動乱のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > 動乱
 > (レビュー・クチコミ)

動乱

[ドウラン]
1980年【日】 上映時間:150分
平均点:5.08 / 10(Review 13人) (点数分布表示)
公開開始日(1980-01-15)
ドラマラブストーリー犯罪もの歴史もの
新規登録(2011-11-08)【よしのぶ】さん
タイトル情報更新(2018-05-15)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督森谷司郎
助監督沢井信一郎
キャスト高倉健(男優)宮城啓介
吉永小百合(女優)溝口薫
桜田淳子(女優)高見葉子
にしきのあきら(男優)野上光晴
米倉斉加年(男優)島憲兵曹長
田村高廣(男優)神崎中佐
永島敏行(男優)溝口英雄
佐藤慶(男優)広津美次中将
志村喬(男優)宮城広介
田中邦衛(男優)小松少尉
久米明(男優)溝口錦造
新田昌玄(男優)安井大尉
中田博久(男優)本間大尉
辻萬長(男優)伊沢大尉
天津敏(男優)水沼鉄太郎少将
金田龍之介(男優)三田村利政大将
小池朝雄(男優)三角連隊長
岸田森(男優)小林少佐
戸浦六宏(男優)安部憲兵隊長
小林稔侍(男優)原田軍曹
小堀阿吉雄(男優)鹿島義一郎大将
近藤宏(男優)柴田大佐
名和宏(男優)少佐
阿藤海(男優)古年兵
高月忠(男優)古年兵
黒部進(男優)海軍中尉
田中浩(男優)立石少尉
瀬良明(男優)犬養毅首相
相馬剛三(男優)裁判長
川津祐介(男優)看守
左とん平(男優)朴烈全
浜田晃(男優)小森少尉
織田あきら(男優)永井上等兵
木村修(男優)背広服の男
山本武(男優)内大臣
日色ともゑ(女優)神崎昌子
嵯峨善兵(男優)笹井田巌
河合絃司(男優)
納谷悟朗アナウンサー
佐藤慶ナレーター
脚本山田信夫
音楽多賀英典(プロデューサー)
星勝(ディレクター)
三枝成章(作曲)
小椋佳(イマジネイション)
作詞小椋佳「流れるなら」
作曲三枝成章「流れるなら」
星勝「流れるなら」
小椋佳「流れるなら」
主題歌小椋佳「流れるなら」
撮影仲沢半次郎
製作東映
企画坂上順
岡田裕介
配給東映
美術中村州志
今村力
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.《ネタバレ》 軍人美化とか時代考証無視とか野暮なことは言いません。ただただ映画としてつまらなかった。これが「八甲田山」「日本沈没」の緻密な演出の森谷司郎監督作品とは到底思えない。確かに健さんはカッコいい、小百合さんは綺麗だ。かと言ってあまりに臭すぎる展開、何の捻りもない勧善懲悪、そして妙に軽薄な音楽。しかし忠臣蔵ではあるまいし、周囲の人が皆健さんに惹かれてヨヨと泣くって、大丈夫なのか。肝心の226当日はあっさり終わっちゃうし。森谷監督はこの後、ちゃんと「小説吉田学校」のような秀作も出してるし、やっぱ東映が悪いのかな。
いそろくさん [DVD(邦画)] 5点(2022-09-24 23:41:36)★《新規》★
12.女の境遇を思えば抱いてやればいいのに亡くなった部下への節義を通したいのか、
その律儀さと鈍感さが軍人としての愚直さと重なりあう妙味が高倉健だけあって
見応えがある。そして吉永小百合は素晴らしい。
michellさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2022-09-07 15:51:29)
11.《ネタバレ》 歴史的事件をベースにしていながら、その首謀者として架空の人物を設定することに一抹の違和感。だからいざ襲撃の場面でも、「鈴木貫太郎」とか「高橋是清」という実名を出せなかったんですね。「歴史への冒涜」とまでは言いませんが、いい加減に作ってるんだろうなあという印象です。
そのせいか、2大スターをはじめ豪華キャストを揃えていますが、誰も彼も魅力がない。2大スター以外、存在感はずっと薄いままです。結果、ムダに長いという感じ。
ただ唯一、ラストに驚愕のシーンが待っていました。脳天を撃ち抜かれてなお、意識をはっきりさせている高倉健。彼の前頭葉はどこに付いているのでしょうか。これは「ゴルゴへの冒涜」です。
眉山さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2016-05-21 19:35:19)
10.映画としては4点。盛り上がりもなく史実に沿って映し出されるそれは、テレビの再現ドラマの様な感じで物足りなかった。そりゃ主演は天下の高倉健さんと吉永小百合さんだけれど、、、勿体無い。ただ歴史嫌い(どこまで真実事実か不明だから)なので五・五一事件も二・二六事件もよく知らず、勉強し直す機会になったのでプラス1点。まぁ真実は不明ですが。
movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-04-23 16:57:39)
9.健さん、あんな美人と一緒に住んどいて、真面目すぎるって。不器用やなー。
ケンジさん [ブルーレイ(邦画)] 3点(2015-06-19 17:21:55)
8.《ネタバレ》 高倉健と吉永小百合が初共演した森谷司郎監督による歴史大作。226事件を題材にしているが、本作はそれを起こしたひとりである青年将校 宮城大尉(高倉健)と脱走し処刑された彼の部下(永島敏行)の姉である薫(吉永小百合)のラブストーリーを軸に描かれていて、歴史的事件を描いた骨太な大作映画というよりはまずこの二人の共演ありきの映画という印象が強い。映画としてはこの手の大作にありがちな大味な作品だと思うし、上映時間は2時間半だが、それでわざわざ二部構成にする意味がよく分からないし、その時間配分もちょっとおかしく感じた。高倉健はヤクザ映画やアクション映画で見ることが多くなっていたせいか、ちょっと心配だったのだが、やはりそれらとは違う魅力があってカッコいいと思わせているのはさすがといったところ。あまり映画自体に深みは感じないが、主役ふたりのラブストーリーとしてはそれなりに見れるし、この2年後に同じ監督・主演トリオで東宝で製作される「海峡」よりは高倉健と吉永小百合の共演作としては見どころのある映画にはなっている。しかし、話自体は「海峡」のほうがまだ面白かった気はする。ところで森谷監督は吉永小百合の単独主演映画の監督というのはやっていないんだなとふと思った。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 5点(2015-05-07 17:58:44)
7.30年ぶりにみた。当時は子供だったのでよくわからなかったが、時代背景や皇道派と統制派の違いぐらいはわかるようになったし、それなりにストーリーは追えるような年齢になったのだなあと思うと感慨深い。高倉健に軍服着せる事に異議を唱えたのは山田洋次だが、その気持ちはわかる。が、軍服着ても高倉健は高倉健なわけで、やっぱカッコイイし魅力はあるわけ。吉永小百合との恋愛映画として見れば、それなりに楽しめる要素はあるし。でもねえ、ワザワザ226事件を題材にして軍人モノで製作しなくてもなあという気はする。東映と松竹の違いと言ってしまえばそれまでなんだけど。やっぱ北海道の炭鉱とか牧場とかトンネル堀(これは東宝だけど)の方がいいよ。高倉健本人は本作品の小道具に感動(カメラには映らない引き出しの中まで当時のモノを用意してたとか)したらしく撮影は気持ちよくやってたらしいけど。
東京50km圏道路地図さん [DVD(邦画)] 7点(2014-10-27 16:39:40)
6. 長い映画です。
 1980年代ならこういう作りも許されたのかもしれませんが、今の人は受け入れられないでしょう。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2013-08-19 12:23:07)
5.《ネタバレ》  歴史的な事件を題材に、国の腐敗と国民の困窮を憂いた青年将校を描いた大作。
 二部構成になっており、劇場公開時には、休憩を入れたのかな?だが、その配分がアンバランスな上に、第一部の「海峡を渡る愛」という、その「愛」の部分が第一部では殆ど描かれない。サユリちゃんは苦しんでいる不幸な国民の象徴だから、大事なのは判るんだけど、ちょっとうまく物語になっていない感じ。
 冒頭描写される、売られる姉を救うために脱走した初年兵の顛末と、主人公の顛末が、(自決用拳銃を渡される所まで)そっくりなのは、もちろん意図してのことだろう。腐敗した国を憂いて起った宮城大尉は、姉の境遇を見ていられなかった青年そのものであり、おそらく殆どの人が寄せたであろう、彼への同情の気持ちを、上手くその後の宮城大尉らへの気持ちにつなげている。・・・というのは後付で、ホントはこの時点で、ああ自分のこの気持は、あの初年兵と同じなんだ、と気付く仕掛けになっている。
 国を思う気持ちの根っこは、大事な人への思いと同じなんだと、気付かされる映画。
 あっさり言ってのけたけど、多くの批判される戦争映画の中で、これを胡散臭いイデオロギー色を排して、ちゃんとわからせる映画は、なかなか無いと思う。
Tolbieさん [DVD(邦画)] 6点(2012-12-04 22:37:40)
4.大作気取りなのか、章立ての構成となってて、これが大して効果的でない。というより、エピソード羅列の言い訳みたいで、苦肉の策といった感じ。二・二六事件を描いた作品なのだけれど、クーデターを起こした将校のひとりである宮城大尉が、妻と知り合うところからオハナシが延々と続いて(この宮城大尉と言うヒト、実際の二・二六事件の将校の中に名前が見当たらないので、きっと架空の人物なんでしょう)、いやそれが丁寧な描写に裏打ちされた必然性のあるオハナシなら、延々と続いてもいいんだけど・・・やたら粘っこい演技のせいで時間かかってるだけなんだから、困っちゃう。そもそも最初の、部下の脱走のエピソードがピンと来なくて、宮城大尉演じる健さんはやたら寡黙なばかり、マジメである事以外、人物像がはっきりしない。この後、宮城大尉が左遷されるにあたって、部下たちが号泣するから、きっと部下には愛されてたんでしょう。とは思うけれども要するに、「高倉健だから、いい人なんだ」とか、「吉永小百合だから、売られていくのは可哀そうなんだ」とか、俳優のイメージに寄りかかり過ぎではないですかね。必要なのは、それを感じさせる描写、なのでは(単なる粘っこい演技ではなくて)。その後も、宮城大尉の人物像を深めるでもなく、時代背景を綿密に描くでもなく(サクサクと解説調に時代は進む)、思わせぶりに米倉斉加年の憲兵を絡めるも、まさに思わせぶりなだけ。事件の描写では日時をテロップで出してみちゃったりなんかして、ハイ、これで実録風、というお手軽さ。最後にはまた思い出したように、愁嘆場を粘っこい演技で見せていただいても、もう結構です。どうもこの作品、「理不尽さ」の中における「悲劇的な愛」という、オーソドックスなテーマを取り上げたはいいけど、テーマを選んだ時点で満足しちゃって、「理不尽さ」も「愛」も描き忘れちゃったんではないですかねえ。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2012-06-03 08:33:54)
3.2012.02/11 鑑賞。凄い出演者に関わらず肝心の事件に至る出来事、理不尽さ、心理描写等も弱く内容も乏しいく感じた。吉永小百合の設定も無理さを感じる。
ご自由さんさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-02-29 17:00:05)
2.目のつけどころは良いと思いますが、映画としての作り方が、ただ筋を追っただけで、俳優陣も与えられた台詞を喋っているだけで・・・つまり、形を作りあげるだけで手一杯になってしまい、それぞれの人格やドラマの部分が作り込まれていないのです。結果、肝心の決起の場面でも、必死さや衝動感や勢いというものがありません。脇役にこれだけ個性俳優陣を投入していながら、もったいない。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2012-02-14 00:23:16)
1.歳をとってくると歴史への理解も深まってくるので、結構興味深く見れた。本作品が制作されていた時代はこの体の作品がよく制作されていたなあと懐かしさもある。トンと現代では見れなくなったが。高倉健さんが素敵、吉永小百合さん綺麗。エンターテイメントと言うより、歴史の勉強としてみた方が吉。
タッチッチさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2012-02-13 14:47:47)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 13人
平均点数 5.08点
000.00%
100.00%
200.00%
3215.38%
417.69%
5646.15%
6215.38%
7215.38%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS