男たちの挽歌のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 男たちの挽歌
 > (レビュー・クチコミ)

男たちの挽歌

[オトコタチノバンカ]
A Better Tomorrow
(英雄本色)
1986年【香】 上映時間:95分
平均点:7.66 / 10(Review 123人) (点数分布表示)
アクションドラマシリーズもの犯罪ものリメイクヤクザ・マフィアハードボイルドバイオレンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-01-29)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・ウー
演出ブラッキー・コー(アクション監督)
トン・ワイ(アクション監督)
キャストティ・ロン(男優)ホー
レスリー・チャン(男優)キット
チョウ・ユンファ(男優)マーク
リー・チーホン(男優)シン
ケネス・ツァン(男優)キン
エミリー・チュウ(女優)ジャッキー
ティエン・ファン(男優)ホーとキットの父
ジョン・ウー(男優)ウー部長
シン・フィオン(男優)敵組織の部下
ツイ・ハーク(男優)オーディションの審査員(ノンクレジット)
堀勝之祐ホー(日本語吹き替え版【新DVD/BD/TBS】)
井上和彦キット(日本語吹き替え版【新DVD/BD】)
磯部勉マーク(日本語吹き替え版【新DVD/BD】)
堀内賢雄シン(日本語吹き替え版【新DVD/BD】)
野島昭生キン(日本語吹き替え版【新DVD/BD】)
藤本譲ホーとキットの父(日本語吹き替え版【新DVD/BD】)
山野井仁(日本語吹き替え版【新DVD/BD】)
田中正彦(日本語吹き替え版【新DVD/BD】)
森田順平ウー部長(日本語吹き替え版【新DVD/BD】)
佐々木敏(日本語吹き替え版【新DVD/BD】)
大滝進矢ホー(日本語吹き替え版【旧DVD】)
高木渉キット(日本語吹き替え版【旧DVD】)
相沢まさきマーク(日本語吹き替え版【旧DVD】)
成田剣シン(日本語吹き替え版【旧DVD】)
青山穣キン(日本語吹き替え版【旧DVD】)
増田ゆきジャッキー(日本語吹き替え版【旧DVD】)
関俊彦キット(日本語吹き替え版【TBS】)
玄田哲章マーク(日本語吹き替え版【TBS】)
玉川紗己子ジャッキー(日本語吹き替え版【TBS】)
大塚芳忠シン(日本語吹き替え版【TBS】)
広瀬正志キン(日本語吹き替え版【TBS】)
村松康雄(日本語吹き替え版【TBS】)
若本規夫(日本語吹き替え版【TBS】)
納谷六朗ウー部長(日本語吹き替え版【TBS】)
脚本ジョン・ウー
音楽ジョセフ・クー
作詞ジェームズ・ウォン〔音楽・俳優〕「當年情」
作曲ジョセフ・クー「當年情」
主題歌レスリー・チャン「當年情」
撮影ウォン・ウィンハン
製作ツイ・ハーク
あらすじ
偽札をさばくマフィアの幹部ホーとマークは仕事上の相棒であるだけでなく、無二の親友。ところが父の頼みで警官になる弟のキットのために足を洗うことを決心したホーは、台湾の仕事を最後にすることに。しかし、裏切り者が出てホーは刑務所送りとなってしまう。ホーが刑務所にいる3年の間に時代はかわってしまった。ホーの仇打ちをしたマークは落ちぶれ、弟のキットは父の死をホーのせいと思い込み、兄を憎むようになっていたのだった……。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
123.名作ってことになってるけど、あまりはまらなかった。なんか見たことあるんだよな。多分、昔見たけど印象に残らなくて見なかったことになってて、今回あらためて見直しちゃったんだろうな。漫画で同じ巻買ったこと何度かあるけど、映画は初めて。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 6点(2019-12-05 03:54:38)★《新規》★
122.香港映画はアクションはすごいけどストーリー薄っぺらじゃんと言われて、結構考えて台本練ったけど、やっぱりグチャグチャになっちゃったって印象。
くろゆりさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-10-29 18:25:57)
121.《ネタバレ》 ジョンウーの有名作だがこれまで見ていなかった。
おそらくいろいろな映画にシーンが使われたのかと思う。
最後の銃撃戦は、火力・兵力ともに全くバランスがおかしいが、時代を考えればこのあたりは目をつぶるべきか。服のセンスも、懐かしさが漂う。
そういえば、うちのクローゼットにも、古い上着で厚手のダボっとしたのがあったなぁ・・・
チェブ大王さん [地上波(字幕)] 6点(2018-10-15 17:23:14)
120.…いやもうツッコミどころを挙げればキリがないのだけれど(笑)、チョウ・ユンファのコート姿に二丁拳銃、野郎どもの暑苦しさに押し切られて10点!
香港の夜景をバックにしたホーとマークの会話シーンはたまらなく好きですね。
「100万ドルの夜景…こんなものは仮初さ! 失ったものを取り返すんだ!」
いやー、もはや様式美の域ですね。
nakashiさん [DVD(字幕)] 10点(2018-06-17 12:43:25)
119.マークがとにかくかっこいい。
最初から最後まで心地よく鑑賞できるアクションの名作。
鈴木さん [インターネット(字幕)] 7点(2017-05-24 19:31:54)
118.《ネタバレ》 その題目どおり、熱い熱い男たちと兄弟愛を描いた名作です。どことなく仁義なき戦いとダブりましたが、まーカッコいい奴らが出てくるので、気にならない。二丁拳銃のシーンは劇渋です!オススメ!
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 8点(2016-04-06 00:18:28)
117.《ネタバレ》 ​三年で下っ端から組長になるのはよく分からないが、時間の流れは残酷である。
ホーの弟キットも今までよく兄の職業を知らなかったもんだ。まぁそれはいいとして、変わってしまった香港で贖罪のため堅気になると誓ったホーの努力は涙ぐましい。許されなくても許してもらえるまで待つ。しかし、自分の置いてきた影は大きかった。自分のために復讐を果たしたが足を負傷した友人マーク。そして、ホーを再度極道に取り込もうとするシン。
まとわりつく全てに決着をつけるラストシーン。兄を許すよう説得し、死んでいくマーク。そして弟を庇い、罪を被るホー。シンプルなストーリーだったけど、その分その熱量はとても大きかった。
ジョン・ウーらしい銃撃戦、2丁拳銃。鳩はいないけれど、その分「男の世界」を十二分に味わえました。
えすえふさん [DVD(吹替)] 7点(2016-02-11 00:16:47)
116.数多くの香港ノワールが製作され、アクションはエスカレートしていったが、脚本的にこれを越えた作品はない。
ガブ:ポッシブルさん [地上波(吹替)] 10点(2015-10-14 20:56:36)
115.ジョン・ウーの描く銃撃戦はバレエのようだなんて誰かが言ってましたが、踊りながら植木鉢に銃を隠しながら殴り込みに行くユンファや、スローモーションでくるくると周りながら銃を撃つレスリーなど、確かにバレエみたいだ。
ユンファ主演と思われがちだが、実質の主人公はティ・ロンとレスリーの2人よね。この2人の確執がメインのストーリーなので。敵対しながらも最後に信頼を寄せ団結して戦うシーンは泣ける。帰ると見せかけてUターンしてきたユンファがボートからマシンガンを撃ちまくるシーンは味方に当たらないかといつも心配になる(笑)
ヴレアさん [ビデオ(字幕)] 8点(2014-10-19 14:19:32)
114.ベタな古さは感じるものの熱さで押し切られてしまう映画。
任侠映画にある昭和のダンディズムにも通じるところがあっていい。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 7点(2014-06-06 00:46:25)
113.ジョン・ウーの出世作。ロートルな男達が圧制に耐えかねて奮起する様は胸を打つ。序盤のチョウ・ユンファのくわえ煙草と黒いロングコートのカッコよさにただただ痺れた
よいしょさん [DVD(字幕)] 6点(2013-09-21 16:10:31)
112.《ネタバレ》 ジョン・ウーの実質的デビュー作と言って間違いではないでしょう。彼の男の美学が炸裂している作品で、とにかく観客(というか男)のテンションがガン上がりになる展開をこれでもかと言わんばかりに詰め込んでいます。
仁義なき奴は徹底的に悪として描かれ、仁義に生きる男は英雄として描かれる。良くも悪くも非常にストレートで分かり易い作品だったと思います。「先にいけ!」とホーから言われて、ホーを裏切りマフィアの頂点に成り上がったシンと、最後までホーと共に戦い抜き散っていたマークとの対比などは特に分かり易い。
民朗さん [DVD(字幕)] 7点(2013-06-16 09:51:58)
111.何度見たか分からないほど見ています。その後の挽歌シリーズと比べると人間ドラマに重きを置いてますよね。ホーとマークの友情や兄弟の確執など一級のアクションと絡めて描いている点はお見事。鬱陶しい程垂れ流されている音楽も(笑)凄く良いしこの熱さにやられる人は多いはず。傑作です。
キリンさん [DVD(字幕)] 8点(2013-01-27 22:04:01)
110.テンポが良い。兄弟の絆と友情と派手なアクション。香港映画だけど、昭和を感じさせる演出も面白い。そして今や世界的な俳優になったチョウ・ユンファが良い味を出している。娯楽作として及第点、まずまず楽しめた。弟が兄を尋問する場面は切ない。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-04-17 18:01:04)
109.時間が経つほど演出が古く感じられるのは仕方がない、にしても、80年代作品にしては古すぎない?わざと?・・・という点を差し引いても、各人の葛藤や熱い思いが伝わります。メッセージ性と世界観が際立っている男の作品。粗々しさがイイ意味で荒々しさに転じています。
460さん [DVD(吹替)] 7点(2012-01-10 00:16:26)
108.《ネタバレ》 ハードボイルド、アクション、銃撃戦・・・。こういうの、まったく趣味じゃないので、普段なら絶対見ないのですが、知人が「良かった」と褒めちぎるので一応観てみました。胸焼けしそうな濃さでしたが、男たちがすごくカッコいい!最後、自分で手錠をはめるシーン、とても良かったです。
ramoさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-08-14 20:08:14)
107.ストーリーが熱い、演出も熱い、すべてにおいて熱すぎる映画。
男たちの迸る汗の匂いが、画面からプンプンと漂ってきそうで、とにかくクサい。
主役の二人は石橋正次と劇団ひとりにそっくりなので、だんだんと親しみが湧いてくる。
唯一出てくる女の子は80年代の軽さを醸し出しているが、男たちはなぜこんなに熱いのか。
まるで70年代の青春ドラマを観ているようで、終盤はエアコンなしでは鑑賞できなかった。
"男"を感じたい人にはお薦めだが、鑑賞中の息苦しさは半端ではない。参った。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 4点(2011-07-26 17:04:42)
106.韓国のリメイク版を見に行く前に久しぶりに見ちゃおうと思って(結局リメイク版見にいけず・・)見たのだが、あんなにもかっこよかったチョウ・ユンファが劇団ひとりになっててびっくりした(と思ったら皆さん書いてますね)。で、どうも記憶が改変されてて、私の中では『男たちの挽歌』はチョウ・ユンファが主役で、観葉植物の鉢植えに隠した拳銃を拾い上げながらの二丁拳銃シーンがクライマックス。そのうえペーペーに成り下がったユンファは頭からすっかり削除されてました。見てるあいだに徐々に思い出してきたんだけど、こんなにくさかったのか。物語のくささはいいのだ。ユンファもティ・ロンもそのくさい男と男の友情の物語を熱く、そしてやっぱりかっこよく演じていた。いかんのがレスリー・チャン。キャラ設定もひどいがくさいオーバーアクトが見てられない。といっても当時はこの映画にはまりまくってたのは事実。洋装の任侠ものをスローモーションのガンアクションで彩るこの映画はどの映画よりも新しかったのだった。
R&Aさん [DVD(字幕)] 6点(2011-06-29 14:08:58)
105.チョウユンファという劇団ひとり似の男、彼のベトつく熱さ、キモさ、格好良さがこの映画の成分の98%を占める。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(吹替)] 8点(2010-12-18 18:54:28)
104.足を洗おうとするヤクザがたどるお決まりの展開や、物語の盛り上がり部分に水を差し続けるくどい音楽に辟易するも、見ごたえのある作品でした。釘付けとなったティ・ロンをはじめ、男達が示す「友愛」模様に、近ごろ胡散臭さが漂うこの単語の値打ちをあらためて認識させてもらいました。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 7点(2010-11-20 23:02:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 123人
平均点数 7.66点
000.00%
121.63%
210.81%
300.00%
454.07%
564.88%
61613.01%
71814.63%
83226.02%
92016.26%
102318.70%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.62点 Review16人
2 ストーリー評価 6.63点 Review11人
3 鑑賞後の後味 7.22点 Review9人
4 音楽評価 6.91点 Review12人
5 感泣評価 6.14点 Review7人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS