プロデューサーズ(2005)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > プロデューサーズ(2005)
 > (レビュー・クチコミ)

プロデューサーズ(2005)

[プロデューサーズ]
The Producers
2005年【米】 上映時間:134分
平均点:6.67 / 10(Review 52人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-04-08)
コメディミュージカルリメイク戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(2006-03-30)【あばれて万歳】さん
タイトル情報更新(2019-08-17)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スーザン・ストローマン
キャストネイサン・レイン(男優)マックス・ビアリストック
マシュー・ブロデリック(男優)レオ・ブルーム
ユマ・サーマン(女優)ウーラ
ウィル・フェレル(男優)フランツ・リーブキン
ロジャー・バート(男優)カルメン・ギア
アイリーン・エッセル(女優)芝居へ出資する老婦人
マイケル・マッキーン(男優)
アンドレア・マーティン(女優)
ジョン・ロヴィッツ(男優)会計事務所の社長 Mr.マークス
ジェイソン・アントゥーン(男優)ジェイソン・グリーン
メル・ブルックス(男優)
リチャード・カインド(男優)陪審員 ジュリー・フォアマン
原作メル・ブルックスオリジナル版(映画/舞台)脚本
脚本メル・ブルックス
作詞メル・ブルックス挿入歌"I Wanna Be a Producer"他
作曲メル・ブルックス挿入歌"I Wanna Be a Producer"他
撮影ジョン・ベイリー〔撮影〕
チャールズ・ミンスキー
製作メル・ブルックス
ユニバーサル・ピクチャーズ(共同製作)
コロムビア・ピクチャーズ(共同製作)
特撮ジェレミー・ドーソン視覚効果スーパーバイザー
美術マーク・フリードバーグ(プロダクション・デザイン)
ジョナサン・グレアム[美術I]key construction grip
ランドール・バルスマイヤー(タイトル・デザイン)
振付スーザン・ストローマン
録音ロン・ベンダー
その他メル・ブルックス(stage producer)
ボブ・ワインスタイン(stage producer)
ハーヴェイ・ワインスタイン(stage producer)
あらすじ
マックスはいつも大コケをして失費を出しているミュージカルのプロデューサー そんな時会計士のブルームが現れ、帳簿を偽り史上最悪のミュージカルを製作し、出資金を配当者に分配せずに大儲けをしようと提案する 早速2人は最悪な人材を探し始める 未だ心は第二次世界大戦中でヒトラー崇拝する脚本家、ゲイでブルームに気がある演出家を集め、そして、投資金はマックスに惚れ込んでいる老婆たちから…「春の日のヒトラー」を上演することに 大コケすると思っていた史上最悪のミュージカルは、思わぬ展開に 
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
52.《ネタバレ》 ミュージカル版を見たことがあったので、楽しみながら見れました。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 7点(2018-04-29 08:12:51)
51.「春の日のヒトラー」のイメージがまずあって出来た話じゃないかな。ショービジネスとナチって、大衆相手(大衆操作)というところで似通っている。風刺とか皮肉とか言う以前のこの「似通ったイメージ」をなんとかしたい、という作家としての欲望がまずあったのではないか。目的のある明るさ。冒頭の失敗した新作、「またちゃんとつまらなかった」と皆が笑いながら出てくるところがおかしい。『バンド・ワゴン』はファウストだったが、これはハムレット。ミュージカルナンバーとしては、ばあさんたちの歩行器も使っての群舞が印象的。どうってことはないんだが、牢の中でそれまでのあらましを歌い演ずるのが、おかしい。ブロードウェイミュージカルをシンシンに置き換える。
なんのかんのさん [DVD(字幕)] 8点(2013-10-22 10:19:37)
50.《ネタバレ》 予備知識なしで観に行きました。
特に本編は可もなく不可もなくなんですが、ミュージカルシーン、とくにヒトラー登場シーンで不覚にも「ぷっ」と噴いてしまいました。映画の中の観客たちと同じですね…。
ぺーこさん [映画館(字幕)] 5点(2013-03-03 14:58:55)
49.やっぱりミュージカルは飽きてしまう。でもこの作品はちょっと笑えました。ユマ・サーマンは華がありますね。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-02-22 23:00:45)
48.あのテンポ感にはまったくついていけません。ストーリーもたいして面白いわけでもなく、最後まで観るのがかなり苦痛でした。
ramoさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2011-07-09 00:28:18)
47.《ネタバレ》 一言で言えば「老いて尚、メル・ブルックス翁は意気軒昂!」。

日本では、ミュージカル=愛と感動の名作ってイメージが強すぎるが、
『プロデューサーズ』の原作は、メル・ブルックス翁ですぜ。
『ヤング・フランケンシュタイン』で、怪奇映画ファンを大笑いさせたメル爺さんですぜ。
『珍説世界史』だの『サイレントムービー』だの『スペースボール』だの『キング・オブ・タイツ』で、何億もかけたパロディ映画で世界中を笑わせたメル爺さんが、
愛と感動の名作なんか撮るわけねーーーーーじゃんっ!

まず、オープニング30分は、旧き佳きミュージカル映画です。
ちょうど30分経過から、だんだん色んなことがグニャリと曲がってくる。
ナチスなドイツ野郎が笑える。ドイツ料理が好きとか、WW2のドイツ軍が好きなら、腹を抱えるほど笑える。
そして、演出家はフランスチックなゲイ、その助手はイタリアンなゲイ、スタッフはビレッジ・ピープルなゲイ。
「ゲイ・カルチャーってステキよね♪」なーんて、知った風な口をきいてやがるサブカル小娘を撃破!
スウェーデン娘は、性におおらかで開放的なんていう定番ギャグあり。
前半30分を過ぎたら、国辱ギャグ満載。
こういうのは、なにかというと、すぐに「差別だ」って騒ぐ大脳が麻痺した常識人にはオススメできません、この映画。

っていうか、この映画は、本当の意味で国際感覚があるかどうかの試金石かもw
伊達邦彦さん [映画館(字幕)] 8点(2010-01-10 18:32:51)
46.もう、最初から最後までやたら騒がしくて、うるさくて、落ち着きがなくて・・・作品世界自体がほとんど受け付けられませんでした。音楽表現を大きく導入するからこそ、押しと引きの呼吸はきちんと備えておいてほしいものです。それに、設定からしてもっと単純に笑えるかと思ったのに、コメディとしても今ひとつでした。色彩感覚はカラフルで楽しかったので4点。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2009-06-27 00:18:54)
45.映画でこんなに笑わせてもらったのは何時以来だろうか。いや面白かった~。変態最高!
はりねずみさん [DVD(字幕)] 7点(2008-02-28 23:34:26)
44.《ネタバレ》 車中のスクリーンプロセス風映像、あれって実のところ、どんだけ大変なコトしてるんだ?と。背景に映るのはあくまで昔の車、昔の街並なんだもん。そんなクラシカルなミュージカル映画の感覚を再現したセットや踊りが大変心地良い映画でした。中身はお下品だけど。色彩設計が良くて、あの真っ白な広い室内セットの中に青のユマ・サーマンとマシュー・ブロデリックを置くセンスなんかホレボレ。レビューをシネスコのフレームの中にきっちり収める感じもね、とても気持ちいいなぁ、って。最近全然見かけないですからね、引きの俯瞰でレビュー見せてくれる映画って。ミュージカルって言いながら下手したらガクガクブレブレなドキュメンタリータッチみたいなカメラの映画見せられたりして。メインがきっちり歌って踊れる役者、っていう訳にはいかないのが少し残念ですけれど、ドラマを見せます、歌を聴かせます、踊りを見せます、ってきっちり線が引かれたミュージカルを見るのは、やっぱり気持ちがいいです。個人的にはゲイ屋敷に大笑いしました。振付師の姿に大ウケという、子供なみのお笑い感覚だったりしますが。でもラストのメル・ブルックスの姿は、時を感じさせて少し淋しくもなっちゃいました。DVDじゃなくて映画館で見たかったものですが、こういう映画は35mmを無理矢理でっかく映写したような状態じゃなくて、70mmとかシネラマなんかで見たいところです。今は無理なのが残念。
あにやん‍🌈さん [DVD(字幕)] 8点(2008-02-02 02:44:21)
43.いや、普通に面白い映画でした。
映画館で時々笑いがおこって、気付いたら私も笑ってました。
そういう映画少なくなったよね。
norainuさん [映画館(字幕)] 8点(2007-12-09 17:51:05)
42.ユマ・サーマン良かった。ミュージカルものは結構いい。
フッと猿死体さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-10-27 10:16:31)
41.最後あたりは良かったが、まぁこんなもん?って感じでした。
misoさん [DVD(字幕)] 6点(2007-08-12 00:18:24)
40.ごめんなさい。点数を下げてしまいますが、ここでの高得点作品を、レビューは読まずに見ている身としましてはこの点数は???
映画である必要性は全く感じませんでした。高点数を挙げられている人も、繰り返し視聴はされない作品ではなかろうかと、勝手に思っております。私の個人的意見では、繰り返しみたいと思える作品にポイントあげたいです。あ!ユマ・サーマンで1点献上です。
お好み焼きは広島風さん [CS・衛星(字幕)] 1点(2007-07-22 18:26:55)
39.ウィルフェレルが超おもしろかったです。
私は好きですね、この映画。
めちゃ笑いました~(^^)
りえりえさん [DVD(字幕)] 10点(2007-05-22 14:30:35)
38.こんなに下品な作品だとは思わなかったけども、くどいほどに散りばめられたアイロニーには笑わせてもらいました。理解できないものも多かったですが…。
個人的にあまりピンとくる曲がなかったのと、一つ一つの場面がちょっと長すぎるためか、退屈さも感じました。
しかし、改めてユマ・サーマンを見直しましたね。
この人はマジで体を張った、一切妥協しない女優というイメージがさらに強まりました。
彬彬さん [DVD(字幕)] 7点(2007-04-30 15:04:15)
37.ユマ・サーマンの熱烈なファンとしては、どうして観ないでいられましょうか?彼女の美しさを堪能するためにあるかのような本作!彼女に撃たれるならば痛みも何も感じないで逝けると、実感した次第であります。この6点とは、ユマ・サーマンに対する謝意であって、その他の映像にはなんら感じ得なかったことの証左でありますことよ。
ロウルさん [DVD(字幕)] 6点(2007-04-03 19:05:21)
36.《ネタバレ》 観終わって仕事の疲れが取れました。最初の20分はつらい部分もあるけど、それからは楽しい楽しい。下品ですけど許します。ミュージカルは歌と踊りが命。マシューがいまいちはじけないけどそれも役柄か。
よねぴーさん [DVD(字幕)] 8点(2007-02-22 16:14:51)
35.男だらけのミュージカル映画で退屈だった。あの女性はユマ・サーマンだったのね。もっと登場させてほしかったな。
Keicyさん [DVD(字幕)] 4点(2007-02-17 18:14:38)
34.《ネタバレ》 全体的に長い感じがしたのは、最初の方がさほどいらない場面を細かくやってるところでしょうか(・ω・A;)中盤からは歌もダンスもコメディミュージカルの王道を行く感じで楽しめました。時代背景も昔なのでギャグは寒いですが(特にお気に入りのブルー毛布に執着するところは…引きまくり…)お腹のラインが目立つマシューと陰気なイメージがガラリと変わったユア・サーマンが良かったです♪
うさぎ大福さん [DVD(字幕)] 7点(2007-02-06 16:13:02)
33.《ネタバレ》 久しぶりに見るメル・ブルックスが老けてることに驚いたけど、まだまだここまでやるのかとうれしかった。ユマ・サーマンは塚本高史に似てた。
はるこりさん [DVD(字幕)] 8点(2007-01-26 21:24:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 52人
平均点数 6.67点
000.00%
123.85%
200.00%
323.85%
4611.54%
559.62%
6611.54%
7815.38%
81426.92%
947.69%
1059.62%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.25点 Review4人
2 ストーリー評価 6.70点 Review10人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review9人
4 音楽評価 7.33点 Review9人
5 感泣評価 4.00点 Review1人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

2005年 63回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ネイサン・レイン候補(ノミネート) 
助演男優賞ウィル・フェレル候補(ノミネート) 
主題歌賞メル・ブルックス候補(ノミネート)"There's Nothing Like A Show On Broadway"

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS