ボルベール/帰郷のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > ボルベール/帰郷
 > (レビュー・クチコミ)

ボルベール/帰郷

[ボルベールキキョウ]
VOLVER
2006年【スペイン】 上映時間:120分
平均点:6.76 / 10(Review 51人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-06-30)
ドラマ
新規登録(2007-05-29)【ぷりしら19号】さん
タイトル情報更新(2019-06-17)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ペドロ・アルモドバル
キャストペネロペ・クルス(女優)ライムンダ
カルメン・マウラ(女優)ライムンダの母:イレネ
ロラ・ドゥエニャス(女優)ソーレ
ブランカ・ポルティージョ(女優)アグスティナ
林真里花ライムンダ(日本語吹替)
小松由佳パウラ(日本語吹替)
脚本ペドロ・アルモドバル
音楽アルベルト・イグレシアス
撮影ホセ・ルイス・アルカイネ
配給ギャガ・コミュニケーションズ
あらすじ
ダメ夫と娘を養うために、母親のライムンダ(ペネロペ・クルス)が働いているときに、自宅では夫が娘に暴行しようとしていた。ライムンダが仕事から家に帰ってくると娘は放心状態。さらにライムンダの祖母が亡くなったという電話がはいる。しかも祖母がなくなる瞬間、すでに死んだはずのライムンダの母親の亡霊が現れたという。それでもこれは究極の女性賛歌の物語
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
51.重たい話のワリには登場人物達に影がない。スペイン女性の気質と言ってしまえばそれまでなんだが、日本人にはちょっと理解し難いな。それにしてもスペイン男は、バカばかりじゃないだろう。1人ぐらいマトモな男を出して欲しかった。
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 5点(2016-06-02 11:07:59)
50.女性による女性のための映画かもしれない。
多少の謎を秘めつつ、女性家族の会話を中心として進んでいく。だが、意外に平坦な雰囲気で続いていく。
simpleさん [地上波(吹替)] 4点(2016-05-27 15:06:38)
49.《ネタバレ》 ペネロペ・クルスの美しさは余すところ無く堪能できましたが、映画として楽しめたかと言うと微妙な感じ。女同士の繋がりを描いた作品であるのは分かるものの、そこから何か自分の人生の糧になるものを私は汲み取れなかった。
曲がりなりにも殺人を犯してしまった人間が特に裁かれずに終わるのもどうかと思う。いくら父親がクズで情状酌量の余地があったとしても。
民朗さん [映画館(字幕)] 5点(2014-11-09 16:03:13)
48.やっぱりあるもどばるは好きになれない。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 3点(2014-09-09 07:17:48)
47.公開当初、ペネロペの放尿シーンが話題になりましたね。作品を通して感じるのは、女は強し、といったところか。素晴らしい作品だと思うし監督の評価が高いのも頷けるけれど…どうしても自分には面白いとは思えなかった。
時計仕掛けの俺んちさん [CS・衛星(吹替)] 4点(2013-12-12 21:05:25)
46.途中まで二流サスペンスかと思うほどつまらなくおもしろくなかっだ、秘密が明らかになるにつれおもしろくなった。そして最後は見てて良かった思った。相変わらずペドロ・アルモドバルらしい受け入れがたいところもあったが、「オール・アバウト・マイ・マザー」や「トーク・トゥ・ハー」を見たおかげで、抵抗感は少なくなった。母として娘として女として演じたペネロペに拍手。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 7点(2013-06-10 20:56:48)
45.《ネタバレ》 殺人・レイプとありながら、(悪い意味ではなく)作風が地味。そのためか、何度か鑑賞しているがストーリーを忘れてしまう。内容的には人間関係の複雑な面白い話なんだけど、殺人もレイプも失踪も重々しさなく話の中に舞い込んでくるのでメリハリがなく間延び感がある。(これも悪い意味ではなく)退屈な映画。そこを楽しめないと、きっとつまらない1本になる。
afoijwさん [DVD(字幕)] 6点(2013-06-07 00:24:52)
44.《ネタバレ》 自動録画で何の予備知識もなく鑑賞、久しぶりの掘り出し物でした。伏線が綺麗に回収されていますし意外性もあり楽しめました。唯一気になったのはペネロペが飛びぬけて綺麗過ぎで浮いてて、とても家族とは思えない感じです。
ないとれいんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-03-23 14:21:42)
43.《ネタバレ》  ペネロペ・ルクスの魅力を堪能するという当初の目的は達せられたわけだし、ストーリー的にも十分、はられた伏線の回収がきちんとされていて面白かったんですが……。
ただ、どうもフランスやスペイン等、ラテン系の映画のストーリーは、いまいちしっくりこないというか、違和感があるというか。
 「殺人」という重大な問題を抱えながら、鍵をあずかってるだけのレストランを勝手に営業したり、あげくがそのままなしくずしで自分たちの店にしようとしたり、随分、変な精神的余裕があるなと。ま、それほど唐突な感じもないんですが、いまいち腑に落ちないというか、納得できないというか。
 あと、殺された人間のうち、男二人はまあ鬼畜ですからいいようなもんなんだけど、不倫してたというだけで殺された女性は可哀想だし、彼女に対してはもっと罪悪感を持ってほしかった。
rhforeverさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-10-27 13:36:39)
42.服や食事のいろどりは素晴らしかった。話の内容もおもしろっかた。
ホットチョコレートさん [地上波(字幕)] 6点(2012-10-21 08:09:00)
41.《ネタバレ》 奇才ペドロ・アルモドバル監督による女性讃歌。後夫と娘の間にできた娘、おぞましい父娘関係ですが物語に入り込めずあまり衝撃を受けませんでした。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2012-08-21 22:23:55)
40.ペネロペ・クルスの胸!胸!胸!みたいな映画。
akilaさん [DVD(字幕)] 6点(2012-04-20 18:53:10)
39.アルモドバル作品を見た中では唯一気に入った作品。世間の評価もおおむねベスト1ですよね、これ。以前CSで途中から見たので、今回はDVDで最初から見直しました。やっぱりいいな、心地よいなと思いつつ、なぜかなあと考えてみると、不幸のかたまりみたいな話が後から後から出てくるにもかかわらず、女たちの関係性がどれも温かいから。逆に男にとってこの映画は「男はいらない」と言われてるような居心地の悪さに通じるんではないかなあ、とも思ってしまいますけど。アルモドバルは男なのに女の関係性を描くのがうまい、というところも、何か不思議ですが。そうそう、何を表そうとしているのか今一つ真意がよくわかりませんが、大きな何機もの風車のシーンが何度か出てきます。本作は2006年作品とのことですが、風力発電への取り組みで知られるスペインでは今年2011年、風力発電が国内の電力供給方法の第一位になったのだそうです。この映画で故郷という設定になっているラ・マンチャが特に風車の多い地帯なのか、風車が多いからラ・マンチャを舞台にしたのか、はたまた映画のコンセプトを象徴しようとしているのかよくわかりませんが、好きなシーンの一つです。 <追記>読み返していたら、あ、ラ・マンチャだから風車なのか~と気付きました。出てくる女性たちにドン・キホーテの趣があるわけではありませんが、大きなくくりでとらえると、根っこのところにあるといえばあるのかも。よくわかりませんが、スペイン人のアイデンティティーにやはりドン・キホーテというのはかなりかかわっているってことなんでしょうか。それともアルモドバルが特にこだわってるんでしょうかね。誰かに教えていただきたいものです。
おばちゃんさん [DVD(字幕)] 8点(2011-07-31 14:15:59)
38.スペイン田舎の主婦を演じているペネロペ・クルスがすごい新鮮でした。
のははすひさん [DVD(字幕)] 6点(2011-05-15 11:34:18)
37.《ネタバレ》 死んだはずの母親が帰ってくる。このあたり、従来のアルモドバル映画にはない軽やかなコメディ演出を堪能させてくれる。初期作品にはコメディも多くあるのだが、どれもこれも毒が盛られている。対して今回は直球のコメディ(序盤だけだけど)。その背景にレイプと殺人があるってところが考えてみれば凄いんだけど、そんな負の背景はどっかに置いといてって感じでずんずん進んでゆく。終わってみれば『ハイヒール』同様に母と娘の物語で、『オール・アバウト・マイ・マザー』同様にたくましく生きる母がいて、『バッド・エデュケーション』同様に過去が今を作るという構図があり、というあいかわらずのアルモドバル映画であった。過去が今を作るということは今をどう生きるかが未来を作ってゆくということでもある。難局を感じさせない肝っ玉母ちゃんのように生きるペネロペ・クルスを見れば、悲惨な背景とは裏腹に爽やかな感動を覚えるのも当たり前ということだ。それにしても、やっぱアルモドバル映画のペネロペ・クルスはいいねえ。
R&Aさん [DVD(字幕)] 7点(2011-05-12 15:10:52)
36.そう来たか、という映画だった。娘さんの件は正当防衛だと思うし、そうならなくても重罪になることはありえないので、「お母さん、馬鹿なことはしなさんな」とか思って、ここから最後までこのテーマで行くとしたらきついな~と感じたのだが、物語は意外な方向へ進んで行き、最後には家族の絆に心が温まるじゃありませんか。重すぎず、軽すぎず、堅すぎず、馬鹿しすぎず、ぎずぎずうるさいけど丁度良かったと思う。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-03-08 20:10:18)
35.説明的なセリフなどがないので、しばらくは状況設定や人間関係の把握にとまどうが、ある事件が発生した後は「ああこういう話なんだな」とわかる。わかった気になる。
しかし実際には、物語の大きな流れは、実はそこではなく、それはより大きな流れの過去が、繰り返されていることを示す伏流のようなものでしかないことが徐々にわかっていく。
とにかくストーリーラインは独創的で、ひとりひとりがやることは常識では理解できないほどぶっとんでいるのに、全体としては、納得させられてしまうところがすごい。ひとりひとりの芝居に説得力があるというのも大きいだろう。
小原一馬さん [ビデオ(字幕)] 8点(2010-12-04 22:44:15)
34.《ネタバレ》  下手な監督が撮っていたら陳腐なB級サスペンスになってしまいそうな題材を、ここまで芸術的に美しく、そして抜群に面白い特級の作品に仕立て上げてしまうアルモドバルの才能に感服してしまいました。

 まあ女性の逞しさ、したたかさの前には、男は到底かなわないな・・・・と感じさせる作品でしたね。
TMさん [地上波(字幕)] 8点(2010-08-09 23:38:20)
33.《ネタバレ》 悲惨な境遇で暗い内容のはずなのですが、見ているうちに何故かほんわかとした気分になりました。
おまけに、いつの間にか明るくて、こちらが元気をもらえるような気分になりました。

女性たちのめげない気持ちと明るい色彩の衣装と、それからはつらつとしたボディからも、元気をもらった気がします。

ペネロペさんはため息が出るほど綺麗でした。
私が観た作品の中では一番良かった。

それでも人生は素晴らしい!
私もがんばろっと♪
たんぽぽさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-05-16 15:46:35)(良:1票)
32.家族、生死を考えさせられる映画でした。スペインの田舎や迷信が残る風習(東風など)が興味深かったです。ペネロペが本当に歌っていたのかな、それとも吹き替え?歌に感動しました。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-05-13 08:07:39)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 51人
平均点数 6.76点
000.00%
100.00%
200.00%
335.88%
435.88%
535.88%
6815.69%
71733.33%
81325.49%
923.92%
1023.92%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.33点 Review3人
2 ストーリー評価 6.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review2人
4 音楽評価 2.00点 Review2人
5 感泣評価 6.50点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

2006年 79回
主演女優賞ペネロペ・クルス候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2006年 64回
主演女優賞(ドラマ部門)ペネロペ・クルス候補(ノミネート) 
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS