イン・ザ・ダークネスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > イン・ザ・ダークネス
 > (レビュー・クチコミ)

イン・ザ・ダークネス

[インザダークネス]
And Soon the Darkness
2010年【米・仏・アルゼンチン】 上映時間:91分
平均点:6.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
ホラーサスペンス犯罪ものリメイク
新規登録(2012-07-13)【あろえりーな】さん
タイトル情報更新(2012-08-12)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストアンバー・ハード(女優)ステファニー
オデット・アナブル(女優)エリー
カール・アーバン(男優)マイケル
アドリアナ・バラザ(女優)
音楽トムアンドアンディ
撮影ガブリエル・ベリスタイン
製作アンバー・ハード(共同製作)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.人身売買が目的の為、犯人が微妙に優しかったりする。ともあれ、監禁してるのに両手を前に縛るだけなど、杜撰な部分が目につく。犯人とのおいかけっこは絶望感が有り、観てて面白かった。他の映画には無い自然な廃墟は目をひかれる。
真尋さん [DVD(字幕)] 7点(2013-04-05 23:53:49)
1.《ネタバレ》 女の子たちが男にさらわれる系の作品は数多く出ているし、
過激な内容も多いのでそういうものに比べたら随分と生温い。
さらった実行犯の兄ちゃんはおっちょこちょいだし、
警官役のおっさんもたいして凄味がない。
彼女をさらわれた兄ちゃんが不憫なので、
最後まで一緒に生き延びてほしかったなぁ。
ハラハラドキドキや過激サスペンスなら他に
抜きん出てるのがいくらでもある。
この作品での見どころは、主役の女性二人が美人だってこと。
これすごく重要。そんでまたビキニ姿を披露してくれる。
そんなわけで、目の保養に5点献上。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 5点(2012-07-13 09:36:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5150.00%
600.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS