ハッスル&フロウのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > ハッスル&フロウ
 > (レビュー・クチコミ)

ハッスル&フロウ

[ハッスルアンドフロウ]
Hustle & Flow
2005年【米】 上映時間:116分
平均点:6.33 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-08-12)
ドラマ犯罪もの音楽もの
新規登録(2008-05-28)【すべから】さん
タイトル情報更新(2017-08-29)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クレイグ・ブリュワー
キャストテレンス・ハワード(男優)Dジェイ
アンソニー・アンダーソン(男優)キー
タリン・マニング(女優)ノラ
DJ・クオールズ(男優)シェルビー
タラジ・P・ヘンソン(女優)シャグ
クリス・“リュダクリス”・ブリッジス(男優)スキニー・ブラック
アイザック・ヘイズ(男優)アーネル
エリゼ・ニール(女優)
脚本クレイグ・ブリュワー
製作ジョン・シングルトン
配給UIP
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 導入部は何かいかにも「退廃してるどうしようもない生活を描いてますよ~」という作為的な雰囲気があって今ひとつだったのですが、中盤のレコーディングのシークエンスは素晴らしい。たった1曲のために、金も設備もないチームが、あれこれと克服を重ねていく(その中には、高価なマイクを入手するためのえげつない手段も・・・)のを、延々と時間をかけて描いている。だから、その後の「この曲にすべてをかけた」という台詞に実感がこもってきます。さらに、スキニーとの対面シーンでは、鼻先であしらわれるのを何とかぎりぎりのところで突破していくスリル感。その後のトイレのシーンは、本来ならピークのはずなんだけど、ちょっとその前の伏線が分かりやすすぎかな。あと、ラストはあそこで終わりじゃなくて、もうちょっと引っ張ってほしかった(それか、本人は拘束中なんだけど世間ではあれこれ起こっている、のどっちか)。
Oliasさん [DVD(字幕)] 6点(2017-08-27 01:22:04)
5.《ネタバレ》 どうでもいい人間のどうでもいいストーリーなんだけど、音楽が出来上がる瞬間は鳥肌モノ。特にタラジ・P・ヘンソンが意外な美声を出す所。アカデミー音楽賞を獲ったと聞いたのでびっくり。
カップリさん [DVD(字幕)] 3点(2010-02-24 09:54:12)
4.《ネタバレ》 内容も音楽も良かったですが荒々しい性格の主人公に全く感情移入出来なかったかな。
ギニューさん [DVD(字幕)] 6点(2009-07-27 19:17:54)
3.《ネタバレ》 ピンプな主人公をはじめほとんどが底辺で生きる中身もクソみたいな人達なんだけど、犬みたいな生き方をやめて希望もない街で必死に希望を生み出そうとしている姿は、“うお~”って唸りたくなるようなどうしようもない苦渋はあれどカッコ良い。ソウルをなくしたリッチ&フェイマスな野郎の歌より、こっちの方がよっぽど血が流れている。もっとアングラな音楽も聞いてみたいなって思った。てか"It's Hard Out For A Pimp"がアカデミー賞取っちゃったのがスゴい(笑)だって明らかにアカデミーにそぐわない歌詞なHipHopなんだもん。これから観る方は映画『ハッスル&フロウ』と合わせてぜひこの年のアカデミー賞授賞式も見てもらいたい。
たいがーさん [DVD(字幕)] 8点(2009-07-05 03:18:08)
2.《ネタバレ》 予備知識皆無で鑑賞。 熱い映画なのでレビューしている方さぞかし多いかと思いきや、何と私が二人目とは意外です。 破滅的な暗い幕引きを想像しましたが、希望を持たせる終わり方で救われた。 主人公の顔付きが最初と最後でまるで違うのが良い。 「クラッシュ」を観ていても感じたが、テレンス・ハワードは脇役ばかり演じてないで、もっとこういった骨のある映画に出演してどんどん主役を演じて欲しい。本当に勿体無い。 と言う訳で内容に7点、キスシーンの素晴らしさ(泣けた・・・)に+1点で合計8点!!
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2008-09-08 15:44:44)
1.売春斡旋屋のおっさんが、ヒップホッパーを目指す黒人ムービー。
トラックが段々完成されていく過程をみせてくれるのが、バンドものとはまた違った音楽モノの高揚感があります。初期衝動的に音楽を楽しんでいる人達の無邪気さが伝わってきます。
凡人丸出しで、這い上がりたがりで、非道な主人公のおっさんを取り巻く、有能で優しい人々が素敵だ。楽曲も何気に良いと思います。ラストもクールです。
「ブラック・スネーク・モーン」も渋かったし、この監督は黒人音楽映画に強いな。今後傑作を撮る予感がする期待の若手。
すべからさん [DVD(字幕)] 7点(2008-05-30 10:36:03)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 6.33点
000.00%
100.00%
200.00%
3116.67%
400.00%
500.00%
6233.33%
7116.67%
8233.33%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

2005年 78回
主演男優賞テレンス・ハワード候補(ノミネート) 
オリジナル主題歌 受賞"It's Hard Out Here for a Pimp"

【ゴールデングローブ賞 情報】

2005年 63回
主演男優賞(ドラマ部門)テレンス・ハワード候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS