ジャックとジルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > ジャックとジル
 > (レビュー・クチコミ)

ジャックとジル

[ジャックトジル]
JACK AND JILL
2011年【米】 上映時間:91分
平均点:3.67 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-01-21)
ドラマコメディ
新規登録(2012-07-01)【HRM36】さん
タイトル情報更新(2013-03-20)【あきぴー@武蔵国】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デニス・デューガン
キャストアダム・サンドラー(男優)ジャック/ジル
アル・パチーノ(男優)アル・パチーノ(本人役)
ケイティ・ホームズ(女優)エリン
脚本アダム・サンドラー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》  映画に関するジンクスの一つとして「ゴールデンラズベリー賞を取った映画は、意外と面白い」というものがあるのですが、これもそんな一本。

 とはいえ「傑作」と断言出来る程ではなく「意外と面白い」の範疇に止まってしまうのが寂しいですね。
 下品なギャグが多いし「おたのしみ箱」やアル・パチーノ(本人役)といったキャラの言動が不自然に感じられるしで、もうちょっと脚本を煮詰めてから映画化した方が良かったんじゃないかなーと思ってしまうのも事実です。

 でも、ちゃんと面白かった部分もあって、自分としては結構満足。
 マッチョな男性陣が苦労して上げていたバーベルを、ジルが簡単に持ち上げちゃう件なんかは、ベタだけど微笑ましいギャグだったし、本物のジルを女装したジャックと勘違いして胸を触った男が、豪快に殴られちゃう場面なんかも良い。
 養子の少年も良い味出していたし、ドン・キホーテに扮したパチーノが風車ならぬ天井のファンを怪物と勘違いして、戦いを挑むシーンも好きですね。
 最後は家族愛に着地して、ハッピーエンドで終わってくれるし、後味も爽やか。

「そりゃあ好きだけど、離れている時はもっと好き」
「君を愛しているのは間違いないが、死の間際に気付く愛だ」

 等々、心に残る台詞が散りばめられている辺りも良かったです。
 それと、自分はクルーズ旅行の描写がお気に入りだったので、あそこをもっと尺を取ってやって欲しかったという想いもあるんですが……まぁ、コレは我が侭というものでしょうか。

 欠点を論ったらいくらでもあるんだけど、なんとなく本作に関しては「好きな部分」をメインに語りたくなる。
 憎みきれない、愛嬌のある映画でした。
ゆきさん [DVD(吹替)] 6点(2018-09-23 20:48:55)(良:1票)★《更新》★
2.史上最低の女優(?)の1人アダム・サンドラーの不快な芝居とギャグではなく真剣に大迷走しているようにしか見えないアル・パチーノが痛々しいラジー賞10冠映画。真面目に引けるラジー賞10冠の名に恥じない迷作
Arufuさん [DVD(字幕)] 1点(2012-09-02 23:28:36)
1.騒がれているほどひどくもなかったと思いますが、映画館で鑑賞するような代物でもなかったと思いました。ご興味がある方はアル・パチーノあるいはアダム・サンドラー(あ、主役だった)を軽い気持ちで観てみてください。
HRM36さん [DVD(字幕)] 4点(2012-07-03 12:09:19)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 3.67点
000.00%
1133.33%
200.00%
300.00%
4133.33%
500.00%
6133.33%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2011年 32回
最低作品賞 受賞 
最低続編・リメイク賞 受賞『グレンとグレンダ』の盗作またはリメイク
最低監督賞デニス・デューガン受賞「ウソツキは結婚のはじまり」に対しても
最低主演男優賞アダム・サンドラー受賞「ウソツキは結婚のはじまり」に対しても
最低主演女優賞アダム・サンドラー受賞ジルに対して
最低助演男優賞アル・パチーノ受賞本人役として
最低助演女優賞ケイティ・ホームズ候補(ノミネート) 
最低スクリーンカップル賞 受賞アダム・サンドラーとケイティ・ホームズ、アル・パチーノ、アダム・サンドラーのいずれか
最低脚本賞アダム・サンドラー受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS