変態村のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヘ行
 > 変態村
 > (レビュー・クチコミ)

変態村

[ヘンタイムラ]
The Ordeal
(Calvaire)
2004年【ベルギー・仏・ルクセンブルグ】 上映時間:94分
平均点:4.83 / 10(Review 18人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-03-18)
ドラマホラー
新規登録(2006-04-24)【SAEKO】さん
タイトル情報更新(2012-10-28)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストローラン・リュカ(男優)マルク・ステヴァンス
フィリップ・ナオン(男優)ロベール・オルトン
ブリジット・ラーエ(女優)ヴィッキー嬢
ジョー・プレスティア(男優)
咲野俊介マルク・ステヴァンス(日本語吹替)
渡部猛バルテル(日本語吹替)
藤本譲ロベール・オルトン(日本語吹替)
檀臣幸ボリス(日本語吹替)
撮影ブノワ・デビエ
製作ヴァンサン・タヴィエ
配給トルネード・フィルム
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
18.《ネタバレ》 DVDパッケージは、村のただひとりの女性であったグロリアの磔刑の死体。それにそぐわないタイトル「変態村」。う、う~ん(汗)。
原題通り、キリスト教の概念である「受難」をタイトルにした方がよかったのでは?
でないと、強烈な邦題タイトルに魅かれて観た人が、ガッカリする確立が高いのでは
?と思いました。
いえ、自分はホラーを期待して観たのでガッカリはしませんでしたが、「変態」に魅かれて観た人の中には、セオリーにのっとったドギツイ映像やストーリーを期待して裏切られ、「ヲイヲイ」という気持ちになった人も多いのでは(笑)。
それにしても、ラストで死に際の男の望み通りに「愛していた」のセリフを口にするマルクが謎で、ナゼなんだろう~と考えてふとひらめいた答えが、
「そっか、マルクは売れない歌手だから、観客の望み(欲望)を内面化するのが癖になっていたのだ!」
と、いうモノ。
マルクは常に相手に望まれ、欲望の対象として見られてきた人間だから、たとえ自分を殺そうとした男でも、死に際の人間の欲望には応えてしまうのだ、と。
相手に欲望されることが彼の存在意義であるのだからして、その欲望に応えない事は考えられないのだ、と。
この映画の登場人物は、マルク=欲望の対象、マルク以外の人間=欲望する人間、の二通りしかなく、欲望の対象になる人間は、それを受け入れるしかない、というのがテーマなのかと。
赤いダッフルコートは記号で、それを着ている者は欲望の対象にされる者。それ以外の人間は欲望する者で、欲望の対象を蹂躙する権利がある者。そして、対象を愛する者でもある、と。
欲望される者にとっては、すべてが理不尽な受難であるが、それはまた愛でもある、らしい。無慈悲な欲望を、愛と呼べるならば。
そういう風に感じたラストでした。
奇をてらって作った作品ではないし、単なる駄作ではないのでしょう。
それなりの感受性がある人ならば、色々考えさせられる所があるのではないでしょうか。
それにしても、あの酒場での村人(全員男)達のダンス(ポルカ?)怖かった‥。不気味度満点で、危うく笑う所でした。笑いと恐怖は紙一重、ですから‥(冷汗)。
りりらっちさん [DVD(字幕)] 4点(2011-09-10 20:24:12)
17.ストーリーが進めば進む程、
哀れな被害者の主人公の『行動や選択』も、
危険で気持ち悪い加害者の村民の『行動や選択』も
『自分』に置き換えられない展開で、感情を移入出来ません。

私は観客の際、展開される映画中の登場人物らによる『行動や選択』を
『自分』も、体験し得る可能性を感じるからこそ、観ている映画に感情を移入し、
興奮し、発見を得ると考えます。

本作内で見られる『行動や選択』は、
観客へ『気持ち悪い」感情をただ、投げかけているのみに感じ、
かと言って突き抜けた「気持ち悪い」でもなく、凡庸で......。
そのダラダラ「気持ち悪い」をアヘン的に提示してるってことなのか?深読み?
サブカル風味で外面を誤魔化した、しょぼホラー映画なんでしょね。

自分も体験したくなっちゃう『変態』出して欲しかったなー。
reitengoさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2010-12-13 21:35:55)
16.《ネタバレ》 ラスト、なぜ一瞬にして冬の風景になったのかが全く分かりません。素直に考えれば時の移行かな?
全体的に「へぇ~」で終わってしまいました。なんだか普通のホラーでした。ワンダフル・ラブのほうが微笑ましくていいですね。
Balrogさん [DVD(字幕)] 4点(2010-06-05 22:20:01)
15.邦題のセンスに脱帽です。まさに変態!!随所に鳥肌が立つシーンがたくさんあって、目をそむけたくなりました。救いようがない終わり方が怖かった。
映画さん [DVD(字幕)] 4点(2010-03-04 22:59:56)
14.《ネタバレ》 タイトルのキャッチーさに惹かれて鑑賞。なかなかだったけど、もっともっと面白くできるはずなのに、、残念。
だいたい本当の変態ってこの程度じゃないよ!まだまだ甘い!まあ豚を村人が輪姦してるところは変態村ぽかった。
HAMEOさん [映画館(字幕)] 6点(2009-07-14 16:02:22)
13.まさに受難。最初の熟女と仲良くしてりゃ良かったね。映像はやたらに綺麗。
まんせるさん [DVD(字幕)] 7点(2008-10-15 22:33:59)
12.《ネタバレ》 色々な意味で凄すぎる映画でした。
邦題の通り、出演者の9割は変態(というか、サイコ)な人々ばかりです。
吹き替えで見たせいか、声優さんたちの素晴らしさを、改めて実感しました。

原題は「Ordeal=厳しい試練、不愉快な体験」だそうです。
ラストのオチには一瞬、戸惑いを隠せませんでしたが、
なるほど、確かにこの原題に沿われているようにも感じました。
主人公には、序盤から多くの不愉快な出来事が起こり、
次第にそれらがエスカレートし、厳しい(不条理)試練へと変化していきます。
これは同時に、鑑賞者にも不快感をシンクロさせているのでしょう。

しかし、終盤に主人公がグロリアの成果てを目にし、
後の場面で彼がとった言動にこそ、本当の意味があるのではないかと思いました。
逃げはしないが助けもしない、しかし相手の望む言葉は口にする。
これこそが「Ordealからの解放」を示しているような気がします。
つまり『赦し』ではないかと。
鑑賞者に対しても「目」という五感の一つを通して見えた不快感(Ordeal)を、
あの幕の下ろし方でも納得(赦し、解放)できるか?と、
あえて訴えているようにも感じました。

目を背けたくなる描写がたくさんあるのに、
思わず食い入って見てしまう、不思議な作品。
でも、私には赦しとかどうでも良いくらい不快感しか残らなかったので、この点数です。
港のリョーコ横浜横須賀さん [DVD(吹替)] 3点(2008-06-04 16:37:10)(良:1票)
11.《ネタバレ》 フィリップナオンが出てるから見てやった。
もっともっと理不尽におねがいします。
no_the_warさん [DVD(字幕)] 6点(2008-01-03 23:49:58)
10.《ネタバレ》 友人A「超変態だった!」友人B「全然変態じゃなかった」という意見に板挟みにされ、ここで下す判断が私の変態度なのかと思ったら、軍配は「変態じゃなかった(ていうか変態というか・・・変質?いや、異端?)」。要は邦題が問題なのではないかと。
映画としては、怖いけど、なんというか、変態具合を探してしまいながら見てしまうため、そのギャップに戸惑って終わる、ということになりかねない。
しかしあのピアノのシーンを撮れる人はそうそういないのではないかと思った。
しゃっくりさん [DVD(字幕)] 5点(2007-10-13 01:17:30)
9.《ネタバレ》 う~む、撮影は美しい。屋外はブリューゲルの如く、屋内はフェルメールの如く、格調高く迫っている。でもやってることは、ほれ、なにしろ変態村だから、なんて言うか…、とてもヘン。自分のことを、宿の亭主がしだいに妻と思い込み出していると気づく主人公(男)の不安、殺されるかもしれない、いうホラーではなく、愛されるかもしれない、いうホラーなの。亭主が「さあ人生をやり直そう」なんてしみじみ語りかけてくるんだもん。この登場しないグロリアという妻は、女だったのかなあ男だったのかなあ。どうも男色村らしいんだけど、だとすると、ちょうど映画開始後1時間めのところで意味ありげにチラッと出てきた赤かっぱの子どもたちを産んだのは誰なんだ? あれは幻想?
なんのかんのさん [DVD(字幕)] 6点(2007-08-19 12:15:43)
8.それまでは狂った住民ばかりで主人公に救いが無かったが、最後の最後がなんか拍子抜けでいまいち。おまけで付いてた映画の方が面白かった。
さん [DVD(字幕)] 6点(2007-08-09 15:05:35)
7.《ネタバレ》 DVD特典のワンダフル・ラブまで観てあんぐりしました。どちらかというとこっちのほうが短くていい。しょーじきベルギーの行く末を心配しましたが、ワンダフル・ラブを観てギャグのセンスがあることを知って安心しました。
それにしてもカルネといいワンダフル・ラブといい、肉屋・・・さいきん菜食になったけど、案外カルネの映像が根底にあるのかも・・と思いました。ビバ菜食。
本題そっちのけですが、完成度が高い。ホラーというかサスペンスや社会派ドラマ、かもしれない
おでんの卵さん [DVD(字幕)] 7点(2007-08-04 22:25:29)
6.《ネタバレ》 タイトルの凄さにつられて思わず観てしまった。印象としては、若い女ばかり12~18人を強姦した上殺害し、森の中に埋めた、いわゆる「モンルアルの狼」事件を髣髴とさせるような作品。しかし、看板に偽り有りとまでは言わないけれど、このタイトルだとまるで村中の人間が変態のような印象を受けるが、本当の意味でド変態野郎と言えるのは、あのオヤジ二人だけのような気がしないでもない(もちろん程度の差はあれ他の奴もそれなりにおかしいんだけど)。邦題のつけ方に、もう一工夫欲しかったというところ。あとは、ヨーロッパの森の不気味さと、荒廃した村の雰囲気なんかは、よく出ていたと思う。ストーリーもテンポがよく、登場人物のキャラクター設定も面白い。泣いてばかりいる歌手の兄ちゃんも、非常にイライラさせられて見事狙いどおりはまっている。もしあそこで銃を取って変態オヤジに立ち向かったりしていたら、その辺の三流ホラー映画と同じになってしまう。私的には近頃拾い物の良質ホラーです。
鳥居甲斐守さん [DVD(字幕)] 8点(2007-04-03 19:18:58)
5.《ネタバレ》 変態村・・・なんて邦題付けるんだよ!って感じだったけど観賞後は結構的確な邦題かもと妙に納得(笑)。全然怖さはないんだけど不快指数が高い、観ていて気分が悪くなる、これは悪夢だな~。不快だったのにメイキングまで観てしまったけど(笑)『サイコ』や『悪魔のいけにえ』を意識して作ったらしい、今のヨーロッパではこういう作品がウケるのだろうか?、日本では絶対ウケないと思うんだけど。
眼力王さん [DVD(字幕)] 3点(2007-01-08 13:45:02)
4.一人の男が旅の途中に迷い込んだ村、村ってゆーても、住人は数人程度しかいないですが、こいつらが、全員、狂ってるってお話。で、当然、男はめちゃくちゃな目にあうんやけど、映像が古臭くて70年代風。その古臭い映像と狂った住人のキモイ言動がミックスされて、観てて、相当、気分悪くなってくる。ホラーみた時の気分の悪さじゃなくて、なんてゆーか、おっさんのオナニーを見せられた時の気分の悪さ(見たことないけど)。ただ、どーなってゆくのか気になるんで、気分は悪いんやけど音楽もないのに最後まで集中して観れたのは、なんか不思議だ。でも観終わった後は、うんざり。そして、熱がある時のよーな気分の悪さ。それにしても、皆さんおっしゃるピアノダンスは、ちょっと笑ってもーた。コントで芸人がやりそーなダンス。だから、どーしたってわけでもないけど、正直、全体とーして冷静に考えると、気分悪いだけでおもしろくはなかった。でも退屈でもなっかた。しかも、ちょっと緊迫したんで3点にしとこ。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 3点(2006-12-16 01:07:37)
3.変態村っていう邦題だから、変態的なホラー映画かと思ってましたが、変態度は中の上ぐらいでしたね。邦題にみごとに騙されました。村人のピアノダンスは不気味で鼻で笑ってしまった。
真尋さん [DVD(吹替)] 4点(2006-11-24 01:55:36)
2.確かに変態チックであった事は評価する。真面目に真剣に作り上げている事も評価する。ほとんど音楽ナシで90分持ち応えさせてしまった事にも評価する。それでいてピアノダンスのような薄ら笑えるシーンを唐突に設けてござった事にも多少なりの評価をさせていただきましょうか、あ、けどしかし・・  もう2度と観たかないのだ。さしあたって聴きたくもない歌を勝手に歌い出すのもやめてほしいもんなのだ◎◎◎
3737さん [DVD(字幕)] 3点(2006-10-08 23:05:13)
1.変態どころかキ※ガイ村!奇妙なピアノの音にあわせて奇妙なダンスを踊る村人たち。歪んだ愛、複雑怪奇のストーリーの鍵は“グロリア”という名の女性の存在。それをつかんで観れば少しは耐えられると思う笑。散文になってしまったがカメラワークなんかは斬新でよかったと思う。けどもう2度と観たくない◎◎◎
SAEKOさん [映画館(字幕)] 5点(2006-04-28 00:03:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 18人
平均点数 4.83点
000.00%
100.00%
200.00%
3527.78%
4422.22%
5211.11%
6422.22%
7211.11%
815.56%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review6人
2 ストーリー評価 4.83点 Review6人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review4人
4 音楽評価 2.75点 Review4人
5 感泣評価 2.50点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS