タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密
 > (レビュー・クチコミ)

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密

[タンタンノボウケンユニコーンゴウノヒミツ]
The Adventures of Tintin: The Secret of the Unicorn
2011年【米】 上映時間:107分
平均点:6.43 / 10(Review 37人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-12-01)
アドベンチャー漫画の映画化CGアニメ3D映画
新規登録(2011-12-03)【アンドレ・タカシ】さん
タイトル情報更新(2019-09-07)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・スピルバーグ
ジェイミー・ベルタンタン
アンディ・サーキスハドック/フランソワ・ド・アドック
ダニエル・クレイグサッカリン/レッド・ラッカム
サイモン・ペッグデュポン
ニック・フロストデュボン
トビー・ジョーンズシルク
浪川大輔タンタン(日本語吹き替え版)
チョーハドック/フランソワ・ド・アドック(日本語吹き替え版)
森田順平サッカリン/レッド・ラッカム(日本語吹き替え版)
大川透デュポン(日本語吹き替え版)
小形満シルク(日本語吹き替え版)
仲野裕(日本語吹き替え版)
岩崎ひろし(日本語吹き替え版)
宇垣秀成(日本語吹き替え版)
多田野曜平クラブツリー(日本語吹き替え版)
浦山迅デュボン(日本語吹き替え版)
脚本エドガー・ライト
ジョー・コーニッシュ
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
製作スティーヴン・スピルバーグ
ピーター・ジャクソン
キャスリーン・ケネディ
配給東宝東和
特撮ウェタ・デジタル社(視覚効果)
編集マイケル・カーン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
37.《ネタバレ》 「パイレーツオブカリビアン」や「アンチャーテッド」を観ている感じです。ゲームとして自分がキャラクターを動かしていれば面白いかもしれませんが、観ているだけでは間延びします。特に戦場でのバトルシーン。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-03-24 02:09:37)
36.全編に渡るスリルとアクション、マンガっぽさとリアルの間でちょうどよい塩梅ののCG表現、魅力的なキャラクター達、どれをとっても素晴らしくとっても面白かったです。飛行機のシーンは笑いました。残念なのは、画面に合わせてジャカジャカと音が鳴っているだけのJ.ウィリアムスの音楽でしょうか。冒険活劇らしく、もっと手に汗握ったり胸が高鳴ったりと楽しませてほしかったですね。
リンさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2018-01-09 02:41:53)
35.代表的なCGアニメ映画が、CGアニメならではのデフォルメ、誇張表現で我々を楽しませてくれるのに対し、本作はかなりリアリティに走ってます。ここまでくると実写(プラス一部CG)でもいいだろうに、なぜフルCGに取り組んだのか? って、大した理由は無いのかも知れませんけれども、もしかして、ありとあらゆる演出を完璧に制御したかったのか。セットも、演技も、頼みさえすればそれなりに思い通りのものを準備してもらえるかも知れないけれど、本作では、「光」までも思い通りに制御しようとしたのかも。夜の図書館、雷、懐中電灯の光・・・。
物理的には理にかなっているのかも知れない、だけどそれが、やや人工的な冷たさにも感じられたり、かえって不自然にも感じられたり。
似たような話でいくと、昨今の音楽で頻繁に用いられる、打ち込みの作業。アレを、最高の音楽家の監修のもと、ひたすら丹念に微妙な音楽の表情を打ち込んでいったら、果たして理想的な名演奏が出来上がるのだろうか?
少なくとも、例えばフルトヴェングラーの無茶振りに対しウィーンフィル等が負けじと食らいついていくようなあの異常な緊迫感を生み出すのは無理でしょう。って、まあ、そればかりが名演の条件でもないでしょうけれど、仮にいくら徹底した楽曲分析や究極の演奏技術を凝らしたところで、なお残ってしまうファジーな部分。音楽には欠かせないものなんでしょう。
無論、本作も、すべてがデジタル信号に還元される人工的なCG(昨今は実写もデジタルだったりしますけど・・・)とは言え、モーションキャプチャらしいファジーさも見られます。ただ全体的には、わざわざフルCGを採用した魅力はなかなか見えてこず、逆に、計算された変な冷たさがちょっと気になってしまう。クライマックスでは大いにハメを外して、たっぷり楽しませてくれるんですけどね。
鱗歌さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2016-10-06 16:34:39)
34.大した秘密でもなかったとおもいました。絵はびっくりしっぱなしで、そこは高得点に値しますが、いまいちでしたね。残念。
HRM36さん [DVD(字幕)] 5点(2013-08-20 16:59:55)
33.凄い…。もうアニメを見てる感覚じゃない。技術の進歩でどんどんリアルになってるから、あえて鼻を大きくしたりして、何とかアニメ的要素を残そうとしたんじゃないかと想像するくらい凄い。でもやっぱり話が面白くないからだいぶ退屈してしまった…。3D用に作られた映画を2Dで見たことを考慮して1点だけプラスに補正。
リーム555さん [CS・衛星(吹替)] 4点(2013-07-12 19:03:37)
32.《ネタバレ》 いかにもなスピルバーグ印の冒険活劇。『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』をこよなく愛する自分としてはもっと好評価したいのだけど、いかんせん主人公のタンタンが優等生過ぎて魅力に乏しい。もっと人間味ある少年だったら良かったのに。それ全体的にほんわかとしたコメディタッチの雰囲気もいまいち乗り切れない。反対に、酒浸りの落ちぶれ船長のキャラクターはなかなか魅力的。若干、アル中気味の自分としては、この船長にけっこう共感しちゃったので、大甘に評価して、限りなく5に近い6点献上。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2013-03-30 10:19:18)
31.スピルバーグも衰えたなぁといった印象。本当に無難なつくりを
してしまった感。唯一の見所は視点を活かした街の逃亡劇。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-12-22 00:10:36)
30.現段階で観た"人物描写本格的フルCGアニメ"の中では一番自然に観られました。今までのはどうしても顔に覇気が無くて気持ち悪かったけど、なかなかリアルに近づきました。でもここまでくると実写でいい様な気もするが、確かにアクションはアニメだから出来る技の数々!さすがはスピルバーグ!とは言うものの、お話は今までにどっかで観た様で新鮮味はありませんでした。次回作が有るならば期待してます。
movie海馬さん [地上波(吹替)] 6点(2012-10-15 21:17:52)
29.《ネタバレ》 もう船長が最高なんですっ!この人がいるから画面が面白くなってる。特に飛行機シーンはもう抱腹絶倒!大爆笑でした。あんまり面白かったもので二回も映画館で観ちゃいましたよ!
ゆみっきぃ♪さん [映画館(字幕)] 8点(2012-10-14 02:03:55)(良:1票)
28.“ちゃんと面白い映画”だった。
この映画の感想としては、それ以上もそれ以下もなく、その表現に尽きる思う。

フルCGアニメーションでのキャラクター造型に対して尻込みしてしまい、劇場鑑賞は二の足を踏んでしまったが、この怒濤の映像世界はやはり大スクリーンで観るべきだったと思った。
スピルバーグ流の「娯楽」が、上映時間いっぱいに並べ立てられた映画であり、そういう映画が面白くないわけが無いということは、そもそも明らかだったと思う。

フルCGアニメの映画ではあるが、そのまま「アニメ映画」という区別が正しいかどうかは疑問だ。
常に新しい“映画世界”に挑戦し続ける大巨匠が、“フルCG”“3D”という新しい手法を用いてまた新たな世界観を追求した、ある意味での「実験映画」としての印象が強い。
彼の頭に渦巻く、現時点で実写では困難なイマジネーションを、アニメという表現を使って実現したということだと思う。

綴られるストーリーは極めて単純だ。シンプルというよりも面白味に欠けるストーリーに対して不満が出ることは理解出来る。
「インディ・ジョーンズ」的な冒険活劇が大好きな人ならば、文句なしに楽しめる映画だろうが、そうでない人にとっては“乗り切れない”ということは否めない。

ただし、今作においてスピルバーグ監督は、敢えてそういうストーリーの緻密さは「無視」したのではないかと思う。
ストーリーは原作漫画に即したシンプルに徹し、映像世界の緻密さのみで勝負しようとしたのだと思う。
例えば、台詞の音声なしで鑑賞したとしても、この映画の面白さは変わらないようにすら思う。
それくらい、この映画における映像世界の試みは圧倒的で凄い。

圧倒的な映像世界に対してストーリーの面白味が伴わないことで、映画自体の面白さが激減してしまっていることは確かだ。
しかし、それでも良いと開き直って、新たな試みに挑んだ大巨匠の“エゴイズム”こそ、この作品における最大の見所かもしれない。
鉄腕麗人さん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2012-10-03 23:50:15)(良:1票)
27.実写のようなCGは凄いと思うが、そこまでこだわるなら実写で良いんじゃないw(まぁ、実写にしたらパイカリと何処が違うのか説明できないだろうけどね・・・)
冒険映画には、美女、美少女が必要不可欠だろう。運だけのガキんちょ、酔っぱらい、賢いワンコだけでは、インパクトに欠ける。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 4点(2012-09-07 10:47:32)
26.《ネタバレ》 シンプルに面白い、万人受けする追っかけっこ活劇だが、イマイチ燃えない。
主人公が、命をかけてまで、あんなに頑張るのかっていう動機が弱いからかな。動機なしでぶっちぎれるほどの勢いも感じなかったし。ヒロイン不在の場合って、友情モノになったりするんだけど、途中で知り合ったオッサンと友情が芽生えるって感じでもなかったし、存在感の薄いタンタン君に気持ちが入れられなかった。
タンタンより、ワンちゃんの方が優秀じゃないか?主人公もっと頑張れ!

特筆すべきは、実写のようなリアルなCG!!本作の内容だと、実写でも表現できそうなもんで、むしろ実写の方が熱かったのではないかなーと思ってしまった。こんだけリアルだと、実写ではできないような表現してくれないと勿体ないかな、と。あっと驚くような映像表現もなかったし(2Dだからかも?)。

手堅過ぎる感もあって、色々不満っぽく書いたけど、ちゃんと面白かったですよ。
すべからさん [映画館(吹替)] 6点(2012-07-29 02:33:44)
25.《ネタバレ》 タンタンことティンティン、酔いどれ船長、忠犬の冒険。目まぐるしいアクションシーンには注目ですが朴訥としたキャラ、女っ気のない物語で退屈でした。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 5点(2012-07-12 00:15:22)
24.オープニングのワクワク感は尋常じゃないんだけど、本編が始まった途端に違和感が襲い掛かってくる。
リアル系のCGキャラがどうも駄目。
原作の味が掻き消されてしまってるような気がする。
肝心のストーリーの方も特に凝った謎解きがあるわけでもなく、一本道を突き進んで行くだけ。
アクションシーンの出来が素晴らしいのは認めるけど、ずっとドタバタしてる感じで落ち着きませんね。
もとやさん [DVD(吹替)] 4点(2012-05-11 16:03:41)
23.《ネタバレ》 展開はスピーディだしアクションシーンもがんばっているのだが観ていて面白くない。
なぜなのかはわからないが・・・
虎王さん [DVD(吹替)] 5点(2012-05-04 14:25:26)
22.映像は綺麗です。他のCGアニメと比べても作り込みはかなりのものだと思います。
ストーリー自体は王道です。王道が悪いわけではありませんが、どっかで観たことのあるようなものの寄せ集めに感じ、正直私には合いませんでした。アニメ映画の教科書的な作品です。私としては王道の中にも何かプラスアルファがほしいですね。
ばかぽんさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2012-05-04 03:40:45)
21.《ネタバレ》 やっぱりスピルバーグは、こういうインディ・ジョーンズ的な冒険活劇が本当に上手いですね。最初から最後までノンストップで走るジェットコースターのようです。音楽のジョン・ウィリアムズもかなりご高齢になりましたが、若い奴には負けないぞ!という意欲とモチベーションを、オープニングムービーから感じます。もうキャッチーなメロディの音楽は作られないみたいだけど、もの凄く円熟味のある素晴らしいオケを響かせてくれている。スピルバーグ初の3D&アニメーションということで、巨匠がこのお話を一体どういう風にアニメ化するのだろうと楽しみにしていました。人物はともかく風景はとてもリアルなので、実写でやればよかったのにという意見をおっしゃる方もいるようです。ただ個人的には、このお話はやはりアニメじゃないといけないな、と思います。例えば、飛行機のプロペラにおっちゃんがひっかかって、一緒にグルングルンと回るユーモアとか、ああいうシーンは実写じゃ無理ですよね。アニメでしか出来ない愉快さ。だから、ただ単にアニメがやりたいとか、単に流行ってるから3Dとかっていうんじゃなく、映像化する過程で、最も効果的な表現方法をとるという目的として、このスタイルを選んでいるのがよくわかる。要するに美しいフルCGと3Dの臨場感で、つまりリアリティで観客をこの世界に誘い、タンタンとスノーウィはいわば漫画的で、アニメらしい愛嬌とユーモアを引き出している。ハドック船長の暴走が若干くどかったですが、終盤での、ダム決壊からの一連のアクションシーンは本当に素晴らしいの一言です。誰しもが楽しめるエンターテイメントに仕上がってる。続編も期待です。
あろえりーなさん [映画館(吹替)] 7点(2012-02-25 00:00:14)(良:1票)
20.原作のファンです。この映画が作られていると知ったのは初の海外旅行先のフランスでした。メトロのホームにデカデカと貼られていて、、、それ以来ずっと待ち続けての鑑賞でした。内容ですが、序盤は本当にあのタンタンが動いている、そしてあの空気が見事に映像化されているということに心が踊りました。登場人物の歩き方なども原作に忠実であり、申し分ない仕上がりでした。特にオープニングのワクワク感はたまらなかったです。
しかし後半はなぜ安易な商業主義に走ったのか、、、敵役とのクレーン対決とか全くいらないし、それを入れるくらいなら原作に忠実に作って欲しかったです。この話の一番面白いところは最後のどんでん返しでしょうが。なぜいきなり城に向かうのか。しかも最後はあからさまに2を匂わすという。
とりあえず原作ファンなら觀ておいて損はないでしょう。もしかしたら一緒に観に行った原作未読の友人には単調だったとか言われるかも知れませんが。
TINTIN大好き!!!(ノンケです///)
アンダーソン君さん [映画館(吹替)] 6点(2012-01-22 20:17:00)
19.《ネタバレ》 上映終了末期で衝動的に鑑賞、無難に面白い冒険活劇です。子どもと観るには最適ですね。原作は知らないと思ってましたが、絵本とかで見たことあったかも?
ないとれいんさん [映画館(吹替)] 7点(2012-01-14 11:17:15)
18.アドベンチャー映画の好きな人なら楽しいよね♪ スティーブン・スピルバーグ+ピーター・ジャクソン+エドガー・ライトの強力タッグ、原作も三つ使ってエンタメ要素がキュウキュウつまってます。 キャラ的にもタンタンは淡く船長は濃くスノーウィは愛らしく、バランスがとれてるみたい。 実写では不可能なアングルやアクションもあり、キャプチャーCGアニメとしてもゼメキスの「クリスマス・キャロル」より意義があると思いますが、デフォルメとは真逆の作りこみは少しクドイ気もしちゃいました。 背景のボケがあると見やすく、アクションのブレがあると迫力出るかも。 「三銃士」と似たハイライトシーンがあってこれも「パイレーツ」の影響? 2D吹替版なので、酷似のデュポン&デュボン刑事をアテた、サイモン・ペッグ&ニック・フロストの声が聞けなかったのがちょっと心残り。
レインさん [映画館(吹替)] 7点(2012-01-01 07:00:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 37人
平均点数 6.43点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4410.81%
5513.51%
61027.03%
7821.62%
8924.32%
912.70%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 4.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

2011年 84回
作曲賞(ドラマ)ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2011年 69回
アニメ映画賞 受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS