Menu
 >
 >
 > ハート・オブ・ウーマン

ハート・オブ・ウーマン

What Women Want
2000年【米】 上映時間:127分
平均点: / 10(Review 114人) (点数分布表示)
コメディファンタジーロマンス
[ハートオブウーマン]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-05-23)【イニシャルK】さん
公開開始日(2001-01-27
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ナンシー・マイヤーズ
助監督ブルース・A・ブロック(第二班監督)
K・C・コーウェル
キャストメル・ギブソン(男優)ニック・マーシャル
ヘレン・ハント〔1963年生〕(女優)ダーシー・マグワイア
マリサ・トメイ(女優)ローラ
アラン・アルダ(男優)ダン
アシュレイ・ジョンソン(女優)アレックス・マーシャル
マーク・フォイアスタイン(男優)モーガン
ローレン・ホリー(女優)ジジ
ヴァレリー・ペリン(女優)マーゴ
エリック・バルフォー(男優)キャメロン
ロレッタ・ディヴァイン(女優)フロー
ジュディ・グリア(女優)エリン
ベット・ミドラー(女優)(ノンクレジット)
ローガン・ラーマン(男優)
安原義人ニック・マーシャル(日本語吹き替え版【DVD】)
深見梨加ダーシー・マグワイア(日本語吹き替え版【DVD】)
三石琴乃ローラ(日本語吹き替え版【DVD】)
藤原啓治モーガン・ファレル(日本語吹き替え版【DVD】)
こおろぎさとみエリン(日本語吹き替え版【DVD】)
小島幸子アレックス・マーシャル(日本語吹き替え版【DVD】)
磯部勉ニック・マーシャル(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
勝生真沙子ダーシー・マグワイア(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
山像かおりジジ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
朴璐美ローラ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
かないみかアレックス・マーシャル(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
納谷六朗ダン・ワナメイカー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小宮和枝パーキンス先生(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
幸田直子イヴ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
一龍斎貞友マーゴ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
高田由美エリン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小森創介モーガン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
音楽アラン・シルヴェストリ
編曲コンラッド・ポープ
クリス・ボードマン
ウィリアム・ロス〔編曲〕
撮影ディーン・カンディ
製作ナンシー・マイヤーズ
マット・ウィリアムズ
ブルース・デイヴィ
パラマウント・ピクチャーズ
ブルース・A・ブロック(共同製作)
配給東宝東和
ギャガ・コミュニケーションズ
美術ジョン・ハットマン(プロダクション・デザイン)
トニー・ファニング(美術監督)
ブルース・A・ブロック(ストーリーボード)
ガーソン・ユー(タイトル・デザイン〔ノンクレジット〕)
衣装エレン・マイロニック
録音デイヴィッド・マクミラン[録音]
ボブ・ビーマー
スコット・ミラン
その他アラン・シルヴェストリ(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
114.《ネタバレ》 ナンシーマイヤーズの映画は、本当にいつも何か足りないというか残念なんですが、この映画もまさにそれ。
途中まではかなり面白そうだし(ナンシーマイヤーズにしては)コメディシーンもキレッキレなんですよ。
牝犬の気持ちまで読めちゃって、これはシチュエーションコメディとしてどんだけ面白くなるんだろう?と期待させるんです。

ところが、結局はナンシーマイヤーズクオリティ。

「女性の考えてる事が全部わかる」という超絶怒涛のいくらでも面白くできるシチュエーションのはずなのに、途中からそれがどこかへ行っちゃうんです。
「女性の考えてる事が全部わかる」というすごい能力がストーリー上どっかへいっちゃうんですね。どうでもよくなっちゃうわけです。
え、それものすごくすごい事だよね??ありえないくらいすごい事なのにどっかいっちゃうんです。

終盤、特に脈絡も必然性もなく唐突にその能力が消えるわけですが、当然そこにも何のカタルシスもないわけです。
「あぁ消えちゃったんだね」ってだけ。
そりゃそうですよね、映画の途中でそんな設定どうでもよくなっちゃてるんだから消えても誰も気にしません。


「女性の考えてる事が全部わかる」ようになったゲス男のシチュエーションラブコメだと思って映画を観てたら、途中から一番大事なはずの「状況(シチュエーション)」をどこかに置き忘れてしまうわけです。

大丈夫か?ナンシーマイヤーズ??
まぁ、毎回そんな感じだからいいんだけど!

その上、個々のエピソードの組み立ても本当に(毎回の事だけど)へたくそで、例えば娘とのエピソード、途中の展開も足りなければ、え、で娘との結論はどうなったの?って感じで結論もはっきりせず、こんな扱いならそもそも娘のエピソード全部いらないじゃん!って中途半端な扱いなわけですよ。
そういうどうでもいい枝葉だけは沢山あるんですけど、それが全部微妙なまま放置されちゃうっていう。

結局は毎度毎度のナンシーマイヤーズクオリティの映画でありました。
惜しいなぁ途中までは本当に面白いんだけどなぁ…
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-11-04 19:53:46)
113.《ネタバレ》  『女性の心の声が聞こえるようになる』という使い古されていそうで、意外と使われていない設定を起用しているのが面白いです。
 ワーキングドラマにホームドラマにラブストーリーが絶妙なバランスで融合しているうえに、アイデアの面白さも手伝って、なかなか面白い作品に仕上がっていますね。
 ただ、ロマコメで2時間超えは、ちょっと長すぎな気がします。どうしても途中で集中力が切れちゃうんですよね。今作は設定からいろいろなアイデアが生まれて、それを欲張って全部詰めこんじゃった感じがします。個人的にはコーヒーショップの店員とのエピソードはまるまるカットしても差し支えないんじゃないかと思います。娘のドレス選びが長時間にわたり、ニック(メル・ギブソン)があくびしていましたが、同じ気持ちでした(笑)。
 こーゆーアイデアが面白い作品こそ、ストーリーは必要最低限にすっきりまとめちゃって、『もう終わりかー。もう少し続きが見たかったなー。』っていう余韻が残るくらいのほうが良かったんじゃないかな。
 それにしても、ただのコメディかと思いきや、終盤にかけてなかなかシリアスでハートウォーミングなドラマへと収束していきます。どちらかと言えば、女性賛歌のドラマ。男性目線でありながら、女性賛歌のドラマっていうのは、男女共に見ていて幸せな気分になれて良いですね。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2015-05-20 13:24:36)(良:1票)
112.《ネタバレ》 新しく会社にやって来た、やり手の職場のボスとなるヘレン・ハントと、
彼女に立場を奪われたメル・ギブソンの恋を軸にしたラブコメ・ファンタジー。
何と言ってもヘレン・ハントが醸し出す大人な雰囲気がとても素敵で、この2人の大人の恋の雰囲気もいい。
その一方でひょんなことがきっかけでメルが周りの女の心の内が全て声になって聞こえるようになったものだからさあ、大変というコメディでもあります。
この心の内が声になって聞こえてしまうという設定、ロマンスとしては×だと思うけど、コメディとしては面白い。パニクるメルの演技も可笑しい。
ヘレン・ハント演じる職場のボスに、コーヒーショップの店員のマリサ・トメイ。
その他にも職場の部下の女性たちに、娘に・・・。
ちょっとメルと絡む女性が多すぎましたかね。この内容で2時間越えは長く感じます。
でも、終盤のメルと職場の内気な女の子のエピソードは心温まるものがありました。
とらやさん [DVD(字幕)] 5点(2014-10-19 20:05:25)(良:1票)
111.こういう映画は好みじゃない。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 3点(2014-09-23 23:32:49)
110.人の心を読めるのは羨ましいことですが、ずっと続くのかと思うと疲れてしまうような気がします。設定もストーリーも結構面白く、気楽に楽しめる映画です。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-09-09 21:05:51)
109.コメディタッチの恋愛もの。女性の心が読める、という設定がこの作品の特徴と言えば特徴か。
いわゆる「軽い」映画なので気楽に観ることが出来るけど、さすがに後で何か残るととかは全く無い。昔はこういったものも大量に作られていたような気がする(あくまで想像)。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-01-26 13:51:52)
108.前に見たのですがまだ内容を覚えているということはそれなりに面白かったのだと・・・
HRM36さん [DVD(字幕)] 7点(2014-01-10 11:17:03)
107.《ネタバレ》 私の前のレビューが2009年だから、おそらく多くの人が忘れてしまっているかもしれない。
メル・ギブソンの吹き替えが全然マッチしていなくて、これじゃ髪の薄い顔がしわくちゃなおじさん。
ある日、電気ショックで女性の心が読めるようになるって設定は悪くはなかったけど、そこに行くまでの長いこと、長いこと。
ヘレン・ハントの印象が薄く感じたのは、他にも多くの女性が登場しすぎて、布石を一つづつ拾っていくのも、いかにもハリウッド的展開でよく言えば安心して観れる。
粒ぞろいの小ネタをクスクス笑いながらの観賞でした。
平均値が6点なのも納得します。
クロエさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2013-06-07 20:40:47)
106.女性の心の中が分かってしまうという前半部のコメディ部分は面白かったが、後半ただのラブストーリーになってしまったのが残念。似たプロットが得意なジム・キャリー映画のように(多少下品でも)コメディでグイグイ押してくれたらもっと高評価なのに
Arufuさん [DVD(字幕)] 7点(2009-10-30 18:32:41)
105.ありがちでべたなストーリーだが、説得力ある演技で最後まで楽しんだ。
難を言うなら、主人公をめぐる女性関係が広すぎて、最終的な着地点への説得力に欠ける。もう少ししぼったほうがよかったのでは? ヘレン・ハントの役作りはちょっとワンパターンなきらいがなきにしもあらず。大好きな女優だが、もっとさまざまな役にチャレンジして欲しい。
小原一馬さん [地上波(字幕)] 7点(2009-08-08 20:56:48)(良:1票)
104.メル・ギブソンがかっこいい。上司のヘレン・ハントがクールで最高。
spputnさん [DVD(字幕)] 8点(2008-12-26 15:16:18)
103.女性の心の声が聞こえるというオカルト設定も悪くないけど、声が聞こえなくなった終盤の展開が気に入った。
ひとりの人間が生まれ変わる様をそういった奇抜な方法で描いてはいるけど、作品の本質的な部分に嘘はなかったと思う。
悩みを抱えた部下や娘との関係や最愛の上司とのロマンスの行方に感動すらした。
ヘレン・ハントは聡明でありながら愛らしくコミカルな役どころを見事にこなしていると思う。
本当に素敵な女優さんです。
マリサ・トメイのキュートな魅力も作品のコメディ部分を大いに盛り上げていて最高。
贅沢なくらいに女優さんの質が高い作品です。
ところで、この能力の唯一の理解者であるベット・ミドラーはどこに行っちゃったんでしょうか。
なんかもっと大騒ぎになりそうな気がするんだけど、都合良く出番が無くなっちゃいましたね。
もとやさん [DVD(吹替)] 8点(2008-02-08 14:47:46)(良:1票)
102.《ネタバレ》 本筋のラブストーリーや父娘ストーリーよりも、奥手で自信のない資料運びの女の子・エリンとのエピソードが心に残る。スパイダーマンシリーズで、主人公の住むアパートの家主の娘役もそうだが、目立たず静かな存在、本筋には余り関係がないながら妙に気になってしまう。新しい仕事を誘われた時の彼女の笑顔の方が、クライマックスよりうれしくなってしまった。
やしきさん [DVD(字幕)] 7点(2008-01-21 15:26:57)(良:1票)
101.男女を問わず、人の気持ちがわかると優しくなれるものなのです。   女性の心の声が聞こえるようになって、メル・ギブソンが次第に優しくなっていく姿がうまく描かれてますし、ヘレン・ハントがかっこいぃ~~~
ひよりんさん [映画館(吹替)] 7点(2007-10-21 14:11:54)
100.《ネタバレ》 女心に忠実な男の人がいたら・・・それはかなりポイント高いですよね(*^_^*)コメディとして楽しかったです!ヘレンのキャリアウーマンな見た目と違う可愛い感情がホンワカしました。メル・ギブソンの毛深さがなかったら◎
うさぎ大福さん [DVD(吹替)] 7点(2007-04-19 21:58:13)
99.やはりそんな能力など持たないで、試行錯誤しながら恋を実らせる方がよい。
Michael.Kさん [ビデオ(字幕)] 6点(2007-01-23 09:56:26)
98.おもしろかったですよ。特に前半部分がですね。感電してこんな能力が持てるとはすごすぎる。
pokobunさん [DVD(吹替)] 7点(2007-01-07 23:16:22)
97.この手のくだらない話を、ちゃんと最後まで観られる様に組み立ててあるのがハリウッド脚本の妙。序盤はドタバタ、中盤はシチュエーション、そして終盤はハート・ウォーミングと、それぞれのコメディ形態を上手い具合にブレンドして、それなりの満足感と後味を得られる様になってます。大スターと旬のオスカー女優という顔合わせも贅沢で嬉しかった。唯、これも酷い邦題の代表格ですけど、「女の望むもの」という往年の大映映画みたいな原題程は女の本音が描かれてなくて、少し残念でした(女性の本音「だけ」が聞こえてきたら、「NIGHT HEAD」の武田真治以上に苦しみそう)。ま、それを本気で描いたら、このジャンルのメイン・ターゲットである女性客から総スカンを食らってしまうことが目に見えてますけどね…、6点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-10-18 00:02:59)
96.「女性の心が読める」という設定は非常にユニークで面白いと思う。
最初の方のメル・ギブソンのバタバタぶりも好感度大! 
エリンのエピソードが一番良かったと思います。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 7点(2006-07-08 22:24:51)
95.観る前はこういう話とは全然知らなかったので、メルギブの頭の中に女性の声が聞こえてくるあたりで「意外だ!こりゃ面白くなるかも?」と思った。実際、前半はコメディでぐいぐい押してきてかなり面白かったのだが、後半は普通のラブストーリーになってしまってちょっとトーンダウン。ちょっと残念。
ライヒマンさん [地上波(吹替)] 6点(2006-02-12 21:38:39)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 114人
平均点数 5.99点
000.00%
100.00%
221.75%
332.63%
4119.65%
52320.18%
62723.68%
73530.70%
81311.40%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review2人
2 ストーリー評価 6.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review2人
4 音楽評価 7.00点 Review2人
5 感泣評価 7.00点 Review1人

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS