デート&ナイトのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > デート&ナイト
 > (レビュー・クチコミ)

デート&ナイト

[デートアンドナイト]
Date Night
2010年【米】 上映時間:88分
平均点:6.00 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
ラブストーリーコメディ
新規登録(2011-03-17)【HRM36】さん
タイトル情報更新(2014-07-31)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ショーン・レヴィ
助監督ジャック・ギル[スタント](第二班監督)
ジョシュ・マクラグレン
演出アンディ・ギル〔スタント〕(スタント・コーディネーター)
ジャック・ギル[スタント](スタント・コーディネーター)
キャストスティーヴ・カレル(男優)フィル・フォスター
ティナ・フェイ(女優)クレア・フォスター
マーク・ウォールバーグ(男優)ホルブルック・グラント
タラジ・P・ヘンソン(女優)アロヨ刑事
コモン(男優)コリンズ刑事
ジミ・シンプソン(男優)アームストロング刑事
ウィリアム・フィクトナー(男優)フランク・クレンショー地方検事
レイトン・ミースター(女優)ケイティ
クリステン・ウィグ(女優)ヘイリー・サリバン
マーク・ラファロ(男優)ブラッド・サリバン
ジェームズ・フランコ(男優)トリプルホーン
ミラ・クニス(女優)ウィピット・トリプルホーン
ガル・ガドット(女優)ナターニャ
ジョン・バーンサル(男優)若い男
アリ・グレイナー(女優)若い女
ウィル・アイ・アム(男優)本人
オリヴィア・マン(女優)Claw Hostess
レイ・リオッタ(男優)ミレット(ノンクレジット)
脚本ジョシュ・クラウスナー
音楽クリストフ・ベック
挿入曲ラモーンズ"BLITZKRIEG BOP"
撮影ディーン・セムラー
製作ショーン・レヴィ
製作総指揮ジョシュ・マクラグレン
ジョセフ・M・カラッシオロ・Jr
美術デヴィッド・グロップマン(プロダクション・デザイン)
衣装マルレーネ・スチュワート
スタントパット・ロマノ
その他ジョセフ・M・カラッシオロ・Jr(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.私には6以上7点未満な感じでした。時間も短いし、笑いも下品もアクションもラブも全てがほどほどで、家で暇つぶしには丁度良く、でも映画館で観たら物足りなさそうな、そんな映画。でも無駄にエロさ爆発のマーク・ウォルバーグや、頭空っぽ演技がもはやお家芸化してきたジェームズ・フランコ、なぜかノンクレジット出演で美味しい役のレイ・リオッタなどの、脇役が何気に豪華で映画好きには嬉しいポイントのひとつかも。さっき見終わったばかりですが、カレルの吹替が石丸さんでラストにNGシーンがあるので、ジャッキー・チェンの映画を観た様な錯覚が今まだ残っています。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2013-04-11 00:31:18)
7.ニュージャージーからNYにやって来た善良なごく普通の夫婦が犯罪に巻き込まれながらも事情があって警察を頼れず、自分たちで解決するしかない。

定番の人違い・巻き込まれ系サスペンス・コメディですが、これを終始ドタバタ、軽いノリで全編突っ走ったのが良かったですね。

スティーブ・カレル&ティナ・フェイ夫妻の掛け合いも、チョロっとしか登場しない人も多いのですが、結構豪華な顔触れが揃ったキャストの贅沢な使い方も楽しいです。

笑えて、ユルいんですがそれなりにスリルも味わえる。テンポもよく90分足らずの作品なので、難しいことは一切ナシでサクッと楽しめる娯楽作です。
とらやさん [DVD(字幕)] 6点(2013-04-02 22:13:36)
6.《ネタバレ》 あまりにもはちゃめちゃ過ぎてついていけませんでした。笑えるところもあまりなかったし・・・。あのマッチョなイケメン兄さんはかわいそうでしたね。
とむさん [DVD(字幕)] 3点(2012-01-15 14:21:24)
5.《ネタバレ》 妻がレンタルしたのだけど、スティーヴ・カレルを見た瞬間「あ、この人のスパイ・コメディ見たことある。面白くなかった」と思い出したので、全く期待せずに見たのですが、かな~り笑えました!! どの程度の内容かも知らず小5の子供も一緒で見たのですが、途中で「やばいか?」とヒヤヒヤしたものの、それほどディープでお下劣な描写はなく、子供込みで笑って見られたのも良かったです(まぁ、うちの子は「○○って何?」みたいな質問はしない方がいいみたいな勘は持ってるし、クレヨンしんちゃんで慣らされてればスルーできるレベル)。マーク・ウォルバーグも出てくるし、レイ・リオッタも出てくるし、脇が豪華! ウィリアム・フィクトナーはワルな感じの役も知ってるけど、我が家では『コンタクト』で目の見えない真面目でおとなしい役所を演じた彼が最もポピュラーなので、彼の今回の役はそのギャップがいい味になりました。ジェームズ・フランコも『スパイダーマン』『猿の惑星:創世記』あたりでの真面目で腰の落ち着いた好青年的な印象しかなかったので、今回の演技で「この人こういうのもこなせるんだ!」と笑いながら感心しました。主演のスティーヴ・カレルが日本であまり知られていない人だけど、この作品はオススメです!! 家族で何度も大声で笑いました。
だみおさん [DVD(吹替)] 7点(2012-01-04 04:49:22)
4.スティーヴ・カレルの映画はほんわかするんだよね。
中盤ははちゃめちゃコメディーなんだけど、いろいろあるが結局人間性に戻るという。
有名俳優がぼこぼこ出てきて、卑猥な言葉やちょっといっちゃったトークをするのが面白いね。平凡な夫婦がちょっとその殻を破って見た時に巻き込まれるドタバタ劇。
その時のはじけ方が、本来闇社会の強面連中より上回るはじけっぷりがおかしい。
日本にこういうコメディーが無いね。皆上品かブラックなんだよ。ちょうどいいバランスとこのコメディーは言えると思う。上品でもなくブラック過ぎもしない。どんなに下劣でも根底に善意があるというのがポイントだね。ただ、人をおちょくって蔑む笑いと違って。
森のpoohさんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-11-24 09:42:32)(良:1票)
3.ウィリアム・フィクトナーとレイ・リオッタ、見る人が見れば身震いするクライムムービーの名バイプレイヤー2人が…なヌケたアウトロー役で共演してる風景が既に面白いのだが。"それほど"下品にならず、"それほど"ナンセンスにならず、ちゃんと会話や映像で爆笑させてくれるB級のコメディ映画というのは久しぶり。まとまりもないし深さも全く無いしもちろん上品でも決して無い。でも面白いよ。肩肘はらずにスカっと見れてスカッと笑える。知らなすぎた男を思い出すね
Arufuさん [DVD(字幕)] 7点(2011-06-10 17:21:24)
2.予備知識無しで鑑賞。
おもしろい。難しいこと一切無く
お涙や思想や問題提起一切なし
中年夫婦のちょっとしたありえない一夜をただみるだけ。
レビュー数は少ないけどおすすめです。
翼ネコさん [DVD(字幕)] 6点(2011-06-02 18:07:22)(良:1票)
1.《ネタバレ》 「ナイト&デイ」と対で鑑賞しました、こっちの方が面白かったと感じました。最初は等身大の夫婦が徐々に本領(?)を発揮していくところや、マーク・ウォールバーグがずっと上半身裸なところなど、ちょっとツボにはまってしまいました。短い作品だし、疲れているときとかにお勧めです。
HRM36さん [DVD(字幕)] 6点(2011-03-22 07:44:35)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
3112.50%
400.00%
500.00%
6450.00%
7337.50%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 6.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS