(500)日のサマーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > (500)日のサマー
 > (レビュー・クチコミ)

(500)日のサマー

[ゴヒャクニチノサマー]
(500) Days of Summer
2009年【米】 上映時間:96分
平均点:6.72 / 10(Review 78人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-01-09)
公開終了日(2010-07-02)
ドラマラブストーリーコメディロマンス
新規登録(2009-07-24)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2015-02-09)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マーク・ウェブ
キャストジョセフ・ゴードン=レヴィット(男優)トム・ハンセン
ゾーイ・デシャネル(女優)サマー・フィン
クロエ・グレース・モレッツ(女優)トムの妹 レイチェル・ハンセン
猪野学トム・ハンセン(日本語吹き替え版)
宮島依里サマー・フィン(日本語吹き替え版)
仲野裕ヴァンス(日本語吹き替え版)
村井国夫ナレーション(日本語吹き替え版)
園崎未恵オータム(日本語吹き替え版)
脚本スコット・ノイスタッター
マイケル・H・ウェバー
音楽マイケル・ダナ
挿入曲ダリル・ホール&ジョン・オーツ"You Make My Dreams"
ザ・クラッシュ"Train in Vain"
サイモン&ガーファンクル"Bookends"
ゾーイ・デシャネル"Suger Town"
ジョセフ・ゴードン=レヴィット"Here Comes Your Man"
ザ・スミス"There Is a Light That Never Goes Out"
製作マーク・ウォーターズ〔監督〕
配給20世紀フォックス
編集アラン・エドワード・ベル
字幕翻訳古田由紀子
あらすじ
メッセージカード会社に務めるトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、会社に入ってきたアシスタントのサマー(ゾーイ・デシャネル) に一目ぼれ。その日から奥手な彼の幸福と苦悩の500日が始まる…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
78.《ネタバレ》 冒頭に「この映画は恋愛映画ではない」とあったので、予想外の展開を期待したがハズレ。恋愛映画ですよね。残念。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 5点(2017-02-10 23:06:36)
77.《ネタバレ》 観終わった後、ペニースと叫びながらIKEAを駆け巡りたくなる映画。

と、それはさておき、映画冒頭のナレーションで「これは恋愛映画ではない」と断言している本映画ですが、それも一理あります。
一般の恋愛カテゴリの映画はそのターゲットが「若い女性」なわけですが、この映画は、ある程度年をとった男性が観たときに一番共感できるようになっている珍しいタイプの恋愛映画だからです。
主人公が男性だというラブコメや恋愛映画は多数あるわけですが、しかし感覚的な意味でまで男性視点の物というとほとんど存在せず、そういう意味では一般的な意味での「恋愛映画」とは少しずれた映画だと言えます。
ラブコメとも違いますし、あえてジャンルを定義するならば「恋心に振り回される男性を描いたコメディ映画」(長いよ)というところでしょうか。

さて、ラストの「1日目」に登場する運命の人(らしい)オータムはサマーより圧倒的に美人なんですけど、これは「運命の人」だからこそ主人公の主観では「すごく美人に見える」という事を表してるんだと思います。
そうでなければ、実際にあんな超美人から話しかけてくれるなんてサプライズがあるはずありません。
ないない、絶対ない!!うらやましすぎるだろ、おい!(←男のジェラシー)
あばれて万歳さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2016-12-10 18:46:37)
76.《ネタバレ》 いわゆる恋愛感性の違う二人が一時寄り添って別れた、ただそれだけのよくある男と女の話です。でもこの映画は、恋はしないよりもすること、そして結果よりはその過程、人を好きになって苦しみ悩むこと、それが人を大きく成長させることを語っている。彼女が"卒業"を観て泣いたのはなぜだろう。ただの思い入れではなく、心境ががっちりとリンクして感極まったように見えた。結婚することへの後悔か、トムへの罪悪感なのか。あるいはトムに略奪されることを望んでいたりして。その結婚した彼女を祝福した彼の姿は潔く男らしい。二人は、結婚と恋愛は全く別のものだとわかっています。だから二人は別れたのではなく、"恋人"で終わることを選んだ、あえてそう言わせてください。
タケノコさん [DVD(字幕)] 6点(2016-03-07 23:07:49)
75.《ネタバレ》 始終イライラする流れで,これが恋愛映画なのだろうかと思ってしまいます。サマー(ズーイ・デシャネル)の身勝手さに嫌だなという感覚しかありませんでした。私自身がサマーのようなことをした覚えもあり,昔付き合っていた人がサマーのようなことをした覚えもあり,そんな嫌な自分,嫌な相手を思い出させる映画って観なければよかったと思います。ラストでトムに救いがあったから4点なのですが,サマーが心変わりしていく様子は全てトムから見たものだけ,というのが斬新なのかもしれません。ところで,ズーイ・デシャネルってそんなに可愛く感じますか?私は,なんだかイラっときてしまいます。メグ・ライアンに似ているのですが,何だか表情に乏しいというか,笑顔が好きになれないのです。
蝉丸さん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2015-10-13 22:15:39)
74.映画サイトでの好評価が気になり、観ることに..本作は、珍しく 男目線のラブストーリー..キュートでモテモテ、でも永遠の愛なんて信じない 少し変わり者の彼女と、ダサくはないが微妙にさえない、永遠の愛を夢見る 男(主人公)の、恋愛の軌跡をたどる 物語..う~ん、思ってた以上に、面白かったです..物事の心理、根幹、を意外とするどく突いた、秀作ですね..人間関係が長く続くには、必ず何か理由がある..男女なら、なおさら..目に見えない(フィーリング) 奥深く とても大切なもの..作中では、「運命」 として、語られていますが..この微妙で分かりにくいニュアンスを、100分足らずの中に、上手く盛り込み 描ききっていると思います..答えとなる、ラストシーンが秀逸ですね..監督と脚本の、センスの良さが光ます...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 8点(2015-03-01 14:30:15)
73.《ネタバレ》 恋を信じず、永遠に続く愛も信じていないサマー。その子に運命を感じたから、自分と付き合えば、この子は変わるんだと思い込んだ、トム。トムがサマーに振り回されてかわいそうだと思ったけど、人生ってそんなもん。自分が相手を変えるのじゃなくて、2人が出会って自然と変わるもん。どっちかが強く思ってもダメ。
そうやって感じられるのは、私自身が、結婚して幸せにやってるからだろうな。まだ結婚していない時にこの映画を見ていたら、サマーに対して嫌悪しかなかったのだと思う。でも、最後の最後に、明日への希望とも取れるシーンが出てきたので、スッキリできたとも思う。
リノさん [DVD(字幕)] 7点(2015-02-25 18:06:09)
72.《ネタバレ》 大失恋してから観てください(笑)経験があるとないとでは全く感じ方が違うと思います。
失恋しといて良かったと思えます。楽しすぎます。
恋に落ち込んでる人にはラストを観れば明日への活力になる映画ではないかと。
失恋立ち直り映画の傑作ッス!
ドンマイさん [DVD(字幕)] 9点(2015-02-07 00:19:10)
71.何よりズーイー・デシャネルが可愛くてハマリ役でした。少しエキセントリックでオシャレなサマーは、ここ数年でもとりわけ可愛い!と思ったヒロインです♪両親が離婚しているせいかちょっと屈折しているのはしょうがない…かもよ。まあ、私がトムだったら同じくビッチ!と冒頭で言ってしまう位のひどさでしたけどね。最後に希望を残して締めくくる爽快な映画でした
SAEKOさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-01-06 23:24:10)
70.《ネタバレ》 可愛い女は皆とても面倒くさい。 私は何年も費やしたから、(500)日で済んで良かったと思う。
DAIMETALさん [DVD(吹替)] 5点(2014-11-24 11:41:18)
69.《ネタバレ》 ゾーイ・デシャネルの可愛さは認めるが、あまりに自分勝手と思われる行動はダメですな。でもなー、可愛いから許しちゃう的な気持ちも分からなくもない…要するにサマーは小悪魔的なやつなんですよ、たぶんきっと…ここらへんは男の弱いとこですな(苦笑)。なんだこいつは!と思わせといての1日目に戻るラストにだいーぶ救われました。いい出会いがあってよかったね~、こういうところも人生の楽しみだと解釈することにします(笑)、ということで意外と良かった!7点!
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-11-24 01:47:33)
68.《ネタバレ》 うわ、みんな(特に男性諸氏)サマーに優しいなあ。このめんどうなコは同性から見ても要注意だよ。結局自分勝手だもん。冒頭、作者自らが怒りに震えて恨みを吐き出しているではないか(笑)ちゃっかり誰かのヨメになったサマーに「幸せになってくれ」だなんて、ええー、優しすぎるよ。逆の立場なら「くたばっちまえ アーメン」だよ。シュガーだ。かなり古いが。
時系列を行ったり来たり、理想と現実を並べてみせたりと、作り手の新しい感性がなかなか楽しい。母性輝くトムの妹、クロエ・グレース・モレッツもとても魅力的。
ともあれ、心優しき草食系の男性たちに良き出会いがあるよう、サマーのような子を反面教師として学ぶ意義は大いにある映画ではあります。
tottokoさん [DVD(字幕)] 6点(2014-11-19 00:31:35)(良:1票)
67.《ネタバレ》 運命の相手と出会った男を追った500日の恋愛模様。
本当に何処にでもありそうな話。なのに、これ程引き込まれるとは。
500日と限定している所がうまい所で、1日目から順にストーリーが展開していくわけではなく、突然314日目とか進んだと思ったら主人公が落ち込んでいたりして、また100日目とかに戻ると彼女と幸せそうにしてる。何日目から恋が終わったのかとか推理する楽しみもあったりして、そこが面白い所だと思った。
あと、主人公が落ち込んだ時にいつも大人びた意見で励ましてくれるクロエちゃんはマジ天使。500日付近になってくると主人公も老けてきて、なんか落ち着いた雰囲気に。こうやって人間は成長していくんだな。今度の恋はきっと成就する気がするぜ。頑張れ!と思った。
完全に主人公の男に共感しながら見てたのだが、主人公同様サマーの心が全く掴めなかった。これって女性が見たらどう思うのかな、と少し気になった。
ヴレアさん [DVD(字幕)] 9点(2014-10-26 16:34:06)
66.「これでよかったんだよ、トム」と言いたい映画です。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-09-28 17:29:56)
65.これと言って特徴のない普通の映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 4点(2014-09-27 00:41:44)
64.評判が良かったので鑑賞しました、まず第一にゾーイ・デシャネルが可愛すぎる。ホントに人形見たいな可愛さ、コレに尽きます。この子に振り回されるとみんな壊れますよ。。そしてラストが酷すぎる。ある意味コレしか落とし所はありませんが、コレはあまりにも残酷だ。モテる女に振り回された普通の男の悲劇です。立場が逆だと非難轟々でしょうねおそらく。

特別悪い箇所も見当たりませんが、ライブラリしたいほどの魅力も感じませんでした。ある意味一番悪い5点(どうでもいい?)といったところです。
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2014-09-25 15:20:42)
63.この映画を観て『女性は上書き保存、男性は名前を付けて保存』という恋愛の格言(?)を思い出しました。オチはすごく好きなタイプです。
thiariさん [DVD(字幕)] 5点(2014-08-06 12:53:44)
62.《ネタバレ》 これは運命の女性と出逢うまで幸せになれないと思っていたトムと、彼が一目見て運命の人だと信じてしまった美しい女性サマーとの500日にわたるボーイ・ミーツ・ガールな物語である――。何処にでもあるような平凡な男女の平凡な恋物語を時間軸を行ったり来たりする斬新な設定とセンス溢れる美しい映像と音楽とで見せる切ないラブストーリー。普段、こういう恋愛を真正面から取り上げた映画ってあんまり観ないのだけど、「キックアス」のヒットガール役で僕のロリコン魂に火を点けたクロエ・グレース・モレッツちゃんが出演、しかも最近はすっかり“女の子”から“女”へと成長してしまった彼女のまだ“女の子”だった時代の貴重な姿を是非ともこの目に収めておこうという超不謹慎な理由で鑑賞してみました。なんだけど、うーん、クロエちゃん、あんまり出てなかったぁ(泣)。と、冗談はさておき(?)、もっと女性向けの作品だと思っていたら、意外にもこれって男性目線な映画だったんですね。500日と言えば、ちょうど付き合い始めてからの天国気分から喧嘩や倦怠期やらで危機を迎えたものの、なんとか仲直りできたにもかかわらずやっぱり別れちゃって、でも彼女のことが忘れられなくて縒りを戻すために頑張ってみたり…という誰もが一通り経験するオーソドックスな恋愛のちょうどな期間。特に、300日を過ぎて彼女と別れちゃったトムのウジウジしたどうしようもない駄目な感じ、なかなか共感できました(笑)。男ってこんな時期あるよね~。僕も当時付き合っていた大好きだった彼女にフラれちゃって、それにその頃ちょうど仕事も上手くいかなくて、そのまま酒に溺れてどん底生活を送っていた時期があったので、観てるとその頃のことを思い出しちゃってなんだか無性に切なくなってしまいました。「海に魚はいっぱいいるわ。今は彼女しか居ないと思ってるんだろうけど、私はそうは思わない」トムの妹を演じるクロエちゃんのそんな優しい言葉に素直にジーンときちゃったっす(あー、またこれで僕のロリコン度が増してしまうだろーな笑)。と、またまた冗談はさておき(?)、辛い失恋を経験した全ての男たちに観てもらいたい佳品でありました。お薦めっす。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2014-05-31 00:42:02)
61.平凡なストーリーを、様々な手法と工夫で楽しく見せてくれました。ただ、主人公の男にはイライラさせられっぱなし!いくら恋愛ベタなオトコという設定とはいえ、精神年齢がガキ過ぎてウンザリ。10代くらいの時に観れば多少共感できる部分もあったかもしれませんが・・・。
ramoさん [地上波(字幕)] 6点(2014-05-17 23:41:47)
60.2014.04/27 鑑賞。いろんな雰囲気を感じさせる。クロエ・グレース・モレッツが可愛い。鑑賞後、すぐTVで聞きビックリ!!日本のランドセルをファッションとして利用したのがゾーイ・デシャネルとは・・。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-05-05 21:03:07)
59.《ネタバレ》 普通ラブストーリーは2人が出会って、恋に落ちて、そしてその結果別れたりゴールインしたり…というラストまでの日々を順番に描いていくのですが、本作は○日目、その次はずっと時は進み○日目、かと思ったら元に戻って○日目という具合にその日々をかなりバラバラに組み替える。

そんな中に独特のテイスト、センスの良さを感じます。特にホール&オーツの“you make my dreams”に乗せて見せるミュージカル調のシーンや、「理想」と「現実」を2分割で見せるシーンが面白い。

また、本作は徹底的に男の立場から描かれたラブストーリーであり、思い起こせば恥ずかしき、若い頃の自分のとある恋愛を久々に思い出したりしてちょっと苦い思いもしましたが、それもまた良し。終盤は湿っぽくなりますが、それを忘れさせるような500日→1日目に戻るラストが素敵でした。
とらやさん [DVD(字幕)] 7点(2014-03-05 21:48:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 78人
平均点数 6.72点
000.00%
111.28%
200.00%
322.56%
445.13%
51012.82%
61519.23%
72126.92%
81215.38%
91215.38%
1011.28%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review4人
2 ストーリー評価 6.00点 Review5人
3 鑑賞後の後味 5.80点 Review5人
4 音楽評価 6.40点 Review5人
5 感泣評価 6.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS