疑惑の影(1943)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 キ行
 > 疑惑の影(1943)の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

疑惑の影(1943)

[ギワクノカゲ]
Shadow of a Doubt
1943年上映時間:108分
平均点:6.46 / 10(Review 50人) (点数分布表示)
公開開始日(1946-12-17)
サスペンスモノクロ映画犯罪もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2023-06-07)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アルフレッド・ヒッチコック
キャストテレサ・ライト(女優)チャーリー・ニュートン
ジョセフ・コットン(男優)チャーリー・オークレー
マクドナルド・ケリー(男優)ジャック・グラハム
ヘンリー・トラヴァース(男優)ジョゼフ・ニュートン
パトリシア・コリンジ(女優)エマ・ニュートン
ヒューム・クローニン(男優)ハービー・ホーキンス
ウォーレス・フォード(男優)フレッド・ソーンダース
ジャネット・ショウ〔米女優〕(女優)ルイーズ・フィンチ
アルフレッド・ヒッチコック(男優)サンタローザに向かう列車内でトランプに興じる男(ノンクレジット)
小島幸子チャーリー・ニュートン(日本語吹き替え版【BD】)
堀内賢雄チャーリー・オークレー(日本語吹き替え版【BD】)
阪口周平ジャック・グラハム(日本語吹き替え版【BD】)
田原アルノジョゼフ・ニュートン(日本語吹き替え版【BD】)
鈴木弘子チャーリー・ニュートン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中田浩二チャーリー・オークレー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
伊武雅之ジャック・グラハム(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
水城蘭子エマ・ニュートン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
村松康雄フレッド・ソーンダース(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
城山堅ハービー・ホーキンス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
渕崎ゆり子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
竹口安芸子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
川浪葉子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
向殿あさみ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
緑川稔(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
増岡弘(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
藤城裕士(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
乃村健次チャーリー・オークレー(日本語吹き替え版【PDDVD】)
久保晶ジョゼフ・ニュートン(日本語吹き替え版【PDDVD】)
鈴木貴征ロジャー・ニュートン(日本語吹き替え版【PDDVD】)
脚本アルマ・レヴィル
ソーントン・ワイルダー
音楽ディミトリ・ティオムキン
チャールズ・プレヴィン(音楽監督)
作曲フランツ・レハール挿入曲"Merry Widow Waltz"
撮影ジョセフ・A・ヴァレンタイン
製作ユニバーサル・ピクチャーズ
制作東北新社(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
配給ユニバーサル・ピクチャーズ
セントラル
美術ロバート・F・ボイル(共同美術監督)
あらすじ
フィラデルフィアのとある下宿の一室。チャーリー・オークレー(ジョゼフ・コットン)が物憂げにベッドに横たわっている。下宿のおかみから二人の男がやって来たが留守だと告げておいたと聞いたチャーリーの表情には焦燥の色が表れる。「証拠は何もないはずだ...」窓の外に二人の姿を見たチャーリーは下宿を抜け出して追跡者を撒き、カリフォルニアの姉宅あてに電報を打つ。「みんなに会いたくなった...略...姪のチャーリーにはキスを」やがてチャーリーはカリフォルニアへ向け、車上の人となる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
50.《ネタバレ》 疑惑というより、モロ犯人じゃないか!
仲の良かった叔父と姪、その関係に亀裂が入るのが悲しい。
ラストのラストで一気に盛り上げる演出は、さすがヒッチコックといった感じ。
にじばぶさん [インターネット(字幕)] 6点(2023-04-11 21:51:49)
49.《ネタバレ》 中盤まで落ち着かない。視点が最初はチャーリー叔父側から始まり、善人ではなさそうな情報が画面に小出しにされ、
台詞さえもなにかをしでかして追われていることを示唆する。その一癖ありそうな男が何事かを思い立ち、かたぎの姉を訪問・・ん?どういう話だ?
実は罪を明かさないまま匿ってもらうために久しぶりに会いたくなったなどと理由を付けて姉を頼ったのだが、
姪に当たるチャーリー(美女)から特に大歓迎される。倦怠を吹き飛ばしてくれる、頼もしい人と思われているらしい。
チャー叔父がよろよろと客車を降りるのは汽車の中であまり顔を見られたくないので仮病で臥せっていた芝居の続きである。
怪しさ満点というか、完全に黒だ。だが姪チャーリーは疑惑などは感じていない
このあたりは、視点が叔父と姪とで行ったり来たりする。落ち着かない理由はこの辺りにあるか。
途中まで姪は指輪のイニシャルと新聞の件で何か変だなと思ってもいいところも、叔父を慕い続けている。疑惑の影という感じはない
それが突然、フィラデルフィアから叔父を追ってきた刑事2人によってこの話はインターセプトされ、姪は慕うどころではなくなる。
ここが凄く残念だった。心情的には信から疑へ、頭の良い姪チャーリーが少しづつ気が付き疑惑を深めていく構成であってほしかった。
それも普通過ぎるといえば普通過ぎるが、そうでなくても刑事が介入してくるカードはラストまで取っておいてほしかった
なぜなら叔父が犯罪者であることは観客側には周知であったのだから、黒だということを突然告げられても姪が受けたようなショックは無いのだ
ここで登場人物が少し遠くなった。気持ちのシンクロができないので、一歩引いて眺めるしかできない
なにをやったか、の部分だけかな。ああ、銀行に来た未亡人にお世辞をつかっていたのもその伏線か、とは思ったけれどそこは肝ではないな
サスペンスとしてはちょっと惜しい造り
うまシネマさん [ブルーレイ(吹替)] 4点(2019-08-21 04:04:34)
48.叔父が姪に新聞で家を作ってみせたが、あれは小さい子でも全然おもんないやろ。
ケンジさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2017-12-27 13:41:23)
47.《ネタバレ》 ヒッチコックの得意なパターン。一緒にいる男性が実は?って演出は「断崖」でも見られた得意なサスペンス。でもこの映画、ヒッチコックが一番好きな映画という話もあるけど、「映画術」という本によれば、そういうわけではないとヒッチ自身が言ってる。ただ一緒に組んだ脚本家のワイルダーの才能にはすごく惚れ込んだと言ってる。確かにこの映画は女性が実に魅力たっぷりに描かれている。ホンがしっかりしてたんだろうね。彼氏の刑事が意外に出番がないのは、残念。ヒッチコックはこの主人公の女性は、生涯この哀れな犯人を愛しているだろうなんて言っている。観客の自分としては、刑事とうまくやるのかなぁなんて思ってたので、この発言は意外だった。
トントさん [ビデオ(字幕)] 7点(2017-08-20 00:31:43)
46.《ネタバレ》 ファーストシーンが面白い。

ホテルで眠っていたある男。

起き上り、しばらくしてコップを投げ割る。

何かに苛立っているようだ。

そこから逃げるように外に出る男。後ろから男を追う二人の影・・・最初にこの男が「訳有り」という事を印象付ける見事な出だしだった。



そこから別の画面は家に移る。

その家こそ男が叔父として関係を持っていた家なのだ。

ヒロインは叔父に憧れを持った少女。

叔父も彼女に少し気があるようだが、叔父は何かを隠している様子だ。何処か影があるような・・・。

そして叔父を追う謎の男二人。


日常に潜む奇妙な光景や人間の狂気を描くヒッチコックだが、今回は登場人物の心理描写が徹底している。

羨望の眼差しが疑惑に変わる瞬間、叔父の狂気の影の一面を覗かせる瞬間、追手二人の真相を知る瞬間・・・階段が印象的だった。

シンプルでよく出来たストーリーだが、やはり何かもうひと押し欲しくなる。

ヒッチコックは既に「レベッカ」「海外特派員」「知りすぎていた男」を観てきたが、ラストの列車での“対決”に前者ほどのインパクトは感じられなかった。

それでもよくまとまった締めくくり。

普通によく出来た秀作。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 8点(2014-01-22 00:21:50)
45.《ネタバレ》 ヒッチコックの作品にしては、映像による怖さを煽る画や、巻き込まれていくストーリーの怖さがない、心理的な怖さをあらわした作品だが、何か物足りないですね。やはり、後世の映画を観なれてしまったせいか。綺麗な作品だけに、自分の感性が残念。
minさん [DVD(字幕)] 6点(2013-11-03 21:03:57)
44.心理劇としてのサスペンス感は見応えがあるのだが、どうも結末が好きでないし、警察は何をやっているのだという思いが強い。したがって後半大幅に減点。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 5点(2012-03-23 19:17:23)
43.叔父は何時本性を剥き出しにするのか、姪の命運は。そこそこハラハラさせられました。ヒッチコック作品であったと本サイトで知り、納得するやら物足りなさを感じるやら。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 5点(2012-03-20 14:21:22)
42.ヒッチコックお得意の心理サスペンス。
大好きな叔父に疑惑を抱いたヒロインの苦悩と葛藤が、丁寧に描かれている。
叔父の謎を後半にまで引っ張る流れもいいんだけど、終盤からラストにかけてはもうひと捻り、
もうひと工夫欲しかったところ。それでも安定感のある演出で、
十分に楽しめるサスペンス作品には仕上がっていると思う。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 5点(2011-09-19 04:10:04)
41.《ネタバレ》 叔父への疑惑が生まれそれが増幅していく様はまさにサスペンスという感じ。警察とチャーリーが親しくなりだしてからチャーリーの独りで疑惑を抱え込む感が弱くなってしまって残念。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-04-25 10:20:31)
40.《ネタバレ》 私の年齢からすると骨董品のような作品ですが、脚本や演技力、映像がしっかりしているおかげで、楽しめました。平和なムードから恐怖の日常への変化が秀逸。終盤の叔父が正体を現してからはサスペンス要素がいっきに強くなりましたね。クリスティーナ・リッチの子役時代を思わせるアンのキャラも結構、好きですね。叔父の死に方は結構あっさりしており、電車から落ちてしまうあたりを丁寧に描いて欲しかったです。アルフレッド・ヒッチコックの入門にはオススメします。
マーク・ハントさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-04-05 04:21:14)
39.《ネタバレ》 ヒッチコック作品でもお気に入りの一本。巻き込まれ型とは逆の、平穏な日常に恐怖が忍び込むプロットですから、「平穏な日常」がうまく描けていないと意味がありません。人物・風景など、いかにもアメリカの田舎町という感じがよく出ていました。あと、人物のキャラクターがいい。あれこれ説明をせず、当人の言動で人物像を理解させる手腕がみごとです。重要な脇役である幼い妹弟も、しっかりと描かれています。演出では、最初にジョセフ・コットンとテレサ・ライトを紹介するところで同じ手順を踏むなど、細かいところが面白い。他に印象に残っているのは、図書館で新聞を読んだチャーリーからカメラが離れていく場面。階段の下からジョセフ・コットンを見上げるテレサ・ライトのショットも絶品でした。ヒッチコックは、階段の使い方が実にうまいですね。チャーリー叔父の動機など、ふくらませればまた違った映画ができそうですが、あくまで背景にとどめているところが、この監督らしいです。欠点は、音楽がうるさいことでしょうか。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2011-03-28 22:10:11)
38.《ネタバレ》 ワルツの場面から一転、乱雑な裏町の様子が映し出される。陰鬱な顔で葉巻をくわえベッドに横たわる男。床にはお金が散らばる。大家が来て、知人が訪ねて来たという。誰にも住所は教えてないのに。刑事と察した男は窓から刑事を見てつぶやく。「証拠は何も無いはずだ」掴みはOK。観客の興味を引く術を心得ている。◆娘チャーリーに共感する立場からすれば、恐怖は十分感じられる。叔父のことを敬愛するが故に疑惑を持ち、殺人犯と判明し、誰にも打ち明けられず、自分の命も狙われる。殺人犯と共に暮らす恐怖とやるせなさ。図書館に走るシーンでハラハラさえるのはさすがだ。一方犯人に共感する立場に立てば、解せない事が多い。殺人の新聞記事を不自然に隠し、疑惑を招く。証拠となる指輪を不用意にプレゼントし、取り返した後も処理しない。目が悪いとか捨てようがないという伏線が欲しい。娘殺害のための階段の細工や排気ガスの充満した車庫に閉じ込めるトリックも稚拙。最後の無計画で衝動的な殺害アクションと墓穴は平凡。それに冷静に考えれば指輪は決定的な証拠とはなりえない。娘を殺す動機が薄い。犯人の心の闇が十分に描けていないと思う。未亡人に対する悪意を吐露したり、冒頭シーンで精神的に疲弊した様子を見せるくらい。世間の荒波に揉まれたシーンや未亡人殺害シーンを省いているので、人間像が分りづらいのだ。観客に犯人と分った時点で、犯行シーンを挿入すれば良かったと思う。◆犯罪心理サスペンスにしては、展開がスマートすぎる。もう少しひつこさ、あくどさが欲しい。特に未亡人殺しの詳細が不明のままなのが不満。叔父が殺人者であることが重要で詳細の提示は不要と考えたのだろう。だが警察は叔父を追ってくる。手がかりは無いらしいが、彼が容疑者なのはどういう理由でか?写真を目撃者に見せると言っていたがどうなったか?東部で犯人と疑われた男が飛行機のプロペラに飛び込ん死んだ。それで事件解決では、あまりにもなおざりすぎる。そして突然の刑事の娘へのプロポーズ。取ってつけた恋愛パートは完全に失敗している。◆サブキャラがだれも丁寧に描かれていて賞賛に値する。二人の子供は言うまでもない。推理小説マニアで少しぼんやりした隣人などは魅力的だ。息抜きにはうってつけの存在。娘の同級生だった酒場のウエイトレスも印象的だ。彼女は娘の身近にある影の部分の象徴だ。
よしのぶさん [DVD(字幕)] 7点(2011-02-14 05:24:41)
37.最初の高揚感から一気に不審、不安、嫌悪になっていく。。。その過程もとても楽しめました。すべての登場人物にしっかりとしたキャラが与えられているのですね、絶品です。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-12-16 23:06:51)
36.ヒッチコック監督の中では印象的な部分が少ない作品でした。ヒロインもレベッカのヒロインを思わせる演技でしたが、少し物足りない気がします。 トランプのシーンは秀逸でしたが。
色鉛筆さん [DVD(字幕)] 5点(2010-08-18 22:27:30)
35.《ネタバレ》 良い人が多かったこの時代では、とても怖い作品だったのでしょうね。
毎日のように殺人やらコワイ事件が続くこの時代、こんな位じゃ怖くないなぁと気がついた。
ちょっとやそっとじゃ怖がらない自分の感覚が、悲しくなりました。

いい人いっぱいの社会になって、この作品に恐怖を感じられるようになりたいです。
たんぽぽさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-12-06 21:02:58)(良:1票)
34.《ネタバレ》 やっとこの頃ヒッチコックものをいくつか観るようになった程度なのであまり比較はできませんが、すごくよくできた内容だと思いますね。 実は最初から余裕が無くて 指輪や新聞記事もすでに精神的に追い込まれていて、…とか、最後の列車の場面も やっぱり可愛い姪っ子には…的な気持があって…って、ものすごくプラスに考えすぎかな?  この独特なスリリングさがいい映画でアリマシタ
Kanameさん [DVD(字幕)] 8点(2009-11-10 10:30:47)
33.《ネタバレ》 コイツ犯人かな?どうかな?…と思わせるヒッチコックの典型的な作品。でも、殺した女のイニシャルが彫ってある指輪を姪にプレゼントする奴がどこにいる?!ってツッコミ入れてしまった。 姪に渡すまで本人は気づかなかったなんて絶対に不自然だと思う。
クロエさん [DVD(字幕)] 6点(2009-07-24 19:29:10)
32.《ネタバレ》 いい人だと思っていた伯父だが、ひょっとしたらこの伯父にはとんでもない秘密が有るのではないか・・・?その疑惑が同居する姪の中で日に日に大きくなる。そして徐々に本性をあらわし始める伯父。その2人の心理戦を描いた良質の心理サスペンスだと思います。清純で可憐なイメージのテレサ・ライトが誰にも打ち明けられず、少しずつ精神的に追い詰められていき、ジョセフ・コットン演じる伯父が少しずつ精神的に追い詰めていく様の描写がさすがヒッチコックと思わせる怖さがあります。本当はもう少し高得点を付けたい作品ですが、走る列車内でのラストがあまりにもあっけなかったのが残念でした。
とらやさん [DVD(字幕)] 7点(2008-12-27 20:52:22)
31.やはりもうひとひねりほしかったというのが正直な感想。
東部の男の死を語る2人、実は小説の話だった、
というおちかと思ったのに。。。
Skycrawlerさん [DVD(字幕)] 5点(2008-04-20 14:10:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 50人
平均点数 6.46点
000.00%
100.00%
200.00%
312.00%
4714.00%
5714.00%
61122.00%
7918.00%
8918.00%
948.00%
1024.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review3人
2 ストーリー評価 6.16点 Review6人
3 鑑賞後の後味 5.83点 Review6人
4 音楽評価 5.66点 Review3人
5 感泣評価 4.66点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

1943年 16回
脚本賞 候補(ノミネート)(原案賞として)

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS