ペントハウスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヘ行
 > ペントハウス
 > (レビュー・クチコミ)

ペントハウス

[ペントハウス]
Tower Heist
2011年【米】 上映時間:104分
平均点:5.75 / 10(Review 20人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-02-03)
アクションドラマコメディ犯罪もの
新規登録(2012-04-03)【ゆうろう】さん
タイトル情報更新(2018-01-21)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ブレット・ラトナー
キャストベン・スティラー(男優)ジョシュ・コヴァックス
エディ・マーフィ(男優)スライド
ケイシー・アフレック(男優)チャーリー・ギブス
アラン・アルダ(男優)アーサー・ショウ
マシュー・ブロデリック(男優)Mr.フィッツヒュー
スティーヴン・ヘンダーソン(男優)レスター
ジャド・ハーシュ(男優)Mr.サイモン
マイケル・ペーニャ(男優)エンリケ
ガボレイ・シディベ(女優)オデッサ
ティア・レオーニ(女優)クレア・デナムFBI捜査官
ロバート・ダウニー(男優)ラモス判事
ジョーン・リヴァーズ(女優)(ノン・クレジット)
檀臣幸ジョシュ・コヴァクス(日本語吹替)
山寺宏一スライド(日本語吹替)
藤貴子クレア・デナム(日本語吹替)
脚本テッド・グリフィン
ジェフ・ナサンソン
音楽クリストフ・ベック
撮影ダンテ・スピノッティ
美術クリスティ・ズィー(プロダクション・デザイン)
録音ゲイリー・A・ヘッカー
マイケル・ミンクラー
その他マイケル・デ・ルカ(special thanks)
ロバート・エヴァンス(special thanks)
ロマン・ポランスキー(special thanks)
ジョーン・リヴァーズ(special thanks)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
20.《ネタバレ》  導入部分がやや苦手。仕事が出来る人間で、しかも仲間思い。そんな人が仲間のために熱くなっちゃったせいで不利益を被るってのが好きになれません。
 ジョシュは仕事にプライドを持っていて、従業員、客、全員を大事にしています。そんなジョシュを簡単にクビにしてしまう経営者にも腹が立つが、簡単に犯罪に手を染めようとするジョシュにも共感できません。
 もちろんそーゆー作品なわけですから、腹を立てても仕方がない。でも腹が立っちゃったものは仕方がない。それだけオープニングのジョシュという人物に魅力があったわけです。なんかちょっと幻滅しちゃった感じでしょうか。
 正直ずっと気持ちがノリきれないまま、もやもや見ていたのですが、最後に皆で力を合わせるのはちょっと良かったです。こーゆーの好きです。で、あっという間にみんな捕まっていくエンディングも良い。護送車の中でショウがもちかけた取引に、『タワーでチップは禁止です。』なんて切り返すのもお洒落じゃないですか。
 従業員たちに年金代わりに純金を送り、ショウは遂に刑務所へ。勧善懲悪なのでラストはすっきり。ですが、その過程において、どーしてもこの人たちを応援しようという気持ちになれなかったので、点数は厳しめです。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2019-12-06 01:16:25)★《新規》★
19.《ネタバレ》 個人的に復讐モノは好きで、しかもベン・スティラーとエディ・マーフィーの競演
これは、面白くない筈がない‥‥と思ったのですが‥‥
どうにも、地味な展開にガッカリ
エディ・マーフィーには「大逆転」の時のような、ハチャメチャぶりが欲しかったですねぇ。
まぁ、可もなし不可もなし
普通の映画でした。
TerenParenさん [インターネット(字幕)] 5点(2019-10-25 21:57:09)
18.日曜深夜?月曜早朝?の3時半に目覚め鑑賞。夏休みの非日常を堪能した。ベン・スティラー主演だが脇を固める演者も豪華! (エディ・マーフィーも主演?) 無理やりなどんでん返しもなく、終始楽しんで視聴。良かったです。にしてもアラン・アルダでしたか!「M*A*S*H」は大好きでした。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 8点(2018-09-03 05:57:20)
17.《ネタバレ》 ○ベン・スティラーとエディ・マーフィ共演なら面白いやり取りを期待してしまうのだが、そういう場面はほとんどない。○また、ベン・スティラーのコメディがどうも合わない。どうしても理不尽でかわいそうに見えてしまう。○ぶっ飛んだことやってるんだが、スケールが小さく見えてしまう。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-10-29 22:58:45)
16.良くも悪くも安定のコメディ映画という感じ。宙吊りのフェラーリは斬新。なんとなく「ミッション・インポッシブル」のトム・クルーズを思い出しました。
しかし他の方も指摘していますが、エディ・マーフィーの存在感のなさはすごい。箸休め的な出演だったんでしょうか。それとも役者人生の下降線を辿っているのか。別にファンというわけではありませんが、一抹の寂しさがあります。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-10-05 03:30:53)
15.《ネタバレ》 いろんな登場人物を手際よく整理していきながら目的の窃盗計画に収斂していく前半はなかなかだったのですが・・・後半は何かネタ切れ気味で、「え?それだけ?」という感じでした(スライドとチャーリーが離脱するというひねりも、結局は生かされていない)。あと、演技面では、私はエディ・マーフィ以上に、マシュー・ブロデリックの意外な元気のなさが気になりました。周りに合わせちゃった?
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-09-17 02:12:22)
14.《ネタバレ》 なかなか面白いじゃないすか。まぁせっかくエディ・マーフィーでてるので、もう少し掛け合い的な部分があったら良かったかも~とか思いつつも、ティア・レオーニ扮するFBI捜査官の雰囲気もとても良かった。※高所恐怖症なのでフェラーリ宙吊りシーンはマジ勘弁級(苦笑)の怖さでゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-05-06 09:49:48)
13.《ネタバレ》 これもリーマン・ショック後のアメリカの世相を反映させたってことなんでしょうかね、まあ別に退屈する様な類のお話しではなかったですけど。 とにかくこの映画の最大の欠点は、観た人みんなが同意すると思いますけど、エディ・マーフィの存在感のなさに尽きるでしょう。なんで出演する気になったんでしょうかね、この人『ドリーム・ガールズ』でオスカー逃がして燃え尽きてしまったんでしょうか。スティーヴ・マックイーンが乗ってたフェラーリが登場したところでだいたいオチが見えてきましたし、メイドがあっさり金庫を開ける展開からもそれは察しがつくことでしょう。それにしても自動車が通れる幅の廊下って、このマンションどんだけ広いんだよって感じです。 アラン・アルダの悪役ぶりは憎々しくてよかったですね、こいつならほんと何をしても許される気がします(笑)。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-04-11 22:24:38)
12.原題は「タワー強盗」、結構な役者ぞろいだし、撮影にも相当お金かかりましたね!!あの窓のシーンはどうやって撮ったんでしょうか?メイキングに興味がありましたがDVD特典は別ドラマだったもので、残念(慣性なのかみてしまったが)。他は特筆すべき点はとくに・・・
HRM36さん [DVD(字幕)] 6点(2013-09-06 16:20:35)
11.《ネタバレ》 犠牲を払ってでも勝利を掴もうとする主人公と、無傷で勝ちきる王道を望む大富豪。チェスの戦略に両者の人生観が観て取れます。奪われたものを取り返すため、主人公が挑んだ一世一代の大勝負。多分に運が味方したとはいえ、主人公に勝利の女神が微笑んだのは必然だった気がします。「償いを避けて通れると思ったら大間違いだ」という彼自身の言葉に沿った結末も腑に落ちました。ザ・アメリカンコメディのノリも楽しいですし、多彩なキャラクターも気に入りました。ストーリー上、エディ・マーフィの存在価値がほとんど無かった点が最高のジョークだと思います。多少の(?!)粗は笑い飛ばしてしまいましょう。

目隠シストさん [DVD(吹替)] 7点(2013-04-09 19:27:48)
10.少し歳をとって軽さだけで勝負できなくなってきたベン・スティラー。その彼がまだまだイケルことを示した良作。脇を固めるキャストもグッド。
Robbieさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2013-02-02 18:37:46)
9.《ネタバレ》 笑おうと思って観始めたけど、年金のような切実な問題を面白おかしくできないよ…。みんな深刻な顔してたし、別ケースだが自殺未遂者まで…。でもエディ・マーフィが仲間に加わってからはそれなりに楽しい雰囲気に。仲間が揃ったら下見などを行って、いよいよ決行。計画自体はお粗末なものだが、それなりに順調に行くのはコメディだから仕方ないか。あまり場当たり的ではカタルシスを得られないが、みんなが逮捕された後、そこを少しばかり補う展開が。1000万ドルを没収されても平気な男が、なぜ4500万ドル程度の車にこだわったのか? 本当の狙いが暴かれてスッキリ。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-01-18 18:32:25)(良:1票)
8.アクションでもないし、コメディでもないし、カタルシスも感じませんでした。やはり日本では受け入れにくいタイプの作品で、「ツボ」に、はまる人もこのレビューの数の通り少ないのではないでしょうか?そもそも犯罪者の金なら取って良いの?って言うのもあるし、資産運用は自己責任でしょう。この辺を私は良しとできないし、車が地上に落ちたらそれこそ大参事ですし、ラストのくだりで贈り物受け取った人、換金どうする?疑問というよりも作品としてこれは認めがたいです。ベンがいい男気取りなのもマイナスで、ジムキャリーあたりのシリアス系もやりたいんでしょうけど・・・。日本では厳しいと思います。いい役者さん出ていますが時間もちょっと長いです。
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 1点(2013-01-06 22:25:44)(良:1票)
7.高揚感を煽る音楽の中、ベン・スティラー演じる主人公が、絶妙な笑みを浮かべながら“あるところ”を歩いていく。そのラストカットを見ながら、思わずにんまりと親指を立てたくなった。
イントロダクション通りのストーリーで、辿り着く顛末も大体想像通り。それでも、これだけの満足感を観客に与えるのは、アメリカのコメディ映画界が大衆を喜ばせるための「基本」を常に全うしているからだと思う。

もはやアメリカコメディ映画の世界では二大俳優といっていいベン・スティラーとエディ・マーフィの競演については、当然のことながら安心して見られる。

特にベン・スティラーというコメディ映画俳優の存在感は凄い。
主演作の殆どにおいて、彼の演じるキャラクターはあまり笑わない。主人公が真剣になればなるほど、彼を取り巻く環境は大揺れを起こし、可笑しさが生まれる。
それは、すべての人間が真剣に生きているこの現実の世界こそに、本当の可笑しさが潜んでいるということの証明であり。だからこそ、ベン・スティラーの主演映画は面白いのだろう。

が、その一方でこの二大俳優が組んで、しかも一応“幼なじみ”という設定の割には、ふたりの掛け合いが少なく、連携もイマイチだったようにも思えた。
ストーリー構成的には、ベン・スティラーの単独主演で、エディ・マーフィは脇役という印象が強く、勿体ないと感じた。

また、よくよく突き詰めれば、整合性がない部分もチラホラ目につくし、説明不足な展開もある。
そういう部分が、最終的な満足感のわりに作品としてのグレードを幾分か下げてしまっていることは否めない。

しかしながら、この手の映画に“こなれている”俳優たちのアンサンブルは極めて安定していて、気を削がれるようなことは決してない。

“人種のるつぼ”であるアメリカ社会が抱える格差や経済の問題意識もベースに敷きつつ、バランスの良いエンターテイメントに仕上げる“地力”が流石だと思う。
鉄腕麗人さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2012-11-28 23:54:57)(良:1票)
6.《ネタバレ》 車の移動になるまでは結構面白かったんだが・・・
なんかもったいない感じ。
虎王さん [DVD(字幕)] 5点(2012-10-25 21:45:30)
5.《ネタバレ》 イマイチベンスティラーとエディマーフィーのキャラがたっていない感じ。またこのテの映画はあまりツッコんではいけないのでしょうが、自分にはかなりツッコミどころが目立ちました。ストーリーにも最後の捻りがなにか欲しかったですね。
とむさん [DVD(吹替)] 5点(2012-09-16 09:06:51)
4.ベン・スティラーとエディ・マーフィだからもっとしゃべくり漫才的なドタバタコメディかと思いきや、無難にまとまったアクションコメディで若干期待外れ。別に駄作ではないがどうもマンネリ化してる感が否めないなあ
Arufuさん [DVD(字幕)] 5点(2012-09-02 23:01:03)
3.《ネタバレ》 勧善懲悪コメディーは何も考えずに観るとスッキリ!テンポも会話も楽しく好きな映画です。
東京ロッキーさん [映画館(字幕)] 6点(2012-07-02 18:06:26)
2.《ネタバレ》 ベン・スティーラーも出ているしまあまあ楽しかったんですけど、
大笑いというまでには行かず;
エディ・マーフィーをもっと面白く使ってあれば・・なんて。
飛行機のなかで観たのでイマイチドタバタ感も伝わらず;
消化不良気味でありました;
AKOさん [DVD(吹替)] 6点(2012-04-10 00:29:06)
1.《ネタバレ》 映画を見ている間、とにかく何も考えずに最後まで楽しめる良作。帰りの電車で、「あれ?でもよくよく考えれば・・・」とツッコミどころはワンサカ出てくるけれど、見てる間は映画の世界に夢中になれます。(エディ・マーフィーのキャラがあまり活かしきれてないような気がするし、エレベーターの屋根の上に大人数+車1代乗っかてても平気で動いてるのはヘンだし。) けれど次から次へと見せ場があって、場面場面でカタルシスもあり気持ちいいです。現代アメリカの問題点的なものもふんだんに盛り込まれてますね。ラスト以後は、主人公が詐欺ジジイの配膳係になってたら面白いなー、なんて妄想しました。詐欺ジジイは、自分の食事に唾が入ってないか心配する獄中生活になるでしょう。
ゆうろうさん [映画館(字幕)] 9点(2012-04-05 18:30:04)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 20人
平均点数 5.75点
000.00%
115.00%
200.00%
300.00%
415.00%
5630.00%
6735.00%
7315.00%
815.00%
915.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review2人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 4.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS