マーティのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > マーティ
 > (レビュー・クチコミ)

マーティ

[マーティ]
Marty
1955年【米】 上映時間:91分
平均点:7.27 / 10(Review 30人) (点数分布表示)
公開開始日(1955-12-15)
ドラマモノクロ映画ロマンスTVの映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-04-02)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デルバート・マン
キャストアーネスト・ボーグナイン(男優)マーティ・ピレッティ
ベッツィ・ブレア(女優)クララ・スナイダー
ジョー・マンテル(男優)アンジー
ジェリー・パリス(男優)トーマス
カレン・スティール(女優)バージニア
原作パディ・チャイエフスキー(原案)
脚本パディ・チャイエフスキー
音楽ジョージ・バスマン
主題歌ハリー・ウォーレン
撮影ジョセフ・ラシェル(ノンクレジット)
製作パディ・チャイエフスキー(製作補)
バート・ランカスター(共同製作〔ノンクレジット〕)
ハロルド・ヘクト
配給ユナイテッド・アーチスツ
松竹
その他バート・ランカスター(プレゼンター)
あらすじ
NYの下町の精肉店に勤めるマーティ(アーネスト・ボーグナイン)は誠実な33歳の青年である。イタリア系である彼の母親は早く結婚をと急き立てるが、自分の容姿に自信が持てないマーティのアタックは空回り気味。そんな折、町のダンス場で同じ様な悩みを持つ教師のクララ(ベッツィ・ブレア)と知り合うことになるのだが...
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
30.《ネタバレ》 古い映画ですが、「青春映画」って感じで良かったです。展開が結構速い感じで、あっという間に観終わったという印象でしたが、それだけ集中して観ていたということだと思います。それだけ観入ってしまいます。主人公と自分がかぶるところも多く、共感する部分も多かったです。ただ会ったその夜にキスをせまるのは急ぎすぎだろ、と突っ込みを入れたくなりましたが、主人公の人柄の良さからまあいいかという感じになってしまいました。登場人物のそれぞれの立場が変わっていくごとに考え方・態度が急変するところがリアルで、人事ではないなあと自分と照らし合わせている自分がいました。最後が電話を掛けるシーンでエンドというのも良かったと思います。また、2人のデートのシーンが特に良かったです。まるで自分がその場にいるくらい雰囲気がひしひしと伝わってきました。この映画おすすめです。携帯電話の電源を切って、たまには昔の雰囲気を味わいましょう的な感じです。
金田一耕助さん [DVD(字幕)] 8点(2016-12-09 14:32:41)
29.嫁と姑、親離れ子離れなどの家庭問題はいずこも同じ、これをリアルでコンパクトにまとめた脚本は誰が見てもわかりやすく素晴らしい。女性に縁のなかったマーティがクララという女性に巡り会えて本当に良かった。最終バスで彼女を送り自分はタクシーで帰る、その晴れ晴れしい気持ちがよくわかる。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 8点(2015-05-01 07:45:22)
28.《ネタバレ》 素朴でほのぼの。良いですなあ。この映画の一体どこにケチをつけようか。あー、そうだ。一人息子をとられてなんか不機嫌になる母親の気持ちはわからんでもないけど、「ぬけがけじゃん」的につんつんしてる男友達って。心の狭い奴らだなー。
tottokoさん [ビデオ(字幕)] 7点(2012-12-10 00:25:35)
27.《ネタバレ》 いやー、婚期逃して親や世間にやいやい言われるとか嫁姑同居問題だとかって古今東西を問わず普遍的にネタにされるのね。50年以上前の作品なのに、むしろの遅咲き婚活流行りの現代のアラサー・アラフォー恋愛事情においてタイムリーと言える内容かも。元祖モテない系のマーティが棚ぼた初デートで思わずがっつき過ぎて引かれるくだりは、妙にリアルで苦笑。
lady wolfさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-09-24 00:52:41)
26.《ネタバレ》 34歳結婚できない男。遅咲きの自立に感情移入したモノクロ小品、米アカデミー作品賞受賞作。若い嫁と姑の関係など家中で苦労する女性の姿もよく描かれていました。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2012-06-28 01:07:19)
25.純粋なラブストーリーではなく、女にモテない男の苦悩と葛藤を描いた、
どちらかと言えば、やや人間ドラマに近い内容の作り。母親や息子の関係、姑や嫁問題など、
主人公を中心にした結婚絡みのエピソードを絡めることで、ストーリーに厚みを出している。
何といっても主演のアーネスト・ボーグナインがいい。愛嬌たっぷりの顔立ちと体型ながら、
時おりフッと見せる寂しい顔が印象的で、役柄にも非常に人間臭さを感じる。
コミカルなシーンはほとんどなく、真面目なお話なので、後半はやや重苦しさを感じたが、
とても狙い所の面白い作品だった。ラストはあっさり目、もう少し余韻が欲しかったかな。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 5点(2011-09-18 16:29:14)
24.《ネタバレ》 これはよかった。誠実な男女の出会いを描く一方、子供の結婚によって孤独となる親の問題を扱っていて、現代でも十分通用するところがあります。晩婚化が進んでいるのでなおさら。普通のカップルが登場するだけなのに、これほど魅力的な物語が展開するとは、まさにマジック。アーネスト・ボーグナインといえば、こわもてのおじさんというイメージがありますが、まったくちがった役で意外性があり、しかもぴったりはまっています。適度にユーモアもあって楽しめます。知名度は低いと思いますが、隠れた秀作ですね。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-09-21 19:53:46)
23.《ネタバレ》 何といっても主演のアーネスト・ボーグナインの演技が素晴らしい。 冒頭の結婚できない自分を批判する声を複雑な思いでじっと聞く姿や、意を決して女性に電話するも途中から脈が無いと判り目をじっと閉じながら電話を切る姿等々、永らく女性に縁の無かった私にはとても他人事とは思えず、ここだけで目頭が熱くなってしまった。脇を固める俳優陣の演技も、派手さは無いものの実直な素晴らしいものだった。もっと早くこの映画に出会えていれば良かったと心の底からそう思える良作。只一つ、他レビュアー氏も書いておられるが、物語終幕で電話のベルを聞いてパッと華やぐクレアさんの顔が是非見たかった。 物静かな何とも言えない良い雰囲気を持つ女優さんなので余計にそう思う。このシーンがあれば文句無く10点です。 以下、蛇足:マーティに取ってのクレアの様な存在に、私も含め世の中の多くの方はめぐり合っている訳です。自然体で居られる伴侶が隣に居る事の幸せをしみじみと感じる事が出来ますね。この映画は。
たくわんさん [映画館(字幕)] 9点(2010-06-16 20:25:16)
22.時にこのような映画を観たくなる・・・現在のドラマのように美男美女ばっかり出てくるモノに比べると(この部分に限っては)リアリティがあって宜しい。
仄々します。
円軌道の幅さん [DVD(字幕)] 5点(2010-02-14 22:43:50)
21.太いからだの割りに優しい顔がなぜか似合ってるアーネスト・ボーグナイン、今で言うイケメンでも全然ないし、相手の女優も綺麗・可愛い系でも全然ないごくごく普通の女性。だけど何でかわかんないけど映画のストーリーにのめり込んじゃったのは不思議な感じがしました。でもラブストーリーでは対外どっちかが美人、どっちががカッコイイのでそれから見たら異色な感じもしますが、リアルの世界でいればこの映画のほうが普通に思えます。
M・R・サイケデリコンさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-10-08 00:41:03)
20.《ネタバレ》 恋をして舞い上がり多弁になるかと思えば、些細なことで急に冷めることもある。身近で起こる、誰かのありふれた恋愛模様をつぶさに観察したら、本作のような光景が多々見られるはず。そういう意味では物凄くリアルで、それが狙いならば大成功。しかし、なんだかなあ…純粋に心温まるとは思えず、どちらかというと私にはとても皮肉っぽい作品に思えた。ひとたび恋愛→結婚→家族という風な、人生のオーソドックスな軌道に乗るか、それが見えてくるかすると、人は結局同じ台詞を吐いてしまうもんなんですよ、というような作者の意図が見えたから。ところで、気になったのは、マーティの相手役の女性のブス設定。今までどなたもレビューにてツッコまれていないし…もしかしてどこからどう見ても美人に見えた私の美意識はズレてるんだろうか。困った困った。
よーちーさん [地上波(字幕)] 6点(2009-09-15 17:59:35)
19.ジャケットではかなりニヤケた表情でしたが、実際は愛嬌があっていい人。彼と話しているときの彼女の表情がうれしそうで、すごくほっこりしました。
色鉛筆さん [DVD(字幕)] 6点(2009-09-02 22:21:33)
18.正直期待ハズレかな。ブスとかブサイクとかそういう問題じゃなくて、というか30にもなってそういうのを問題にしている事自体がアホくさい。見ていて呆れるが、そういう時代だったのかな?
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2008-03-31 03:15:17)
17.不細工同士のラブストーリーという、あまり見かけない内容でした。不細工な私は応援したかったのですが、いまいち乗り切れませんでした。美男美女の非現実的なラブストーリーは見飽きたでしょ、ほら君達のような不細工を主役に映画を作ってあげたよ、周りの声なんか気にせずに不細工同士気が合えば幸せになれますよ。みたいな製作者側の一方的な姿勢が感じられてしまいました。終わり方も唐突。こういうコメントをする私は心も不細工なんでしょうね。
くろゆりさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2008-03-05 01:16:35)
16.マーティーの友達曰く、「男は20若い女と結婚すべきだ」。、んなアホな。お前は一生相手が出来んって。
ケンジさん [DVD(字幕)] 6点(2007-12-30 11:09:59)
15.独身には身につまされるお話でした。こういった作品がその年の頂点に立ったということは、当時の世相を反映していたのでしょうか。会話中心のストーリーで、その内容にはすごく惹かれるものがありました。地味な映画でしたが、90分間釘付けです。
shoukanさん [DVD(字幕)] 7点(2007-11-04 18:30:21)(良:1票)
14.この映画の内容は本当に、本当に、全世界共通、全人間に共通で(普遍的)性善説の考えになります。凄いと思う。人生、度胸一番!お幸せに、だ!!!!!

男ザンパノさん [映画館(字幕)] 9点(2007-07-15 00:30:38)
13.すごく日常的で良かった。しかしあの顔はインパクトあるな。
Michael.Kさん [ビデオ(字幕)] 7点(2007-01-20 18:33:29)
12.《ネタバレ》 単純な作品ですが、無駄がありません。ダンスホールに行く前の母親とのやりとりとか、突然自分のことばかり喋りまくるところとか、もてない男の内心がそのままずばり台詞化されていて、見ていて悶えそうになりますね。終盤は、大事なところが全部10分弱に押し込められていてやや不満。最後のところでは、ちょっとでもいいから、「電話を受けたときのクララ」を表してほしかった。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-02-05 03:14:29)
11.町のほっとステーション!って感じがしました。
maemaeさん [DVD(字幕)] 9点(2005-11-12 00:53:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 30人
平均点数 7.27点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
413.33%
5310.00%
6620.00%
7620.00%
8723.33%
9516.67%
1026.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

1955年 28回
作品賞 受賞 
主演男優賞アーネスト・ボーグナイン受賞 
助演男優賞ジョー・マンテル候補(ノミネート) 
助演女優賞ベッツィ・ブレア候補(ノミネート) 
監督賞デルバート・マン受賞 
撮影賞ジョセフ・ラシェル候補(ノミネート)白黒
美術賞(白黒) 候補(ノミネート) 
脚色賞パディ・チャイエフスキー受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1955年 13回
主演男優賞(ドラマ部門)アーネスト・ボーグナイン受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS