月に囚われた男のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ツ行
 > 月に囚われた男
 > (レビュー・クチコミ)

月に囚われた男

[ツキニトラワレタオトコ]
Moon
2009年【英】 上映時間:97分
平均点:6.94 / 10(Review 101人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-04-10)
公開終了日(2010-08-11)
ドラマサスペンスSFミステリー
新規登録(2010-04-12)【M・R・サイケデリコン】さん
タイトル情報更新(2015-04-26)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ダンカン・ジョーンズ〔監督〕
キャストサム・ロックウェル(男優)サム・ベル
カヤ・スコデラーリオ(女優)娘 イヴ・ベル
ベネディクト・ウォン(男優)トンプソン
ケヴィン・スペイシーガーティ
原作ダンカン・ジョーンズ〔監督〕(原案)
音楽クリント・マンセル
製作トルーディ・スタイラー
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特撮シネサイト社(視覚効果)
あらすじ
未来の地球。月は重要な資源の供給源であった。資源調達のため、3年契約で独り資源採掘の任務に就いているサム。あと2週間で地球に帰れる、愛妻と愛娘の元に帰れる、そんなある日、サムは採掘現場で事故を起こしてしまう。そして気がつけば、彼は基地のベッドの上に。しかし彼の傍らには信じられない光景があった。自分と瓜二つの男。一体その男はどこから来たのか?そして誰なのか?
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
101.途中、次のクローンが出てきてから少し内容を見失ってしまったが、直ぐに飲み込めました。怖い作品です。2代目もロボットもどこで裏切るのだろうかとドキドキであったが、後半は衝撃的な展開だった。主人公サムの悲劇がもっとピックアップされれば、もっとグッと来る良い作品だったかな。
SUPISUTAさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-12-23 20:48:26)★《新規》★
100.宇宙SFモノかと思いきや、別のテーマが主だったので若干意外だった。配給会社はネタバレしないように宣伝するために、気を使ったかも。
予算がかなり少なく済んでそうだけど、ちゃんと見られる作品で良かった。
くろゆりさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-12-17 11:10:59)《新規》
99.《ネタバレ》 2009年の映画を全部見たわけではないが、これよりは第9地区のほうが上だと思ってはしまうが、
それでも第二位にはこの作品は来るだろう。
また、第9地区が低予算(今見たらMOONの6倍)とはいえ、CGバリバリだったのに対して、これのCGはオープニングのテロップ表示など
ごくごく小さな部分に抑えられている。
つまり超超低予算の本格SFというわけだ。
SFはリアリティを出すために金をかけねばならんが、これは月の密室であるという舞台、
また月を走る車をラジコンにする(これはこれで重力の軽い月ではリアリティがある)など工夫が見られる。

何より、登場人物が少ない。
メインは主人公、あとロボット、その他いくつかのナレーションの声や家族の声、これのみである。
最初のプロモーションビデオや家族のビデオを除いて主人公以外に動いてるキャラはいない。
いや、人物の人数と面白さは関係ないのは当然で、最低二人いればいい、いや一人でもいいはず。
この作品はロボットと「主人公」の「二人」だけしか出てこない。
その中でこれだけの話が作れるのである。

なんだかネタバレなしレビューっぽくなるが、
状況としては月にあるヘリウム3の採掘に成功した会社が、
人を一人送り込んでヘリウム3を採掘させる、退屈させない、不自由させないためにロボットを置く、というもの。
SFファンにとってヘリウム3はメタンハイドレート以上に夢の気体であることはわかるはず。
簡単にいえばヘリウム3かメタンが自由に取り出せれば石油社会は終了するってことです。
そんな重大ながらも孤独な仕事に疲れている彼はある日休憩所から採掘所まで行く間に事故を起こし怪我をし、、、

という話。ここからネタバレ。
要するに彼はコピー、「主人公」が死ねば次の同じ人間が同じ記憶でまたはじめる繰り返しを
主人公のオリジナルの人間が会社と契約を交わした。
この映画の「主人公」が何代目かはわからないが、少なくとも彼のコピーは何十体も仕舞われていたし、
ビデオでは3歳くらいに見える娘は少なくとも成人はしているだろう。
20年として「主人公」一体の契約が最大3年として7代目ソウルブラザーズ以上であることは間違いない。

というところが途中経過。
そこから怪我をした「主人公」と「次の主人公」二人のバディものになっていく。
さらにはいかにもそんなことをしたらこちらを攻撃してきそうなロボットはロボット三原則に忠実なのかこちらの良き理解者になるのもものすごくいい。
話は最後、ニュースのナレーションだけで終わるが、それだけで何が起きたかわかるし、
オリジナルが今何歳でどういう状況かとか、「主人公」が地球でどんな扱われ方をされるか、とか
そんな内容ははっきりいってヤボすぎるだろってもんで、書いててめちゃめちゃ傑作だよこれと思ったが
それでも第9地区と比べると第9地区のほうが上であちらが9点か10点なのでこれは8点。
9点あげてもいい8点と思ってください。

あと日本語タイトルは「月に囚われた男」、原題は「MOON」。
英語を少したしなんでるんでMOONも悪くはないですが、いかにもやぼったい古き良きSF的タイトルのこれは好きです。
にんじんさん [DVD(吹替)] 8点(2019-11-29 13:15:46)
98.《ネタバレ》 イギリス映画なんですね、イギリス映画はそれがSFでも風刺とユーモアとペーソスに溢れた映画になるんですね、SFは好まないけどすんなり観られました。邦題がサエてると感じたのも本当に久しぶりです。
別にクローンに作業させることはいいんですよ、でもなぜあのような記憶を?なにかとても残酷じゃないですか?ひとりめのサムが「帰りたい」といって泣くシーンは切なすぎてもらい泣きしそうでした。
宇宙飛行士ではなく、月で採掘作業をする労働者階級なんですよね。こんなところもイギリスらしいです。音楽も好みでした。
ラストは企業が告発されるんですが少々ストレートすぎかな、もうひと捻りあるとよかったです。
ガーティは通り一遍じゃない泣かせるいいヤツでした、声はケヴィン・スペイシーなんですね。
コレいい映画だと思います。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2019-05-18 21:47:40)
97.《ネタバレ》 ●物語進行の舞台はずっと月。地球の場面は小さなモニターに映されるときだけ。主人公が帰りたいのに帰れない場所という感覚が伝わりました。●ばれたらまずいらしいクローン技術など使わず、普通に人員交代したらいいのでは?と疑問に思います。●ロボット、絶対裏切るだろうと身構えていましたが、案外いい奴でした。心が温まる気分です。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 8点(2018-05-20 22:38:20)
96. 最初は理解が追い付かず混乱したけど、内容を頭の中で整理できた瞬間ゾッとした。
池田屋DIYさん [DVD(字幕)] 7点(2018-04-15 19:26:54)
95.《ネタバレ》 描かれるのは月の生活がすべて。
しかし、そこでの月ならではの苦難の描写は少なく、
地球への恋慕が数多く描かれる。

地球に帰りたい、どうしたら帰れるのか、どうしたら家族と話せるのか。
そのような近い夢を描くのはクローン。
そしてクローンは一つではなかった。

クローン同士なのに、妙に性格が異なり、
もどかしい協働をしていく様は新しく、
さて、どのような結末が幸せだったのだろうか、
というところに告発エンディング。

告発以外にも、絶望、多幸、失望、安堵、
などのエンドは考えられたと思うが、今作のエンドに関してはこの点数で。
元祖さん [インターネット(字幕)] 7点(2018-02-18 20:23:16)
94.《ネタバレ》 途中から二人になってどうなるのかワクワクしていたら二人ともクローンだったことに驚いた。しかもその二人が共闘するあたりがまたいい。ガーティもいい味がある。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-12-24 18:23:00)
93.《ネタバレ》 コンピュータ管理も含めた会社の管理体制など、設定に無理があるようで、切ないはずのシーンも納得がいきませんでした。韓国系の会社のようですから、たぶん月でもヘル月面してたんでしょうね。
えぴおうさん [インターネット(字幕)] 5点(2017-09-06 13:45:19)
92.《ネタバレ》 面白かったし、緊張感もある。
でも最後のテロップはない方がいいと思う。
ガーディはなぜ企業を裏切ってサムに協力してくれたのか、
普通に考えると企業に従うよう設定されているはずなので
そこでエピソードというか根拠があればもう少し入り込めたかも。
Donatelloさん [DVD(字幕)] 7点(2017-07-25 11:45:55)
91.《ネタバレ》 クローンでなくても、任務遂行は出来そうでしたが、滞在期間短くして頻繁に
交代要員を送迎するより低コストなの?クローン設備の方が掛かりそうだなあ。
いろいろ都合のいい設定があるが、それでもクローン同士の友情物語は響きました。
全く情報無しに見てしまい、最初の幻覚のシーンでホラーなのかと勘違い。
途中から引き込まれて最後まで見入ってしまいました。舞台セットも素晴らしい。
クローンに、記憶を移植して、事実は秘密にして3年間の安定運用を目指した形。
でも本人にバレちゃったというお話。
記憶が完璧であるほど、偽物と気づいた時のショックはデカイよねえ。
コスト削減だからって、長期間のワンオペは辛過ぎる。それを耐える為の
地球で待つ家族との微妙な設定を構成して記憶の移植。なるほどねえ。
映像は社会派スペースドラマですが、お話の根底は薄気味悪いモノでした。
でも、ラストで一矢報いたのがわかるエンディングで、少しだけ救われました。
記憶の移植は、前人格の殺害に等しいというテーマは、ゴーストインザシェルとかでも
出てきます。SF映画の定番素材になってきましたね。
グルコサミンSさん [DVD(字幕)] 9点(2017-04-16 00:17:59)
90.《ネタバレ》 この手の映画は沢山みているので、ある程度予想してましたが、
それでも楽しめる作品でした。

2回見てみると、より楽しめる作品になっていると思います。
ローグさん [DVD(吹替)] 7点(2016-12-18 13:38:05)
89.《ネタバレ》 話の構造は極めてシンプルだし、変に大騒ぎしないからこそ、目の前の危機感がじわじわと染み渡ってくる。無駄なし、無理なし、ムラなしの清冽な作り方が、作品を心に残るものにしている。●主人公の目覚ましの曲がチェズニー・ホークスの"The One And Only"というのは、明らかに狙ってますね。2回もかかってるし。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-07-30 02:16:27)★《更新》★
88.《ネタバレ》 人類にとって夢のような資源が月にあった。1人の人間の大量のクローンを3年ごとに入れ替えて採掘をさせ続けるという怖~い未来の話。3年が近づくと急速に体調が悪くなるのは遺伝子操作によるものなのか。徐々に明らかになる真実に興味津々。ただ、2人のクローンが鉢合わせするのは、これだけの計画(きっと予算が相当かかっている)にしては絶対にあってはならないミスだし、計画を実行するマシンも主人公に協力的だったりして結構ゆるゆるだ。もう少し緊張感を出してくれないとダメだな。
ぽじっこさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2016-07-18 20:46:00)
87.《ネタバレ》 登場人物が少なく、隔離されたシチュエーションという低予算映画だが、十分に引き込まれる良作品
ドクターペッパーさん [インターネット(字幕)] 7点(2015-09-22 15:20:02)
86.《ネタバレ》 低予算映画でどうやって重力の小さい月面基地の内部を描くか。その答えが、「んなコト、知ったこっちゃねえ」と言わんばかりに普通に卓球やってみせる。はい、参りました。意外な設定と繊細な描写で、地味ながらじっくり見せるSF作品。地球への帰還を待ち焦がれる主人公が、実は使い捨てされる運命のクローンだという訳ですが、クローンになんでわざわざバカ丁寧に、こんな現実的なニセの記憶を植え付けて、無駄な期待を抱かせるんですかね~、他にナンボでも方法がありそうなもんですが……とかいうストーリー上の合理性を求めるのも野暮ってなもんで、「理にかなった物語」よりも詩情なり哀しみなりが優先されることには当然でありましょう。ただ、ちょっと……前半の、現実と非現実が交錯する一種の幻想性に対して、そこに発生する「自分がもうひとり現れる」という事件もまたその一環かと思いきや、これは幻覚ではなかったという後半のSFへの転換。これが作品のミソなんでしょうけれども、残念ながらもうひとつピンときませんでした。幻想性を引きずってしまうが故に、なかなか現実のもつ絶望感や残酷さがはっきりとしない。いっそファンタジーとして突き進むなら、主人公(といっていいのかどうか?)には、ラストは「地球以外のどこか」に向かって欲しかった気もするのです。
鱗歌さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2015-02-28 09:59:07)
85.《ネタバレ》 皆さん、これまで地球環境を汚し続けてきたエネルギー問題を我が社は画期的な手法で改善することに成功しました。人類を救うエネルギーは、なんと空に浮かぶ月の裏側にあったのです。太陽エネルギーを多量に含む石を月の裏側から採掘することで、地球のエネルギー消費の約7割をまかなうことが出来るようになったのです。月の力は私たちの未来を創造する。――ルナ産業。

近未来。月の裏側に建造された採掘施設で、たった独りで仕事をこなしてきた作業員サム。3年という契約期間の満了を2週間後に控えた彼の、唯一の心の慰めは人工知能を搭載したロボット・ガーティとの何気ない会話と、地球に残してきた愛する家族からのビデオレターだった。「もうすぐ地球に帰って愛娘にキスできる…」と浮き足立つサム。そんな折、彼は採掘場で致命的な事故を起こしてしまう。瀕死の状態で基地へと連れ戻されたサムだったが、そこで自分と瓜二つのもう一人のサムと出会ってしまうのだった…。いったい彼は誰なのか?そしてこの施設に隠された恐るべき真実とは?舞台はこの採掘施設のみ、主演俳優もほぼこのサムの一人二役のみ(あ、人工知能の声役のK・スペイシーも忘れちゃいけないね!)という、そんな明らかな低予算映画なのだけど、センス溢れる映像&音楽と練られた脚本の力で最後まで小気味良く見せきるSF映画の佳品へと仕上がっておりました。いやー、良いっすね、この孤独感。こういう広大な宇宙の中で独りぼっちという寂寥感溢れるSF作品、もろ自分の好みっす!あの人工知能のガーティ、今までのSF映画の常識なら確実に後半で主人公を追い詰めていくんだろうなと思いきや、最後は意外にも男気(ロボット気?笑)を見せるトコなんか気持ちよく騙されました。2人のサムが辿ることになるそれぞれの運命もなかなか切なかったしね。まあ、後で思い返してみればアイデア的にはそんなに新しいものはなかったし、設定にも突っ込みどころ(こんな凄い技術があるなら人を常駐したりせず、全部オートメーションにしたら良かったやん!とか、サムが最初に手を怪我するきっかけになったあの不気味なおねーちゃんは結局誰やったねん!とかッ笑)はあったけど、普通に面白かったっす。うん、7点あげちゃおう!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2015-01-23 11:13:29)
84.《ネタバレ》 序盤は有り勝ちな近未来SF。
ヘリウム3とかの設定はいろんなSF作品に登場するので、斬新さは感じないけど、嘘臭さも無くて物語に現実味を与えてると思う。
唯一気になったのが、流石に1人で勤務はさせないだろうという点だったけど、まさかそれがシナリオの本筋だったとは驚きです。
1人で勤務してる理由にきちんとした説得力を持たせる構成に感服しました。
中盤もう1人のサムが登場して多少混乱したけど、真相が明らかになってから一気に話が面白くなった。
この作品はSFの設定を借りた友情物語だったんですね。
実はちょっとガーティのことを疑ってたんだけど、サムとガーティの友情がさり気なく描かれていて、ちょっと泣きそうになる。
返事に困ったら食事を勧めるガーティがとても愛らしくて、疑ったりしてごめんよって反省しました。
そして、終盤はサムとサムの友情物語というSFならではの展開。
最終的にはサムとガーティの友情もサムとサムの友情も自己犠牲という形で昇華していて、とても感動的でした。
派手さはないけど、自分とは何なのかってちょっと哲学的なことも考えさせられてしまい、しみじみと切なさの漂う良作だと感じました。
あと、もう一度見直してみたら、細かい伏線がきちんと散りばめられており、丁寧な作品作りに感心しました。
かなり低予算で制作されたらしいけど、映像にそれほど陳腐さはなく、味わい深い作品に仕上がっていると思います。
もとやさん [DVD(字幕)] 9点(2015-01-17 15:52:12)
83.プロット、ストーリー、見せ方、監督の価値観、どれも素晴らしいものでしたが、なんだか地味。哲学的で正統派でストーリーの破綻も無く、文句の付けようがなかったのですがなんだか地味。不覚にも途中で眠くなってしまいました。

派手なだけのバカ映画が氾濫している昨今、こういった映画は貴重でホンモノの香りがしますが、、やはり多少の派手さも必要なんだなと改めて痛感しました。何かワクワクさせる派手なシーンが差し込まれていたら最高得点だったと思います。(馬鹿っぽい派手さは全く必要ないが)
とにかく惜しいとしか言いようが無い。とっても好きな感じでしたが、人には勧めにくい映画でもあります。
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2015-01-02 13:45:52)
82.《ネタバレ》 物語の乾燥した雰囲気はとても良かったのですが、主人公が2人になってからストーリーが理解できなくなりました。設定としては面白いのでしょうけれど物語が淡々と進むので途中で眠くなってしまいました。もう一度観ればまた感想は違うかもしれませんが。
珈琲時間さん [DVD(字幕)] 5点(2014-12-23 10:10:12)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 101人
平均点数 6.94点
000.00%
100.00%
200.00%
310.99%
410.99%
51110.89%
62019.80%
73736.63%
82221.78%
965.94%
1032.97%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.21点 Review14人
2 ストーリー評価 7.37点 Review16人
3 鑑賞後の後味 7.26点 Review15人
4 音楽評価 7.27点 Review11人
5 感泣評価 6.36点 Review11人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS