タナカヒロシのすべてのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > タナカヒロシのすべて
 > (レビュー・クチコミ)

タナカヒロシのすべて

[タナカヒロシノスベテ]
2004年【日】 上映時間:103分
平均点:5.63 / 10(Review 19人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-05-24)
ドラマコメディ
新規登録(2005-07-27)【亜流派 十五郎】さん
タイトル情報更新(2008-11-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督田中誠
キャスト鳥肌実(男優)タナカヒロシ
ユン・ソナ(女優)弁当屋の娘
加賀まりこ(女優)
高橋克実(男優)小林専務
宮迫博之(男優)友人田辺
伊武雅刀(男優)テルミンと俳句の会の先生
市川実和子(女優)テルミンと俳句の会の女の子
小島聖(女優)看護婦さん
西田尚美(女優)田辺の妻
南州太郎(男優)遠山社長
小倉一郎(男優)税理士
芦川誠(男優)人事担当者
手塚とおる(男優)動物病院の医師
榊英雄(男優)シロアリ駆除「ギサン」
寺島進(男優)おはようリフォーム
上田耕一(男優)
清水昭博(男優)駅前のたこ焼き屋
鈴木みのる(男優)工員
昭和のいる(男優)工員
昭和こいる(男優)工員
矢沢心(女優)デリバリー娘
脚本田中誠
音楽白井良明
主題歌クレイジーケンバンドエンディングテーマ:『シャリマール』
プロデューサー小椋悟
美術安宅紀史
衣装宮本まさ江
編集伊藤伸行
照明矢部一男
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
19.《ネタバレ》 31才独り身の感想として、なんとかなりますよって気分にならなかった…。
妙にリアルでさ。不安で猫飼いたくなった。
ワンシーンごとにドラマがあって、退屈はしないし面白くもあるんだけど、主題が満たせてないような…。話しはうまいけど落ちが今一つの落語というか…
 
体調いいときにあれこれ考えながら一人で観るのがいいと思う。
デリヘルに7万もってかれるか…。お金の価値は人によりけり。すんごい気持ちはわかるとこなんだけど、看護婦さんの決めポーズに飛び付けないタナカヒロシにとっては一番有意義な支出だったんじゃないかな。
おでんの卵さん [DVD(邦画)] 7点(2013-04-13 20:39:22)(良:1票)
18.《ネタバレ》 なんか、ようわからん。
なんで、こんな奴に女が寄って来るのかが一番わからん。
誰でも一生に一度はモテ期があるって言うけど、それな訳・・・?

あまりに羨ましくなったんで、私はサイド刈り上げ七三分けの髪型にしちゃいました・・・ウソです。

ラストシーンから本当の『タナカヒロシのすべて』が始まるんでない・・・?
ぐうたらパパさん [DVD(邦画)] 5点(2011-04-20 02:43:46)
17.突き抜けない感じの生温いコメディ。
驚くほど行動が非常識ということもなく、どこにでも居そうなキャラではあるけど、どこか滑稽な雰囲気を漂わせている。
物語としては切ないというか、他人事ではない切実さがあったけど、共感はできなかった。
結局、ユンソナに落ち着くところが在り来たりというか、登場したヒロイン候補の中でいちばん普通で面白味のないキャラだったかも。
市川実和子の俳句で笑わせるセンスの良さには感心したし、小島聖のエロさに走っても良かったはず。
単純に見た目と都合の良さで言うなら矢沢心もあり。
修羅場覚悟で西田尚美に行くという後ろめたさも捨て難い。
もとやさん [DVD(邦画)] 5点(2010-05-24 13:34:24)
16.弁当買うシーン好きです。
Yoshiさん [DVD(邦画)] 4点(2008-03-19 20:17:53)
15.《ネタバレ》 30過ぎの独身者の私としては、観ていて他人事じゃなかった。私はタナカヒロシほどボクトツでもないし、モテもしないし、血尿も出ないが。ちょこっとイイ話でした。
aksweetさん [DVD(邦画)] 7点(2008-02-13 23:20:41)
14.《ネタバレ》 ずーっと眺めてるとあの鳥肌さんがキラキラミッチー☆彡に見えてくるからあら不思議。ただ、医者が母親のガンを息子に告知する際に「(もう)退院は出来ません、せいぜい見舞いに来てあげて下さい」の「せいぜい」のセリフには唯一違和感というか非現実感あり。10枚借りたDVDの中で、一番期待せずに事前情報もなしに観たコレが一番おもしろかった。私がもしカツラ会社で事務員をしてたら、多分、おそらく、きっと彼に恋してるじゃなかろうかと思う。
りんすさん [DVD(邦画)] 7点(2008-01-31 13:18:13)
13.《ネタバレ》 この映画を観て学んだ事はセールスマンには屋根に登らせてはいけないっ!
Dr.Teaさん [DVD(邦画)] 6点(2007-07-24 19:31:10)
12.う~ん..それなり..かな..私的には、期待はずれ...
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 3点(2007-06-09 10:08:20)
11.面白かった。いやいや面白かった。「変人」っていうのは、大体においてその生まれた家庭環境等のバックボーンに大きく影響されたが故に「変人」になってしまうことがほとんどだと思う。そう、変人は「変人にならざるを得なかった」のだ。そこでこの映画の主人公はどうかというと、ちょっとコミュニケーション欲求が不足していること以外はいたってマトモ。家庭環境もそんなに変わったものではないし、親が死んでしまったときの主人公の様子・行動などはちゃんと自立した大人のそれである。定職もあるし女にももてるし。つまりこの主人公は「まともなバックボーン」をもった「ほとんどまとも」な人間であるにもかかわらず「変人」なのであって、こういうケースは現実的にはとーっても少ないんじゃないかなー。だからとてもまれなケースを主人公にしている映画なので「一般的に何かを示唆する」とか「一般社会に何かを訴える」といった類の映画ではない。つまりこの映画は「まずありえない人間の、変で面白い人生」を描いているもので、極端な言い方をすると「異星人の地球での人生を描いた映画」って言えるんじゃないでしょうか。地球に留まらざるを得ない「ET」って感じ?
メロメロさん [DVD(吹替)] 7点(2007-04-01 00:13:02)
10.地味なのに強烈な印象あり。
世の中派手に生きればいいってものじゃないからね。
いい人生だったか決めるのは他人じゃないんだから。
junneisanさん [DVD(字幕)] 7点(2007-01-29 09:42:27)
9. はじめに、鳥肌実主演ですが、過激な演説シーンは一切出てきませんのであしからず。
 しかし、結構30代独身の身にとっては切実なストーリーでしたね。なんというか、いろいろ考えさせられる作品ではありました。(コメディの形はとってますけど。)
TMさん [DVD(邦画)] 7点(2006-10-15 20:36:23)
8.地味なんだがそのお人好し加減が憎めない好青年のヒロシくん。32歳でありながら普通はあんな七三分けせんだろヒロシくん。ブリーフ履いてるヒロシくん。しかし例え今回タナカヒロシくんのすべてを知ったとしても鳥肌実の全てを知るのはちょっと危険。見方としては、これ見た後に彼(鳥肌実)の公式ホームページをチェックしてみるのも面白いのではないのかと。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-09-09 23:17:18)
7.《ネタバレ》 冒頭いきなり私の生まれ育った中目黒の風景がいっぱい出てきてびっくり。ユンソナのお弁当屋さんは共済病院の前か!とか、じゃあかつら会社は火事が多いあたり?とか。ヒロシに色目使うお姉さんがいるお店なんか、私の元家から歩いて20秒ほど。再開発で私の家もあのお店もなくなっちゃいましたけど・・・。で、そんな状態なので、最初の方は「ヒロシ、駅は逆、逆!」とか「なんで駅を通り越してんねん!」とか、そんなところばっかり気になって、映画を冷静に見てられませんでした。さて、映画の方は、と言いますと、タナカヒロシって人がそういう人なんだ、ってのは最初の30分くらいでもう十分判るんですけど、それがずっと延々続き過ぎて、なんだか最初は大笑いできたギャグを延々と繰り返されて、ちょっともうカンベンして下さい、って思うような、そんなカンジ。なんとなく繰り返される日常が壊れて、ヒロシに人生の選択が迫られたところで、映画は必然的な道を歩むばかり。あのキャラだったらばそういう展開になるのは判る、で、その上でこの映画はどう楽しませてくれるの?っていうと、ラストシーンまで楽しませてはくれないのですよね。お弁当屋さん再登場にしてやっとドラマとして弾んだ、と思ったら終了、ですから。ひとりの男の変化を描くのに、あまりに淡々とし過ぎてキャラクターとこちらとの距離があり過ぎて、どうも映画を楽しめませんでした。キャラクターの可笑しさ、わんさか登場する脇役の可笑しさはあっても、その先にあるものを魅力的に見せてくれないあたり(寺島進が出てくるあたりからのエピソードは気分的に最悪)、かなり見ていてツラいものがありました。
あにやんさん [DVD(邦画)] 4点(2006-08-31 00:39:58)
6.《ネタバレ》 他者とのコミュニケーションを持とうとしない生活は、傍からみれば寂しい生き方に感じます。しかし本人にとっては、それはもう心地よい生き方です。自分が否定される恐れのない環境がどんなに甘美なことか。面倒な人間関係はまっぴらだけど、でも恋人は欲しいし、できれば結婚もしたい。矛盾していますが、それが本心です。しかしそれが不可能だということも気付いている。だから、「このままではいけない」という思いを抱えています。でも“とりあえず”この心地よい生活を続けたい。本作の主人公の“とりあえず”は、両親の死をもって終わります。俳句の会に参加し、ホテトルを呼ぶ。すべて能動的なコミュニケーション。「このままではいけない」と思うが故の行動です。彼は今の生き方を変えるために1歩踏み出せました。誤解を恐れずにいえば、両親が今死んだことは主人公にとって、ラッキーだったのかもしれません。それにラストで1度死んだことも。現実的には、ありがたいことに両親は長生きしてくれますし、当たらない鉄骨が降ってくることもありません。大事なのは、いかに自分自身で自分の上に鉄骨を降らせるかです。タナカヒロシは何処にでもいるリアルな存在です。自分の中にもタナカヒロシはいます。鳥肌実はハマリ役でとても良かったです。小島聖の喪服+白前掛けには参りました。
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2006-06-30 18:27:34)(良:3票)
5.惜しいトコ突いてるよなぁ。。。
kさん [DVD(字幕)] 5点(2006-05-14 22:00:45)
4.別に鳥肌実(及川光博に似てません?)じゃなくてもいいんじゃないかなと思えるくらい普通の映画。良くもないし悪くもない。ただ無口で非社交的という実際の彼とは全然違う役柄は面白いと思う。あと脇役も確かに豪華で◎。
ピルグリムさん [DVD(字幕)] 4点(2006-04-19 19:17:52)
3.鳥肌よりも矢沢心がリアルでせつない。
michellさん [DVD(邦画)] 4点(2006-04-07 12:23:52)
2.主人公・タナカヒロシは平凡な生活を送る32歳独身。セリフは最低限しか吐かず、態度も一般的。まさに「観客の感情移入先はこちらです」と案内されているようなものだ。まんまと思いっきり感情移入させられた。で、ストーリーが進むにつれ、それまで空気のようだった周りの環境がガラガラと音を立てて崩れ始める・・・。誰しもが直面するだろう”ちょっと不安だけどあまり考えたくない”未来を赤裸々に描いていて、どきどきした。やがて人は孤独になっていく・・・なんかタイムテレビで未来の自分を見せられた気分になった。主人公が最後の砦であるネコを必死で守ろうとするのもまた切ない。彼にとっては、ネコが心の最終ラインだったのだろう。自分にとっての最終ラインは何だろう?と考えてしまう。ラストはとってもさわやか。あと、脇役が豪華でびっくりした。監督のセンスのおかげか、いいところをそろえている。久しぶりにキラリと光る小品だった。
おしりはばとびさん [DVD(字幕)] 7点(2005-12-11 00:36:31)
1.のい・こい師匠に釣られ見てしまった奇人・鳥肌実初主演映画。30代独身、人付合いが苦手で無趣味な男、会社と自宅の往復、いつもの決まった弁当といつも決まった行動パターン。変わらなきゃと思いながらも変わることに臆病になる年代、降りかかる不幸の一つ一つが彼のいつもの行動を変えていく。どこか自分を見ているようでコワイが、私と決定的に彼が違う事は彼は意外と女にモテる、ここが絶対的に違うんだなあ。
亜流派 十五郎さん [映画館(字幕)] 4点(2005-11-05 22:06:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 19人
平均点数 5.63点
000.00%
100.00%
200.00%
315.26%
4526.32%
5315.79%
615.26%
7947.37%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 1.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review1人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 2.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS