ヒトリマケのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > ヒトリマケ
 > (レビュー・クチコミ)

ヒトリマケ

[ヒトリマケ]
2008年【日】 上映時間:118分
平均点:3.71 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-10-25)
サスペンスコメディ
新規登録(2010-02-03)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2010-06-19)【マーク・ハント】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャスト街田しおん(女優)荻野耳あけみ
清水ミチコ(女優)ヒトリマケ管理人 倖田未来(特別出演)
磯山さやか(女優)幸せな家族??母
小阪由佳(女優)オープンカフェの店員
山寺宏一(男優)ラーメン店主
インリン・オブ・ジョイトイ(女優)保健の先生
安達祐実(女優)和久井成子(特別出演)
村上連(男優)
設楽統(男優)
三又又三(男優)
亜希子(女優)
あらすじ
とあるマンションの一室に集められたゲームの参加者は6人。みな借金を背負っており、投票で全員の借金を引き受ける一人を決めるという。それが『ヒトリマケ』の仕組みだ。ゲーム成立の要件は、選出された本人以外の全員一致。果たして負け残る1人は誰になるのか?6人の奇妙な共同生活が始まった…。テレビ東京人気バラエティ番組『ゴッドタン』の名物企画“キス我慢選手権”を手がけた四季プロデューサーの劇場初監督作品。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.くだらなく、つまらなかった。
竜ヶ沢中段さん [DVD(邦画)] 4点(2014-02-06 22:17:57)
6.《ネタバレ》 俳優陣を全員変えて、予想外の戦略とかあったらなぁ。メインの新人俳優が大根ってのはかなりキツい。そういえば、一緒に住んでる父親に借金を背負わせる事に何の意味があるのだろう。せめて親戚とか、そっちの方が納得はいく。
真尋さん [地上波(邦画)] 4点(2011-01-09 15:33:47)
5.《ネタバレ》 序盤に期待させた清水ミチコの演歌の1番に4点、くだらないオチでイラついていた神経をさらに内輪ネタで逆なでしたラストで流れたとってつけたような2番に-1点、合わせて3点です
とっとさん [DVD(邦画)] 3点(2010-09-23 00:15:56)
4.《ネタバレ》 最近、はやりのゲーム感覚のサスペンス。主演の街田しおんやぶりっ子の亜希子の印象が強い。井戸田潤や安達祐実の組み合わせも見所なのかな。ただ、内容というより製作がチープで、期待はしない方が良いです。気軽にだらけながら見ると良いでしょう。でも、ラストのオチが子供に魚にパソコン。別に大して意外性を感じなかったですね。
マーク・ハントさん [地上波(邦画)] 5点(2010-06-13 19:28:43)
3.ここのキャスト情報を見て期待したら確実に裏切られます。
主要な登場人物は大根だらけ。
学芸会じゃないんだから、もう少しまともな演技をしてくれないと困ってしまう。
役者がまともだったら面白くなってたとも思えませんけどね。
まあ、内容的にも単なるパクリだし、どうしようもない作品です。
もとやさん [地上波(邦画)] 3点(2010-05-15 15:59:17)
2.《ネタバレ》 たまたま夜中テレビ点けてたら小沢さんが写ってたので鑑賞。まさかワンポイント出演だとは思いませんでしたけど。肝心の内容は「ライアーゲームの真似しちゃいました」映画です。とにかくアニメ声のまおちゃんにイライラ。2日目の投票も、0時回ったところですぐ投票すりゃ良かったのに。朝まで待つ必要も無かろうに。とか突っ込んでたらキリがない。途中挿入される幸せ(そう)な家族も、意味深な表情を出すだけで結局なにも干渉せず。安達祐実の使い方には笑いましたけど。オチはなんとなく「みなさん私に~」の流れになるのかなぁとか思ってたら、結果はズバリですがプロセスが違いました。夜中TVで見るにはちょうどいい映画(と言うか2時間ドラマ)でした。映画館で見た方お疲れ様です。
悲喜こもごもさん [地上波(邦画)] 4点(2010-05-15 04:01:11)
1.《ネタバレ》 かつて日本版も放送され、世界各国で人気を博しているTVバラエティ『サバイバー』のフォーマットに『ライアー・ゲーム』のエッセンスを加味したような本作のゲーム『ヒトリマケ』。アイデアは悪くありませんが、脚本が力不足でした。展開は淡白で面白みに欠け、結末のサプライズも弱いです。投票に勝つための戦略性もほとんど見受けられません。そして何より、本作を通じて何を伝えたいのか分らなかった。ゴッドタンキス我慢選手権で芸人の素の感情を演出した手腕を本作でも期待したのですが、不発に終わったようです。また本職外の芸人俳優を大挙起用したことも、作品の質の低下に繋がっています。スピードワゴン井戸田潤と安達祐実をあのような配役で共演させた“オモシロ”は買いますが、それだけが見所では物足りないです。エンドクレジットで確認できる“友情出演”の数は、おそらく映画史上最多でしょう。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 3点(2010-03-05 18:26:08)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 3.71点
000.00%
100.00%
200.00%
3342.86%
4342.86%
5114.29%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS