーン。血みどろの戦いで良かったと思う(ここまで強かったの、文四郎?な感じですが)。それと今田耕司・・・。この人だけコントっぽかった(護衛の侍たちを誘導する場面ですね)。
次郎丸三郎さん [DVD(邦画)] 6点(2012-11-30 19:55:19)
51.私もNHKドラマ派。こちらは感情移入がしずらかった。残念。主題歌も残念。
movie海馬さん [地上波(邦画)] 5点(2012-10-07 17:09:08)
50.NHKのそれと比べると、主人公2人が若すぎますね。色気もへったくれも何もない、無味乾燥な方々でした。何であんな吉本芸人が出てくるのですか?所詮小学校のゲイノウカイ以下の演技でした。
亜酒藍さん [DVD(邦画)] 3点(2012-01-21 01:29:02)
49.これぞ時代劇、美しい映像と音楽、ゆったりとした自然の中にもスケールの大きさを感じさせる。斬り合いの場面ですら、人を斬ることの恐ろしさも伝わってくるようだ。
文四郎とふく、隣同士に住む相思相愛の中であっても思いが遂げられなかった二人の運命を、淡々とさりげなく描く秀作だと思う。後半から終盤にかけてはやや甘い感じもするが・・・。おっと幼い頃から一緒に遊んだ三人の友情も忘れられないし、緒方拳と緒形幹太の親子も一緒に出た映画か。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 8点(2011-11-02 16:44:49)
48.《ネタバレ》 少女のささやかな願い。恋する人のお嫁さんになりたい。でもそんな願いすら、この時代のトップの色欲の餌食になってしまう。二人は最後、自分の抱いたほのかな感情を大事に出来なかった「時代」の悲劇に苦しむ。今なら、女性が強いから、こんなトップも追い出す事が出来たかもしれない。しかしこの原作が書かれた頃はどうだろう?藤沢周平作品は女性の気持ちを踏みにじる上司には、最後かならず主人公が落とし前をつける。そこに観客は喝采する。高い地位のものにこそ、高いモラルが課せられるのだ。これから女性の地位向上で、女性対男性の戦いも水面下で行われるだろう。自分は男性なので、調子よく、女性の側にはつけないが、どの藤沢作品にも共鳴する。やはり男性でもできれば、恋する少女の応援をしたいのだ。話を映画に戻すと、殺陣の迫力はすさまじい。でもあの少人数で立ち向かうにはあまりにも不利だ。主人公がこの殺陣を経た後、人間的にぐっと成長するところは素敵だ。
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2011-04-23 11:34:44)
47.《ネタバレ》 たんたんとつまらない。普通の駄作です。 原作は名作なのによくぞここまで潰しました。 小学生が模写したルノアールの絵のよう。
紫電さん [DVD(邦画)] 2点(2011-03-17 14:21:53)
46.全体的にくさい演出です。リズムも悪いし、訳のわからんカットが多すぎます。藤沢文学の代表作と期待しましたが、肩すかしな感じでがっかりしました。何よりも違和感はキャスティングです。いい加減、芸人を使うのはやめて欲しいです。一つ褒めると風景はきれいでした。
アフロさん [DVD(邦画)] 5点(2009-11-21 00:27:48)
45.監督の力量不足。無意味に長く、何を言いたいのかわからない。確かに、日本の四季折々の風景はいいけど。でも、真夏のはずなのに、所々木々や草が枯れていたような気がする。気のせい?同じ藤沢作品を監督している山田洋次の方が、テーマが絞られているし、面白い。
稲葉さん [DVD(邦画)] 3点(2009-02-11 21:48:23)
44.時代背景に翻弄されるとか、現代社会に通じるものがあるとか云々・・・というのもわからないでもないけど、あっさりしすぎていてインパクトに欠けるなあ。心に響くものもあまりないし。いくつかの藤沢周平を見たが、どれもピンとこない。どれも原作は読んだ事ないんだが、きっと映画化に不向きな作者なのではないか?と思われる。 <追記>ドラマ版がかなりよかったので再見してみたのだが、やっぱりイマイチ。なんでお笑い芸人を使ってしまったんだろう・・・。原作が同じでも製作者や役者でこれだけ違ってしまう事に驚き。
東京50km圏道路地図さん [地上波(邦画)] 5点(2009-01-26 03:14:15)
43.良いと聞いていたので構えてしまったからかもしれないが
他の最近作られた時代劇映画と比較すると平凡なつくり
貧乏おふくがなぜあそこまで駆け上がったのかという説明
が希薄だし、脇を固める俳優もこの映画の格ではない。
もうすこし違う作り方をすればかなり評価も違うはず。惜しい
K2N2M2さん [DVD(邦画)] 5点(2008-12-28 19:19:49)
42.《ネタバレ》 もっと切ない展開になるのかと思いきや普通に切ないレベルで終了。
間を非常に大事にしてるんだけどそれも長い。2倍速でいいやと思ったくらい。
とまさん [地上波(邦画)] 6点(2008-11-20 01:33:44)
41.なんか、特にどうってこともない映画だな。メインは結局、ふくと主人公が結ばれなかった悲哀ってところか?だとしたらイマイチ描き切れてないなあ●前半の親父の死が後半に全く関係してないのもどうかと思う●まあ、見れない話ではないが特段面白くもない、そんな映画。
椎名みかんさん [地上波(邦画)] 5点(2008-06-08 21:08:04)
40.《ネタバレ》 映像や雰囲気はとても良かったです。木村佳乃も普段より綺麗でしたし。ただ所々コントにしか見えないシーンや子役の棒読みのセリフが非常に残念だった。作り方によっては名作になってたのになぁ。
ギニューさん [DVD(邦画)] 7点(2008-05-10 10:23:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 59人
平均点数 5.73点
000.00%
111.69%
235.08%
346.78%
458.47%
51525.42%
6813.56%
71220.34%
8813.56%
923.39%
1011.69%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review4人
2 ストーリー評価 7.28点 Review7人
3 鑑賞後の後味 6.62点 Review8人
4 音楽評価 6.50点 Review8人
5 感泣評価 6.44点 Review9人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS