Menu
 >
 >
 > エイトレンジャー

エイトレンジャー

2012年【日】 上映時間:110分
平均点: / 10(Review 6人) (点数分布表示)
アクションSFコメディシリーズもの特撮ものアイドルもの戯曲(舞台劇)の映画化
[エイトレンジャー]
新規登録(2012-08-08)【ムラン】さん
タイトル情報更新(2017-07-02)【イニシャルK】さん
公開開始日(2012-07-28
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督堤幸彦
演出諸鍛冶裕太(アクションコーディネーター)
キャスト横山裕(男優)横峯誠
錦戸亮(男優)錦野徹朗
渋谷すばる(男優)渋沢薫
安田章大(男優)安原俊
丸山隆平(男優)丸ノ内正悟
村上信五(男優)村岡雄貴
大倉忠義(男優)大川良介
舘ひろし(男優)キャプテン・シルバー
ベッキー(女優)鬼頭桃子
東山紀之(男優)総統
蓮佛美沙子(女優)仁科遥
田山涼成(男優)八萬市警察署長
上島竜兵(男優)ヒーロー協会志願者
石橋蓮司(男優)三枝信太郎
高橋ひとみ(女優)横峯聖子
竹中直人(男優)警察庁長官
脚本高橋悠也
音楽長谷部徹
製作山内章弘
東宝(エイトレンジャー映画製作委員会)
ジェイ・ストーム(エイトレンジャー映画製作委員会)
製作総指揮市川南〔製作〕
配給東宝
特撮野崎宏二(VFXスーパーバイザー)
美術相馬直樹[美術]
編集伊藤伸行
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 安っぽいお話でした。少子高齢化は深刻な社会問題だと思っていますが、それを背景にした設定がとんでもなく適当で、真面目に考えようとする姿勢が感じられません。ただ、アイドルを出演させたおフザケ映画が作りたかっただけのようです。ヒーローたちが仲間意識を持って奮闘しても、本作の世の中には明るい未来が見えませんから。そんな視線で観る類いの映画じゃないのでしょうが、気になるものは仕方がない。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2013-06-29 10:30:28)

5.つまらない・・・ 前半はコメディで、後半はシリアスな展開はイマイチだよなぁ。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 3点(2013-04-29 23:35:48)
4.《ネタバレ》 う~ん、どうも笑いの要素が独特過ぎるというか、内輪っぽいというか、自分には合わなかったですねぇ。元々、コンサートで演じられていたキャラクターだということで、関ジャニのファンの人たちならば楽しんでみれるとは思うのですが、なんの思い入れも無ければちと辛いかな。小道具や衣装などはきっちり作り込んでいるように感じたが、特撮は残念なレベル。前半から中盤はコメディなのに、後半は血が出たり重い展開になったりするのもついていけない。舘ひろしがアホな格好して暴れ回っている画や、ベッキーがやたらと口の悪い悪キャラでアクションを披露する画、そういう「レアな画」としてそれなりに楽しめはした。
あろえりーなさん [ブルーレイ(邦画)] 4点(2013-03-16 02:27:57)
3.最低限のレギュラー番組しか持たず、いざとなれば一本の映画のための入念な役作りが可能なジャニーズメンバーもいるにはいますが(木村拓哉、稲垣吾郎、山下智久etc…)、一方で関ジャニ∞は複数のレギュラー番組を抱え、歌も現役で頑張っている超売れっ子。おまけに7人全員を主役とした映画となればスケジュール調整が困難であったことは容易に想像できるわけで、堤幸彦監督は相当な制約条件の中で本作を完成させたことと思います。悪条件下でも納期を守って映画を完成させた点は素直に評価できるのですが、内容面ではお世辞にも良い映画とは言えません。テレビの2時間ドラマならともかく、お金をとって映画館で見せるような出来ではないと思いました。。。
スケジュール通りに映画を完成させるということが最重要視された現場だけに、ひとつひとつの場面へのこだわりは薄く、手間のかかる撮影からは逃げています。もし本作が純粋なコメディ映画であれば、この程度の作り込みであっても監督や役者のセンス次第で乗り切れる可能性もありましたが、曲がりなりにもヒーローを題材とした作品でこの手抜きぶりは致命的です。ヒーローに対するリスペクトがない、目を見張るような見せ場もない、さらには関ジャニなのに舞台が関東(スケジュール上、関西で撮ることは不可能だったのでしょう)、これでは評価できません。【ムラン】さんが仰られている通り、脚本はかなり練り上げられているのですが、なまじ出来の良い脚本のために、かえって撮影現場での手抜きが目立ってしまっています。監督も諦め気味だったのか、ラストではセブンイレブンとのダイアップをかなり露骨な形で見せてしまっています。あれは映画で許される領域を逸脱しており、もはや立派なCMです。アイドル主演のヒーロー映画なのに、見えてくるのは撮影現場の現実ばかり。夢がありませんよ。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(邦画)] 4点(2013-01-28 01:32:52)(良:1票)
2.笑える。まあそれだけなんですけどね。関ジャニファンであれば大満足の作品。続編ありそうだが(あの終わり方で続編なかったら、は?ていう感じになります)、映画館でやらずテレビでした方がいい。これ観た人が次観に行くかといえば、たぶん観に行かないし、テレビであれば関ジャニ人気で、そこそこ視聴率も取れると思う。
Yoshiさん [映画館(邦画)] 4点(2012-08-23 16:41:45)(良:1票)
1.《ネタバレ》 『最初は借金返済のため仕方なくヒーローしていたが、次第に正義の心に目覚め悪と戦う』と言った内容から『ヒーロー視点の実写版鷹の爪団』的イメージを持った。メインキャラも『屁理屈常識人』『頼れない兄貴分』『お調子者』『天然鹿児島弁』『ヘタレナルシスト』『基本地味だが洞察力が優れ、何気に設定が一番重い』『ラブラブキラン☆』そして全員『根は良い駄目人間』とキャラ付けがされており、それが関ジャニ自身の芸風ともマッチしているため感情移入しやすかった。
途中若干ダレを感じたが、序盤サラッと暗い設定入れた後は監督得意のトリック的演出でギャグ全開、中盤は先輩を交えた人情話、終盤はシリアスな敵との熱い戦いと緩急を付けながらも、終盤テンションを下げないよう且つ雰囲気を壊さないように笑い要素を入れたり、意外と多く張られている伏線等退屈させない工夫が見られた。
敵も純粋悪党や同情を誘うようなものではなく、父親に『執着』した結果悪に堕ちた幹部と父親を『見限り』ヒーローになった主人公、自らの行いを『正義』と称する敵に対し一度も『正義』を口にしない主人公達等、勢力毎に色んな部分が対比関係になっているのも面白い。
アクションは東映特撮っぽく火花や派手な動きで良い感じに迫力があり、BGMも場面場面をしっかり盛り上げる良質なものが多い。
特質はラスト、かつて『正義』の名の下、自身の良心を踏みにじられた総統(敵)がその後辿り着いた『歪んだ正義』とドス黒い悪意で形作られた『幸せな家庭風景』の中、作り笑顔を浮かべながら大粒の涙を流す少年。僅か数分の出来事だが『本当の戦いはこれからなんだ・・・』と言う強烈な衝撃と絶望を感じEDへ・・・しかし、軽快な主題歌に乗せて描かれる相変わらずの『紫』やちょっと成長した『黒』。そして再びフルスクリーンに戻り、サビラスト→全員集合→円陣→ポーズ→オチで見事にテンションを最高潮に引き戻され終了。『本当の戦いはこれからだ!』と清々しい気分で席を立ち上がれた。
 伏線はある程度回収してあるので、続編前提ながらしっかり区切りをつけているのは好印象。
 死人が出るのが雰囲気に合ってない気もするが、そこを隠さないことでより戦いの生々しさや厳しさを感じる事が出来るし、それを差し引いても本当に『元気が出る映画』だった。
ただしベッキーはバラエティとのギャップが悪い意味で気になりミスキャストだった。
ムランさん [映画館(邦画)] 8点(2012-08-09 08:46:23)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 4.17点
000.00%
100.00%
2116.67%
3116.67%
4350.00%
500.00%
600.00%
700.00%
8116.67%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 3.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS