ジュエルに気をつけろ!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > ジュエルに気をつけろ!
 > (レビュー・クチコミ)

ジュエルに気をつけろ!

[ジュエルニキヲツケロ]
One Night at McCool's
2001年【米】 上映時間:93分
平均点:5.20 / 10(Review 49人) (点数分布表示)
コメディ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-02-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ハラルド・ズワルト
助監督エレン・H・シュワルツ
キャストリヴ・タイラー(女優)
マット・ディロン(男優)
ジョン・グッドマン(男優)
ポール・ライザー(男優)
マイケル・ダグラス(男優)
リチャード・ジェンキンス〔男優・1947年生〕(男優)
岡本麻弥(日本語吹き替え版)
堀内賢雄(日本語吹き替え版)
石田太郎(日本語吹き替え版)
山路和弘(日本語吹き替え版)
小川真司〔声優・男優〕(日本語吹き替え版)
池田勝(日本語吹き替え版)
深見梨加(日本語吹き替え版)
大塚芳忠(日本語吹き替え版)
中田和宏(日本語吹き替え版)
岩崎ひろし(日本語吹き替え版)
音楽マーク・シェイマン
作詞ボブ・ディラン"Wanted Man"
編曲ジェフ・アトマジアン
挿入曲ジョニー・キャッシュ"Wanted Man"
撮影カール・ウォルター・リンデンローブ
製作マイケル・ダグラス
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特撮リズム&ヒューズ・スタジオ(視覚効果)
美術デヴィッド・レイザン(美術監督)
ガーソン・ユー(タイトル・デザイン)
衣装エレン・マイロニック
編集ブルース・キャノン
スタントJ・アーミン・ガルザ二世(カメラ・カー)
その他ピート・アンソニー(指揮)
あらすじ
バーテンのランディは、ある晩ジュエルという美女と出会う。家庭的でキュートな彼女にランディはメロメロ。ところが彼女はランディに泥棒をさせたあげく、殺人の共犯にしてしまう。その事件を追って現れたのは刑事・デリングと弁護士・カール。ジュエルはデリングの前では純粋無垢な女を、そしてカールに対してはセクシーな女を演じて2人をたちまち虜にしてしまう。豪華な生活を夢見てひたすら突っ走るジュエルと、彼女の魅力にノックアウトされた3人の男たちは一体どうなってしまうのか…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
49.気をつけろと言われて気をつけて鑑賞したが、まんまとハメられた。マット・ディロン目当てで見に行ったので彼が観られて良かっただけマシなのかな。ハチャメチャすぎる(笑)。リブ・タイラーは可愛く撮ってもらってるから見応えあり??
movie海馬さん [映画館(字幕)] 3点(2012-07-18 01:39:15)
48.《ネタバレ》 ジャーナリストの佐野真一氏が今話題の結婚詐欺師K嶋に夢中になっている。その興奮具合から、どうやらとんでもなく魅力的な女性らしいことが伝わってくる。曰く「言葉使いが丁寧で、鈴をころがすような声」「犯罪なしには生きていけない女」「彼女の沸点は異常に低い」「こんなつまらない判決を書く裁判官に、彼女は裁けるわけがない」彼が彼女に惚れ込んでいることは分かるのだが、いったいどのような人物なのかいまいち判然としなかった。佐野氏の表現力をもってしても伝えきれない人物のようだ。ところがこの作品を見てその疑問は氷解した。上記の発言すべてこの作品の主人公ジュエルに当てはまる。なんともその魅力を解説しづらいが、リアリティのある人物造形。もちろんK嶋がまんまジュエルにそっくりなわけはない。しかしかなりの部分で共通のものがあるのではないか。だとすれば佐野氏が彼女に惚れていることを隠そうともしないのも、その判決に憤るのも全て腑に落ちる。それにしてもよくできた作品だ。尋常じゃない色っぽさとシンプルにすぎる価値観を持つ女を3人の男が語る「市民ケーン・羅生門方式」の複雑な構成。張りまくりの伏線を次々に回収する無駄のないシナリオ。製作のマイケル・ダグラスはそのメイキングで「善でも悪でもない人間を描きたかった」と言っている。常識的な価値観では悪としか言いようのない人間も、実際出会ってその行動をみてをみると、いちがいに悪と言って切り捨てるわけにもいかないことがある(無論その逆もある)。一見バカ映画の体をとりながらそのメッセージが心に届くようにできている良作と感じた。
皮マンさん [DVD(吹替)] 8点(2012-05-01 11:06:18)
47.《ネタバレ》 コメディのようで、5人も殺される映画です。
ダルコダヒルコさん [ビデオ(吹替)] 4点(2011-08-20 14:20:25)
46. ま、全てがジュエルの美しさ、魅力によってなりたつ脚本で、ショボイ話と言えばしょぼいんだけども、あまりにその役に適役のリヴ・タイラーで見てる最中は全くそんなものは感じませんでした。(塚、あの洗車のシーンでご飯が二杯は食べれる(笑い))
 そもそもが内面描写とかよりは、いかに女優が魅力的に映し出されてるかを重視する自分ですから、この手の映画が嫌いなわけがありません。
 ただ、リブ・タイラー、ここまでやるんなら、もっともっと(笑い)肝心なシーンでブラつけっぱなしとか中途半端にも程がある。同じ美人女優のペネロペ・クルスとか、モニカ・ベルッチを見習ってもっともっと(笑)
(後半、妄想炸裂ですいません)
 しかし、ジョン・グッドマン 見れば見るほど20代の野球選手やるには、不似合いのルックス、体形でってのは別の映画の話。

リブ・タイラーとか今現在はまったく押しから外れてるので、このDVDも断捨離候補の一巻として見直したわけだが、いやあ この時点での彼女綺麗だわ、本当にセクシー。ヒロインに魅力がないと成り立たない役にこれほどの適役はない。
というわけで、一点上がってしまった 7→8
rhforeverさん [DVD(字幕)] 8点(2011-06-20 12:50:22)
45.なんともバカバカしいリヴ・タイラーのファンの為の映画といったところか、マット・ディロンが情けない役してます。ブラック・コメディなんだけど微妙にダルダルな感じのするのはちょっと否めませんけど、マイケル・ダグラスの大阪のおばちゃんがやってそうな雰囲気プンプンのリーゼントやスーツ姿で乗り込んでくるオッサンなんか「フォーリング・ダウン」のパロディなんかな?クライマックスに日本では「ヤングマン」でお馴染み「YMCA」がBGMで使われるのかがよくわかりませんが。
M・R・サイケデリコンさん [地上波(吹替)] 5点(2008-12-03 10:05:11)
44.こないだTVで観るまで、以前に観た事をキレイに忘れていた。それくらい、はっきり言ってツマラナイしクダラナイ映画。まあ、この程度のバカ映画に目くじら立てるのもどうかとは思うが。w いくらコメディーとは言え、出てくる人間総てが現実離れし過ぎ。ありえない展開は見ていて腹立たしさすら覚える。結末もグダグダ。さらに言えば、善人の主人公がバカを見て、悪女がさも当然のように逃げ延びる展開は、カタルシスさえ無い。
TERRAさん [地上波(吹替)] 2点(2007-05-24 05:02:34)
43.成り行きを見守るだけに終始する内容で辟易。
何やら思わせぶりな語り口で進行していたのに、何だったんだ・・・。
中味からっぽな映画です。
カラバ侯爵さん [地上波(吹替)] 0点(2007-05-23 19:08:03)
42.序盤のストーリー展開が弱くて引き込まれない。コメディーものとしてはまぁまぁ。
ucsさん [DVD(字幕)] 5点(2007-03-06 16:18:18)
41.リヴ・タイラーが主演という時点で作品としては何も期待できないし、そもそも主人公(男)がまともな判断力を持っていれば初手の時点で何も起こらない話なので、とても期待して見る気にはなれなかったが、3人がそれぞれ違う立場の人に語っていく(しかも自分の都合の良いように)という設定が面白く、そこそこ最後まできちんと見ることができた。テンポも悪くなかったし、細かいところもそれなりに凝っていたと思う。
Oliasさん [DVD(字幕)] 4点(2006-04-18 01:23:58)★《更新》★
40.《ネタバレ》 前半は少しダラダラした感じがしたがなかなか笑えて以外に面白かった。リブ・タイラーの魅力が出まくっている感じだった。ラストの弁護士の悲劇的な結末は後味が悪い。あの刑事も撃たれない方が良かったと思う。ちょっとアメリカ映画によくあるブラックユーモアな感じがした。マイケル・ダグラスはおいしい役をやったなあと思った。
スワローマンさん [地上波(吹替)] 6点(2006-04-17 22:31:46)
39.《ネタバレ》 折角、三人の男が語る話になってるのに、ジュエルのイメージが全員ピンナップ・ガール・レベルに統一されてて面白くない(アメリカ男性の理想って皆こんななのか?)。話が食い違うからジュエルに掴み所が無くなり、それぞれの話のギャップに笑えるのに、これじゃ彼女の魅力も半減です。しかし、クライマックスに最大の笑い所が用意されてました。この男達のキャラクター設定は、クライマックスの「このヴィレッジ・ピープルが!」という一言の台詞の為だけにある。ご丁寧にも途中には、インディアン像を処分しようとしたリヴ・タイラーをマット・ディロンが制止するシーンまである。この脚本家の策略(?)に私はすっかりハマって、つい大爆笑してしまいました。そういう訳で、ヴィレッジ・ピープルと「YMCA」に6点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-11-02 00:01:33)
38.この映画に気をつけろ!
TK of the Worldさん [DVD(字幕)] 0点(2005-10-29 01:15:53)
37.リブ・タイラーのための映画。あれだけ簡単に男を手玉に取れたら人生楽しそうだな。
およこさん [ビデオ(吹替)] 5点(2005-06-18 17:00:51)
36.みんなも気をつけろよ!オレも気をつけるから
デヘデヘさん 6点(2004-09-06 10:04:24)
35.《ネタバレ》 ストーリーの構成もわりと好きだし結構楽しめました。リヴ・タイラーの悪女ぶりが良かった。でもあんなに家にこだわるなら、もっとそのへん大げさにしたほうが面白かったかも?あの殺し屋がマイケル・ダグラスに似てるなーと思ってみてたら。。本人だったんですね(爆)
civiさん 6点(2004-08-18 04:41:59)
34.ストーリーは、そんなに面白いと思わなかったけどリブタイラーがすごくキュートでセクシーでそれだけでも見る価値ありだと思います。
ericaさん 5点(2004-08-17 16:11:49)
33.凄い好きです!!ジュエルの可愛い賢さが魅力だと思います!!
めっちゃおもろい、YMCAのシーンもウケル!
れみさん 10点(2004-07-03 18:57:31)
32.予告編を観たとき,映画館に見に行けそうにないので,ビデオで絶対観ようと思った作品.内容は0に等しいですが,リヴ・タイラーが(男にとって)最も魅力的に写っている映画です.目の保養代ということで+1点.
マー君さん 6点(2004-06-20 13:44:10)
31.一番面白いのはマイケル・ダグラスのリーゼント。
腸炎さん 7点(2004-06-17 16:16:23)
30.よかったですねぇ!!ジュエルは、すっごい悪女!なのに憎めないもんなぁ・・・。リブ・タイラーさんだからこその役なんでしょうね☆
ラブコメ大好き!さん 8点(2004-04-26 16:20:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 49人
平均点数 5.20点
024.08%
112.04%
248.16%
324.08%
4714.29%
5714.29%
61428.57%
7510.20%
8612.24%
900.00%
1012.04%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.25点 Review4人
2 ストーリー評価 7.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.66点 Review3人
4 音楽評価 8.66点 Review3人
5 感泣評価 0.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS