アンチクライストのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アンチクライスト
 > (レビュー・クチコミ)

アンチクライスト

[アンチクライスト]
ANTICHRIST
2009年【デンマーク・独・仏・スウェーデン・伊・ポーランド】 上映時間:104分
平均点:5.22 / 10(Review 18人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-02-26)
ドラマホラーエロティック
新規登録(2010-12-19)【ポール婆宝勉(わいけー)】さん
タイトル情報更新(2014-10-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ラース・フォン・トリアー
キャストウィレム・デフォー(男優)
シャルロット・ゲンズブール(女優)
大塚芳忠夫(日本語吹き替え版)
田中敦子〔声優〕妻(日本語吹き替え版)
脚本ラース・フォン・トリアー
撮影アンソニー・ドッド・マントル
配給キングレコード
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
18.この監督は、女性という性が嫌いなんじゃないかな~。
自覚していないかもしれないけど、女性嫌悪というミソジニーに縛られているのがなんとな~く伝わってくることよ。

たとえ母親であろうと一個の人間である限り決して無私になれないのは当然なのにもかかわらず、無私になれない女性が子を見殺しにするのである=悪魔と同義である、と言いたいのではないの。もしそうならヒドイわ。

命を生み出す女、子にすべてを捧げきれない母、罪悪感から狂っていく女、自分を殺させるために男を追い詰める女、、、。男が対峙しなければならない女という性は、この監督に描かせるととても厄介で巨大な怪物のよう。
男ができる事は、せいぜい女の望みどおりに殺すことだけ。心理学もセラピーも理性も愛情すら、なーんの役にもたちはしないのだ。
命を終わらせることはできても命を産み出す事は出来ない男という性の限界までも、ちゃーんと描いているのはエライと思う。
でも何度も観たいと思う映画ではない。テーマが普遍的ではなく、監督個人の考えが前面に出過ぎているのがよくない。偏り過ぎなのだ。

映像が美しく衝撃シーンが結構あるので話題になるだろうし、深読みしようと思えばいくらでも深く勘違いできそうな話ではありますが…一回でいいや。
ただ役者さんたちの演技はすごかったです。特に妻役の女優さん。狂気に堕ちていく難しい役を大変上手に演じておりました。しかし、こーゆう役に金髪の女優さんを使わないのはなんでかな~?黒髪でないと凄みというか雰囲気が弱くなるからか、黒髪でないと悪魔と重ならないとかいう偏見からか。ちょっと気になったところです。
りりらっちさん [DVD(字幕)] 5点(2015-11-12 17:04:36)
17.開始早々の感想。。。

ぎゃー
フォントリアー作品じゃねーかー!!

自分で借りといて
気付いてませんでした(汗
もう
覚悟して見るしかありません

あいも変わらずの
トリアーワールド

嫌いじゃないよ
嫌いじゃないけど
疲れるんだよ。。。
どっと疲れるんだよ。。。
こっちゃんさん [DVD(字幕)] 7点(2015-11-06 19:50:50)
16.《ネタバレ》 意味不明なんですけど深い感じがします。何となくですが。
芸術性を感じますし、グロテスクな対象に詩的な美しさをもたせています。
自分には関心がもてない話でしたが
嫌いではない感覚です。
この監督にとって観客のブーイングはきっとおいしいことでしょうね、
スタンディングオベーションとブーイングで会場が真っ二つに割れることはラースフォントリアー監督にとっては大成功なんでしょう、きっと。
私にはちょっと感情移入しがたい話でしたので、以前見た彼の数本の作品よりも胸糞悪さは無かったです。
詩的映像表現や静寂の自然描写、音の使われ方、難解さと寓意性などでタルコフスキーっぽいものを感じてましたが、
どうやら気のせいではなかったようです。
それを思うとなんだか荘厳な作品のような気がしてきました。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 7点(2014-12-16 23:22:47)
15.《ネタバレ》 トリアーは演出家として役者の煽り方は毎回凄いと思う。この作品以外でも役者は皆とりつかれたかのような演技で観るものを圧倒します。この映画の主演2人も本当に鬼気迫る素晴らしい演技でした。ただあまり宗教的な部分を理解できていない自分としては、悪魔がどうとか森の中で異変を起こしていく過程と、息子を亡くした心情がシンクロして何故こうおかしくなっていくのかあまり繋がらなかったです。あと神とか悪魔とか人間の域を超越したテーマっぽいのに、突然生々しいセックス描写が出てきたり股間打ちつけたり性器切り取ったりする俗っぽい演出がこれでもかと入ってきた瞬間、ああ、良くも悪くもトリアーらしいなって残念な感じがしてしまって。ストーリーが難解だと言われていますが、鬱の時に作ったトリアー自体、そこまで明確なメッセージ持たずに作ったんじゃないかと思いました。点数つけるのものすごく難しいですけど、トリアーと予め理解して観たわけで、それなりに覚悟と期待をしてた自分の鑑賞後の気持ちでつけます。
まさかずきゅーぶりっくさん [DVD(字幕)] 5点(2014-11-09 16:43:34)
14.《ネタバレ》 ここのサイトのレビュワーさんはラース・フォントリアーの作品が好きな人が多い気がする。
私は嫌いですが。でもついつい観ちゃうんだよねぇ。鬼才である事は確かだと思う。変態だけど。

さて、「アンチクライスト」っす。
のっけからもうトリアー節炸裂!
反吐が出そうなくらいの不条理を凝りに凝った映像で見せ付け、観客の神経を逆なでしてきます。ここでトリアーに対して怒りを覚えるのが正常なレビュワー。むしろ、ゲヘヘヘと笑いながらその悪夢を楽しんじゃうのがヘビートリアニスト(勝手に造りました)だろう。
私は「ダンサーインザダーク」で散々鍛えられたので、気付けばもはや後者のスタンスで鑑賞している有様。どんどん追い詰められていくヒロインを見せられても、いいぞ~もっとどん底に突き落としてやれ~等とサディスティックな視点で見てしまっている。ヤバいヤバい。

それにしても難解な作品ですね。"悪の教会"だの"悪魔"だのキーワードが出て来たのでてっきり「エクソシスト」的な展開になるのかなと思ったりしましたが。悪魔にとりつかれたせいであのような狂った行動に走ったとしか思えないんですよねぇ。だって普通砥石を足に突き刺したりする?
それにしても、あれだけの酷い仕打ちを受けても性欲を失わないウィレムデフォーの絶倫さには呆れを通り越して拍手を送りたくなりましたよ。
ヴレアさん [DVD(字幕)] 4点(2014-10-17 16:52:07)
13.相変わらず女性をイジめ倒すラース監督ですが、これも嫌いな感じでは無かった。けれど個人的には『奇跡の海』や『ダンサー~』を上回るものでは無かった。というか自分の鑑賞環境がよろしく無かった事もあり、再度挑戦したい映画となりました。エロ部分はシャルロットの身体が貧相なのとボカし過ぎてもはやエロでも無かったが、監督の作り出す難解部分をもう少し紐解いてみたい。そしたら点が上がる?かもね?
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-05-20 11:16:14)
12.《ネタバレ》 「ドッグヴィル」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」はけっこう好きなのでいけるかな?と思って観賞しました。子供が(赤ちゃんだからって)起きてるのに昼間からセックスしないだろ、とか、あんなもので男性自身を殴打されてるのに起つの?とか、赤い精液なんて出るの?とか、足にあんな重いもの貫通させたら肉がちぎれて外れるんじゃないの?とかそんなことばかり気になってしまう凡人には理解できない映画でした。芸術ってなんなんでしょう。最後、顔のない女の人がわらわらと出てくるところが面白かったな。あと、動物虐待してるんじゃないかと心配になりました。もうこの監督の映画は当分いいや。
MILAさん [インターネット(字幕)] 1点(2013-06-06 02:06:28)
11.《ネタバレ》 つまらない。退屈。
頭が狂っていて行動に理由が無いので何でそんなことやってんだの連続で、
こういったキチガイ系の映画は合わない。
エロもグロも全く問題ない私ですが、これは全く面白くなかったです。
虎王さん [DVD(字幕)] 3点(2013-05-22 23:43:03)
10.《ネタバレ》 ラース・フォン・トリアーらしい、非情に悪趣味な作品。さすがのカンヌでもブーイングの嵐だったと聞いたけど、それも納得。あのなまいきシャルロットに激しいマスターベーションをさせて、その挙句にあれ……。この監督はいったい何処に向かっているのだろうかと、他人事ながら心配になってしまう。もう、この路線を突っ走っていつかとんでもなく悪趣味な傑作を創り出してくれることを、期待したい(消極的にだけど)。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2012-04-24 13:41:14)
9.《ネタバレ》 ふと目を閉じると、浮かんでくるのは、シャルロット・ゲンズブールの自慰。摩擦で火をおこさんばかりの擦り様で、トラウマレベルに焼きつき、フラッシュバックをかますのです。恐らくは一生忘れることはできない、ある意味記憶に残る作品。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(字幕)] 6点(2012-03-17 13:18:47)
8.《ネタバレ》  まあ、露悪的でアホな作品にしか思えないのですが、それでも最後まで飽きずに観ることができたのはラース・フォン・トリアー監督の力量(というかブランド力)なんでしょうかね。それにしても、この監督病んでるとしか思えませんが。
 
 内容的にはなんと言えばいいのでしょうか・・・・、例えるならば子供が放送禁止用語を叫びながら無邪気に走りまわっている姿を芸術的に映像化しているような・・・そんな感じでしたね。

TMさん [DVD(吹替)] 6点(2012-02-05 00:48:45)
7.なまいきシャルロットの終焉を感じてしまった。ちょっとやり過ぎではないか 壊れたシャルロットなんて望んでなかった。
なぜ彼女がここまで壊れてしまう必要があったのだろうか 
監督:ラース・フォン・トリアーとの出会いは彼女にとって凶であったと思う。寂しく残念に思えてしょうがなかった。
そして付け加えておくなら、アンチクライスト ‥  意味はなんとなく知っていながら、(本日、X’masですよ) よりによってなんでこんな日に鑑賞してしまっただろうか 自分に後悔。 さらに付け加えておくなら、コレ、 盆・正月・X’mas &ハッピーバースデーには絶対に観るのやめておきましょ。生理的痛い描写と見苦しいモザイクと時折急に見せ付けられるショッキングな映像と 何の得にもならない 気分はとっても鬱になるだけだ 疫病神的ムービーだ。
3737さん [DVD(字幕)] 3点(2011-12-24 22:39:02)
6.最後に「タルコフスキーに捧ぐ」とあった。森が歪む映像なんかはソクーロフ(タルコフスキーが擁護した)を想起したんだけど、動物の使い方やオカルトチックな流れや何よりも森そのものから生まれるサスペンスなんていうのは確かにタルコフスキーの映画だ。しかし「神」が「悪魔」にとって変わっただけでタルコフスキー的なるものがトリアー的なるものへと変貌する。列車と催眠術は初期トリアーの定番アイテムだし、セラピーというアメリカ映画の定番を皮肉った展開にもトリアーの影を感じなくもない。ましてやアメリカ人俳優ウィレム・デフォーの災難ときたら・・。でもトリアーの映画の面白さは映画の可能性を提示しているところにあるのだと思っている私にとっては今回のはいまひとつな作品。今まで映画ではあまり見た記憶がない1シークェンス全てスーパースローモーションとか列車のシーンに見せたサブリミナルぎりぎりの映像とかも奇抜なれど新しくも面白くもない。それでも私にとっての十分な合格点に行き着いたのはラストシーンの壮大な画につきます。あれは凄い。
R&Aさん [映画館(字幕)] 6点(2011-04-18 15:55:26)(良:1票)
5.《ネタバレ》 おもいっきりR18指定な映像は、とてもいたいけな子どもには見せられたものではない。それは認めるけども、僕はまだまだ物足りない。というのも、上映前に断りを入れていたが、局部については画像修正を加えているのだ。上映できるようになっただけありがたく思うべきだが、あのボカシはおおいにクオリティを損なった。決してエロ目的でなく、クウォリティ。

サイコパスを起こした女が、自分の子供を虐待し、森の奥の山小屋で殺害し、穴に埋めた、その自責の念。それとセックス大好きな性欲の念。この2面を表裏として、美しくもおどろおどろしい森の中でむき出しにしたシャルロット・ゲンズブールの渾身の演技。それを鬼の演出でひねり出させ、カメラに収めることに成功したラースフォントリアーが、なんともそら恐ろしい。

no_the_warさん [映画館(字幕)] 8点(2011-04-07 20:39:03)
4.《ネタバレ》 きちんと内容を理解できていないのかもしれないが、それほど衝撃的な作品とは思わなかったということが正直な感想。
本作に描かれている内容を言葉では上手く表しにくいが、人間(特に女性)の“本質”のようなものを感じ取れればよいのではないかと思う。
三匹の乞食、森に対する恐怖、靴を逆に履かせる行為、ドングリや手についていた変な虫などは理解しようと思えばできるかもしれないが、放って置いても構わないと思う。
そのようなことよりも自分が感じたことは、性と暴力が人間の“本質”ということだ。
自分の赤ちゃんが危ないことに気付いたのにセックスを優先したということか。
そうなると、激しく後悔する理由や自傷行為などの理由が分かり、本能と理性が絡み合ったカオス的な作品となっている。
ただ、人間の“本質”をきちんと描いてくれれば分かりやすい作品になったかと思うが、サタンや虐殺などに触れられるとやや分かりにくくなってしまう。
分かりやすい作品を作っているわけではないので仕方はないが、全体的にまとまり感がないという印象。
好きな作品というわけではなかったが、トリアー監督作品は悲劇的な内容にも関わらず、逆に変な心地よさも感じられる。
心地よさという表現が合っていないかもしれないが、不思議と居心地の悪さはそれほど感じられない。
映像美や音楽の効果ということもあるだろうが、それだけでもないだろう。
六本木ソルジャーさん [映画館(字幕)] 6点(2011-04-02 22:15:46)(良:1票)
3.《ネタバレ》 全部セックスがいかんのやー! エロスが悪いんやー!でもやめられない! 人間だもの!! っていう話??? うーん、全然分からないっす。
オープニングは美しかったです。エグい表現については、そこまででもなかったかなー。という印象。実際ものすんごいエグそうなシーンはあるんだけど、そこはガッツリ修正が入ってぼかしてあるので、実際にどんぐらい酷い事になっているのか分からない。あれだけ修正されちゃうと、海外で無修正版観た人と感じ方がまるで変わっちゃうと思うんだけど。でも、この作品ぼかしなしだったら、相当ヤバいか。悲鳴出るレベル。とりあえずデフォーさんのケツはいっぱい映るけど、チンコはAV以上にボカされてます。

内容の方はと言えば、なんかすごーく色々な解釈できそうな映画でもあるんだけど…。うーん難解。難解だけど、繰り返し見たい作品では絶対にないしなぁ。
この映画を見た後、しばらくインポになりそう。
すべからさん [映画館(吹替)] 5点(2011-03-26 21:40:59)
2.やばい。暴力、性描写も凄まじいのですが、それ以上にデヴィッド・リンチの映画か?と思うくらい難解な映画になっています。
同監督の「ダンサー~」は個人的に好きな作品ですが、これは好きになれません。
なぜかと言えば、この映画では女性を「悪しきもの」ととらえているから(少なくとも自分にはそうとしか思えなった)。
女性にとって、この映画には嫌悪感ばかりがつのると思います。
Wikipediaによると
「この映画を作った自己弁護と釈明をしてください」と質問され
「世界一の大物映画監督と自称する監督による、女性嫌いの最たる作品」と非難された
作品ですが、この映画を観るとそれはよくわかります。はっきり言って死ぬほど不愉快でした。
おすすめしたくはありませんが(特に前述の通り女性に)、
画は暴力的でもどこまでも美しいですし、
主演女優賞を受賞した「彼女」役のシャルロット・ゲンズブールの演技も凄まじいです。
生半可な気持ちで観ると、後悔するかもしれません。
ヒナタカさん [映画館(字幕)] 5点(2011-03-03 19:08:30)
1.《ネタバレ》 う、う~~ん。
難しい作品ですね。
結局、肝心な部分は明かされないまま作品は終わります。
妻(シャルロット)の心の闇、エデン、そして夫(ウィレム)。
すっきりしないわ~~。
もう少しヒントがあれば、観てる側としてはあれこれ想像して楽しめるんですが、ほとんどノーヒント。
噂通りの激しいセックス描写でしたが、シャルロットの体つきが貧弱なせいか、あんまりエロさは感じませんでしたね。
むしろ、謎が明かされなかったことの方が引っかかって、あんまりセックス描写は印象に残ってません。
暴力描写も痛々しくはありましたが、観終わった今。
印象薄いですね。
宣伝でセックス、暴力描写を強調し過ぎなのかもしれません。
想像していたものより薄かったです。(私の感覚では)
セックス描写目当てで観たので、もう1度、今度はしっかりストーリを観たいです。


個人的妄想・・・
そもそも、子供って本当に落ちて死んだのかしら。
実は妻が虐待して森で殺してたんじゃないの・・・?
なんて思ったりしました。
ななのじさん [映画館(字幕)] 7点(2011-03-02 23:21:13)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 18人
平均点数 5.22点
000.00%
115.56%
200.00%
3211.11%
4211.11%
5422.22%
6527.78%
7316.67%
815.56%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review2人
2 ストーリー評価 3.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 2.00点 Review3人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 0.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS