ネイビーシールズ(2012)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ネ行
 > ネイビーシールズ(2012)
 > (レビュー・クチコミ)

ネイビーシールズ(2012)

[ネイビーシールズ]
Act of Valor
2012年【米】 上映時間:110分
平均点:5.92 / 10(Review 26人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-06-22)
アクションサスペンス戦争ものバイオレンス
新規登録(2012-09-08)【ジャッカルの目】さん
タイトル情報更新(2019-09-07)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スコット・ウォー
マイク・マッコイ
キャストロゼリン・サンチェス(女優)リサ・モラレス
エミリオ・リヴェラ(男優)サンチェス
ゴンザロ・メネンデス(男優)ペドロス
トーマス・ロサレス・Jr(男優)
アーニー・レイズ・Jr(男優)
製作スコット・ウォー
マイク・マッコイ
製作総指揮ライアン・カヴァナー
タッカー・トゥーリー
編集マイケル・トロニック
スコット・ウォー
その他トム・クランシー(企画協力)
あらすじ
南米の麻薬王と東南アジアの国際テロリストとの繋がり探っていたCIA。しかし、滞在先のホテルを何者かに急襲され一人のエージェントが拉致されてしまう。エージェント奪還の命を受けたネイビーシールズのチームは、負傷者を出しながらも見事に任務を遂行する。しかし、回収した携帯電話から衝撃の情報が入手される。それは、アメリカ本土を狙った大規模なテロ計画についての情報だった…。 米海軍特殊部隊「ネイビーシールズ」の全面協力に加え、メインキャストも現役隊員が演ずるリアル・ミリタリー・アクション。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
26.面白くない。
まず、ストーリーはあってないようなもの
この手の軍隊ものにお決まりの、家族愛、仲間への思いを入れつつ、殺し合って死人が出て悲しいねーな内容。

さらに、陳腐で古臭く、安っぽいアクション映画みたいな展開が目立つ。
例えば、「いかにも悪いやつ」が敵ボスキャラとして出てきて、女に自爆を教唆するという「いかにも悪いこと」させるとか、もうげんなり。
敵がこれから国境を抜けるまさにその時に、主人公たちがやってくる、とか「んなアホなー」なご都合主義的展開も脱力。
「事実をベースにしてる」と銘打ってる作品で、ここまでリアリティのない「ただのアクション映画」風なのもめずらしい。

まあ、ストーリーがつまらなくても、戦闘シーンが凄ければそれだけで楽しめるものなのだが、これも、別段どうということはない。

さて、この映画、登場人物は本物のシールズ隊員が演じていると言うのが売りの一つ。しかし、他の戦争もの映画で、普通の役者が演じてるのと比べて「戦闘シーンの演技が上手」とは別に思わなかった。逆に、普通の役者と比べて「戦闘シーン以外の演技が下手」とも思わなかった。
ということは、戦闘シーンの演技も、通常の演技も、「本職(役者or軍人)じゃなくても誰でもできる」ってことなのか?役者の演技力とは意外に大したことないんだろうか?などと考えさせられた。
椎名みかんさん [インターネット(吹替)] 3点(2021-05-08 00:10:26)★《新規》★
25.《ネタバレ》 原題:Act of Valor(勇気ある行為)とどちらがいいかって考えると悩みますね。
原題も作中では大切な言葉だし。ただ日本で、そのタイトルで宣伝できたのか?と考えると、
ネイビーシールズの方が良かったのかもしれません。

1.感動的なストーリー、魅せる人間関係などはありません。
  一連の任務を遂行する特殊部隊を映しています。

2.縫製しているのが女性ばかりでした。何をどう思って、そうしたのでしょう。
  そこに意図はあったのでしょうか。

3.ネイビーシールズをWikipediaで探すと、興味深い記事が出てきます。
  後でゆっくり読もうと思います。
  作品に、現役の部隊員が出演しているのには驚きました。
hyamさん [インターネット(字幕)] 6点(2021-03-13 05:22:12)
24.ふつうの映画は役者がさまざまな専門職を演じるわけですが、この作品は専門職が役者をやるという逆転の発想らしい。しかし特に大根という感じもなく、むしろアクションはプロそのもの。またストーリーもありきたりとはいえ似たようなレベルの映画は多々あります。では役者とは何なのか、桁違いに高いギャラを支払う理由はどこにあるのか、ちょっと興味を覚えました。それはちょうど、ユーチューバーがテレビのバラエティ番組を凌駕しつつある現状と似ているかもしれません。
それはともかく、軍隊の活躍を無邪気に礼賛できる国はいいですね(イヤミではなく)。そのたびに噛ませ犬として登場し、さんざんな描き方をされる「イスラム」や「テロ組織」や「メキシコ」、ときどき「アジア人」が少々気の毒でもありますが。
眉山さん [インターネット(字幕)] 4点(2020-03-30 02:55:25)
23.ネイビーシールズ出撃!これがプロフェッショナルの戦い方だ!
そんなプロの特殊部隊を演じるのはなんと本人。しかしこの類いの映画は役者だろうと本人だろうと装備を固めたらブラックホークダウンよろしくみんな同じに見えちゃうもんですよね。
そんな本作の雰囲気はだいぶ右寄りな気がしなくもないけれど、アクションが楽しい特殊部隊もの。
リアリティもたっぷりで出てくる銃は実弾とか実銃とかのこだわりよう。凄い!
どっかのデルタフォースのように無敵の武装バイクをのらない映画で良かったです。
救出作戦から密偵まで、細々といろんな作戦のプロの現場を見せてもらえるのが嬉しいですね。
彼らが裏でこんな苦労をしているから僕みたいなボンクラも平和に映画を見れている訳なんだという感じです。
しかしまぁ俗にいう死亡フラグのような会話を連発するような連中なので、キャラクター的な面白さは皆無ですし
ストーリーも勧善懲悪なので面白いかと言われたらちょっとそこは微妙。
まぁこれがリアリティなんだと言われたらしょうがないくらい強いネイビーシールズを堪能出来る良い映画でした。
えすえふさん [インターネット(吹替)] 6点(2020-03-08 00:22:57)
22.役者がみんな同じ顔に見えるのでストレスを感じたのだが、全員が本物の軍人、つまり素人が演じていたんですね。
「アクションはリアルなんです」って言われてもね~。
私はアクションよりシナリオを重視した見方しか出来ないので、この評価です。
これはもう映画と呼べるレベルではないですね。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2020-02-16 01:08:25)
21.終始、物語を排したソリッドな作り。序盤はちょっとグロすぎか。なんか有名俳優が出てこないと思ったら皆さん、米軍関係者なのですね。アメリカのプロパガンダ映画のような感じで途中から感情移入できなくなりました。
kaaazさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2017-05-12 22:44:09)
20.演出が淡白でストーリーは、すごいスピードで進んでいく感じで、アクション映画としてはちと残念。だけど、行動とか銃器の扱いとか装備とかがリアルで、サバゲーマーにはたまらんす。マガジン変えてぽちっと押すとことか、フルオートしないとかね。ランボーが絶対しないこと、いっぱいしてた。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 6点(2016-12-25 01:56:06)
19.ネイビーシールズの特殊作戦が、オムニバス作品みたいに切れ切れに配置されて、一貫した物語の繋がりが乏しい点、本作の弱いところでしょうし、また、軍の協力のもとに作られた映画らしい都合の良さ(非戦闘員には絶対に犠牲者を出さないとか)、ってのもあるのでしょうが。しかしそれを差し引いてもなお、充分に面白い作品でした。
実際の隊員が出演した、リアリティを追及した作品、という触れ込みなのですが、一方で、例えば冒頭で女性が拉致されるシーンなんて、もうコレ、まるで『キック・アス』にでも出てきそうなシーンじゃないですか。リアリティに束縛されることなく(勿論、ある時は「リアリティ」に貢献するため)色んな演出を注ぎ込んで、それもイヤミが無い程度にサラリと流していく。その「色んな」の中には、「静かなシーンでは、実際に“静か”である」などという、当たり前だけど貴重なものも含まれていて、静かな森では静かに虫の声が聞こえてくる。要するに、音楽の使用も程よく抑制されていて。
この命がけで戦っている男たちも、家に帰れば夫であり父である、という事、押しつけがましく描くことなく、でも我々の意識にはちゃんと沁み込ませる。
なかなか新鮮でした。
鱗歌さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2016-10-16 08:04:25)
18.《ネタバレ》 最初のテロ行為にまずびびった。そこで爆発させるんや。あかんもん観てもーた感にゾゾゾ。その後、CIAの女性救出任務で、さらにドキドキ。車で脱出するんだけど、大量のテロリストが後ろから追ってくるなか、川に到着したら、そこに待機している戦闘ボートの重機関銃が敵をハチの巣にするシーンにすげーー!と、しびれまくり。その後、テロリスト達の足取りを追って色んな作戦で色んな事やるんだけど、ずっとテンション高めで、あっとゆうまに時間たっちゃいました。とゆうことで、シールズのプロパガンダ映画にまんまとハマったわけですが、はっきり言ってドラマ性はありません。そりゃ本物のシールズ隊員が演じてるんだし、広報映画なんだから、変なドラマ入れても、野暮だし。その代り、臨場感は結構あって、自分も作戦に参加してる気分はドンドン盛り上げてくれます。細かい描写も、例えば、ジャックバウアーなみに敵のテロリストを脅す尋問テクニックや、RPGが近距離では爆発しなかったり、双眼鏡に布をかぶせたりなど、実際にあることを描いているらしく、シールズのお勉強にもなります。でもシールズに入りたいとは、これ見ても一ミリも思わないけどね。ちなみに、映画ボーダーラインで出てたメキシコとアメリカに続く秘密のトンネルが、この映画にも出てきて、その辺も興味深かかったです。なんで、あんな感じで作戦したかを知りたければ、逆にボーダーライン観れば、よくわかります。メキシコってそうとうやばいですね。
なにわ君さん [インターネット(字幕)] 10点(2016-10-14 02:46:26)
17. リアルな描写でしたが、映像がきれいすぎるのは必ずしもいいわけではないようです。
海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-05-03 22:41:54)
16.《ネタバレ》 映画というよりはドキュメンタリーな仕立てですね。兵器・装備・そして実際のネイビー・シールズの隊員とこれでもかと迫る本物の迫力がたまりません。ボートから潜水艦に乗り込むシーンとか超カッコイイ!あまりこのテのものに詳しくないワタシでもすごいと感じました。ただ、出てる人が知らない人ばかり(当然と言えば当然w)なので感情移入ポイントが無いのがちょっと残念。でも有名な俳優さんを起用するとヘンな方向へ行っちゃうだろうしなぁ(苦笑)そこらへんは難しいところデスネ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-02-05 08:53:42)
15.《ネタバレ》 目眩がする程のアメリカ万歳映画なのですが、そんなことは「米国海軍全面協力!」という作品の触れ込みを見れば事前に分かることであって、見たくなければ見なければいいというレベルの話なので、作品の評価には影響させないこととします。政治色を意識せず純粋なアクション映画として鑑賞すると、これがなかなかイケる出来でした。本物の特殊部隊員を使っているということで見せ場の説得力が違うし、静寂から戦闘への転換や、救援が到着するタイミングなど、アクション映画として基本的な部分が非常によくできています。ビジュアルもストーリーも『コール・オブ・デューティ』を意識しすぎている点や、冒頭から隊長に死亡フラグ立ちまくりという点、エピローグが長すぎる点などは気になりましたが、それでも、現役特殊部隊員を出演させた史上唯一のアクション映画としての存在価値は十分にあったと思います。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2014-01-07 00:49:59)
14.本物、本物、と連呼するほど、驚く内容ではなかった..最近は、リアリティーを追究した、レベルの高い作品が、数多く創られている..一番印象的で、目を引いたのは、予告編にもあった、倒した見張りを、水面ぎりぎりで受け止めるシーン..それくらいしか見所がない...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 6点(2013-12-23 18:06:04)
13.軍事ものとしていいのでしょうが、映画としてみると面白くないですね。最後まで観客をひきつけるパワーがなかったです。
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-12-16 10:56:47)
12.《ネタバレ》  一番最初の作戦のみは、周到な計画とその実行を楽しめたが、後の二つの作戦は……。 特に、最後の戦闘は、計画も相手側の調査もなしに単に力づくで殴りこむだけの芸も何も無いもの、というかメキシコ政府の了解を取れてるなら、そもそも少人数で殴りこまなければならない必然性の説明不足。
 それと、冒頭から、でっかいでっかい画面を覆うくらいの死亡フラグ掲げて、本当に殺すって。あまりにもストーリー展開として芸が無さすぎ。
 また、チェチェン人の複雑な事情に全く配慮もない、単なる基地外の狂信者扱いは、
製作者の知性の低さを感じさせる
rhforeverさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-11-18 10:57:45)
11.《ネタバレ》 確かにミリオタ御用達作品かも知れませんが、セミドキュメンタリーとして非常に見ごたえのある作品じゃないでしょうか?本物を知らないでこんなことを言うのもおこがましいかも知れませんけど、武器弾薬にしても戦術にしても作戦遂行の緊張感にしても、とにかくリアル。ストーリーがシンプルなのもリアルさを強調してます。メインキャストを務めてるのが本物の隊員だというのもビックリ。そこらのB級作品の出演者よりよっぽど熱演してます。中途半端な作り物よりもシンプルな本物の方が優れてることの、ひとつの答えがここにあるのでは?
ぽこた(ぺいぺい)さん [DVD(字幕)] 7点(2013-10-14 19:16:44)
10.映画を観たというか、アングルなども含めてゲームを終えたような後味。ストーリーモードは最初から展開がバレバレなくらい安易なものでしたが、評判の戦闘シーンは確かに見応えはあるのかも。でもまぁなんというか、アメリカのシールズのキャンペーン用というか。『俺らお国のために身体張って頑張ってるぜ!君たちも来ないか!』的な。そんな映画。でも飽きずに観れたのでこの点。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-08-20 02:17:11)
9.銃撃戦はリアルなのだろうが、ストーリー展開がつまらない。
代わり映えのしない銃撃戦に飽きて、寝っ転がりながら観ていたら、いつの間にか記憶をなくしていた・・・
今月の電気代(照明とエアコンつけっぱなし)が高かったとしたら、この映画のせいだな。
記憶をなくしたままでレビューを書けないので、途中から見直す羽目にもなってしまった・・・
結論:疲れているときにつまらない映画を観るのはやめよう!
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 4点(2013-07-29 12:42:18)
8.《ネタバレ》 「Newsweek」でいつの日か特集されていたので鑑賞。リアルな部隊、リアルな武器ということで、少し期待していました。確かに水面下での作戦や銃の鳴り響く音なんかは凄くリアル。Newsで観た、手りゅう弾に被さった英雄の話が盛り込まれていました。人の為に我が身を捨てる覚悟はなかなかのもの。残念な点は登場人物が判別つかない事と、妻との絡みなんかも今作は不要のように感じます。軍事マニアなんかには美味しいかもしれませんが、いち映画としては引き込まれる事無く、凡作。
マーク・ハントさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2013-04-23 16:58:31)
7.昨今のゲームは凄い!もはやここまで来たか!というレベルのものばかり。映画よりも迫力満点で、まるで本当に自分が戦場で戦っているかのような臨場感を味わえる。洋ゲーのFPSと呼ばれる、一人称視点のゲームだ。本作はそんなFPSシンドロームに対する、一つの挑戦状的ニュアンスを感じずにはいられない。なぜなら本編の至る所にその、一人称視点が取り入れられているからだ。さらに付く加えるならば、とことん「本物」にこだわったとこもそうだろう。ゲームなんかに負けるか!映画は凄いんだぞ!どうだ!という製作サイドの声が今にも聞こえてきそうです(笑)で凄いだろどうだ!なアクションシーンなんですが、最初のうちは、おぉ!とはなったものの、段々と尻つぼみに。代わり映えしない銃撃戦の繰り返し。誰が誰だか分からなくなる同じような顔付きの出演者たち。圧倒的すぎて、一人相撲なアメリカ軍の強さ。志願兵募集の広告的役割と、ミリタリーヲタクには持ってこいな映画でしょう。
Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 4点(2013-04-21 12:05:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 26人
平均点数 5.92点
000.00%
100.00%
213.85%
313.85%
4415.38%
527.69%
6934.62%
7623.08%
813.85%
913.85%
1013.85%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 9.00点 Review1人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

2012年 70回
主題歌賞 候補(ノミネート)"For You"

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS