タイタンの逆襲(2012)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > タイタンの逆襲(2012)
 > (レビュー・クチコミ)

タイタンの逆襲(2012)

[タイタンノギャクシュウ]
Wrath of the Titans
2012年【米】 上映時間:99分
平均点:5.00 / 10(Review 31人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-04-21)
アクションアドベンチャーファンタジーシリーズもの3D映画
新規登録(2012-05-08)【ユーカラ】さん
タイトル情報更新(2019-02-24)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョナサン・リーベスマン
助監督ピーター・マクドナルド〔撮影〕(追加撮影第二班監督)
テリー・ニーダム
ニック・デイヴィス[特撮](第二班監督)
キャストサム・ワーシントン(男優)ペルセウス
リーアム・ニーソン(男優)ゼウス
レイフ・ファインズ(男優)ハデス
エドガー・ラミレス(男優)アレス
トビー・ケベル(男優)アゲノール
ロザムンド・パイク(女優)アンドロメダ
ビル・ナイ(男優)ヘパイストス
ダニー・ヒューストン(男優)ポセイドン
シニード・キューザック(女優)クレア
リリー・ジェームズ(女優)コリーナ
藤真秀ペルセウス(日本語吹き替え版)
津嘉山正種ゼウス(日本語吹き替え版)
土師孝也ハデス(日本語吹き替え版)
辻親八ポセイドン(日本語吹き替え版)
大塚周夫ヘパイストス(日本語吹き替え版)
木村雅史マンティウス(日本語吹き替え版)
林真里花アンドロメダ(日本語吹き替え版)
久保田民絵クレア(日本語吹き替え版)
土田大アレス(日本語吹き替え版)
落合弘治アゲノール(日本語吹き替え版)
原作ビヴァリー・クロス(キャラクター創造)
脚本デヴィッド・レスリー・ジョンソン
音楽ハビエル・ナバレテ
編曲ニコラス・ドッド
撮影ベン・デイヴィス〔撮影〕
製作総指揮カラム・マクドゥガル
トーマス・タル
ケビン・デ・ラ・ノイ
ジョン・ジャシュニ
ルイ・レテリエ
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクコナー・オサリヴァン(補綴スーパーバイザー)
特撮ニック・デイヴィス[特撮](視覚効果スーパーバイザー)
ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
フレームストアCFC(視覚効果)
美術チャールズ・ウッド[美術](プロダクション・デザイン)
衣装ジェイニー・ティーマイム
編集マーティン・ウォルシュ
その他ビル・ドレイパー〔その他〕(プロダクション総指揮)
カラム・マクドゥガル(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ニコラス・ドッド(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
31. 前作より良化したかは分からないが、力のある俳優が集まっており、多少の見応えは感じた。
タックスマン4さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-08-17 00:03:20)
30.キマイラ、一つ目の巨人、前作のラスボスであるクラーケン。ドラクエやFFでこんなキャラいたなぁと思いながら観ていました。あとギリシャ神話ってラスボスが巨大でなければならない縛りでもあるんでしょうか?
たろささん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-05-06 00:45:09)
29.ネタ元をギリシャ神話に求めようがアメコミに求めようが、結局は同じような映画に仕上げてしまう。なんか、アレですね、「CG技術がどれだけ進化したか」のデモ映像と思って観ればたしかに、同じような映画だと比較もしやすいってもんです。確かにこりゃすごいCGです。ごく単純な設定以外にこれといってストーリーらしいものがないのも、CGサンプル映像ならではの醍醐味といったところでしょうか。ただこれが、いえデモでもサンプルでもなく映画なんです、と言われるとどうも面食らってしまうのですが。
クライマックスではいかにもモットモらしく、戦争ごっこが始まり、『世界侵略ナントカ決戦』と云い、この監督さん、こういうの好きなんですかね。
好きなんだったらそれはそれで結構なのですが・・・それにしては、このクライマックスで流れるのが、何と安っぽく盛り上がらない音楽であることか。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-12-25 21:23:32)
28.あんな前作で、よくもまあ続編を作ろうと思って、そしてそれが現実にできてしまうものだな・・・前作はそれでも、「こんな人がこんな役をやっている」という鑑賞ポイントがぎりぎりなくはなかったのですが、中身はない(前作以上にない)ので、そりゃ作品として成立するのは無理ってものです。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2016-12-21 01:03:37)
27.みなさんのおっしゃるとおりです。ストーリは気にせず、CGを楽しみましょう。
la_spagnaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-10-15 19:34:00)
26.ペルセウスとアレスの神の子対決があまりにもしょぼい・・・。頭を空っぽにして、何も考えずに見れる映画。
はりねずみさん [DVD(字幕)] 5点(2013-08-25 19:22:58)
25.《ネタバレ》 ギリシア神話の登場人物を総動員させて、神や半神やクリーチャーの迫力ある戦闘場面を魅せるファンタジー映画。神々の戦いが主軸となる。タイタン(巨神)族のクロノスは父により冥界に閉じ込められるが、反抗して王位を奪う。姉と結ばれ、ハデス、ポセイドン、ゼウスらの子種を得るが、「子供に王位を奪われる」という予言を恐れ、子供を飲み込む。ゼウスは母の計らいで生き延び、ハデス、ポセイドンらはクロノスの兄弟ガイアの策略で腹から吐き出される。兄弟は連合して父とに戦い、勝利して父を冥界に幽閉する。戦後ゼウスとハデスは仲違いし、ハデスは冥界に下る。以上が前段階。時は移る。人間の神への祈りが減り、神の力は衰え、冥界の壁が崩れ始める。壁が崩壊すれば、クロノスが地上を跋扈し。この世は闇に閉ざされる。危機感を募らせたゼウスは神々と半神の力を結集して、冥界の壁を建て直そうとする。だが、ゼウスを憎むハデスとゼウスの子アレスが裏切り、ゼウスは冥府に監禁され、その力をクロノスに吸われる。かろうじて難を逃れたポセイドンだったが、ゼウスの子ペルセウスに事実を告げるとやがて命が尽きた。ペルセウスとポセイドンの子アゲノール、それと何故か女王戦士になっているアンドロメダがゼウス救出に向かう。色々と展開があり、ハデスは改心し、アレスはペルセウスに刺殺され、クロノスは地上に放たれる。神々と人間の連合軍対クロノスの戦いが最終決戦。いわば神々の骨肉の争いに人間が巻き込まれる形だ。親子の情愛を絡ませることで物語に深みを与えようとしているが、成功しているとはいえない。ときに物語の進行を妨げている。アレスがどうして、あれほど父を憎むのが伝わらない。ペルセウスも当初は父に対して冷淡すぎる。ペルセウスの子はただ突っ立っているだけの存在。クロノスの心情は計りしれない。ただ「親、子、愛」という言葉が空回りしている。見所である戦闘場面だが、神々が弱すぎるのが問題。矮小化されて人間と区別がつかない。キメラ、サイクロプスの方が数段迫力があった。神々の戦いなのだがら、巨大化し、空を舞い、雷雲を呼び、雷鳴を響かせ、海を逆巻かせ、山を動かしての一大スペクタクルにすべきではなかったか。巨大なだけで溶岩を投げるだけのクロノスと、美女でないアンドロメダにも失望した。CG,VFXは一流だけに甚だ残念である。B級怪獣映画と割り切れば楽しめる。
よしのぶさん [DVD(字幕)] 7点(2013-06-22 15:41:05)
24.映像だけの綺麗さだけは楽しめた。前作同様、ストーリーはあってないもの
なのが残念です。
真尋さん [DVD(吹替)] 3点(2013-06-01 16:48:16)
23.《ネタバレ》 『タイタンの戦い』が眠たくなるような駄作だったので続編の本作には期待していなかったのですが、そんな予想とは裏腹にこれが意外なほど面白くてビックリしました。まず、前作と比較して脚本が大幅に引き締まっています。前作は主人公・ペルセウスの心理描写が不足していたり、さらには各キャラクターの思いや目的をまとめきれていなかったりと、アクションを盛り上げるための背景の描写に失敗していたのですが、それが本作では大幅に改善されています。キャラクターの人数は前作よりも増えているものの、それぞれの目的や行動原理がかなりわかりやすくまとめられているので、ドラマの通りが良いのです。大事な息子を守りたいという純粋な感情から敷衍して世界を守るために立ち上がるというペルセウスの背景は簡潔ながら力強いものだったし、冒頭で世界滅亡のイメージをドンと提示し、危機感を煽ったところで本編に入るという構成も気が利いていました。さらには、親殺し・兄弟殺しというギリシャ神話ならではのドロドロもきちんと物語に活かされており、本作の脚本は非常に充実しています。。。
また、前作のルイ・レテリエから監督を引き継いだジョナサン・リーベスマンによる演出も絶好調。個人的に贔屓にしている監督さんなのですが、やはりこの人は巧いということを実感しました。ライブアクションとVFXを組み合わせた見せ場の迫力やスピード感は前作を軽く上回るレベルだし、神・半神・人間の戦力差の描き分けも出来ています。さらには、アクションのみならず決戦前の煽りなども非常に巧いものだし、男らしさとユーモアのバランス感覚もお見事。ラストでは、リーアム・ニーソンとレイフ・ファインズという『シンドラーのリスト』の名優二人が仲良くカメハメ波を放つというなんとも間抜けな見せ場が待っているものの、このシーンをお笑いにしなかったという点でもリーベスマンの手腕は評価できます。この企画について要求される仕事は、ほぼ完璧にこなしていると言えます。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2013-04-10 01:20:48)(良:1票)
22.なぜ面白くないのか?一番の理由は、神々たちのスキル(能力)が観客によくワカラナイことです。スキルがないから、たくさん神が登場しても、個性が感じられない。軍神はタコ殴りするだけです。ゼウスとハデスの神様ブラザーズは、衝撃波のような技を使う。それが唯一の見どころでした。しかし神聖闘士星矢だったら冥王ハデスは「グレイテストエクリップス!」というすごい必殺技があって、いかにも神レベルです。この映画は神が神らしくないのです。とくに海の神ポセイドン親子はひどい。「海」の能力なんてぜんぜん関係がない。単なる雑魚キャラです。人間とどう違うのでしょうか?だからゼウスが、ハデスお兄ちゃんと仲が悪くて、それを利用した極悪非道なクロノスお父さんが「バカ息子どもが騒いでいる今がチャンスだ」と言って、ナウシカよろしく巨神兵になってしまって・・という目を覆いたくなるようなドタバタ劇になってしまっている。意味が分からないし、分かりたくもない。しかも半神の神、人間、神、これらが私には全部同じに見えるんですど?あげくのはてに、全能の神ゼウス、海王ポセイドン、冥王ハデス、彼らはスキルがないのに名前だけが立派すぎる。この映画は身内の茶番劇。一言でいえば、燃えるお父さんとプロレスバカの息子が殺されて、不良の弟が、陰気なお兄ちゃんと仲直りしてメデタシ、メデタシ。バカ家族が家族同士で殺しあうのは自業自得ですが、巻き込まれる人間が迷惑です。このようにレベルの低いホームドラマに成り下がっています。
花守湖さん [DVD(字幕)] 1点(2013-04-07 08:21:19)(良:1票)
21.これは映画館で3Dで観るための映画でしょう。きっと3Dで観るとすごい迫力のシーンの連続なのでしょう。したがって、テレビで2Dで観てもトントン拍子に都合よく進むストーリーに安っぽさを感じます。時間が短いのも3Dは眼が疲れるからではないでしょうか。
ぽじっこさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2013-02-24 18:49:24)
20.久しぶりにこんな大雑把な作品観ましたわー(笑)
台本通り・説明書通りのセリフが交わされ、都合よくポンポン話が進むので余韻もへったくれもない。本作の目玉であるアクションも派手さはあるけど、前作を越える新鮮味は無いのが残念。個々の登場人物もセリフ回しだけで無理やり特徴付けした印象で中身が非常に薄っぺらい。怪物や迷宮の造形は素晴らしくよく出来ているだけに勿体無い。あと肝心の神様の威厳・尊厳が今作では全く感じられなかった(笑)
シネマブルクさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2012-12-30 19:59:21)
19.監督がレテリエからリーベスマンに変わり、キャラクターが多くゴタついていた「タイタンの戦い」よりスッキリとした印象。 サム・ワーシントンは髪がのびてちっとは半神らしくなり、兄弟アゲノールは彼以上に人間くさい半神。 ゼウスとハデスの関係などドラマを強調するあまり俗っぽく、ペルセウスがいつアンドロメダにホレたのかも全然わかりませんでしたが、映像主体の神話映画だと思うのでまーいいかな。 ブラック・ペガサスは美しく、前作のクラーケンは「パイレーツ・オブ・カリビアン」とも重複していたので、最後のクロノスはヴィジュアル的にも新鮮で圧巻。 ヒロインも代わり、前作のイオは元々ペルセウスとは関係のない人のはず、本来のお相手アンドロメダは王女から女王となり、ロザムンド・パイクに。 デビュー作「007/ダイ・アナザー・デイ」でもアクションがあった彼女ですが、自ら戦いに臨む女王を生き生きと演じていたと思います。(冬の夜空でも、ペルセウス座とアンドロメダ座はとなりあわせに輝く星座☆) この監督、「スター・ウォーズ」ファンかな…「I LOVE YOU」「I KNOW」もあるし、王族アンドロメダはレイアっぽいキャラクター、一つ目巨人サイクロプスの森は「ジェダイの帰還」のエンドアを思わせます。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-12-09 07:00:05)
18.《ネタバレ》 見応えのあるDV。クロノスのボスキャラ感は申し分ないんだけど、何故息子達に封印されたのか良く分からなかった。閉じ込められてたからこそブチキレてたのでは?
SINさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2012-11-17 09:48:54)
17.《ネタバレ》 キメラに、ミノタウロスに、サイクロプスに、クロノス(暴れ狂うキャラばかり)の組み合わせよりも、1つの目を使い回すグライアイの魔女や、妖艶なメデューサ、その他ギリシャ神話でなじみの多いたくさんのキャラが出てきた前回の方が面白かった。何より今回は迷宮の中に一行が入って行った時点でいやな予感。ミノタウロスが出てきて、ああ、やっぱり。ペルセウスがテセウスのお株をとってどうする(涙) ストーリーはあちこち中途半端で、特にアレスの扱いには少なからず不満もあるけれど、ラストのクロノス大暴れのシーンは圧巻で楽しめた。
また、ゼウス役のリアムとハデス役のレイフは、ふだんから友人同士で、ストーリーの重圧に耐えかねて何度か吹き出したらしい。確かにあのおじいさんの格好でカメハメ派じゃ、どっちか1人でも演技中に我に返ったらアウトかも。さらに前作のウィキによると監督曰く、神々が輝く鎧を着ているのは、「聖闘士星矢」の影響とのこと。日本人としては喜んでいいのか、このテレをどうしたらいいのか・・・・・・
tonyさん [DVD(字幕)] 7点(2012-11-06 23:56:02)
16.《ネタバレ》 CGが上手く映像に迫力があった。映画館でみると面白さがさらにましたと思う。他の神々がもっと出てくるといいとも思ったが話し全体が長くなるからこれぐらいがいいかもしれない。ポセイドンの息子と出会うまでをまだ短くできたらなあ。サイクロプスが凄い。
蝉丸さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2012-09-15 18:58:10)
15.《ネタバレ》  これ、登場人物の多くは親兄弟、親戚といった範囲の争いだからな。なんだか、嫌になってくる話だ。こんな連中を、神と呼ばなきゃならん人間が、一番不幸であることは、間違いない。
 で、戦い・殺し合い・戦い・殺し合い、ずーっとそんな話で、親・兄弟が殺しあう事のドラマなんか通り一遍。そんなの期待しちゃいけない。描く気もない。そういう映画。
 まあ、薄々そうではないかと思っていたが、やっぱり騙される。わかっちゃいるけどやめられない私は、やっぱりタダの人間だ。
Tolbieさん [DVD(字幕)] 4点(2012-09-09 15:49:28)
14.《ネタバレ》 前作よりも少しだけ面白かったような気がする(笑)終始いがみあっていたゼウスとハデスが共闘するところなんて、「よ!待ってました!」って感じで、分かっていても興奮する(もともとこいつらが仲良くやってればこんな大惨事にならなかったのに…)。
フライボーイさん [DVD(吹替)] 6点(2012-09-06 07:41:08)(笑:1票)
13.《ネタバレ》 CGはめちゃくちゃかっこよくて興奮します!!
それだけ!
大迫力のVFXに免じてギリギリの4点評価。
序盤と終盤のアクション以外に魅力が皆無です。
まあ序盤のアクションも無理がありすぎでしたが...
ペルセウスまん前にいるのに全っ然火吐かないんだもん。
あとハデスの行動がおかしすぎて物語が成立してないんです、、
お父さん生き返らして人間と勝負⇒ゼウスが謝ってきたから許す⇒やっぱりお兄ちゃん大好き!一緒にお父さんをやっつけよう!
そりゃアレスも裏切りたくもなるよ…
茶番としか言いようのない展開に終始笑わされました。

ポセイドンの息子も存在価値が無いし、とりあえずキスシーン無いから最後に無理やりいれちゃえ!ってな感じのラストシーン。VFXだけじゃなく、ストーリー構成の方もまじめにお願いします。
走馬灯さん [ブルーレイ(吹替)] 4点(2012-08-26 13:03:33)
12.《ネタバレ》 アンドロメダがいきなり近所のおばさんになっててビックリこいた!それも含め、新キャラ(人間側)に全く魅力がない!前作以上にアクションシーンが満載で飽きることはない。くどいくらいテーマが明確で、意図するところはしっかりと伝わりました。どこかで見たことあるようなシーンが何箇所かある。音楽は超かっこいい!火山から出て来た敵に火の玉攻撃とはこれいかに。亡き妻との約束をあっさりと破り、新しい女性を速攻作ってまさかのエンディング。ん~逆襲や~。
Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 5点(2012-08-25 18:13:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 31人
平均点数 5.00点
000.00%
113.23%
200.00%
3412.90%
4722.58%
5825.81%
6516.13%
7412.90%
826.45%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review2人
2 ストーリー評価 4.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 4.50点 Review2人
4 音楽評価 5.50点 Review2人
5 感泣評価 2.50点 Review2人
chart

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2012年 33回
最低助演男優賞リーアム・ニーソン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS