Menu
 >
 >
 > ミッドナイトイーグル

ミッドナイトイーグル

Midnight Eagle
2007年【日】 上映時間:131分
平均点: / 10(Review 49人) (点数分布表示)
アクションドラマサスペンス小説の映画化
[ミッドナイトイーグル]
新規登録(2007-11-08)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2011-12-30)【イニシャルK】さん
公開開始日(2007-11-23
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督成島出
キャスト大沢たかお(男優)戦場カメラマン・西崎優二
竹内結子(女優)週刊「WISE」記者・有沢慶子
玉木宏(男優)東洋新聞記者・落合信一郎
吉田栄作(男優)三等陸佐・佐伯昭彦(第一次 自衛隊特別編成部隊)
袴田吉彦(男優)内閣危機管理監・冬本利光
坂本爽(男優)週刊「WISE」カメラマン・青木誠
金子さやか(女優)チヘ
波岡一喜(男優)平田俊夫
佐々木勝彦(男優)自衛隊統幕長
橋爪淳(男優)官房副長官・片山晋作
濱田岳(男優)朝倉
浜田晃(男優)陸幕長
相築あきこ(女優)西崎の妻・志津子
大森南朋(男優)三等陸佐・斎藤健介(第二次 自衛隊特別編成部隊)
石黒賢(男優)週刊「WISE」編集長・宮田忠夫
藤竜也(男優)内閣総理大臣・渡良瀬隆文
原作高嶋哲夫「ミッドナイトイーグル」
脚本長谷川康夫
飯田健三郎
音楽小林武史
作曲小林武史「はるまついぶき」
撮影山本英夫〔撮影〕
製作早河洋
松竹(「ミッドナイトイーグル」フィルムパートナーズ)
朝日放送(「ミッドナイトイーグル」フィルムパートナーズ)
テレビ朝日(「ミッドナイトイーグル」フィルムパートナーズ)
IMAGICA(「ミッドナイトイーグル」フィルムパートナーズ)
ジェネオンエンタテインメント(「ミッドナイトイーグル」フィルムパートナーズ)
企画遠谷信幸
配給松竹
特撮松本肇(視覚効果)
美術及川一
録音小野寺修
照明小野晃
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
49.《ネタバレ》 洋画「エンド オブ ホワイトハウス」では北朝鮮をあからさまに、かつ酷く悪し様に描いていますが、本作は北朝鮮の存在を仄めかしているだけで、アメリカほど酷い描かれ方はされていないのがとても評価できます。核で脅し続けるアメリカに対し、ステルス爆撃機に爆弾を仕掛けて落とした工作員の言い分も故国と家族を守ろうとした為であり、それなりの正当性があるように思います。最後、登場人物の一人がチヘにお菓子をあげるシーンがありますが、日本と北朝鮮が本当に和解できる可能性があるという意味かもしれない。核という人類が生み出した史上最悪の兵器がこの世にある限り、この話がフィクションでなくなる日が来るかもしれない。
哀しみの王さん [DVD(邦画)] 10点(2015-06-07 20:58:49)
48.《ネタバレ》 一見し、誰もがいろいろな映画を想起するだろう。ホワイトアウトとクリフハンガーとダイハードとアルマゲドンを足して20で割ったような作品という感じだった。こうした謀略もの(ですよね?)は、ある程度無理のあるストーリーになってしまうのは仕方ないんだけれども、それに整合性をつける努力をした形跡も、勢いで押し切ろうとした情熱も見当たらない。多分撮りたくて撮った映画ではないのだろう。
ラスト「ナパーム弾使ってください」のところが泣き所なんだろうけど、そこで思わず失笑してしまったところで個人的にはおしまい。突如として今の日本国の問題(のようなもの)を立て板に水で喋る竹内結子の内心やいかに。撮影そのものは大変だったと思われるのでご苦労様でした。
カツルギさん [映画館(邦画)] 3点(2014-05-05 16:37:06)
47.《ネタバレ》 無理があります。”無理も通せば道理が引っ込む!”って勢いも感じられず、ただただ残念な感じですね。
ろにまささん [映画館(邦画)] 2点(2012-02-28 17:39:02)
46.《ネタバレ》 ステルス機の墜落現場へ取材に行くカメラマンが、ステルス機を墜落させた工作員と絡む女性の義兄である奇跡的偶然。爆弾が起爆したら大惨事になることが分かっているのに少数の部隊しか派兵しない行政&自衛隊の怠慢と、援軍を強引に追い返す自衛隊員の不可解。東京でも山岳でも戦闘訓練を積んだ特殊部隊を相手に、民間人が互角以上に渡り合う大健闘。米軍のステルス機に搭載された兵器を廻っての攻防であっても、米軍関係者が誰一人出てこない脚本の手抜き。日本海にいた米軍潜水艦から発射されたトマホークで焼き払って事態を収める勘違いも甚だしい潔さ。それぞれ1点ずつ減点するだけでマイナス点になる。原作は未読ですが、本作のベースであれば上記の難癖(?)にもそれなりに理由を付けていると思うのだが…。ドラマを成立させるための「繋ぎ」的要素を端折って不可解を累積させ、登場人物の心情にまで思案が及ばない作品の好例。総理の溜めの演技などで「大作」を演出する前に、平衡感覚を大切にして欲しいものです。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2010-11-03 21:07:58)(良:1票)
45.《ネタバレ》 期待していただけに幼稚な出来栄えにがっかり。
特に、脚本・演出・編集は酷過ぎる。
物語の導入部分は、やっぱり工作員が基地に忍び込むところから見せるべき。勿論緊迫感をたもちつつ。それをいきなり西崎のトラウマから見せられてもね。逆にこういう回想は物語の中盤以降にもってくるべき。どうでもいいことはすぐ種明かし、逆に重要な事は放置したままで、監督は観客の立場になって構成できていない。クリエイターとしてはどうかと思うよ。当然ながらそこにリアリティーのかけらも無い。
タイトルをステルスの通称にしているのも意味不明だし、何が言いたかったのはさっぱり。
シネマブルクさん [DVD(字幕)] 2点(2010-03-17 10:59:19)
44.《ネタバレ》  「のだめカンタービレ」の後に玉木宏が出た映画ということで見た。映画全般に対する感想は他に譲る。あり得る話なのか、それとも荒唐無稽な話なのかさえ解らなかった。

 ここで玉木は、大沢たかおの演じる主人公の高校時代の後輩「落合」を演じる。ビジュアルは「星ひとつの夜」の「岩崎大樹」で20代の美しさの頂点と言って良い頃だが、全く印象に残らない。美貌も際だたない。最後は“え、そこで死んじゃうの!”と思った。
 今すぐ下山するという西崎に対し、スクープを追いかけたい落合が、「ハイハイハイ。解りました。それじゃあ一人で行って遭難して死んじゃいますからね。いいんですね。」と言い「勝手にしろ。」と返されるやりとりは、落合が西崎の落としどころを心得ていて、二人が気心の知れた仲ということが伝わる楽しい場面のはずだが、もうひとつ面白くない。缶切りなしで桃缶を開けようとする場面も同じだ。
 一方、雪崩に埋まった後で、自分の過去を語って、「ジャーナリストが笑っちゃいますよね。また逃げて帰るんだ。俺にはお似合いですけどね。」と命を救ってくれたロープを捌きながら言うせりふも、インパクトは薄い。甘えてすねているのか、本当に自分を情けないと思っての言葉なのか。後者だからこそ死ぬ間際の「おれ、引き返さなかったですよね、今度は。」が生きてくると思うのだが、それがはっきりしない。
 ただ、それで決意を変えた西崎から「早く食え!」とビスケット?を渡されてうれしそうに食べるシーンは良かった。この人は、ホント、ものを食べるシーンが良い。
TAMAKISTさん [DVD(邦画)] 2点(2009-12-31 10:48:29)
43. なんだかあんまり評判良くようですが、私は楽しめました。いつもカッコつけすぎであまり好きでない吉田栄作も、今回は渋い良い役でした。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2009-12-13 18:32:43)
42.《ネタバレ》  2回目で、おそらく0点になるなと予期してたんですが、前回見たときよりは多少なりとも理解できる登場人物が何人かできたので。
佐伯三等陸佐いいですね。悲惨な戦争写真を見て日本をこんな風にしたくないという動機で自衛隊で頑張ってる姿には深く共感できました。
 あと、落合も左遷された原因が核兵器の持込に関する取材が原因だということが理解できれば、彼の行動も一本筋が通ったものだと納得できました。
褒めれるのはここまで あとはもう……
特に最悪なのが、有沢と雑誌社一同。
アメリカ軍基地を襲った北朝鮮の工作員が潜入してるらしいから、取材に行く。
まあ、ここまではぎりぎりありかなと。
だけど、はっきり工作員と判明し、しかも銃を持っている。
もう、この段階で普通警察に通報するのが普通でしょう。
ところが何故か隠す、警察に知らすのを極力遅らせようとする。
訳わかりません。もちろんネットウヨ的に反日的なんて言葉を振りかざすつもりは毛頭ありません。
 しかしながら、明らかに国の利益に反する恐れのある、犯罪行為ぎりぎりの行動をとるなら、なぜ彼らがそういう行動をとるのか描写しないと説得力ありません。ところが全く描かれてません。
例えば有沢なり編集長なりの過去に、国家とのなんらかの軋轢があったとかの背景があれば、それなりのリアリティも出るのですが、そんなもの全くなさそうです。(編集長は公安とのつながりさえ口にしてるし)
 出てくる動機は、単にスクープが取りたいから、ただ単にそれだけのために違法行為を行うって、リアリティのかけらも感じませんでした。
全く雑誌パートはいらいらして、よほど早送りにしようかとも感じたくらいで
(コード番号を入手できたのはご都合主義の偶然です)
かなり批判をしてしまいましたが、突っ込みながら見るにはなかなか楽しい映画ですよ。
特に、「トマホーク」発射と厳かに米軍に命令するわが日本国の総理大臣の姿には、毎回大爆笑せずにはいられません。いつから、日本の総理大臣ってそんなに偉くなったんかと
rhforeverさん [DVD(邦画)] 2点(2009-12-07 14:22:15)
41.《ネタバレ》 敵の工作員の多さは一体なんだ? 日本は自衛隊が全滅させられてなぜ増援をすぐに送らないの? 増援が送れないほどのひどい天候という設定であるのならその中で活動する敵の工作員はちょっと凄すぎる。爆弾解除からトマホークまでが長すぎてあくびがでました。
pokobunさん [DVD(邦画)] 4点(2009-09-22 10:37:43)
40.《ネタバレ》 雪山、ミリタリー、サスペンス、アクションと自分が好きな要素が満載でしたが、そこに家族愛が変に混じったことで、全体の面白さを低下させてる感じがした。一国の運命を左右させるほどの重大事なのに、「吹雪なのでヘリが下りられない、後はよろしく」とかありえないと思った。空から援護したら良いんじゃないの?自衛隊は弱いし、人数少ないし、北朝鮮は異様に強いし、全体として現実味を感じなかった。
キッドさん [DVD(邦画)] 4点(2009-06-23 19:57:58)
39.撮影が大変だったことは察しがつきます。ただ出演者の気迫が空回りしてると思いますね。似たような話をもう何回も観たような気がします。いまいち狭いところで(本当は壮大なテーマだが)チマチマしたことやってるなぁ。。。くらいの印象しか残りませんでした。惜しいですね。
たかちゃんさん [DVD(邦画)] 3点(2009-04-13 15:31:43)
38.《ネタバレ》 テレビで見たのですが、翌週に放映する「ザロック」と設定は似ているような気が。
でも、敵もあいまいで動機がよく分からない。
踏み込みたくないなら、安易に政治的な色をつけなければいいのではないでしょうか。
ラストがハッピーエンドではなく、とってつけたようなお涙頂戴なのもダメ。
ハリウッドと比べると気の毒ですが、アクションシーンも寂しい気がしました。
飴おじさんさん [地上波(邦画)] 4点(2009-03-07 23:20:13)
37.夜明けまでなぜ敵が一斉攻撃してこないのか、とか突っ込み所はありますが、最後のほうは盛り上がったかな。
山椒の実さん [地上波(邦画)] 5点(2009-03-03 22:28:08)
36.《ネタバレ》 ローカルの新聞記者や、週刊誌の記者に安易に情報が集まりすぎるし、とにかく御都合主義が目立つけれど、日本のこの手の作品にしては、十分楽しめた。『ホワイトアウト』や『亡国のイージス』よりよかった。主人公の安否を気遣う女性が、なぜか、対策本部的なところに連れて来られていて、主人公の成り行きを見守るという、ハリウッドばりの設定も、そんなに鼻につきはしなかった。まあ、よかったんじゃないかな。
フラミンゴさん [地上波(邦画)] 5点(2009-02-23 16:41:55)
35.《ネタバレ》 壮大なスケールで描くサスペンスアクション超大作!なんだそうですけど、全然壮大さを感じないし、ただただショボいだけですよ。どうやったら手に汗握るアクションになるのか、どうすれば人々が凝視する映像になるか、もっとよく考えてほしいですよね。台詞もなんだかやたら嘘くさいし、リアリティのない脚本だと、どうしても演技も薄っぺらいものに見えてしまいますね。外国でも試写会?をやったそうですけど、こんなんじゃ試写会というより邦画の辱め、羞恥プレイですよ。一日も早く、外国に持っていっても恥ずかしくないクオリティの和製アクション映画が誕生することを願ってやみません、、、。
あろえりーなさん [地上波(邦画)] 4点(2009-02-17 19:25:15)
34.《ネタバレ》 登山の救出か何かの映画だと思って観ていたら、なんだ此れは? 北朝鮮が攻めて来て、元はアメリカが原因でやっぱりヘタレの日本政府という内容が内容なだけに、大ヒットしないように業とレベルを下げてお茶を濁したということか? 「ホワイトアウト」と「亡国のイージス」の匂いがプンプンしたが、本当に脚本家が一緒だったとは。更に監督が「T.R.Y.」「日本沈没(2006)」を手がけているんじゃ3点以上の映画が創れる訳ないわな。何度も何度も何度も書いたが、邦画のレベルの低さの原因は、幾ら駄作を創ってもクビになるどころか評価すらされない甘い体質な点。全く才能の無い奴に何度創らせても駄作しか創れないのだ。ガキの頃、宮崎駿や深作欣二の作品を観て楽しんできているので求めているレベル自体が全然違うのである。ゴジラ等の特撮・「バカヤロー」シリーズ・福井晴敏に関った監督・脚本家は全てクビにすべき。そして新たな天才を発掘するしか邦画に未来は無い。しかしなんというグダグダの戦闘にリアリティーの欠片も無いストーリー展開であろうか。馬鹿すぎて一々指摘はしないが、一番許せないのは相変わらずの自衛隊の弱さ。一個師団が吉田を除いて呆気なく全滅してしまうのである、そうかと思えばたかが吉田と民間人2人に対して一気に攻めてこないし。自衛隊装備のアサルトライフルの利点は狙撃も可能という事だろう、相手は単なるカラシニコフで何で簡単に遣られる? 最後のくさい”お涙頂戴”も実に邦画らしい。良かったのは竹内結子だけ。というかこの駄作に彼女は勿体無い、此れを観てどう思ったか感想を聞きたいものだ。「許さない」も死んで行く者に掛ける言葉では絶対に無いな、原作を読めば真意が分かるのかもしれないが、武士の情けが無いというか私としては絶対にあり得ない。
まさサイトーさん [地上波(吹替)] 2点(2009-02-17 00:08:06)
33.突っ込みどころが積もり積もって出来た映画。このご時世、何をどうしたらあんな銃撃シーンが撮れるのでしょうか。最後に爆破シーンでも見てすっきりしようと思ったらそこもすっぽかされて開いた口が塞がらなくなりました。なんか色んな人達に騙された感じ。
Kの紅茶さん [地上波(邦画)] 2点(2009-02-16 22:35:49)
32.いやーつまんなかった。
ありえへん、ありえへんの連続、見るところは竹内結子と雪山以外なしです。
なんであんなん戦場となった場所で話せんねん。
記者が多い役柄なのに、リアリティはまったくなし
なんやねん。こいつ。
なにがいいたいねん、なにがしたいねん!金かえせや!


この監督は、平和ボケしてる。なんもわかっちゃいない。成島出に出資した人はようわからんわ
よくこんな作品をつくれるもんだ
駄作です。

もっといい映画作れるように頑張ってください。
海外イチゴさん [地上波(邦画)] 1点(2009-02-16 14:37:17)
31.うーん、なかなかありえん展開です。いまいち緊迫感も伝わらず。ちょっとハリウッド映画の二番煎じな感じで、豪華キャストですがいまいちでした。
nojiさん [地上波(邦画)] 4点(2009-02-16 01:28:21)
30.国民にまったく知らされず暗闘が行われているという話や、
雪中の銃撃戦とかはまぁまぁ面白かった気もしたけど、
全体的には地味だしおもしろみがない。
義理の妹が勝手に子供を引き取るというのもよくわからない、そんなことできるの?
長尺なのにその辺の説明はおざなり。
結局最後はお涙頂戴だし、もういいよ。
さん [地上波(邦画)] 5点(2009-02-15 23:33:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 49人
平均点数 4.00点
000.00%
136.12%
2714.29%
3918.37%
41122.45%
51326.53%
624.08%
736.12%
800.00%
900.00%
1012.04%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review6人
2 ストーリー評価 4.33点 Review9人
3 鑑賞後の後味 4.60点 Review10人
4 音楽評価 6.75点 Review8人
5 感泣評価 4.44点 Review9人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS