インビジブル2のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > インビジブル2
 > (レビュー・クチコミ)

インビジブル2

[インビジブルツー]
Hollow Man II
2006年【米】 上映時間:91分
平均点:4.09 / 10(Review 23人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-12-23)
アクションホラーサスペンスSFシリーズもの
新規登録(2006-10-24)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2017-05-23)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クラウディオ・ファエ
キャストクリスチャン・スレーター(男優)マイケル・グリフィン
ピーター・ファシネリ(男優)フランク・ターナー刑事
ローラ・レーガン(女優)マギー・ダルトン博士
小森創介フランク・ターナー刑事(日本語吹き替え版)
岡本麻弥マギー・ダルトン博士(日本語吹き替え版)
谷口節(日本語吹き替え版)
島香裕(日本語吹き替え版)
浅野まゆみ(日本語吹き替え版)
浅野真澄(日本語吹き替え版)
宇垣秀成(日本語吹き替え版)
飛田展男(日本語吹き替え版)
原作ゲイリー・スコット・トンプソン(キャラクター創造&原案)
アンドリュー・W・マーロー(キャラクター創造)
脚本ジョエル・ソワソン
製作ダグラス・ウィック
製作総指揮ポール・ヴァーホーヴェン
ルーシー・フィッシャー
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
スタントエド・アンダース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
23.《ネタバレ》 「透明人間になったらエッチな事をしたい!」
標準的な男子ならそう思う人も多いと思います。っていうかちょっとそういう事考えてしまうのが男子ってものです。
前作ではまさにそんな男子が想像するようなシーンがあり、「うんうんそうだよね、わかってるね」って感じのシーンがあったんですが
今作ではあろうことか、透明人間が「服を脱げ」と女性に自分で服を脱ぐように命じます。
女性が自分で服脱ぐってそれじゃお風呂とかといっしょです!!

お前!!何もわかってないじゃん!!
それ透明人間である意味ないじゃん!!

どうしてこういう「わかってない」映画が作られてしまうのか本当に理解に苦しみます
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-06-24 15:54:48)(笑:1票)
22.全作ほどの迫力や内容の魅力はありませんが、なかなか頑張っていたと思います。さらなる続編は出来るかしら?
山椒の実さん [地上波(吹替)] 4点(2012-06-05 22:23:51)
21.1作目が好きだったのでガッカリ。
たこちゅうさん [地上波(吹替)] 6点(2011-12-12 06:13:59)
20.《ネタバレ》 前作と違うのは透明人間だけが敵じゃない点。
まあそれによってストーリーを追える感じはあったと思う。
しかしTVで見るに十分かな。
なんか次につながるような終わり方だったがこの薄さではもたない。
透明をもっと生かした方向性と、巧みなストーリー展開が必要。
でもTVでいいでしょ。
森のpoohさんさん [地上波(吹替)] 5点(2011-08-15 00:32:06)
19.《ネタバレ》 透明人間と言われると観てしまう、観たけど。。。うーん。悪くないけど。そう良くもない。透明な感想ですわ。どこのこの不安さをぶつけようか。だから透明人間なのかもー
成田とうこさん [地上波(吹替)] 3点(2011-08-11 00:50:29)
18.透明人間モノって、どんな映像になるんだろ?って、それだけでも楽しみですよね。
人がひとりでに飛ばされたり引きずられたり。
だから冒頭10分で目的果たしてしまっていて、残りはずっと惰性(笑)
復讐心に燃える透明人間がモンスター化して…ってとこまでは良いとして、刑事がああまでして本質に迫りたがる心情にもイマイチ納得できないし。
まぁ、地上波でタダだし、ローラ・レーガンのショートカットはすごく可愛かったし、それなりに暇つぶしにはなりました。
poppoさん [地上波(吹替)] 3点(2011-08-08 01:12:41)
17.先週の金曜ロードショー、そこそこ視聴率取ってましたねえ。この映画であの視聴率はまさに儲けもの、スポンサーさんもニコニコ。みんな大好き透明人間、あの数字を信じるなら、日本の一千数百万人がコレを観てたワケですね。んなアホな。ま、ヒトのこととやかく言えた立場でもありませんが。しかしこの映画、最初から最後まで一本調子で、まったく拡がりというものが感じられず、チト辛かったです。もっとも、2作目を謳っておきながら、早くもネタ切れ感、特撮も何だか手作り感、それらを隠そうともせず、堂々と迷走してみせたのは、これは大した度胸だと思います。しかし何にせよ、透明人間ともあろうものが、ビデオカメラに映ったり、ケガしたら一部見えたりと、ムダに姿を見せまくるのは、ツマランもんです。
鱗歌さん [地上波(吹替)] 2点(2011-08-04 23:43:36)(良:1票)
16.一言で言うと、内容が浅い。
国家の陰謀だったり、被験者の復讐劇であったり、
話を広げて深堀する要素はいくらでもあったはず。
ましてや「透明人間」という現実離れした良い材料を、
ならではの方法でもっと上手く調理できなかったものか。
ただ「透明人間の男と追いかけっこ」で終わっている気がする。
ストーリの密度が薄い、前作のほうがまだ内容では濃かったと思う。
主役の刑事も…というアイデアは評価できるが、
残念ながら話の密度をカバーするには至らない。惜しい。
まあ、洗濯物をたたんだり掃除しながら見る程度の内容。
ヒマつぶしに見るだけなら、もったいない程度。
こころないてんしさん [地上波(吹替)] 4点(2011-07-30 01:00:28)
15.《ネタバレ》 ◆透明人間を兵器として考えた場合。ものを携帯できない。冬は寒くて外出できない。雨の日もだめ。足音がする、足跡が残る。ビデオカメラには映る。などで余り役に立ちそうにない。ケータイで連絡もできないし、銃も持てないのだ。だからさほど怖くはない。待ち伏せてインクでも大量に噴射すればOKだ。網でもよい。軍は何故それらを用意しなかったのだろうか?インクをかければただの素っ裸の男である。刑事も水鉄砲くらい用意すればいいのに。
◆透明人間は悪ではない。人体実験に使われ、自らの生存をかけて緩衝材を求めているのだ。復讐に燃えて残忍になってしまったのは残念である。軍隊を悪として描き、透明人間の復讐に正当性をもたせればもっとましな映画になっただろう。無実の女刑事を殺してしまったことで、おかしな展開になった。透明人間が暴走しただけでは内容が薄い。この人物に感情移入できるような挿話が欲しかった。そうすれば観客は彼を血肉ある人物として認識できた。単なるモンスター映画で終わっている。そしてモンスターとして見れば魅力がないのだ。いくらでも膨らませる話を小さくしている。女博士を奪う話に終始するのはもったいない。最後は殺鼠剤とスコップ刺しの刑。ああ、あわれ。可哀そうとも、爽快とも感じない。透明人間という魅力的なキャラに頼り切っただけのB級映画に成り下がっている。モンスター映画でも人間を描かなければ感動を与えることはできない。
◆透明人間はいきなりパーティ会場で暴れるが、これはいただけない。正体がばればれではないか?透明人間の知能指数の低いこともわかってしまう。他人のいないところで尋問をすべきだった。
◆女博士を襲う前、隣の家に侵入していたが、あれは何のためだろうか?しかみ家の人(バカップル)に居ることがばればれではないか。この手の映画は、悪キャラが狡知を尽くしてこそ魅力あるのだ。
◆刑事が透明人間になって、透明人間と対決するのはグッドアイデア。続編が作られそうな終わり方である。
よしのぶさん [DVD(字幕)] 6点(2010-07-05 18:17:43)
14.前作品の科学者から今回へとスムーズにつながり脚本もしっかりしていた。あの終わり方も結構よかった。前作品は期待してみてがっかりしたが今回なかなかよかった。
Jane.Yさん [DVD(字幕)] 6点(2009-08-22 08:52:03)
13.予算無いのが見え見えの続編に仕上がってました。中学生レベルの脚本でしたが、まるで期待しないと暇つぶし程度になる。透明人間って裸足だから、小石とか踏んだら痛そうだよな…なんて少しだけ考えてしまった。
真尋さん [DVD(吹替)] 4点(2009-07-20 13:31:20)
12.《ネタバレ》 冒頭から透明人間の殺人シーンでしょ、女性科学者宅に現れるシーンも透明だからこそのゾワゾワ感があって、えっ!イケルんじゃないの?と思ったのが・・・。
実験による透明化シーンもちょこっとだけ、その後の経過も簡単な説明だけ。悪いヤツラの悪巧みしか頭に残らない。いっそのことまっとうな超悲劇の透明人間が女性科学者の協力を得て自分と仲間の復讐を果たすのほうが面白かったんじゃないかと。
何?あのラスト、続編作る気マンマン?
木村家の娘さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2008-02-07 19:28:47)
11.前作の1/100の予算って本当の話でしょうか。内容からすると納得できるんですけど。きっとだまされて見る人を当て込んでの映画製作でしょう。裸&裸足でそんなにあちこちぺたぺた移動できるんかなあという疑問を持たせないぐらいのストーリーだったらまだ良かったのに。こんな映画なら俺が作る!というより俺もでも鼻くそほじりながら作れそうだ。
蝉丸さん [DVD(字幕)] 3点(2007-10-17 01:44:04)
10.《ネタバレ》 前作のインビジブル並に期待するとガッカリする。はじめから低予算製作なので仕方ない面もあるにしろ、それなら焦点を絞るべきだと思う。政敵暗殺計画プロジェクト→透明人間(被験者)→透明人間(被験者)の暴走と大きな器の中でやってる事と言えば、結局個人の復讐劇にすぎない。それなら、個々の情報を掘り下げてサスペンス・スリラー的の方が個人的には良かったと思う。
fujiさん [DVD(字幕)] 3点(2007-09-08 23:27:45)
9.前作はそれなりに予算をかけた大作でしたけど、こちらはモロ予算少なめのB級。ただし、その予算少な目をうまくゴマカシて、映像的には前作ほどのインパクトは全然ないけど、スリラー感覚で結構楽しませてくれました。透明人間同士の戦いとか色々趣向もこらしてくれてるし(まー、透明同士なのでなにやってるかさっぱりわかんないですけど)。凶暴な透明人間の殺人鬼とゆう設定が個人的に好きなのかも。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 7点(2007-09-05 01:42:46)
8.《ネタバレ》 前作の1/100の予算でここまで頑張った事に6点をつけたいと思います。透明人間の作品の究極はやられる側が勝手に動けばいいのだなと改めて思いました。政府にいいように利用された男の復讐劇ですが、私は期待しなかった分だけ逆に楽しめました。ヒロインの女性も中々美人でしたし。ただクリスチャン・スレーターは途中までは声優さんですね、彼のネームバリューが欲しかったのだと思いますが、別に彼じゃなくても良かった気も・・・。前作のファンというより、透明人間の復讐という発想が好きな方なら楽しめると思います。お金のかかるデジタル処理を最低限にして、スタントマンを使ったりと体を張ってやれば映画制作費も節約できるんですね。1/100というショボさをさほど感じなかった事が逆に驚きでした。
まさかずきゅーぶりっくさん [DVD(字幕)] 6点(2007-08-19 17:29:23)
7.《ネタバレ》 なんだかな~・・・今回透明人間が人間らしくなかったというか、サスペンス映画というより、モンスター映画みたいな印象を受けました。前作の透明人間はまだ人間味があって、だからこそ豹変した後が恐いわけで。前作はそこがよかったんですけどね。それとヒロインが「平和のための研究だったのに」みたいなこと呟いてたけど、透明人間なんて兵器とか、犯罪ぐらいしか使えないと思うんだけなぁ・・・・。
goreyさん [DVD(字幕)] 4点(2007-07-14 23:09:42)
6.《ネタバレ》 これはバーホーベンの名前だけ飾って、つられた客を騙して見せようとしただけの低予算の駄作映画なのだった。監督も脚本も凡才以下である。
スレーターはここのとこ本当にB級のチョイ役ばかりやっているがどうしたのか。カレの今後の俳優人生がちょっと心配。
パブロン中毒さん [DVD(字幕)] 2点(2007-06-24 13:25:41)
5.前作から6年も経っているのにシリーズが作られるとは意外でした、前作はてっきり完全な失敗作と思っていたけどそれなりにウケてはいたってことなのかな。本作はクリスチャン・スレーターが透明人間なんだけど、前作のケビン・ベーコンとキャラが被ってないかな~、どちらもキツネ系の顔だしね。まあ本作の内容の方は前作が前作なだけに比べて良いとか悪いとかの比較はかなり難しいです。同じ透明人間でも作風が全然違いますからね~、前作は小学生的妄想を具現化させたようなスケベな透明人間、本作は生存に執念を燃やす凶暴な透明人間、まあ前作を観た人なら暇つぶし程度に比べてみるのも良いかと。
眼力王さん [DVD(字幕)] 4点(2007-06-18 23:29:00)
4.《ネタバレ》 前作はもっと登場人物それぞれのキャラクターや背景をしっかり描いていて、透明人間を作ってしまった、または透明人間になってしまった人物の場面場面での心理描写が巧妙にできていたのですが、今作は・・・(汗)。冒頭からいきなりの透明人間出現には正直冷めました。バックグラウンドもくそもないキャラクターをいきなり透明にして出されても、「は?」って感じですし。まあそれも後々語られていくんですが、履歴書に書かれてそうな経歴くらいで、悪者の姿が視覚的にもキャラクター的にも「透明」過ぎて、さらっと流された感がして面白くなかったです。前作のあのじわりじわりと悪に染まっていくサスペンス感が良かったのに・・・。
まあでも透明人間が雑踏に紛れ込むと人にぶつかられまくるってのはリアルでよかったです。最初は「あんなぶつかりながら追っかけなくても」て思いましたが、見えてない人間は誰もよけてくれませんもんね。例えば自分以外のみんなが下向いて携帯いじりながらこっちに大勢で向かってきて、さてそれを全部よけれるかってことで、、、うん、ぶつかるよね( - _ - ;) まあその状態で車道に飛びさすのはちょっと演出過剰な気がしました。
そうだな、全体的に演出過剰。二作目はあたらないっていう映画のジンクスがここにも当てはまりました。
TANTOさん [DVD(字幕)] 3点(2007-06-16 00:39:47)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 23人
平均点数 4.09点
000.00%
100.00%
228.70%
3730.43%
4730.43%
528.70%
6417.39%
714.35%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review3人
2 ストーリー評価 4.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review3人
4 音楽評価 3.66点 Review3人
5 感泣評価 3.00点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS