ラブ★コンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ラブ★コン
 > (レビュー・クチコミ)

ラブ★コン

[ラブコン]
Lovely Complex
2006年【日】 上映時間:100分
平均点:5.17 / 10(Review 24人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-07-15)
ラブストーリーコメディ青春もの学園もの漫画の映画化
新規登録(2006-09-03)【ボビー】さん
タイトル情報更新(2020-01-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャスト藤澤恵麻(女優)小泉リサ
小池徹平(男優)大谷敦士
水嶋ヒロ(男優)鈴木涼二
谷原章介(男優)舞竹国海
温水洋一(男優)臼井先生
田中要次(男優)人力車・アニキ
寺島進(男優)海坊主
ウエンツ瑛士(男優)ダンシングよしこ
畑正憲(男優)(特別出演)
森下能幸(男優)店員
山崎静代(女優)リサの姉・理恵
山里亮太(男優)理恵の彼氏
脚本鈴木おさむ
主題歌misono「スピードライブ」
製作二宮清隆
松竹
東北新社
集英社
テレビ朝日
製作総指揮迫本淳一
植村伴次郎
企画東北新社
制作東北新社
配給松竹
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
24.《ネタバレ》  多少のおふざけは覚悟していましたが、あまりのおふざけ演出にびっくり。これは、はずしたかと思いましたが、見ているうちに、そのおふざけが許容範囲に。ハメをはずしすぎる一歩手前で踏みとどまっている感じです。
 また、小泉、大谷、その友人、割と常識人。コメディながらも、破天荒すぎず、不自然さや違和感が極力抑えられています。むしろ、恋愛に関しては割りとオクテな小泉に共感がもてます。
 まあ、確かにぱっと見、はっちゃけている演出ではあります。ただ、恋愛ドラマ、ラブコメとしては、いたってシンプルに、かつ真面目に作られている印象。子供じみたストーリーですが、登場人物たちの真剣な気持ちや純粋さが伝わってくるのが良いですね。
 それに、ふざけたコメディ演出が、ギャップとなって、シリアスなパートを際立たせるのに一役買っている気すらします。要は、コメディとドラマのバランスが意外と良いのでしょう。
 小池徹平、藤澤、主演二人と二人が演じるキャラとの相性も良かったですね。
 この作品は大人の鑑賞に堪えうるような作品ではないかもしれません。この手の作品に、過剰な期待は禁物でしょう。
 ただ、期待せずに見ると、ふいに懐かしさを感じるようなエピソード、舞台設定が盛り込まれたりしていて、気楽に見れる心のデトックス映画として良いかもしれないです。
たきたてさん [DVD(邦画)] 6点(2018-06-21 00:09:09)(良:1票)
23.少女コミックの王道ようなラブコメだなと思ってたら原作がそうだったので納得。他の方の感想も両極端なようにストーリーも主人公のキャラ設定も視聴層を選ぶ作品だと思います。ギャグも笑えるほどのオチはなく残念ながら自分には合いませんでした。
時計仕掛けの俺んちさん [地上波(邦画)] 3点(2012-01-04 00:24:52)
22.この映画が封切られたときに「意外といい」という評判だったので、一度見たいと思いつつ、月日が流れてしまい、今回たまたまDVDで鑑賞しました。

とにかく女主人公がめちゃかわいい。性格もよさそう。ノリもいい。品もある。最高です。
この子のおかげで、映画の質がかろうじで保たれたかも。

内容は、中高生向けのテレビドラマの映画版という感じ。
少女コミックのテイストがよくでてました。

思春期のころの胸キュん感覚を思い出してしまいました。
ただ、個人的にはあまりこういうの好きじゃないんで、残念ながら辛い点数です。
小学生高学年から、高校生までの女の子なら、+はまるかも。
ひであきさん [DVD(邦画)] 4点(2011-07-16 01:34:36)(良:1票)
21.《ネタバレ》 いい所が全くない!ヒロインがツッコミをする時にやたらカクカクと動いて気持ち悪い!この手の作品に求めてはいけないとは思うが、みんな演技下手!超絶に下手!問答無用に下手!エキストラも含め隅から隅まで手の施しようがないくらい、下手やーーーーーーーーーーー!!!!あれでギャラを貰い「俳優」というカテゴリーに納まるのかと思うと・・・(^_^;)
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 0点(2011-02-13 04:18:09)
20.ただひたすらにお団子頭の藤澤恵麻がかわいかった。。以上っ!
bokugatobuさん [DVD(邦画)] 4点(2009-09-04 12:55:13)
19.若い子がワァーキャー言いながら見るには良いと思います。ただ作品として観ると不自然なことばかりが目立ちます。まずあんな学校ないって!あと藤澤さん。朝ドラ以来、一向に演技に向上がみられません。しっかり「鼻をかんで」「はっきり」発音して欲しい。最近の女優と呼ばれる人たちって「演技学校」みたいなところで勉強しないのでしょうか?それと私なら間違いなく「モトカノ」選びますけど(笑)男の方はあれが売りなんだろうからアレでいいんじゃないですか。あと先生が気持ち悪い、ワルノリもいい加減にしてください。非常に不快。映画よりもTVドラマでやった方がウケがいいと思います。
たかちゃんさん [DVD(邦画)] 2点(2009-04-24 14:51:19)
18.《ネタバレ》 最後の試合の前までのノリは嫌いじゃなかったけど、最後の試合でガッカリした感じです。ヒロインが北陽の虻川さんに見えて仕方がなかった。ちょい役の方々がムダに豪華でしたね。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2009-01-24 01:15:41)
17.いきなり余談ですが、若い頃は水着グラビアのプロフィール欄を見て、その女性の身長が自分より高いと少し悲しい気分になったものです。それは、自分より背の高い女性が嫌いなのではなく、彼女と知り合う機会があったとしても自分は相手にしてもらえないという気分だったのでしょう。妄想の世界のコンプレックスですね。現実では、人を好きになる瞬間ってあまり身長のことなど意識していなくて、好きになってしまった後に、自分の方が高い・低いというコンプレックスが湧いてくるんじゃないだろうか。でも、考えてみるとそれって世間体ですね。世の中に自分と相手しかいなかったら、そんなこと気にしないもの。主人公の男の子は、自分の背が高くないという自覚はしっかり持っているが、世間体なんぞ気にしない毅然としたスタンスを持っていて好感を覚えました。まぁ、オープニングは身長の高低から入ったけど、それをとやかく言うのは最初だけで、後は快活にお話が進んで行く元気な青春恋愛ムービー。宇宙人は出てこないけど「うる星やつら」みたいでした。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2008-11-11 00:20:29)(良:2票)
16.《ネタバレ》 ポップな世界観が中途半端で(美術、カメラ共に)弾けきっていない印象。ヒロイン藤澤恵麻も、もう少し魅力的だったらなあ、と感じてしまった。内容の薄い映画なのでそういう所で頑張らないと、見ていて退屈でした。この手の映画はどうしても中島哲也監督の作品と見比べてしまいます。
ポテサラ頂戴さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2008-10-31 12:12:00)
15.コメディタッチやから許されるけど、藤澤も小池も演技がヘタ過ぎ。なぜか、小池は彦麻呂にしか見えなかった。藤澤は、なかなか表情豊かで良かった。全体的に見ると面白かった(特に前半。)とは思うけど、中途半端なシリアスシーンはいらん。多くの方が指摘されているけど、あのバスケシーンは最低やった。あそこで大幅に評価を下げている。もったいない。
はりねずみさん [DVD(邦画)] 6点(2008-05-06 01:09:05)
14.なかなか楽しかったです。藤澤恵麻さんは、優等生キャラよりちょっと抜けてる感じのこの映画のようなキャラの方が合ってると思いました。
Yoshiさん [映画館(邦画)] 7点(2008-03-08 21:23:35)
13.「イケメンの彼氏がほしい」という女子の願望を映像化しただけの作品ですね。「イケメン」であることが唯一の価値で、そうでない登場人物は即「アホなお笑い要員」にされてしまいます。ヒロインが小池徹平に惚れるのもイケメンだからで、ほかに理由はありません。「主人公が不自然に美少女たちにとり囲まれているオタ向け萌えアニメ」の女性版といったところです。
承太郎さん [DVD(字幕)] 3点(2008-02-27 22:42:11)
12.恋愛の甘ったるい部分だけで作った学園ラブコメ。
メルヘンチック過ぎて個人的には入り込めなかったけれど、
人によってはあまり抵抗がないのかもしれない。
役者が演技力不足。随所に差し込まれるマンガ的なギャグが浮いていて不快。
しかしテンポは良かったし後半はギャグもなかなか面白かった。
邦画好きさん [DVD(邦画)] 5点(2007-12-26 10:58:19)
11.アニメ版を見終わった後に、実写版を見ました。ので、藤澤恵麻さんは少しイメージが違うような。。演技はキュートでしたが。
ついでに原作マンガも読んでみようかと・・・。
山椒の実さん [DVD(邦画)] 5点(2007-10-07 18:25:34)
10.各登場人物のキャラ付けにしても、台詞にしてもかなりトラディショナルな印象です。今どき身長差がそんなにコンプレックスになるのかな?とも思います。一昔も二昔も前の少女マンガ的ラブコメの世界。要するに古くさいのです。そのベタベタなお話を、各種視覚効果やギャグでデコレート。この演出プランで重要なのが、“徹底すること”。中途半端は厳禁です。お寒いことになりかねません。その点、本作は良かったと思います。冒頭からマンガ的世界観を全面に打ち出していました。迷いが無いから素直にノれます。導入で躓かなければ、お話はオーソドックスなので問題なく楽しめるでしょう。おそらく本作のメインターゲットは、小池徹平目当ての10代女性層。そのニーズをよく理解していると感じました。小池は明朗活発で友情に厚く、努力家のスポーツマン。ちょい天然も母性本能をくすぐります。観客が自らを投影させるヒロイン役に藤澤恵麻。高身長というコンプレックス。明るいけどシャイな性格。そして何より美人過ぎないこと。公約数的に共感できるヒロイン像です。特に藤澤については、ヘン顔をいとわぬはじけた演技で、“清楚で大人しい”イメージを完全に覆しました。これはお見事。谷原章介にしてもそうですが、役者陣がみなイキイキとしていて好感が持てました。ちなみに、ご指摘のレビュワー様もおられるように、藤澤の姉役にはしずちゃんより北陽の虻川の方が適任だった気がします。そうそう、海坊主、イイッスねぇ~。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 7点(2007-10-02 18:11:15)(良:1票)
9.ストーリーはさすが少女マンガ、ショボイ展開ではあったけど、何だかんだ結構楽しめた。ところどころ笑えるし、キャラも濃ゆいし笑だけどやっぱあのバスケ対決はマジでないわ~。マイティー先生とかすごい嫌らしい副担任!笑
たいがーさん [DVD(邦画)] 6点(2007-08-20 22:31:25)
8.まぁ~ 面白いと言えば、面白い..特に前半、.. ただ、終盤のエピソードは、原作のままなのか..? あまりにも、ショボイ!..バスケ対決って.. もっと、ましな展開を思い付かなかったのか..映画として物足りない.. 例えば、「猟奇的な彼女」 とか 「時をかける少女(2006)」 みたいに..感動すら覚える、“してやられた感” がないとね~ 映画なんだから..最後は、ビシッ!と締めないと、ダメです...
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 5点(2007-05-08 14:39:48)
7.原作が少女マンガやから話は甘ったるかったけど、演出がすごいうまくて、そこはすごくよかった。メインの二人の関西弁がすごいリアルでずっと耳に残っている。
アフロさん [DVD(吹替)] 6点(2007-04-28 05:28:06)
6.良くも悪くも王道B級ラブコメ。
そういうのが好きな僕には楽しめました。
なんだあの副担任はw
あのありえない展開がよいぞ、よいぞ。
ふくちゃんさん [DVD(字幕)] 6点(2007-04-10 02:29:23)
5.《ネタバレ》 マンガを映画にすると全然おもしろくなくなることが多いですけど、この作品は良かったと思います。まあそれでもマンガのストーリー量からすると2時間では全然物足りないのですが。それでも特に良かったのが主演の2人。マンガは読んでいるのですが、マンガのキャラクターにとても近かったのではないでしょうか。『えー!?』ってくらいマンガのイメージと違う映画も多い中、小池徹平さんも藤澤恵麻さんもピッタリだったのではないでしょうか。藤澤恵麻さんの表情が原作通りおもしろかったです。特に、キスしたときの藤澤さんのビックリした顔が、北陽の虻ちゃんにそっくりでおもしろかったです。
makoさん [DVD(邦画)] 6点(2007-03-29 21:28:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 24人
平均点数 5.17点
014.17%
100.00%
214.17%
328.33%
4416.67%
5416.67%
6729.17%
7312.50%
814.17%
914.17%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.16点 Review6人
2 ストーリー評価 6.16点 Review6人
3 鑑賞後の後味 6.66点 Review6人
4 音楽評価 6.33点 Review6人
5 感泣評価 4.00点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS