ガチ☆ボーイのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > ガチ☆ボーイ
 > (レビュー・クチコミ)

ガチ☆ボーイ

[ガチボーイ]
2008年【日】 上映時間:120分
平均点:6.89 / 10(Review 54人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-03-01)
ドラマコメディスポーツものスポコンもの青春もの
新規登録(2008-02-22)【尻軽娘♪】さん
タイトル情報更新(2019-10-08)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督小泉徳宏
助監督川村直紀(監督補)
キャスト佐藤隆太(男優)マリリン仮面(五十嵐良一)
サエコ(女優)朝岡麻子
泉谷しげる(男優)五十嵐恒夫
仲里依紗(女優)五十嵐茜
宮川大輔(男優)チョチョチョッピ君島(君島良伸)
向井理(男優)奥寺千尋
脚本西田征史
音楽佐藤直紀
製作亀山千広
阿部秀司〔製作〕
島谷能成
東宝
ROBOT
フジテレビ
制作ROBOT(制作プロダクション)
配給東宝
美術龍田哲児(装飾)
あらすじ
大学在学中に司法試験合格も夢ではないと言われる秀才、五十嵐は、学園祭で見た学生プロレスが忘れられず、プロレス研究会の門を叩く。「マリリン仮面」というリングネームをもらい、大切な事は何でもメモする真面目な五十嵐だったが、肝心の「段取り」を覚えられず、ガチンコの試合をしてしまう。しかし、それが客に大ウケ。五十嵐の人気でプロレス研究会は活気付く。しかし、五十嵐が段取りを覚えられないのには理由があった。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
54.頭脳と肉体。繰り返し練習により体は覚えるのだろうか。障害を乗り越えるという悲壮感はなく、学生サークルの押し付けがましくない、仲間をユルく支える雰囲気が爽やかでよかった。全体的にちょっと古臭い感じが自分の学生時代を思いださせるのも何とも言えない趣がある。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-03-24 10:22:36)
53.逞しさが足りない主人公をはじめ、現実感のない設定とストーリーでしたが、コメディながらもキャスト陣のリアル感のある演技は良かったし、笑えて泣ける妙に余韻の残る映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2014-12-24 22:13:07)
52.素直に面白い、と言える映画。
設定はちょっと都合良いいしコメディタッチだったりするけど、所々で泣ける。
後に何か残るようなものではないけど、エンターテイメントとしてこういうのもあり。
simpleさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-12-20 15:44:30)
51.青春ノリは嫌いじゃないし、学生プロレスという素材もいい。でも記憶を扱うにはあまりにも脚本が粗すぎて気になった。障害を絡めない方が面白くできたんじゃないか。
nojiさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-12-17 20:49:34)
50.映画のジャケットだけ見るととってもくだらない良くある映画と思うけど
なかなか考えさせられる映画。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 7点(2014-08-13 22:32:16)
49.記憶を失う男という重くなりがちな題材を、プロレス研究会という設定でポップに仕上げている。
ただ、映画館で観るほどのものではなかったか。
飛鳥さん [映画館(邦画)] 5点(2012-12-15 00:11:42)
48.《ネタバレ》 事故後の記憶を明日に持ち越せないオトコの青春奮闘記。
(記憶を)積めないオトコの最後のドロップキックは高く、高く、それまで肉体に積み上げられ、昇華された素晴らしいモノでした。
またチャットモンチーの歌もイイんだ、これがまた!
なんかいかにも映画的な話ですが、この障害は実際にもあるんですってね。
その紹介をテレビで見たとき、周りの人の大変さ、本人の孤独感は尋常じゃなく、世界から取り残されたような気持ちになるそうです。
劇中にもありましたが、サエコさんへの告白のシーン、あんなに切なくて残酷なことってありますかね!?
端的ですがこの障害の恐ろしさをよく表した素晴らしい脚本だと思いました。
ろにまささん [DVD(邦画)] 7点(2012-09-05 04:07:51)
47.《ネタバレ》 プロレス研究会の仲間達との出会い、必死に覚えたプロレス技も、次の日には全て忘れてしまう…。なんという絶望的なことだろう。それでも前を見て笑って過ごす主人公、支えてくれる家族や仲間の姿に胸が熱くなりました。「俺、なんでこんな大事なことメモしてなかったんだろう」のシーンは泣けます。そして最後の試合の盛り上がり方は尋常じゃないです。号泣してしまいました。
nyarameroさん [DVD(邦画)] 9点(2012-04-27 18:17:21)
46.かつて、ビートたけしが「「笑わせる」と「笑われる」では天と地ほども違う」と言ったことがある。
この映画の主人公は明らかに「笑われる」レベル。
でも、「学生プロレス」の「学生」だからいいのか?
自分は「プロレス」だから許せない。
学生プロレスだって、4年間で積み上げられるものがあるだろう。
何も積み上げていない主人公には、感情移入できない。
まかださん [DVD(邦画)] 2点(2011-05-21 17:29:04)(良:1票)
45.《ネタバレ》 泣けました。泣いてしまいました。〝明日の僕へ〟のノートが映る度。〝日記を見ろ!〟〝テーブルの上!〟という しつこ過ぎるくらいの張り紙が映ってしまう度。彼がたんびメモをとる姿に、たんび写真を撮ってる姿に。試合中、決してギブアップをしなかった痛々しさに、そして彼が時折見せる沈痛な哀しみの表情に。たかが、おちゃらけプロレス仲間の宴会コメディなんかな なんて思っていたらば、途轍もなくえらい目に遭ってしまった。自分からしてみれば、全く予期せぬ時におきてしまった出合い頭の事故だった。 父親や妹に対する こんな自分で申し訳ないです という思い。でも決して後ろ向きではない。すごくポジティブに見てとれるその生き方。 彼がプロレスをやり続けていたいという思いと理屈。痛いほどに伝わってきました。泣ける。 きっと寝る時恐いんだろう けども寝なけりゃ明日を迎えられない。人並みに過ごして行く為、彼は恐さを承知で毎晩眠りにつくのだろう という私なりの勝手な推測。 そして話の八分目ほどに訪れた底知れない哀しさだったバス告白のシーンと 散々痛めつけられながらも しつこく気力だけで起き上がってくるリング上でのあのシーン。 もう自分にとっては、役者がどうだこうだとか試合がどうのこうので感動したとかではなくって、運悪く不幸を背負ってしまった気の毒な青年に対する 単に、ツライだろうな かわいそうだな といった単純な思いにもう涙が止まらなかった 悲しかった。明るいエンディングに多少、心落ち着けることができた 救われた?
3737さん [CS・衛星(邦画)] 9点(2011-05-10 22:32:22)(良:1票)
44.《ネタバレ》 障害を使ってのお涙頂戴はどうかと思うが、なんだかんだで乗せられてしまって、当日朝の嫌な予感から「急げ里依紗」で流れが出来て、いよいよ本番。これも結構楽しめた。練習してきた技が決まると気持ちがいいし、練習に明け暮れた日々を思い出してプロレス研究会の皆がさらに好きになってくる。最後のドロップ・キックは最高。もう一つ言うと結局は負けたのも良かった。シーラカンズ(ダサい名前…)だって日々の努力によってあれだけの肉体や技がある。ガリガリ君が勝っちゃうとガチの看板に傷が付く気がしてた。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2011-04-20 21:10:55)
43.渾身のドロップキックは胸を熱くするが、コルバタに度肝抜かれた。シーラカンズの勝利のポーズとウルフルズ「暴れだす」の挿入が良かった。まあ、ツッコミどころはいろいろあるが、ラストは単純に熱くなれる作品。
きーとんさん [DVD(邦画)] 6点(2010-08-17 22:48:07)
42.《ネタバレ》 瀬川亮さんって元ラガーマンなんですね いい身体です 記憶障害系の映画があまりにも多すぎるような 佐藤さんと向いさんの身体を張ったプロレスシーンに+1点
マーガレット81さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2010-05-13 18:24:45)
41.《ネタバレ》  笑いの中に涙あり、と感じで見せようとしているのでしょう。けれど、まったく悲しみのリアルさが感じられず、最後まで乗り切れないまま終わってしまいました。見せ場は一応あったような気もしますが。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2010-03-30 21:40:53)
40.細かいツッコミどころはあるものの、素直に熱くなれる映画でした。
Kさん [DVD(邦画)] 7点(2009-12-20 18:50:23)
39.《ネタバレ》 毎朝、日記を読んで我が身に起こっていることを知る。もし自分が同じ立場になったら、その事象を受け入れるだけで1日が終わる。そうなったら、翌日も同じことを繰り返すはず。時間は止まる。彼がプロレスに対する愛着から一歩を踏み出したとしたらそれは凄いことだけど、ゼロの記憶力を日記の記述で補うには限界があるはず。こんな病気が本当にあるかどうかは知らないが、どうもこの映画は障害の本質を曖昧に流しながら都合よくストーリーを作っている気がしてならない。観賞後に彼の毎日と将来をかなり真剣に考えたんだけど、明るい要素が見つからなかった。映画自体の口当たりは悪くないけど、これには感動なんて出来ない。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2009-12-10 21:46:10)(良:2票)
38.前半、つまらんつまらんと思って見てたら中盤であることが明らかにされて一旦はドラマに吸い寄せられかけたのだが、この明らかにされたところの特殊な設定というのが、単にドラマを盛り上げるためだけに安易に用意されたものでしかないことに愕然とした。というか明らかにされて意向はこの設定自体が主役と化している。要するにプロレス同好会を通して青春を謳歌する若者の物語の中で主人公に課せられた過酷なハンデキャップが逆に青春を眩いものとする、というのではなく、過酷なハンデキャップを持つ若者の感動物語をプロレス同好会を舞台に繰り広げている作品なのだ。いっしょだろ!と思う人もいるだろうけど私の説明が下手なだけで全然違うんです。学生の集まり特有のアホらしい笑いがいい感じであっただけに、感動ありきのこの作りにがっかりでした。でもここのレビューの傾向を見ると高評価の中でも映画館で見た人の評価がさらに高いようなのでテレビ画面では伝わりにくい盛り上がりがスクリーンにはあったのかもしれません。
R&Aさん [DVD(邦画)] 3点(2009-11-24 15:12:33)
37.コンスタントに映画を観ていると,こういったベタで単細胞な映画がたまに混ざるのは,ありがたいことなんですよね.格闘技を題材にした過去の映画のあるシーンを思い浮かばせる演出が所々にあったりして,監督さんはその手の映画が好きなんだろうなぁと想像されます.ただ,ここまでど真ん中直球で展開させるのであれば,最後の勝負も「勝って」万歳で問題なかったと思いますよ.そして,適役が「君こそチャンピオンだ!」くらい言ってもらいたかったです・・・ベタすぎ?
マー君さん [DVD(邦画)] 7点(2009-11-07 16:54:27)
36.《ネタバレ》  この監督の前作「タイヨウのうた」がよかったので、今回も期待しました。この監督の作品は良くも悪くも、映画の教科書通りの作りで安心できるんです。ピッタリ開始1時間で、ハイライトのドロップキックの布石を投げかけたりと、構成は「タイヨウのうた」と全く同じです。
 でも、笑いのセンスだけは教科書に書いてないんでしょう。
 冒頭から1時間、全く笑えないギャグのオンパレードは、私には拷問のように感じました。それが後半から、企画そのものが変わったかのように感動もの(?)になるんです。
 最後のドロップキックは80年代に大ヒットした「ベストキッド」そのまんま。負けた選手への大喝采は「ロッキー」そのまんま。
 ジャンルを問わず沢山観続けてきた大人の私には退屈極まりない映画でしたが、正直、昔の映画を知らない高校生以下の客を対象にしているのだと思います。
クロエさん [DVD(邦画)] 4点(2009-09-07 17:57:42)
35.サエコの巨乳、老け顔、アニ声にすっかり引いてしまって作品に集中できませんでした。それに寝なければOK、うたた寝はアウトって病気ってそう言うものなんですか?しかも役者全員のこの凄まじい大根ぶりは一体何なんでしょうか?全員に0点(演出だと信じたい)。後半20分は素直に感動したのでそこ「のみ」に7点。間をとって3点てところでしょうか。せっかくの良作が本当に勿体無い。役者を入れ替えてもう一回撮り直して欲しい。
Kの紅茶さん [DVD(邦画)] 3点(2009-09-03 17:13:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 54人
平均点数 6.89点
000.00%
100.00%
211.85%
323.70%
435.56%
559.26%
659.26%
71935.19%
81120.37%
947.41%
1047.41%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.62点 Review8人
2 ストーリー評価 7.36点 Review11人
3 鑑賞後の後味 7.54点 Review11人
4 音楽評価 7.12点 Review8人
5 感泣評価 7.55点 Review9人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS