Menu
 >
 >
 > 映画は映画だ

映画は映画だ

A Movie Is a Movie/Rough Cut
(영화는 영화다/映画は映画だ)
2008年【韓】 上映時間:113分
平均点: / 10(Review 12人) (点数分布表示)
アクションドラマ
[エイガハエイガダ]
新規登録(2009-04-18)【Carrot Rope】さん
タイトル情報更新(2015-03-07)【8bit】さん
公開開始日(2009-03-14
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督チャン・フン〔監督・1975年生〕
キャストソ・ジソブ(男優)イ・ガンペ
カン・ジファン(男優)チャン・スタ
ホン・スヒョン(女優)カン・ミナ
原作キム・ギドク〔1960年生〕(原案)
撮影キム・ギテ
製作キム・ギドク〔1960年生〕
配給ブロードメディア・スタジオ
字幕翻訳根本理恵
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.《ネタバレ》 キムギドク監督の弟子、チャン・フン監督デビュー作。キムギドク監督が原案&製作。師弟関係が作った名作。しかしこの後、2人は劇的なお別れをするのだが(>_<)

とにかくガンペを演じるソ・ジソブの死んだ目が最高にいい。この目に尽きる。

ストーリーは、素直に間延びを感じた。ガチ殴り合いのはずが、あまりにも顔に当たってなくて醒めた。でもこれをキムギドク監督が撮ってたらまたまたとんでもなくマニアックな世界に飛び込んでしまっただろうと考えると、チャン・フン監督がエンターテインメント性を吹き込んだと観るのが正しいのかも。途中だれたが、そこそこ男同士の熱い話に仕上がっている。

ただ…、男2人が互いに高め合う要素がもう少しあればと無い物ねだりしてしまう。

ラストは…、これこそ韓国映画の魅力。
JFさん [DVD(字幕)] 6点(2015-08-02 17:39:09)
11.《ネタバレ》 かつてのハリウッドの「ヘイズコード」に対する最も明快な返答である。暴力表現は「映画という枠組み」で提出されているにすぎないと絶えずことわればアリなのだ。ラストで「本物の」暴力として示されるものでさえ映画なのだ。すばらしい。ブレヒトの『都会のジャングル』という初期の名作も併せて想起した。つまり、ここでの暴力表現は「直接の」関係への欲求というせつないもの、なのである。
ひと3さん [DVD(字幕)] 8点(2012-06-11 16:15:16)
10.まったく、期待していなかったので..それなりに楽しめたかな..本作で、ソ・ジソブ を初めて観ました..シブイですね~ 役者として雰囲気があるし、ハマリ役でした!..
コナンが一番さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-05-11 13:04:27)
9.ソ・ジソブじゃないと、この何が言いたいのか分からん映画は締まりの無いままになったよ、多分。彼の存在感、凄いなあ。彼ひとりで持っていってしまったなあ。間違って女優を助けに海に飛び込んだあと、しょぼんと砂浜に座り込んでるシーン・・萌えます。ああー。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-01-21 01:30:45)
8.全く期待していなかったが、結構面白かった。終わり方もマル。
afoijwさん [DVD(字幕)] 8点(2012-01-04 02:26:04)
7.なかなかアクションもかっこよかった。
ホットチョコレートさん [地上波(字幕)] 6点(2011-10-02 22:12:56)
6.《ネタバレ》 無制限一本勝負、泥んこファイト以降泣きっぱなし。本物には本物で応える、どうだ、これがヤクザだ!って、そこにシビれる!あこがれるゥ!!
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(字幕)] 7点(2011-09-16 19:45:18)
5.《ネタバレ》 映画は映画だ。主演は二人だ。男は勝負だ。映画は中止だ! 
いやぁ、なかなか良かった。二人揃ってシブかった。 

《以下、ネタバレします 注意です!》 
《以下、ネタバレします 注意です!!》 
《以下、ネタバレします 注意です!!!》 

→→→ あらら、そんなラストにしちゃったですか。 残念ながら、そうなってしまったのならば、結局、劇場公開は見送られてしまうんじゃぁ ないでしょうかなぁ 日本的にみるならば。  結局、最終的にはチャン・スタを苦しめてしまったんじゃぁないでしょうか タチの悪いお人よの~  なんで最後 やっちゃったかな~  惜しいな~ ^ ^;
3737さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-09-03 23:03:26)
4.フィルム・ノワールのような古い味わいもありつつ、映像のからくりというかくすぐり(え?現実? あれ?お芝居のほう?)で観客を「からかう感じ」には新味もあって、面白い作品になっています。ハードボイルドも抑制が利いていて独りよがりの一歩手前でとどまっているし、バランスいいと思いました。ソ・ジソプが殆ど笑わないところもいいですね。あら、ソ・ジソプって邦画の「ゲゲゲの鬼太郎」にも出たんですか。見てみようかなと思ったけど、映画自体はあまり好評じゃないですね。
おばちゃんさん [映画館(字幕)] 7点(2010-06-09 18:40:30)
3.スタ(首蛇)の自己顕示欲の強さをカンジファンが見事に演じている。それだけでなくちょっと笑えるキャラになっているのがよかった。ソジソプは目と手が印象的。写真でしか見たことがなかったが実際に動いている姿を見ると、妙な魅力があるなと感じた。あの冷徹でしかし寂しげな目で見つめられたら心動かされる気がする。ストーリーと音楽は少しありきたりな気もしたが、俳優達の魅力がそれを感じさせない。
おっちょさん [DVD(字幕)] 7点(2009-11-02 22:16:53)
2.《ネタバレ》 キムギドクの映画でなく、ソジソブの映画だった。もしキムギドクが監督してたら、ラストの泥まみれで喧嘩した後、ソジソブが気持ち良さそうに笑うシーンは、もっと爽やかにではなく、ニヤ~と狂気じみた笑いになった気がする。キムギドクの「悪い男」の主人公のように、庶民の理解を超えた行動に出て、感情移入が出来ないほどのえげつないシーンがもっとたくさんあったと思う。そういう意味では、ソジソブファンを大事にした、幸福な映画だったと思う。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2009-10-15 06:52:45)
1.《ネタバレ》 「ヤクザのように乱暴な映画俳優と俳優になりたかったヤクザが映画で共演することになり・・・」というとんでもストーリー。ただ殴り合っているだけの映画なのですが、テンポもよく、至って真面目、骨太で見応えがありました。ヤクザ役のソ・ジソブが無駄にかっこよく撮れてました。ファンの方は大満足ではないでしょうか。キム・ギドク製作・原案とのことでしたが、干潟での泥まみれの殴り合い(どっちがどっちか分からない)と一番最後の仏像の頭がゴロリの本気か冗談か分からない演出にキム・ギドク風味を少し感じました。
Carrot Ropeさん [映画館(字幕)] 6点(2009-04-28 03:18:54)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 6.83点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6541.67%
7433.33%
8325.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 4.00点 Review1人
5 感泣評価 3.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS