Menu
 >
 >
 > ブラッド・クリーク

ブラッド・クリーク

TOWN CREEK
(BLOOD CREEK)
2009年【米】 上映時間:90分
平均点: / 10(Review 2人) (点数分布表示)
ホラー
[ブラッドクリーク]
新規登録(2011-12-18)【8bit】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョエル・シューマカー
キャストドミニク・パーセル(男優)
ヘンリー・カヴィル(男優)
マイケル・ファスベンダー(男優)
シェー・ウィガム(男優)
リン・コリンズ(女優)
ウェントワース・ミラー(男優)(ノンクレジット)
脚本デヴィッド・カイガニック
製作ポール・ブルックス〔製作〕
製作総指揮ノーム・ウェイト
編集マーク・スティーヴンス〔編集〕
あらすじ
時は1930年代。ナチスドイツを率いるヒトラーは、オカルトによる世界征服を企てていた。そして、その先鋒の一人が、魔法の力を持つとされる「ルーンストーン」を求めてアメリカに送り込まれる。そして時は過ぎ現代のアメリカ。行方不明だった兄ビクターに突然呼び出された弟エバンは、兄が2年間監禁されていた地に赴くことに。しかし、そこに待っていたのは想像すらし得ない恐怖の世界だった。一体そこで何が行われているのか!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 予告編で損してますね。チープな部分ばかりが紹介されてしまってる。ジャケットでも損してますね。「ヒトラーがゾンビを開発。ナチス製ゾンビに兄弟が挑む。」って、ちょっと違うんじゃないの?
冒頭のモノクロ部分の出来栄えといい、現代になってからの丁寧なつくりといい、役者さんたちのしっかりとした演技といい、まぁ内容的には結局はB級なんだろうけれど、そこらのB級ホラーとは全然違って、見応えのある良く出来た作品と思います。
それにしても可哀想な一家。たまたま目を付けられちゃっただけなのにね。死を受け入れることが幸せだなんて悲しすぎます。
ところで、あからさまな続編指向。流石にそれはやめましょうね。
ぽこたさん [DVD(字幕)] 6点(2012-04-30 01:40:58)
1.《ネタバレ》 山奥にたたずむ一軒の農家を舞台としたナチスゾンビ(なのか?)との一夜の闘い。
冒頭10分に及ぶモノクロのプロローグが素晴らしいです。
マイケル・ファスベンダーの妖しげな存在感もあり非常に印象深いシーンで、
後々の展開を大いに期待させます。
舞台は現代に戻り、主人公が失踪していた兄とともに例の農家に殴り込み、
少しずつ事の真相が明らかになってゆく中盤まではテンポも演出も良く、文句なしの出来。
例のナチスゾンビ(なの?)が出てきてからは普通のB級アクションホラーになってしまいました。
それはそれで面白いんですが、やはり前半の面白さからすると肩透かしは否めません。
視覚効果のショボさももう少し何とかならなかったのかな。
ちょっと切ないラストや、いまや売れっ子となったマイケル・ファスベンダーの怪物七変化が見所でしょうか。
8bitさん [DVD(字幕)] 6点(2011-12-26 23:01:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
62100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS