アデル/ファラオと復活の秘薬のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アデル/ファラオと復活の秘薬
 > (レビュー・クチコミ)

アデル/ファラオと復活の秘薬

[アデルファラオトフッカツノヒヤク]
Les aventures extraordinaires d'Adèle Blanc-Sec
2010年【仏】 上映時間:107分
平均点:5.29 / 10(Review 31人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-07-03)
アドベンチャーファンタジー漫画の映画化
新規登録(2010-06-07)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2018-04-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リュック・ベッソン
キャストルイーズ・ブルゴワン(女優)アデル・ブラン=セック
ジル・ルルーシュ(男優)カポニ警部
マチュー・アマルリック(男優)デュールヴー
フィリップ・ナオン(男優)メナール教授
岡寛恵アデル・ブラン=セック(日本語吹き替え版)
納谷六朗デュールヴー(日本語吹き替え版)
塚田正昭メナール教授(日本語吹き替え版)
石森達幸エスペランデュー教授(日本語吹き替え版)
多田野曜平ジュスタン・ド・サン=ユベール(日本語吹き替え版)
勝杏里アンドレイ・ズボロフスキー(日本語吹き替え版)
脚本リュック・ベッソン
音楽エリック・セラ
撮影ティエリー・アルボガスト
製作ヴィルジニー・シラ
リュック・ベッソン(製作補)
配給アスミック・エース
衣装オリヴィエ・ベリオ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
31.俺の好きなリュック・ベンソン監督作品は
1.レオン
2.ニキータ
3.グラン・ブルー
なので、本作みたいなドタバタはイマイチ。
でも『TAXi』シリーズは面白いので、リュック・ベッソンはドタバタコメディ物は脚本だけ書いて他の監督に任せた方がいいもかも?
だがひょっとしてこういうものだと割り切って数年後にもう一度観直せば楽しめるのかもしれない。
ガブ:ポッシブルさん [ブルーレイ(吹替)] 5点(2017-11-10 23:15:06)
30.《ネタバレ》 ちょ!ちょっと待てい!評価が低すぎてビックリなんですが!!

いや、リュックベッソンてのは、そもそもはこういうハチャメチャアドベンチャーが大好きなんだと思う。私の大好きなリュック映画は「レオン」よりも「フィフス・エレメント」だが、あれは彼が子供のころ作った話で、リュックは そもそもああいった「なんじゃそら!」的なヒロイン活劇がお好みなのだと信じていますよ。

で、このアデルの話にしても、そういった、問答無用のハイテンション冒険ストーリーに仕上がっていて、フィフスエレメントと同じくらい大好きな作品。

留置されている教授の脱走を手助け出すために、アデルが食事係や修道女や医者に変装してしのびこんでは失敗するシークエンスは何度見ても彼女がキュートで仕方ない。
教授がギロチンにかけられる寸前に、翼竜にサっとつかまれて救出されたその勢いでうっかりギロチン台に頭を乗せてしまった死刑執行人の上にギロチンの刃がドーン!って、ブラックすぎて強烈だ(笑)
ヒロインの妹の傷を治してもらうべくルーブル美術館にしのびこんだ場面では、傷あとを巻く包帯のために、仲間のミイラが巻かれた包帯をほどかれてクルクル回るところは、時代劇で悪代官に帯をほどかれて「あ~れ~・・・おたわむれを~!」ってやってる着物娘みたい。
ドサクサにまぎれてアデルの妹が覚醒する前にチュっとするとか、おちゃめなエロじじいファラオも笑えるではないか。
そのファラオが従者たちと共に”散策”で美術館の外に出て、中庭を眺めながら「ここにピラミッドを建てると良いな」などとさりげなく言うのだが、実際今のルーブル美術館の中庭にガラス張りのピラミッドがあるので、「実はこのピラミッド、ファラオの命令だった!?」なんていう時代を超越させるギャグにも心底笑った。

この映画はそもそもドタバタ・ハチャメチャ・アドベンチャーコメディ。アデルに品性や誠実性を求めてどうする!
(第一、アデルは最初から誠実キャラではない。それを証拠に、最終的には自由人アデルは一人旅に出かけ、彼女に片思いしていた青年は彼女の妹とハッピーエンドになる予感をさせる形で終わっている)

とにかくこの作品はつべこべ言わずに無心でギャグの荒波に乗っかったもの勝ちだ。さぁあなたは乗れるかな?
フィンセントさん [CS・衛星(字幕)] 10点(2016-07-12 12:32:46)
29.これ、本当にリュック・ベッソンなの?相当がっかりしました。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 3点(2016-01-02 20:27:53)
28.《ネタバレ》 白熱したテニスのラリーシーンは見応えあり。タイタニックに乗船させて。なんかフランス的な感じ。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 4点(2014-05-04 01:09:53)
27.「一体いつの時代の映画なんだ!?」と、2010年製作の映画に対して何度も突っ込まざるを得なかった。いちいちノリが古臭いというか、諸々の描写が気恥ずかしいというか、失笑と苦笑がひっきりなしに訪れる作品だ。

どうやら“おフランス”の古いコミックが原作のようなので、全編通して漫画的な展開が繰り広げられること自体は致し方ないとしても、コメディらしい表現が尽くピンと来ず、「愉快」に感じることが出来なかったことが最大の致命傷だと思う。

“面白げ”なキャラクターは続々と登場するが、その全員が完全にスベッている映画も珍しい。

まあ「お国柄の違い」ということなのかもしれないけれど、もし現代においてこれが大ウケするようであれば、僕はフランス人の感性を疑わずにはいられない。(フランス映画のコメディって酷いのが多いので、あながち外れてはいないかも……。)

ともかく、何よりも残念なのは、この映画の監督がリュック・ベッソンであるということ。
近年、携わった作品群を見れば、特別に驚くことではないのかもしれないけれど、こういう映画を真剣に監督しちゃっている姿を見ると、ファンとして「勘弁してよ…」と思わずにはいられない。

相変わらずの女好きが高じて、ヒロインに抜擢された無名女優ルイーズ・ブルゴワンのルックは独特な妖婉さを持ち魅力的だったけれど、彼女が演じる主人公のキャラクターそのものには特筆すべき魅力は皆無と言える。
一応、女インディー・ジョーンズ的な主人公を描いた娯楽映画である以上、彼女に魅力が無けりゃ面白い映画になりようがないと思う。

なんか意味不明な続編への布石もあったけど、ぜひとも頓挫して頂きたい。
鉄腕麗人さん [インターネット(字幕)] 2点(2013-10-17 12:30:49)
26.話が進むにつれて、どんどんバカバカしくなり、でも最後まで観ちゃいました。一歩間違えると、見るに堪えないB級ドタバタ映画になりそうでしたが、紙一重で「娯楽作品」の域にとどまっていましたね。これって、大して映画好きでもないカップルがデートで、他に行くところもないから「とりあえずこれでも観る?」っていうノリで観るような映画かな?と思いました。
ramoさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-03-08 18:55:30)
25.主人公に自己中心的な行動が多く目立ちマイナスです。妹の扱いは個人的に好きです。
真尋さん [DVD(吹替)] 5点(2013-01-26 16:41:58)
24.終始漫画チックな映画。事実、昔の漫画が原作らしい。これ単独で見ると可もなく不可もなくといった出来だが、原作の既読者にとっては喜ばしいシーンや演出もあるのかもしれない。その観点から観られなかった自らの無知を恥じる次第。ただ、予備知識無しで見てもわりと楽しめた。感情移入させようとせず、軽いノリを軽く楽しませる感じが、いかにもおフランス。
肛門亭そよ風さん [DVD(字幕)] 5点(2012-12-29 04:05:31)
23.女版インディ・ジョーンズを期待したら肩透かしを食らう。
冒険は冒頭だけで、後はパリに帰ってドタバタコメディ。
そして、コメディだったのかと気を抜いてると、テニスのシーンで驚愕させられた。
妹の様子をよく確認しておかなかった僕も悪いんだけど、確かによく見てみたらなんか突き出てる。
この演出は実に恐ろしい。
夢に出て来て魘されそうだ。
それにしても、主人公のアデルが自己中心的でどうも魅力に欠ける。
妹を救う為だったら人が死んでも気にしないという態度に人間性を疑います。
但し、おっぱいだけは魅力的だったので、トータルでは損してないような気もする。
もとやさん [地上波(吹替)] 6点(2012-07-19 20:25:18)
22.なんたる主人公の私利私欲ムービー(汗) アドベンチャーは冒頭だけ。あとは漫画原作(?)らしく有り得ないファンタジーコメディーです。ただし爆笑はできない。何も考えこみたくない暇なお休みにボンヤリ観るには良いかも。鑑賞後、頭に残ったのはアデルが井川遥、蘇ったミイラはウィッキーさんに似てたなぁって事。
movie海馬さん [地上波(吹替)] 4点(2012-04-26 21:10:08)
21.《ネタバレ》 リュック・ベッソン映画史上、もっとも肉感的なヒロイン登場!女の好みが変わったのかな? ベッソンさんまたまた中坊路線に回帰かと思いましたが、原作がフランスで人気のコミックなんだそうです。最初とラストにちょこっと出てくるマチュー・アマルリックの役柄を観てると、この辺のキャラはフランスでは説明不要なくらいポピュラーなんでしょうね。冒頭から『アメリ』や『インディ・ジョーンズ』を恥ずかしげもなくパクってるのでこの映画どうなっちゃうんだろうと心配しましたが、ヒロイン・アドヴェンチャーものじゃなくコメディだと思えばセンスも良いので楽しめました。 続編、あるかな~。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-03-29 00:42:41)
20.出だしの説明が長すぎて退屈でしたが、その後は楽しめました。アドベンチャーとコメディ-の両方を楽しめ、グロテスクな描写もたまにあって、不思議な世界でした。主人公がタイタニックに乗り、それを追う暗殺者、ラストシーンが続編を思い切りアピールしてましたが…。
おやじのバイクさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-03-09 19:30:18)
19.《ネタバレ》 リュック・ベッソンということで、なんとなく「見てみるか~」で見始めた。
普通に満足。ハムナプトラみたいな冒険モノを期待したらびっくりするだろうけど、
コミック原作の映画となれば、よくできているのではないかと思う。
ストーリーもテンポよく進むし、先の展開は予想できるのだが、
会話に含まれるウィットと、パリの美しい町並み、やたらと洗練されたパリ人のおかげか
「そう来るか」と、意外と虚をつかれることも。
アデルは美人ではないし、登場人物もアクが強く、はじめは慣れないが
不思議と見慣れてくる様になり、愛着がわく。
というか、個性が強い役ばかりなので「これ誰?」みたいな
私がハリウッド映画でたまに陥る混乱がなかった。
確かにグロテスクな、B級映画で、子供が鑑賞に耐えれる作品ではないが、
ぼんやりと頭を空っぽにして楽しみたい大人の娯楽としては十分。
夜野比瑪さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-03-03 23:18:44)
18.《ネタバレ》 かなり楽しめました。リュック・ベンソン監督作品はフィフスエレメントもそうですが、夢とユーモアがあり、なんともオシャレな雰囲気が好きです。
ハリウッド映画の様に明るく陽気なノリはなく、欧州的な残忍さと暗さが多少ありますが、それはそれでフランス映画らしい感じがします。いかにも続編があります的な最後のシーンがあり楽しみです。
sumaさん [DVD(字幕)] 8点(2012-01-11 19:10:13)
17.ん~、この手の題材は好きなのですが、あまり楽しめなかったよう。 エジプト、翼竜プテロダクティルス、ルーヴル美術館…と魅惑のコンテンツなのに、全体的に生気に欠けているせいかアピールせず。 エジプト物は「ハムナプトラ」以来というのもあってつまらなくはなかったですが。 ルイーズ・ブルゴワンは一生懸命に演じているのですが役にあっていないようでもあり、帽子のピンの使い方は目新しいとはいえグロイ。 翼竜も「ジュラシックⅢ」のプテラノドンより小型なので貧相に見えてしまふ。 復活ミイラの目を黒目がちにしてるのはカワイく見せるためかな? 最後にラムセス2世がつぶやくジョークが、リュック・ベッソンが着想をルーヴルのガラスのピラミッドから得たのでは、と思わせます。 それと「三銃士」もですが、最近のアドベンチャー映画の副題は長くなる傾向にあるようで。
レインさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2011-11-02 07:00:04)
16.フランス制作だと、ハリウッドとはまた違う趣になるんですかねえ。なんか描写も少し残酷チックやグロいテイストもあって、日本人の私には違和感たっぷり。ただ、やっぱりユーモアとかお洒落な演出もまたいつもと違った感じでフランスのかほり。主人公も少しとぼけた感じで好感持てる。あまり大人が楽しめる作品ではないかな。
タッチッチさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2011-10-21 22:58:44)
15.《ネタバレ》 点数、結構高くてビックリ。なんだよぅ・・・みんな優しいなぁ。
私はぜんぜんダメ。B級とかファンタジーには甘い方だけど、これはちっとも面白く感じなかった。ま、ダメダメな前評判や誇大広告ってのは知ってて観たんだけどここまでとはなぁ・・・。
冒頭のシーンからイヤ~な予感はしてたんだけど、エジプトのシーンは結構面白くてアデルも魅力的に感じたのにフランスに戻ってからは自己チュー女にしか見えないし。友達になれそうにないし関わりたくないタイプだなぁとゲンナリしてしまった。
何度も繰り返される刑務所のシーンとか、ちっとも笑えないし。フランスの人たちはこれで笑えるの?それならば申し訳ないがセンスを疑う。
唯一良かったのはミイラの皆様方。あれからどうやってエジプトに帰ったのか、どう生きて?行くのか、こっちの方を映画にしたほうが面白そうだ。
続編を思わせるラストだったけど、ノーサンキュー。期待できそうに無い。
あ、でもアデルのおっぱいは女性から見ても確かに綺麗でした。肉感的じゃなく控えめで花びらみたいなおっぱいでしたね~。まー、でもそれだけ。2点でも甘いかな、と思う。
みーはーふぁんさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2011-09-19 02:52:04)
14.《ネタバレ》 アデルのおっぱいをチラ見せしたのは、アデルに協力するミイラの行動に必然を持たせるためです。でも、あのシーンのおかげで随分と潤いが増しました。変なところは良く心得ているリュック・ベッソン。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-07-25 01:53:36)
13.アデルがんばってた
 
冒頭のラクダに乗ってるアデルの表情で この子がルパン3世のようなサラッとなんでもできちゃう人じゃなくて 気合と根性で乗り切るタイプだとわかる
 
そこからの奮闘ぶり そんで中盤のエロっぷりでもうアデルのとりこ 
あのむっちりエロっぽさはフランスならではって感じがする
 
いいなぁ・・ 
 
宣伝と違ってノリとかまぁ楽しくて 娯楽だなぁと
  
むっちりエロい さらに気が強い女の子が好きな男にお勧め
 
で 冒険好きでもインドア派な人にお勧め!
おでんの卵さん [DVD(字幕)] 9点(2011-07-17 13:45:19)
12.アドベンチャー大作というよりコメディでした。それなりに楽しめましたけどヒロインがあまり可愛くなかったのが残念かな。
ギニューさん [映画館(字幕)] 6点(2011-04-12 19:24:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 31人
平均点数 5.29点
000.00%
113.23%
226.45%
313.23%
4516.13%
5825.81%
6825.81%
739.68%
813.23%
913.23%
1013.23%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review3人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS