幸せのちからのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 幸せのちから
 > (レビュー・クチコミ)

幸せのちから

[シアワセノチカラ]
The Pursuit of Happyness
2006年【米】 上映時間:117分
平均点:5.53 / 10(Review 90人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-01-27)
ドラマ実話もの
新規登録(2006-11-21)【みんてん】さん
タイトル情報更新(2018-05-05)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ガブリエレ・ムッチーノ
キャストウィル・スミス(男優)クリス・ガードナー
ジェイデン・スミス(男優)クリスの息子 クリストファー
タンディ・ニュートン(女優)クリスの妻 リンダ
ジェームズ・カレン(男優)「ディーン・ウィッター」社の重役 マーティン・フローム
カート・フラー(男優)投資ファンド会社のCEO ウォルター・リボン
ブライアン・ホウ(男優)トゥイッスル
江原正士クリス・ガードナー(日本語吹き替え版【DVD】)
小林翼クリスの息子 クリストファー(日本語吹き替え版【DVD】)
石塚理恵クリスの妻 リンダ(日本語吹き替え版【DVD】)
石田圭祐トゥイッスル(日本語吹き替え版【DVD】)
稲垣隆史「ディーン・ウィッター」社の重役 マーティン・フローム(日本語吹き替え版【DVD】)
稲葉実(日本語吹き替え版【DVD】)
辻親八(日本語吹き替え版【DVD】)
佐々木睦(日本語吹き替え版【DVD】)
東條加那子(日本語吹き替え版【DVD】)
横島亘投資ファンド会社のCEO ウォルター・リボン(日本語吹き替え版【DVD】)
定岡小百合(日本語吹き替え版【DVD】)
浦山迅(日本語吹き替え版【DVD】)
東地宏樹クリス・ガードナー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
杉田かおるクリスの妻 リンダ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
玄田哲章トゥイッスル(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
川久保潔「ディーン・ウィッター」社の重役 マーティン・フローム(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小島敏彦投資ファンド会社のCEO ウォルター・リボン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
竹口安芸子(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
脚本スティーヴ・コンラッド
音楽アンドレア・グエラ
撮影フェドン・パパマイケル
製作ウィル・スミス
ジェームズ・ラシター
スティーヴ・ティッシュ
コロムビア・ピクチャーズ
トッド・ブラック
製作総指揮ルイス・デスポジート
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
美術J・マイケル・リヴァ(プロダクション・デザイン)
衣装シャレン・デイヴィス
編集ヒューズ・ウィンボーン
あらすじ
医療機器のセールスマン、クリス・ガードナーは、妻のリンダと5歳の息子クリストファーの3人で暮らしていた。しかし、医療機器は滅多に売れず、家賃や生活費を払うこともできず、苦しい生活を送っていた。ある日、高級車から降りた男に成功の秘訣を尋ねたことをきっかけにクリスは証券会社の養成コースに挑む事を決意。しかしインターシップの半年間は無給という条件付きだった。彼はついにホームレス生活に転落するが・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
90.《ネタバレ》 この映画を観終わって真っ先に感じたことは、努力なしに幸福は得られない、ということ。あれだけ悪い目に(多少は本人のせいもあるが)あっていてもヤケを起こさずに、むしろそれを原動力に努力する。私にはなかなか出来ないです。実はに基づく、ってオープニングでネタバレされちゃったからいくらなんでもバッドエンドじゃないよな~、てそこんとこだけが結末に対するハラハラ感が薄れちゃいましたね。実話て知らずに観たかった。それと、せめてラストシーンで新しいキャプテンを買ってあげてほしかった。それと全然売れなかったあの器械を急に売れ始めた点がおや?ってなった。だったらなんでもっと早くそうしなかったんだよ!て思ったさ。
Dream kerokeroさん [インターネット(字幕)] 5点(2019-05-17 22:22:51)★《新規》★
89.《ネタバレ》 見るのがつらすぎる映画です。普通の映画ならば、いいことがあって悪いことがあってというふうにバランスをとりながら進んでいくものですが、この映画は、悪いことがあって悪いことがあって、ちょっぴりいいことがあって、悪いこと、悪いこと、というふうに悪いことの連続で、主人公親子がドン底に落ちていきます。最後に報われるわけですが、幸せなシーンはちょっとしかありません。先が気になるので、ついつい見てしまいますが、それでいて気持ちの半分では、つらいからもう見るのはよそうと思うような映画です。ホッとするようなシーンが途中に欲しかったです。
チョコレクターさん [地上波(吹替)] 5点(2015-11-15 14:15:11)
88.《ネタバレ》 冴えない中年男のメークをして、アクション以外の役を演じたウィル・スミスの挑戦は大成功したと思います。実の親子で演じた親子役もね。夫婦の関係は失敗しても我が子との絆だけは何が何でも離すものかと形振り構わず生きる事に必死な姿は共感してしまう。惨めな状況に追い込まれても、一夜の宿の奪い合いで晒した己の醜さに氣付いてもね。そんな父を支えるかの様に、愛らしい笑顔とユーモアを忘れない息子くんも素敵。そしてラスト。ついに職を勝ち得た父がオフィスを飛び出して走り出し、保育園にいる息子を抱きしめて男泣きするシーンは感動もの。良い映画でした。…そうそう、「バスケットボールの選手になりたい」と言った息子くんに父が言った言葉も好き。駅のトイレで父が息子に話すイマジネーションのシーンも良い場面です。
役者の魂さん [DVD(字幕)] 8点(2015-06-20 20:17:50)
87.《ネタバレ》 数字に強いという事でトレーダーとして成功するのかと思ったら、営業なんですね。医療機器が売れない人に金融商品が売れるとは思えないのですが、ホンキ出したら医療機器も売れたようだし、要するにそれまでいかにいい加減に生きてきたかという事でしょう。結果、子供が迷惑していた。チマチマと値段が決まっている形あるもの売るよりも、金融商品売るほうが儲かるわけで、ただそれだけの話。それすら説明はなく、ひたすら苦労話が続くし、それって自業自得だろ?と。貧困には個人の怠惰と社会の責任の両面があるのですが、本作品は前者の要素が強いので、どうも共感できませんね。でも親の怠惰で子供が苦労する社会というのはなんとかしないとイケナイのだろうとは思います。そもそも結婚する・子供を持つ資格もない人が勢いや偶然でそうなってしまう事をなんとかしないといけないのでしょうけど。
東京50km圏道路地図さん [地上波(字幕)] 4点(2015-05-17 10:59:29)
86.《ネタバレ》 子供は親を選べないし、世の中お金が全て。そして、成果主義のアメリカでスーツをきて収入を得るのは非常に厳しい。日本の外資系も契約取れないとすぐにクビがとびますよね。奥さんも子供もよく粘っていました。お金はどうにかなるという人も多いけど、現実はそんなに甘くない。もっというなら稼げないなら結婚も子供もつくったら駄目。とにかく子供が不憫に思う作品であります。ただ、犠牲はやむを得ないが、とにかく懸命に生きようとしている父親像は悪くはないし、あそこまで努力できる人もそうはいないでしょう。それを評価してプラマイゼロかな。後日談はあまりにも飛躍していて、映像化もしていないのでリアルに感じない。あえて実話ものということにしないで、フィクションとして仕上げて欲しかったです。採用通達後の社外でガッツポーズからのエンディングへ。
マーク・ハントさん [地上波(吹替)] 5点(2014-01-15 09:15:35)
85.実話をもとにしていてかつ実際の本人が現場に来て監修に近いことをやっていただけあってリアリティを感じて話に引き込まれました。
どん底でも息子のために、自らの誇りのためにがむしゃらに努力した結果のサクセスストーリーは本当に美しいと思います。自分も子供のために頑張らなきゃという気持になります。
かずろうさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2012-06-08 23:18:07)
84.《ネタバレ》 ほんと見るのも辛いシーンが続いて溜息が出るほどだった。
ギリギリの極限状態まで描けていたと思う。辛かったけど
それだけ最後の感動がある。最後の喜びを現す場面はとにかく素晴らしい。
ただこの映画は深刻な社会問題も見せていると思う。

そういう中で自分だったら途中で行き倒れてたと思う。
道を渡る場面の危なさはホントに命がけで、あの状況で自分は生き残る自信がない。
高額のミシンを売るのも大変だ。
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 7点(2012-02-28 22:15:24)
83.サクセスストーリーの一部分を見せられたって事か。あんな生活で、子供の人格形成に影響するんじゃないかとドキドキですわ。この作品の教訓は、「成せば成る」と「世の中、金が全て」って事なのかな~。
真尋さん [DVD(吹替)] 4点(2011-10-28 10:49:57)
82.事象でもって貧乏であること、必死に生活していることが描かれるが、例えば音を消して見たときにそれが伝わるかというと全然伝わらない。保育所の出来がけしてよくないこともテレビを見させているという事象でしかわからない。光の量や種類だけでももうちょっと演出できそうなもんだけど、おそらくはあえてしていない。地下鉄のトイレも無料宿泊所も妙にキレイだ。要するに汚さを見せないようにしている。ハリウッド映画だからなのか? ルービックキューブを完成させたシーンや電話番号を暗記するシーンは主人公の才能の一角を見せたシーンでもあるのだけど、その才能によって成功を得るという展開がないというのはどうゆうこと?遠慮の無い押しの営業力とユニークな会話力で成功ってそりゃないよ。実話だから?汚いものを覆い隠しといて?数学に強というのは確か台詞にもあったと思うがそこをうまく使ったストーリーにしたら断然盛り上がるだろうに。どうもヘンテコな映画だ。
R&Aさん [DVD(字幕)] 4点(2011-08-03 14:54:07)
81.今夜の寝床を確保するためにひたすら走る父子。
落してしまう息子の大事なおもちゃ。
決して拾われることがないそのおもちゃこそが、「子どものほんのささやかな喜びや希望を守ってやることもできない父の悲しみを端的に現わしている気がして、あのシーンはホントに切なかった。
山のようにあるうまく行かないことを押しのけて、成功に向かってひた走る父親の苦労を、ちゃんと理解している健気な息子を演じるジェイデン君が、とにかく愛らしい。
佳作。
poppoさん [地上波(字幕)] 7点(2011-08-02 13:20:03)
80.努力することは、もう本当にしんどい。大人になればなるほどしんどくならないだろうか。それは、努力する前に、うまく行かなかった結果の想像ができるようになるからである。もちろん、努力するというプロセスも、怖い。びっくりするくらい優秀なやつらはいるし、恵まれている状況と恵まれていない状況の差が良く分かるようになる。

クリスは間違いなく、恵まれていない状況の人間だ。死ぬほど不安だっただろう。子供がいて、家がなくて、仕事に集中できなくて、どれほど努力することが怖かっただろうか。どんなに悪い将来を想像してしまっただろうか。それでも諦めなかった。その恐怖と向き合い、努力する姿は文句なくすばらしかった。地味だからこそ、世間が注目するようなことでないからこそ、努力することが難しいのである。

私も頑張ろう。待遇や能力の差を怖がらず、決意を固めていきていこうと思う。
うらわっこさん [地上波(字幕)] 10点(2011-06-26 14:55:22)
79.実話モノらしいので、あまりとやかく言うのは野暮なんでしょうけど、
それにしても地味な話だった。
実話系を映画にしたとはいえ、教訓も共感もなかったし。
なんか「不幸のどん底まで落ちても未来を信じていこう感」が、ちょっと押し付けがましいです。
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 4点(2011-05-16 07:36:23)
78.内容に派手さはありませんが、リアルなお話だなと思ったらノンフィションとのことでした。
*まみこ*さん [地上波(吹替)] 5点(2011-05-13 23:01:32)
77.《ネタバレ》 実話をもとにしており派手さは無いものの、話にはグッと引き込まれました。
成功したから美談として語ることが出来ますが、あのまま失敗していれば大変な事になっていただろう話ではありますが、とにかく目標に向かってがむしゃらに努力する姿からは勇気を貰えると思います。
作中で、父親が子供に対して「誰にも無理だなんて言わせるな。たとえ父親にでも」と息子と自分人を励ますセリフがあり、とても良いシーンだと思います。
camelさん [DVD(字幕)] 6点(2011-02-15 06:13:13)
76.《ネタバレ》 [空想世界で大活躍する超人]のポジションを確立していたウィルが、現実世界の一般人をどう演じるのか観たくてレンタル開始直後に鑑賞。意表を突かれた。感動するほどの面白さだった。[人が何かを創るために一所懸命に努力する話]にはどうしても好感度が上がってしまう。しかもウィル演じる主人公は不器用でも必死。息子を守るために必死。悔し涙を流しても、不本意に恨みも無い他人と喧嘩しても、自己嫌悪になったって、何度も思い直して立ち上がる。愛する息子のために。証券のみならず人間関係にも努力して勉強したりする姿勢が描かれてるのが良い。その努力が実った6ヵ月目に正社員辞令を受けた時、嬉しさのあまり走りだして…、この次のシーンが良すぎなので言わない(笑)。とにかくもう、人のあり方の1つを爽やかにみせてくれた良作でした。  それと、息子のクリストファー君が要所要所で聞かせてくれたアメリカンジョークは、知的でウィット効いてて楽しい♪。
FBIの滝さん [ビデオ(字幕)] 8点(2011-01-11 06:35:15)
75.《ネタバレ》 この映画は父親が不幸に耐えている可哀相な映画と思うか、
自分勝手に不幸な出来事に騒いでいるだけの映画と思うかで評価はわかれると思う。
努力して勉強している姿勢があれば、感動したかもしれない。
何だか子どもがかわいそうです。
アオイさん [DVD(字幕)] 4点(2010-07-06 00:08:38)
74.プータローの私にとって かなり欝な内容でした
くまさんさん [DVD(吹替)] 5点(2010-06-04 02:35:38)
73.《ネタバレ》 自分も株や債権でご飯を食べているので、こういう内容の映画の成功談(美談)として証券マンという設定はどうかと思う(実話だから仕方ないけど)。ある意味他人をだましてなんぼの世界だし。リーマンショック後の今見ると、悪趣味な回顧以外の何物でもない。まぁそれを差し引いて見れば、優等生的にまとまった、そこそこ楽しめて、そこそこ笑えて、そこそこ感動出来る映画といえる。
ともともさん [DVD(字幕)] 5点(2009-08-07 22:06:09)
72.成功したから映画になったのであろうが、脚色すくなく退屈。単にだらだらと長かったイメージしかなくのちのち思い出せば面白くなかったと言うでしょう。
Jane.Yさん [DVD(字幕)] 5点(2009-07-20 08:15:21)
71.《ネタバレ》 明日は分からない。でも頑張れば成功は掴める! ホームレスにまで転落した男のアメリカンドリームを描いた正統派ドラマ。 個人的に最近アメリカ映画にウンザリしていたが、 久々にまともな作品、スッキリする作品に巡りあえた。最初はまぬけな男が立て続けに医療機器を盗まれるハナシなのかと思いやられたがそれだけではありません。主役の人物像としてはタクシー乗り逃げだとか、医療機器を盗んだ男を追いかけるのに道路を飛び出して自分の不注意で車にはねられたのに運転手を怒鳴りつけるとか(アメリカの交通事故だとこんなもんかも)、ところどころアレな描写はありました。その日その日の寝る場所を追い求める貧しい生活の中で荒んでいき、息子を相手に苛立つ様子とかね。でも品行方正ではないけど、そんな生活の中でとにかくがむしゃらに息子を守り続けるというスピリッツは伝わってきた。そしてアメリカの中のどこかに実際いそうな、そんなDQNな父ちゃんだからこそ努力の末に証券ブローカーとしての職を得ることができたという実話としての面白みが伝わってくる。あと嫁が愛想をつかして逃げたのは夫の浮気も原因のひとつだという点が原作では描かれているらしく、主役に都合の悪いハナシはいろいろと端折られているようですが、映画としては面白かったです。貧しい生活で共に苦労した元嫁は成功を収めた元旦那の姿を見て悔しがっているだろうなあ。(あと映画の序盤では、クリスが壁に綴られたHappynessの文字を指しながら保育所のスタッフにこれはiだよ、yじゃないと指摘する場面があったけど、原題では「The Pursuit of Happyness」となっているんですね) 総括すると感動!ってのもちょいと違うかもだけど、無事にあのレースを勝ち抜いて就職できてよかったね、というサクセスストーリー。めでたしめでたし。
☆Tiffany☆さん [地上波(吹替)] 7点(2009-06-17 13:02:24)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 90人
平均点数 5.53点
000.00%
100.00%
233.33%
355.56%
41718.89%
52628.89%
61011.11%
71921.11%
866.67%
922.22%
1022.22%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.86点 Review15人
2 ストーリー評価 4.83点 Review18人
3 鑑賞後の後味 5.22点 Review18人
4 音楽評価 5.07点 Review14人
5 感泣評価 5.25点 Review16人
chart

【アカデミー賞 情報】

2006年 79回
主演男優賞ウィル・スミス候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2006年 64回
主演男優賞(ドラマ部門)ウィル・スミス候補(ノミネート) 
主題歌賞 候補(ノミネート)“A Father's Way”

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS