Menu
 >
 >
 > キツツキと雨

キツツキと雨

The Woodsman and the Rain
2011年【日】 上映時間:129分
平均点: / 10(Review 30人) (点数分布表示)
ドラマコメディ
[キツツキトアメ]
新規登録(2012-02-22)【カーヴ】さん
タイトル情報更新(2017-09-01)【イニシャルK】さん
公開開始日(2012-02-11
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督沖田修一
キャスト役所広司(男優)木こり 岸克彦
小栗旬(男優)映画監督 田辺幸一
高良健吾(男優)克彦の息子 岸浩一
臼田あさ美(女優)麻生珠恵
古舘寛治(男優)助監督チーフ 鳥居
黒田大輔(男優)助監督セカンド 柴田
森下能幸(男優)制作部 吉岡
嶋田久作(男優)カメラマン 篠田
平田満(男優)ゴマ満春
伊武雅刀(男優)木こり 石丸
山崎努(男優)羽場敬二郎
大和田健介(男優)坪井
宇野祥平(男優)
脚本沖田修一
主題歌星野源「フィルム」
撮影月永雄太
製作関西テレビ
企画佐々木史朗〔製作・1939年生〕
プロデューサー椎名保(エグゼクティブ・プロデューサー)
配給角川映画
美術安宅紀史
照明高坂俊秀
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
30.肩の力を抜いて観れる良作です。
アフロさん [インターネット(邦画)] 6点(2017-09-24 18:21:11)
29.南極も横道も好きなんですけど、この作品を何度も観てしまいます。
会話と会話との間が、この監督さんの作品の特徴かなぁ。
きこりさん達、4人組のたわいもない会話が、おもわずにやけてしまいます。
主題歌の『フィルム』のMVがゾンビをテーマにしてるのが、作品とリンクしてて
好きです。
naokin4617さん [DVD(邦画)] 8点(2016-08-30 23:10:17)
28.監督の作品らしく、ニンヤリするシーンも多々有りましたが、私も『南極〜』が好きなので期待して観てしまったのがいけなかった。でも観終わった後味は嫌いでは無かったからこの点。
movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-05-02 18:00:33)
27.印象的だったり微笑ましいシーンもあるけど、ストーリーとしては登場人物の背景が弱すぎて淡々と進んでしまう。最初の方の小栗はちょっと作りすぎ。
nojiさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2015-12-14 23:49:48)
26.息子と同世代の映画監督との交流を通じて、最終的には息子と和解していくという話なのだろうけど、ちょっと説明不足でわかりにくい。息子の存在感が監督に比べて弱いし。「映像で感じろ」という事なのかもしれないが、もう少しストーリーに抑揚があってもいいような。ちょっとアッサリしすぎてるし。父子の葛藤ってこんな簡単なものではないし、そう簡単に和解できるものでもないでしょう。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2015-04-16 10:31:46)
25.「気が弱い」と「そもそも中身がない」は全然違います。ともかくも映画監督という設定であの言動って、まったくありえないでしょう。したがって、主人公の木こりとの衝突も生じていないので、面白みが全然ありません。それから、「間」と「間延び」も全然違います。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2015-04-11 20:57:30)
24.映画監督というのはこんなに弱気でコミュニケーションがとれない人でも務まるものなんですか。可笑しさの中にも不自然さが気になります。監督自らの経験のデフォルメ表現と思って観ていましたがやっぱり気になります。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-04-05 00:31:34)
23.友情やなあ~。なんかうらやましくなった。
ケンジさん [DVD(邦画)] 6点(2014-12-14 20:19:47)
22.《ネタバレ》 映画製作に興味があると一層楽しめる、親父と少年もの。
人が死なない映画。
リアリティを感じない人もいるみたいですが、
映像制作経験からすると、意外といるのがああいう面々だったりする気がする。
田舎出身の私には懐かしい風景でもありました。
よこやまゆうきさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2014-11-21 08:30:49)
21.《ネタバレ》 役所さん演じる木こりと小栗さん演じる映画監督。察するに、本作は沖田監督ご自身の実体験がベースになっていて、作中の田辺監督とはまさに若き日の沖田監督の姿ではないのか。こう思い当たると、この木こりの岸さんもモデルとなった実在の人物がいるのかも・・と考えたくなります。黙々と木を削り、ありとあらゆる木を嗅ぎ分け、森の抜け道には地図よりも詳しく、天候の変化は誰よりも早く察知する。岸は木こりというよりはまるで"キツツキ"だ。キツツキと雨、これは沖田監督が人生の恩人に捧げた映画なのかもしれません。
タケノコさん [映画館(邦画)] 7点(2014-07-02 21:50:03)
20.《ネタバレ》 木こりが出てくる映画と聞いていましたが、バリバリ林業じゃないですか。冒頭、木を切り倒すところから、スルスル木を登る枝打ちやお昼の腰弁当を作るところさえ、魅力的な林業。だから、映画人の方が林業に引きずりこまれる話と期待しましたが、逆なんだ。基本的にワタシ苦手な映画制作の話。もし、本作にもう少し気を入れられるとしたら、作中、田辺監督が作るところの「ユートピア~ゾンビ大戦争~」が確かに岸を泣かせるだけのチカラ(ワンシーンでもいいんだ)があればと思いましたが、そんな片鱗をうかがわせることもないのですね。残念。
なたねさん [DVD(邦画)] 3点(2014-02-15 16:29:46)
19.《ネタバレ》 「南極」と「横道」を先に観ていたので期待感がありましたが、私にはイマイチでした。会話がもどかしかったのです。冒頭の「本番中なんで…」「はい?」を何度も繰り返したり、小栗クンが自分の立場をいつまでたっても説明しない辺りがそれです。常識的な手順から外れたやり取りだと思います。かなり無理矢理にコミュニケーションを停滞させて、ストーリーを作っている気がしました。
小栗クンが悩んでいる理由も良く分からなかった。低予算映画を押し付けられた代打のカントクなのかとも思ったけど、そうでも無いみたい。自信が無かっただけなんですかね? 自信が無いのは内面の問題だから仕方がないとしても、それが本作のように現場で態度に出たら大問題で、ありえないシチュエーションを設定していると思います。
地方の方が「物珍しさ」で映画に協力するのは分かります。時間に余裕があればみんな協力するでしょう。でも、それで成立する映画って云うのもどうかと思う。
気難しいこと言ってますが、気になるところがいくつかあって、この監督の持ち味が本作に関してはマイナスに映りました。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2014-01-26 23:47:48)(良:1票)
18.どうも役所広司が苦手だ。どの映画でも同じようなキャラクターに見えるからだ。でも、この映画では意外に良かった。あまり役所広司を主張しすぎていない点だ。どこにでも居そうな木こりのおじさんを淡々と演じている。頑固おやじかと思いきや好奇心旺盛だし息子思いだし、憎めない良いキャラだった。演出も無理に感動させようとせず自然な感じで良い。固定カメラの向こうに流れるゆったりとした時間が心地良かった。また、見終わって無性に味付け海苔が食べたくなり、スーパーへ直行したのは言うまでもない。
ヴレアさん [DVD(邦画)] 7点(2013-10-18 21:20:13)
17.なんで役所広司なんか使うんだろう。最近いろいろ出すぎで辟易する。うまい役者なのだろうが、こう安売されると・・・。
la_spagnaさん [DVD(邦画)] 5点(2013-10-13 22:37:51)
16.《ネタバレ》 知らないタイトルだったので、監督の名前も知らずに観てみたのですが、なかなかの当り映画でした。少しあり得ないストーリーですが、監督と、息子と名前といった細かいところの設定を始め、ゆるいようにみえて、暖かいしっかりした佳作でした。
minさん [DVD(邦画)] 7点(2013-06-09 21:50:15)
15.《ネタバレ》 親子(ほど歳の離れた)の物語。
いわばそれだけ、だけなんだけどソコがいいんですよねぇ。
贅沢なハナシですよ、ホントに。
なんでもかんでも詰め込んじゃって結局何が言いたいのかわからない様な映画が多い中、この映画の焦点はしっかりしています。
なので極端な劇中劇(ゾンビ映画)で遊んじゃっても全然大丈夫。
むしろホッとするような笑いで、本当に言いたいコトを包み隠すようにしています。
こーゆーところが押しつけがましくなくて、好感がもてますよねぇ。
短いシーンでスパッとみせる役所さんと高良さんの親子関係、特に、取り込まない洗濯物の対比にパリッとした礼服が2着並んで掛けてあるところなんか素晴らしいです。
そして役所さんと小栗さんの交流、こちらはじっくりゆっくり無理なく展開されていきます。
そこに時間の大半を割いて、丁寧に。
物語の構成が巧みですね。そして余韻も。
南極料理人のときもそうでしたが、観客が映画を見終えて現実に戻るまでに、いい繋ぎの時間と言うか余韻を与えてくれます。
沖田監督の次回作にも期待したいですが、出来れば監督の作品とは知らずに出逢いたいですね。
『いい映画だったなぁ』って見終えて、誰の作品?って名前をみたら沖田監督作!みたいな。
フラットな気持ちでおもてなしされたい、そんな気持ちにさせる監督ですね。


ろにまささん [DVD(邦画)] 8点(2013-04-10 00:49:31)(良:2票)
14.レンタル屋で意外とよく借りられてた。
なるほど納得、嫌みのない映画。
役所広司が流石の好演。みんなに慕われる武骨な木こりを演じるならこの人!
 
すっきりした頭で観るといい映画。風呂上がりとか、すがすがしい休日なんかに観るといいと思う。
おでんの卵さん [DVD(邦画)] 8点(2013-04-08 00:14:52)
13.《ネタバレ》 冒頭から「うまい」と唸らされる。構図や伏線、脚本など全てが自然でよどみがない。笑わせるテンポもいいし、しつこくならない程度に息子とのドラマが垣間見え、全体のバランスも崩さない。傑作。どちらの主人公も自分に厳しくストイックに生きてきた人間だが、どうもうまくいかない、不本意なことがある状況から始まる。これは「甘いものを食べない」ということを厳しくお互いが守ることによって象徴的に表現されている。お互いの交流をテンポ良く描きながら、似た者同士が理解し合っていく。一方で監督と岸は似ているだけでなく、岸は監督に息子の姿をも見出している。それが息子の理解にもつながる、といううまい流れとなる。中盤以降で二人がストイックさを有る意味捨て、あんみつをたっぷりのシロップで食べるが、そこから二人は不自然な厳しさ、無用なストイックさを捨て、ある意味素直になって初心に帰ることができたのである。監督は「父親にもらったビデオカメラが原点」という話に戻ることによって自信を深め、岸は「君の父親はそんなことを思っていない」と自分に重ねあわせることによって、息子を純粋にかわいく思う気持ちへと回帰している。序盤で「最初はかわいいが、すぐにかわいくなくなる」と岸自身が言っているのも重要で、その「最初」に戻ることを意味しているのである。他にも感心するような伏線がちりばめられており、素晴らしい映画であった。
Balrogさん [DVD(邦画)] 8点(2013-03-23 12:18:32)(良:2票)
12.大爆笑できるシーンもいくつかありましたが、南極料理人ほどではありませんでした。話も、ちょっと作り過ぎの感もあり、1回観れば十分かな?南極~レベルを期待していただけに、自分の中のハードルが上がり過ぎていたのかも。でも悪くない映画だと思います。
ramoさん [DVD(邦画)] 6点(2013-03-16 22:46:47)
11.「南極料理人」が面白かったので借りてきました。
沖田監督は「芝居臭さ」を排除した、日常の空気をうまく映画世界に取り込むのが非常に上手いですね。
作品中沢山出てくる「はい?」「えっ?」というセリフ。台本にはそのまま文字でしか書かれていないのだろうけど、登場人物から発せられる言葉毎に心情やその場の空気を雄弁に語ります。
南極料理人でもそうでしたが、彼の作品は映画エンターテイメント的にわかりやすいカタルシスは無いのに、観終わった後じわじわと染み出してくるような感動があります。
どうも気になって何度も見返す内に、非常に丁寧に練られた脚本や、画面の隅々まで神経の行き届いた演出、美術の仕事ぶりを発見して(・∀・)ニヤニヤとしてしまうのです。
ロイ・ニアリーさん [DVD(邦画)] 8点(2013-02-20 02:30:44)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 30人
平均点数 6.43点
000.00%
100.00%
213.33%
313.33%
426.67%
5516.67%
6516.67%
7413.33%
81136.67%
913.33%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review2人
2 ストーリー評価 7.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 8.40点 Review5人
4 音楽評価 5.66点 Review3人
5 感泣評価 5.66点 Review3人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS