Menu
 >
 >
 >

The Bow
(弓/활/Hwal)
2005年【韓・日】 上映時間:90分
平均点: / 10(Review 11人) (点数分布表示)
ドラマロマンス
[ユミ]
新規登録(2006-10-04)【V】さん
タイトル情報更新(2009-04-20)【+】さん
公開開始日(2006-09-09
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督キム・ギドク〔1960年生〕
助監督チャン・フン〔監督・1975年生〕
キャストハン・ヨルム(女優)少女
脚本キム・ギドク〔1960年生〕
製作キム・ギドク〔1960年生〕
製作総指揮鈴木径男
配給東京テアトル
ハピネット・ピクチャーズ
編集キム・ギドク〔1960年生〕
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11. キムギドク監督の映画の中でも寓話性の溢れるもの。性と倫理が戦う。老人も凄まじいまでの生き様を見せる。少女もその聖女性を実に繊細に失う。そして2人は弓を操る。大学生は狂言回し。老人と少女はセリフもなく全てを語る。

老人と少女の生き様から人生を俯瞰できるように感じる。放たれた矢のように。
JFさん [DVD(字幕)] 6点(2015-07-28 23:50:06)
10.《ネタバレ》 源氏物語の若紫巻に少女を略取し、理想の女性に育てて妻とする話があるが、それの老人版。南方浄土をめざす補陀落渡海も連想させる。弓は曲線で女性、矢は直線で男性器及び男性、弓矢で夫婦和合の象徴となる。弓は、昼は少女の守護をし、夜は音楽を奏でて少女を慰撫する。弓占いは、少女が神性の宿る巫女であり、同時に少女が老人に全幅の信頼を置いていることの証しだ。
船は仏画が描かれ、いわば神殿である。絶海にあるのは俗世間と隔絶する意味と水の浄化作用が必要なため。少女が大人になるには十年の歳月が必要だが、同時に水による浄化も必要。
老人の祈願は聖少女と夫婦になることだが、その本質は若さを取り戻したいという願望。若さとは永遠の命のこと。
老人は日々少女を慈しみ育て、結婚の日を心待ちにしていた。が、思わぬ邪魔立てが入る。少女が釣客の青年に恋をし、青年も少女を連れて行くという。老人は青年を射殺そうとするが、少女が身を挺して庇う。諦観した老人は自死を図るが、それに気づいた少女に助けられる。老人の純粋な愛を知った少女は老人との結婚を決断する。
小舟で結婚の儀式が執行される。老人は天に矢を放ち、海中に身を投じる。永遠の命を得るには肉体は滅びなくてはならない。老人の霊魂は天上に昇り、矢と融合して小舟に還ってきた。少女はその霊魂と交合し、初夜を終える。処女で無くなった少女は神性を失い、俗世間に帰ってゆく。そこで新しい人生が始まるのだ。
多義的解釈のできる寓話に満ちた内容で、現代の神話である。永遠の若さを求めるのは古くからの人類の欲望だ。それを監督は「ピンと張った糸には強さと美しい音色がある。死ぬまで弓のように生きていたい」と表現する。神話といってもきれいごとばかりではない。老人は決して聖人ではない。嫉妬深く、暦をごまかし、青年を殺そうとし、自死の時もナイフを隠して、苦しさのあまり綱を切断しようとしたことを少女に分からないようにする。少女も排尿姿をさらけ出す。純粋で美しいな部分も、利己主義で醜い部分も。清濁併せ持つのが人間の本来の姿だ。老人が本来の姿をさらけ出すことで、思いが生も死も超越して少女に届き、結婚の願いが叶った。青年の登場は、実は老人の宿願達成には必要だったのだ。青年が少女の両親を探し出す部分は不要だろう。両親がすぐに乗り込んでくる筈だから。相手が老人だけに感情移入はしにくい。
よしのぶさん [DVD(字幕)] 8点(2014-10-28 20:50:18)
9.倫理的問題等が発生するので、うかつな事は言えませんが、フィクションであるという前提にて評価する。嫌いではない世界、むしろ好き。まったりとしていながら実は恐るべしフィクション。今後、できれば女性陣の意見が多く聞いてみたい。
3737さん [地上波(字幕)] 9点(2011-11-14 23:28:54)
8.《ネタバレ》 さすがキム・ギドク監督。
前半では少女と老人がほとんど喋ることなく、それなのに二人の気持ちが手に取るように分かる。
その上、登場人物との距離があまりに近く、こちらが息苦しくなるほど。
その表現力には、つくづく感心しています。

観音様(のように見えます)の描かれた船腹に降りる少女のなんと美しいこと。
今もありありと脳裏に浮かびます。

そしてこれは私個人の感想ですが、前半の緊張感が後半でちょっと落ちてしまったのが残念でした。
ヘッドホンによってフツウの子となった少女から、ファンタジーの要素が抜けてしまったせいでしょうか。
この点は好みが分かれると思いました。
たんぽぽさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-05-06 21:14:36)
7.《ネタバレ》 少女を誘拐した(たぶん)くせに17歳になって結婚するまで手を出さず、それでいてその日が来るのを待ちきれない様子のお爺ちゃん。歪みまくってます。それでも、それほど嫌悪感を抱かずに観れたのは、海の上の閉ざされた空間という現実感のない世界のおかげだと思う。今回が初めてのギドク監督作品。好みではないけど、もう一作くらい見てみたいかも。
Trunkさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2008-10-25 00:50:11)(良:1票)
6.《ネタバレ》 水の上の閉鎖空間ということで「春夏秋冬そして春」の浮き堂を思い出すが、こちらで閉じ込められているのは姫。(「魚と寝る女」とも類似性がありそうだけど未見)。王子に助け出されるまでの本当に骨格だけの寓話で、よくぞここまで削ぎ落としたと褒めてもいいが、痩せすぎてるとけなしたい気持ちもある。じいさんが単なるエロおやじでなく、精神性を感じさせる人物なのが大事だ。言葉というものがいらないまでの一体感で暮らしていた船、弓は外へ向けては武器になり、内に向けては愛の調べを奏でる楽器になる。その弓のように張りつめていた精神性。とにかくこの監督が描く愛は、ひとつとして市民社会に受け入れられるようなものはない。そういう愛の世界が船上に築かれていた。そこに外の音楽が入り込んでくる。別に張りつめてなく精神性も感じられないけれど、その凡庸さが心を穏やかにするような音楽が、ヘッドホンから聞こえてくる。それが外部。市民社会の音楽だ。姫の救出がひとつの高貴な王国の崩壊となるのも、寓話の宿命であろう。
なんのかんのさん [DVD(字幕)] 6点(2007-12-18 12:30:06)(良:1票)
5.《ネタバレ》 一歩間違えればただのロリコン映画。そして確実に一歩間違えてる。
michellさん [DVD(字幕)] 5点(2007-10-24 20:38:53)
4.《ネタバレ》 最後に船は絶対に沈まないといけないと思いました。そして「やっぱり!」って。だってこれは『悪い女』に続く裏『タイタニック』なのですから。水の上で孤立した空間と、外界を結ぶ舟は『春夏秋冬、そして春』、語らない二人は『うつせみ』、娘を失う事の恐怖を描いたように思えるあたりは『サマリア』と、キム・ギドク監督の総集編みたいな作品ではあります。水の上に漂う船を捉えた美しい映像と、胡弓の安らかな音色によるイメージとは裏腹な、愛憎の物語ですが、歪んだアブノーマルな愛に見えるけれど、男の欲望、女の愛は結局のところこんな感じなのではないですか?と。ひとつ言えるのは、ヒロインはあの後、家族の元で幸せに暮しました、でもなければ、彼と幸せになりました、でもないだろうな、って事。言わずもがなですか。それにしても私にはお爺ちゃんが仲代達矢に見えて仕方ありませんでした。船乗ってるから『男たちの大和』思い出しちゃった。
あにやんさん [DVD(字幕)] 7点(2007-05-17 01:12:09)
3.《ネタバレ》 キム・ギドク・・・。独特だ・・・。非常に彼らしい。主人公二人が全く口を利かないにもかかわらず、その心の移り変わりが手に取るようにわかる。すごい表現力だ。設定もすごい。さすがだ。でもちょっと怖いので7点。
にゃ~さん [映画館(字幕)] 7点(2007-04-12 00:01:02)(良:1票)
2.《ネタバレ》 キム・ギドク~非日常的な愛を描かせたら超一流ですね。台詞も性描写も極力抑えつつ、おどろおどろしい情愛を見せつけます。でもやっぱり下品です。だから好きです!
つむじ風さん [映画館(字幕)] 7点(2006-11-05 22:03:31)
1.序盤は ハン・ヨルムちゃんのイメージビデオかと思いましたよ。色んな衣装(ちょっとエロい)を着せられ、やたら顔のアップも多く可愛く撮られています。
物語的には爺さんと少女が2人で暮らす船に若い男がやって来るというもので、『春夏秋冬そして春と』と同じ設定だなぁと思いました。『春夏ー』はあまり好きではなかったんですよね、なので今作品も微妙です。ギドク映画にこういうファンタジーな雰囲気は合わない気がします。どうしても、もっと毒々しさを求めてしまうのです。何か物足りない。あ、エアセックスは良かったですよ。そこだけは大満足。ムフフフ(変態か)
因果さん [映画館(字幕)] 4点(2006-10-23 00:58:26)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 6.45点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
419.09%
5218.18%
6218.18%
7436.36%
819.09%
919.09%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review2人
4 音楽評価 6.50点 Review2人
5 感泣評価 6.00点 Review2人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS