断崖のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > 断崖
 > (レビュー・クチコミ)

断崖

[ダンガイ]
Suspicion
1941年【米】 上映時間:99分
平均点:6.63 / 10(Review 43人) (点数分布表示)
公開開始日(1947-02-25)
サスペンスモノクロ映画ミステリーロマンス小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-05-05)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アルフレッド・ヒッチコック
キャストケイリー・グラント(男優)ジョニー・エイズガース
ジョーン・フォンテイン(女優)リナ・マクレイドロウ
セドリック・ハードウィック(男優)マクレイドロウ将軍
ナイジェル・ブルース(男優)ビーキー・スウェイト
メイ・ウィッティ(女優)マーサ・マクレイドロウ夫人
ヘザー・エンジェル(女優)エセル
レジナルド・シェフィールド(男優)レジー
レオ・G・キャロル(男優)ジョージ・メルベック
ケネス・ハンター〔男優〕(男優)Sir・ジェラルド(ノンクレジット)
アルフレッド・ヒッチコック(男優)ポストに郵便物をいれる男(ノンクレジット)
家中宏ジョニー・エイズガース(日本語吹き替え版【PDDVD】)
安藤麻吹リナ・マクレイドロウ(日本語吹き替え版【PDDVD】)
加藤治マクレイドロウ将軍(日本語吹き替え版【PDDVD】)
羽佐間道夫ジョニー・エイズガース(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小松方正(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
原作フランシス・アイルズ「犯行以前」
脚本サムソン・ラファエルソン
ジョーン・ハリソン〔製作&脚本〕
アルマ・レヴィル
音楽フランツ・ワックスマン
作曲ヨハン・シュトラウス2世"Vienna Blood Waltz"他
撮影ハリー・ストラドリング
製作ハリー・E・エディングトン(ノンクレジット)
RKO
配給セントラル
特撮ヴァーノン・L・ウォーカー(特殊効果)
美術ヴァン・ネスト・ポルグレス(美術監督)
ダレル・シルヴェラ(セット装飾)
キャロル・クラーク(美術監督補)
ヘアメイクメル・バーンズ(ノンクレジット)
編集ウィリアム・ハミルトン(編集)
あらすじ
列車の一等室に座るリーナの所に男が入り込んできた。葉巻を吸う乗客から逃げてきたと云うのだ。手にしていた雑誌に偶然男の写真が載っており、ふと興味を持つリーナ。次の再会は自宅だった。女友達たちと連れ立ってやって来た男ジョニーは教会へ行こうとリーナを連れ出すが、教会には入らず無理やり散歩に誘う。お互い一目惚れの二人は駆落ち同様で結婚式を挙げ、ハネムーンを済ませると新居に落ち着く。そんな所にジョニーの友人から借金返済依頼の電報が届き、「君、1,000ポンド持ってないか?」と突然聞かれて唖然とするリーナ...
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
43.《ネタバレ》 最後までハラハラさせるのは、さすがだなあという感じ。しかし、ヒロインがこの生活能力のカケラもないダンナのどこに惚れたのか、なぜさっさと愛想を尽かして別れないのか謎。場合によっては訴訟を起こしても勝つでしょう(しかし賠償金の取り立ては難航しそう)。結局、イケメンだから?
一説によると、この結末にもいろんな解釈があるそうで。ただいずれにせよ明らかなのは、この後のヒロインはけっして浮かばれないということ。ダンナが急に真面目に働き出すとは思えないので、借金はさらに膨らみ、メイドさんは当然解雇、豪邸も追い出されて路頭に迷うことになるでしょう。できることなら80年前に行き、ヒロインに「目を覚ませ!」と言いたい。イケメンなんてロクなもんじゃねえぞと。
余談ながら、ヒッチコックは国際政治だスパイだ陰謀だという大がかりな話より、こうしてチマチマと個人の心の内面を追う話のほうが合っている気がします。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2021-07-25 19:42:54)★《新規》★
42.《ネタバレ》 ベースがコメディなんですよ。よって、後であれこれ重ねていっても、あまり怖くならないのです(脚本はよくできているので、程良く苛々はしますが)。その中でも一押しのシーン、ヒロインの「仕事するのよ」という至極当たり前の提案に対し、素で「仕事?」と心底驚くケイリー・グラント。いや、アンタのその反応の方が驚きです。呼吸からボケのタイミングから絶妙です。思い出すだけで笑えます。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2021-06-03 01:02:55)
41.《ネタバレ》 結婚して不穏な空気が漂う辺りが一番面白い。
終盤のハラハラするシーンは、さすがヒッチコックといった感じ。
にじばぶさん [インターネット(字幕)] 6点(2020-12-24 15:35:01)
40.派手で男っぷりはいいが、大ホラ吹きで借金に追われている男と、それに簡単に騙されてしまったオールドミスになりかけの女性。こんな3四半世紀も前の映画なのに、今見ても一級のサスペンスなんだから、やっぱりヒッチコックって凄いんだなと思いました。
wayfarerさん [DVD(字幕)] 8点(2020-06-14 02:35:28)
39.《ネタバレ》 ○まあ振りの長いこと。ラスト数分のためにここまでやらなくてもと。というかこんな仕打ちを受けたら普通、彼のことを余計に信じられるなくなり別れるものだが。そこまで彼に夢中になるほどの人物なのかね。そもそも勢いで結ばれた2人だったのだから。○ミルクのシーンなど印象的な場面はヒッチコックらしさを感じるものの、全体通してみるとそうでもない。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-02-18 22:55:12)
38.《ネタバレ》 何を考えているのかわからない男にケイリー・グラント、何かに怯える女をジョーン・フォンテイン。まったく見事な配役です。徐々に深まっていく疑惑を、徐々に盛り上げていくのがうまいですね、監督。有名なグラスの牛乳が際立っていました。今回が2度目の鑑賞なんですが、初めて見たときは、やられた!って思いました。
shoukanさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-03-06 17:52:50)
37.《ネタバレ》 しまった、ヒッチコックは巻き込まれ型犯罪という感覚があったのか、見知らぬ乗客を観ていたからか、ゲーリー・グラントとジョーン・フォンテインの関係を勝手に想像してしまった、まあ、こっちが悪いんだが、ゲーリー・グラントのいい加減さを大半をつかって振りをするものだから、最後の最後でやられました。まあ、それはそれで良かったんですけどね。
minさん [DVD(邦画)] 7点(2013-07-26 20:46:54)
36.《ネタバレ》 私の嫌いな舌先三寸男を見た目爽やかなケーリー・グラントが演じているものだから、「これでもかっ!」というくらい神経を逆なでさせられました。本性を剥き出しにしてリナを断崖から突き落とそうとするも間一髪のところでかわされ自身が転落死・・・私の確信はハズレ。なるほどそう来たかと呻らされるハズレでなく、なんじゃそりゃとずっこけるハズレだったのが残念でした。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 6点(2013-02-07 23:36:25)
35.《ネタバレ》 夫は本当に人を殺したのか?夫は一体何をしようとしているのか?な感じで進むんだけどダンナの口八丁で嘘を突かれまくりに動揺しまくりの嫁さん、いくらなんでもお人好しすぎやしねぇか。心理的サスペンスとしては面白いんだけど実際こんなんされたら「あなたを疑ってごめんなさい!!」で済む訳ないと思うんだよなー。まさにバカップル(笑)二人が電車の中で出会った後から結婚までの描写が妙に足りない感じもしますがラスト2分の拍子抜けな感じのネタばらし以外の雰囲気はヒッチコックらさが溢れて面白かった。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 6点(2012-03-07 01:22:50)
34.序盤から前半にかけてはラブコメ風、中盤からはサスペンス構成のヒッチコック作品。
夫は善人なのか、悪人なのか? 疑心暗鬼に取り憑かれた妻の心理を描いたドラマだが、
夫役のケイリー・グラントが爽やか過ぎて、本作の核でもある夫の正体に妙味を感じない。
いかにもひと癖、ふた癖あるようなちょっと怪しげな容貌の俳優さんを使ったほうが、
あっさり目のラストも生きたのでは? サスペンスシーンでは、
ヒッチコックらしい緊迫感ある演出も見られるが、総体的には今一つの作品だった。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 4点(2012-01-12 07:32:08)
33.ジョニーは決して根っからの悪人ではない。妻を愛していたのは本当だろうし、正直な面も見え隠れする。しかし楽天家、地道に働くことを嫌い賭け事を好むダメおやじなのだ。その男にうつつをぬかすリナにも困ったもの。疑ったりあきれたりするものの、何度もだまされるのは惚れた弱みか。
最初見たときは、ケイリー・グラント演ずるジョニーが遺産や保険をねらう悪者に見せかけて、実はそうでなかったという心理サスペンスかと思っていた。しかし今見るとラストシーンのUターンは、ダメ男にどこまでもついていくダメ女になりさがったように思える。 恋は盲目ということばを思い出す。
ESPERANZAさん [ビデオ(字幕)] 5点(2011-09-02 06:01:21)
32.ダメ男とはさっさと別れろよ、この女もバカだろと思ってイライラしながら見てたけど、ダメ男・ジョニーとその友人が一緒に事業を始めるあたりから俄然緊張感が高まってくる。でいつの間にかヒロイン・リナに感情移入していた。でもラストはいろいろあって笑ってしまった。やっぱこいつもダメ女だわって感じで。まあミルクのシーンではい終了、ってのもそのまま過ぎてつまんないよね。ジョーン・フォンテインはきれいだし、表情を上手く使い分けて演技してたと思った。
Surferさん [DVD(字幕)] 7点(2010-12-23 11:08:13)
31. 後半のサスペンス調になるまでの、時間にして一時間くらいが冗長過ぎる。「北北西に進路をとれ」なんかはずっとハラハラ感が続いたのに、これはドキドキ感がない。
 ただジョニーがミルクを持って階段を上がるシーンは輝いています。コップに電球を入れて撮影してたらしいけど、あの緊迫感は恐ろしい。そういうシーンがもっとあればなぁ。特にラストが…。きつい。
Balrogさん [DVD(字幕)] 4点(2010-09-12 11:12:01)
30.レベッカの後に観たので、インパクトは薄いです。ヒロインも綺麗ですが、前作の時の緊張感に比べるといまいちです。しかし、一番はおそらくケイリー・グラントがヒモには見えないせいで台無しなんだと思いますが。
色鉛筆さん [DVD(字幕)] 4点(2009-09-23 13:15:17)
29.《ネタバレ》 最初はほんの小さな疑念。確証は無い。けれどそんな思いがヒロインの心の中で次第に積み重なりその疑念が膨らんでいき、エスカレートしていく。そんな丁寧に積み重ねられた心理描写で見せるサスペンス。「レベッカ」「疑惑の影」でもお馴染み、ヒッチコック監督の十八番。本作でもやはり巧みな小道具の見せ方が光る。ジョーン・フォンティーンはこんなサスペンスのヒロインを演じると本当にハマリますね。ヒッチコック監督は自身の作品の女優さんの起用がどの作品でも(まだ観ていない作品も多いですが)いつも本当に的確だと思います。
とらやさん [DVD(字幕)] 7点(2009-07-06 23:36:56)
28.なんという徹底主義であろう。いかなる時もカメラは人物を中心に捉える。執拗に人物の動きについてまわり、中心から逃がさない。たかがそれだけのことである。だがそれだけのことも徹すればエモーションの緊密性を生み出し、連続性を意識させる。そして結果として玄関から別部屋に入り込む刑事を270度パンして追いかける、といった素晴らしいショットまで生み出す。いつものことながらサスペンスの辻褄合わせに関しては中途半端なのだが、それでもやはり、言葉や表情でなくUターンする車ですべてを告げるラストシーンも、そもそも断崖沿いを走るそのショットが、いや不安や疑惑の付き纏う緊密性が、やはり素晴らしい。
stroheimさん [ビデオ(字幕)] 7点(2006-12-29 02:30:46)
27.傑作ぞろいのヒッチコック作品の中で自分が乗れなかった数少ない作品のひとつ。若かりし頃とはいえ、どう見たってケイリー・グラントが殺人者にゃ見えないのが一番辛いところ。あと刑事が何回か夫妻の邸宅を訪問するシーン、玄関に飾ってある一枚の絵画を一人がじいっと見つめてるシーンがあって、何かの伏線かって思ったらこれが全く何もなし。あれは一体何だったんだろう・・・?ジョーン・フォンテーンも前作「レベッカ」の方がガラス細工のような繊細さがうまく生かされてたんじゃないかって思います。
放浪紳士チャーリーさん [地上波(字幕)] 5点(2006-01-08 15:43:40)
26.モノクロ作品だったはずだが某所のネット配信で見たらヤバイくらいカラフルに着色されていた。色をつけてしまうと空など背景が絵だったり着ぐるみの羊だったりが一目瞭然となり作品が非常に安っぽくなってしまっていて無意味な所で笑いを誘われてしまった。ジョーン・フォンテーンは今作でアカデミー主演女優賞を受賞したが、ヒッチコックとフォンテーンと言えば前年の「レベッカ」が代表傑作でありフォンテーン自身も本作よりも演技の出来の良かったレベッカではなく本作で受賞したのは温情受賞のようで不満だったと伝えられる。しかし実際は今作のフォンテーンの演技は受賞に相応しいものがあった。原題通りサスピションが主題であり解り易く心情を読み取れる演技が求められる中、彼女の表情豊かな演技は文化も時代も全く違う人間であるはずの私にもストレートに伝わる人間臭さが感じられるもので、レベッカのような作品賞を取ってしまうレベルの大作ではなく今作のような一見三文推理小説映画のような作品でこそ彼女の真価が発揮されていると言えよう。ヒッチコックの同種疑心暴走系サスペンスの傑作「裏窓」と比べてしまうと、裏窓とは違い結末が期待に「応えてくれた」点も含めどうにも平凡な印象になってしまうが、快作。
Arufuさん [インターネット(字幕)] 7点(2005-12-31 05:44:05)(良:1票)
25.《ネタバレ》 相変わらず、ヒッチコック監督は小道具の使い方が上手い!この作品にしても、ミルクを使ってのトリック、映像の魔術師たるヒッチコックの才能、上手さを観ることが出来ます。ヒッチコック監督って本当に恐がらせることに関しては世界一の監督だと思う。ホラー映画みたいにやたら血を流す訳でもなく、心理的な恐さをヒッチコックならではの映像と物語で見せるあたりはさすがヒッチコック!間違いなくヒッチコック監督は超一流の監督だ!
青観さん [ビデオ(字幕)] 8点(2005-08-19 22:55:52)
24.二人が列車の中で出会ってから結婚し、ハネムーンから帰ってきたところあたりまでは漫画のようなコメディ。ただ、そこからの転調は見事で、妻の心理描写を中心に据えたラストまでの緊張感の盛り上げ方は流石。だが、振り返ると、夫があのようなちゃらんぽらんな性格で、妻に生命保険をかけていたというのが、その資金の出所もふくめちょっと無理な感じがするのはいなめない。それにしても、ヒッチコックは美人の女優がオープンカーの運転をするシーンが好きなようだ。この作品でも、夫と友人の仲を心配したジョーン・フォンテインが断崖までオープンカーを走らせるシーンがちゃんとあったので嬉しくなってしまった。
南浦和で笑う三波さん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-05-04 11:51:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 43人
平均点数 6.63点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
449.30%
5613.95%
6716.28%
71534.88%
8716.28%
949.30%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.25点 Review4人
2 ストーリー評価 7.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review4人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

1941年 14回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演女優賞ジョーン・フォンテイン受賞 
作曲賞(ドラマ)フランツ・ワックスマン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS