Menu
 >
 >
 > ストレンヂア -無皇刃譚-

ストレンヂア -無皇刃譚-

Sword of the Stranger
2007年【日】 上映時間:102分
平均点: / 10(Review 12人) (点数分布表示)
アクション時代劇アニメ
[ストレンヂアムコウハダン]
新規登録(2007-05-21)【.】さん
タイトル情報更新(2017-11-26)【イニシャルK】さん
公開開始日(2007-09-29
公開終了日(2007-11-02)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督安藤真裕
長瀬智也名無し
知念侑李仔太郎
竹中直人祥庵
山寺宏一羅狼
石塚運昇領主
宮野真守戌重太郎
坂本真綾萩姫
大塚明夫虎杖将監
筈見純絶界
野島裕史風午
朝倉栄介
伊井篤史白鸞
相沢まさき月申
原作BONES
脚本高山文彦
音楽佐藤直紀
アニプレックス(音楽制作)
製作松竹(「ストレンヂア」製作委員会)
バンダイビジュアル(「ストレンヂア」製作委員会)
BONES(「ストレンヂア」製作委員会)
博報堂DYメディアパートナーズ(「ストレンヂア」製作委員会)
プロデューサー南雅彦
制作BONES(アニメーション制作)
配給松竹
作画伊藤嘉之(作画監督)
中村豊〔作画〕(原画)
亀田祥倫(動画)
美術森川篤(美術監督)
竹内志保(美術設計)
中山しほ子(色彩設計)
録音若林和弘(音響監督)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.《ネタバレ》 殺陣に関しては文句のつけようがない。丁寧で斬新な映像、見せ方にはひとつの極地を感じました。ただし、物語に関してもっさりした物を作ってしまったなぁという感想です。終盤、物語が動き出すまでは敵方の思惑や説明がメイン。一方で名無しと少年の交流が描かれます。その交流が大きな流れの蚊帳の外のほのぼのストーリーなので、それほど時間をかけて描く必要なシーンとは思えません。流れの中で扱うのなら解りますが、本筋にほとんど絡まないエピソードでこんなに時間をとるのはどうかと(ほぼ一時間経過するまで)。髪の色や過去の話に関しても同様で、物語にとって重要な意味を持たせられないのなら綺麗さっぱり切った方がよほどすっきりした流れになったと思います。虎杖と名無しのいかにも因縁ありげそうで実際は何もなくスルーされた過去エピソードが筆頭ですね。あとは人が描けていないところでしょうか。感動させようというシーンが目立ちますが、思い入れ出来るような描き方が出来ていないのでしらける場面が多かったです。様々な人物に焦点を当てすぎた結果、個々の掘り下げが浅くなるのなら対象を絞ってその人物を掘り下げるべきだと思いました。いくら良い殺陣や見せ方が出来ても物語が伴わなければ片手落ちに終わってしまうと感じられ、残念でした。
kirieさん [DVD(邦画)] 5点(2014-12-29 00:05:50)
11.《ネタバレ》 「獣兵衛忍法帖」を思い出す時代劇アニメーションの傑作。
その「獣兵衛忍法帖」で主役を演じた山寺が今回はラスボス。タレントを起用して話題を呼ぼうとする魂胆には反吐が出るが、演技は悪くなかったと思う。山ちゃんが凄すぎるだけなんや!

刀が刃こぼれを起こすなど妙なリアリティ、それを奇想天外な世界観で刃を交わす殺陣、アクション。カメラも必死で動き回る彼等を追いまくる。それぞれの散り際もあっさりさくりと死んでいく流れが良い。愛する女、守る者のために我武者羅に生き、何時の間にか死ぬ。主人公が刃を抜く瞬間をあそこまでスリリングに描くとはねえ。最後も生き残ったのか死んだのかぼやかす終わり方も良いじゃないですか。
すかあふえいすさん [DVD(邦画)] 9点(2014-12-26 22:29:11)
10.この殺陣の見せ方は、これまでのアニメーションがたどり着いた最高の表現ではないか。素早い動きでありながら、どのように動いているのかちゃんとわかるように見せて体感させ、また実写におけるワイヤーアクションのような不自然さがない。脚本にしても、エンディングに向かって徐々に盛り上げ、登場させたたくさんのキャラクターを最後まで使い切っているのも見事。ただし仔太郎の声には僕も何度も違和感を覚えた。長瀬さんはよくやっていたと思う。
小原一馬さん [DVD(邦画)] 8点(2010-12-05 01:07:31)
9.《ネタバレ》 不老不死に関係する少年を巡るお話。面白くないわけじゃないけどいたって普通の時代劇でストーリーもどこかで見たような内容。実写ではなくあえてアニメで作ったからには実写で表現できない何かプラスアルファの要素が欲しいところ。応援の意味も込めて甘めの5点献上。
時計仕掛けの俺んちさん [DVD(邦画)] 5点(2010-04-11 05:24:27)
8.BONESというプロダクションの作品にはジャパン・アニメの正統な進化を思わせる作風を感じていて好感を持っています。この作品も、演出や作画のレベルなどは手描きアニメのトップレベルなのだろうと思います。でも一本の映画として観たときには強さを感じなかったです。主人公が特定できないプロットが原因でしょう。かといって、群像劇という印象でもない。キャラの動きには感心しますが、終着点にむかってワクワク感が盛り上げって行くようなストーリーではないのが残念でした。もっと冒険しても良いのでは…。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2009-11-07 14:48:25)
7.砦の戦いがけっこうツボにハマってワクワクした。やっぱ男の闘いは燃えますわ。本職以外の声優は…微妙で、喋りが聞き取りづらいシーンが幾つもあった。やはり本職の声優に任せた方が良かったと思う。
真尋さん [DVD(邦画)] 6点(2008-09-15 02:01:30)
6.のっけからの素晴しい立ち回りにクライマックスにおける剣劇。アクションに関しては本当に見事だったと思います。
かつて『AKIRA』において「重い物が重い物として落下してくる」質量感等の表現がハリウッドに大きな衝撃を与えて以降、日本のアニメーションはディズニーのような滑らかなフルアニメーションとは違った魅力、「リアルっぽさ」というものを目指してきた様に思えます。
それはこの作品でも存分に発揮され、ここ最近邦画で総崩れ状態である「剣劇アクション」の出来では明らかに一枚上の存在で、「結局日本で世界に通用する映画はアニメだけ」という悲しい(?)現実をここでも感じさせられます。
だからといって、この作品が良かったか?と言えば話は別。
決して子供向けでない作品にもかかわらず、一般成人が見るにはやや稚拙な設定。
台詞で全てを語ってしまい、演技をしない登場人物。
子供・犬、といったお決まりの関係に、相変わらずワンパターンなその行動。アニメに限らず、何故日本映画はあんなに子供と動物の扱いが下手なのか不思議に思う。
そしてもう一つ疑問に思った事として、仔太郎の声は一体どうしたことだろう。
もう少しマシであれば、と劇中何度考えたことか。
役どころからして「素直になれないが根は優しい少年」を描きたかったと思われるが、アレではただの生意気なガキにしかなっていない。それは決して演出や脚本だけのせいではない。
知念侑李さんとはどんな人か全く知らないので恐縮だが、恐らく本職の声優ではないのだろう。技量以上のものを求められる本人も可哀想にまで思えてくる。
主役の長瀬氏にしても「下手ではなかった」だけで、ベストの選択とは思えない。
脇で出られた山寺氏や大塚氏が声を当てられた方がよっぽど良い作品になったと思える。
最近こういった配役が増えているようだが、ハッキリ言って誰も得をしない。
一体いつまでこんなことを続けるのだろうか? 
日本アニメ映画の可能性と限界をこの映画に見た、と言えば言い過ぎでしょうか。
よねQさん [DVD(邦画)] 6点(2008-09-09 17:00:23)
5.物語はストレートで捻りが無いんだけど、なんだかよくわからないワクワク感があった。
こういった純粋なチャンバラ劇というのも珍しいかも知れない。
強いんだけど、無敵というほどでもないギリギリの線で描かれていたのが良かった。
もとやさん [DVD(邦画)] 7点(2008-08-05 23:52:18)
4.予告編釣られ、飛びついて観たのですが..物語として、もっとレベルの高い作品かと思い期待してたのに..荒唐無稽な儀式に建造物..骨格となる背景が “不老不死” の妙薬って..全容が見えてくると一気に冷めてしまった..確かに、殺陣シーンは本格的で、斬新さも目立ち、動きも良くレベルが高い..ストーリー展開や細かい演出も、かなり大人の創りになっている..が、それだけに、もっとリアリティーのある、説得力のある、ストーリー設定にしてほしかった..残念...
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 6点(2008-08-05 13:01:06)
3.普段見た事のないようなアングルで剣術戦闘シーンを描いている点は、アニメーションの動き、としての評価できるポイントなんですが、話として面白い点が特になく、グッと盛り上がる点もなく・・・ただ過ぎ去っていった、遠い過去の事のような、あまり印象に残らない内容でした。あ、子供がとにかくムカついたってのは、強く印象に残っています。
六爺さん [DVD(邦画)] 5点(2008-07-05 23:53:28)
2.石橋を叩いて渡るが如くの手堅い演出とアクション、萌え要素をギリギリまで排除した硬派さ、動画の細部にわたる嫌味のないコダワリ、声優陣の巧さ、等々が好印象。手堅い丁寧さは高評価できるものの突出したモノが無いのも確かで、もうちょっと冒険してみてもよかったのではないか?とも、感じた。橋上でのアクションの芸の細かい演出は、見事。こういう丁寧な演出は、嬉しい。
aksweetさん [DVD(邦画)] 7点(2008-04-20 14:03:02)
1.アクションなど映像はかっこいいが話はいたって普通。
無難にまとめちゃったなぁという印象。
もっと話を作ってほしかったなぁ。
とまさん [映画館(邦画)] 6点(2007-12-15 16:10:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 6.17点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
418.33%
5325.00%
6433.33%
7216.67%
818.33%
918.33%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 9.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS