Menu
 >
 >
 > キラー・エリート(2011)

キラー・エリート(2011)

Killer Elite
2011年【米・豪】 上映時間:116分
平均点: / 10(Review 23人) (点数分布表示)
アクションサスペンス犯罪もの小説の映画化バイオレンス
[キラーエリート]
新規登録(2012-09-08)【ジャッカルの目】さん
タイトル情報更新(2017-05-30)【イニシャルK】さん
公開開始日(2012-05-12
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ゲイリー・マッケンドリー
演出チャド・スタエルスキ(アクション・コーディネーター)
キャストジェイソン・ステイサム(男優)ダニー
クライヴ・オーウェン(男優)スパイク
ロバート・デ・ニーロ(男優)ハンター
ドミニク・パーセル(男優)デイヴィース
イヴォンヌ・ストラホフスキー(女優)アンヌ
アドウェール・アキノエ=アグバエ(男優)エージェント
ベン・メンデルソーン(男優)マーティン
マイケル・ドーマン(男優)ジェイク
山路和弘ダニー(日本語吹き替え版)
相沢まさきスパイク(日本語吹き替え版)
樋浦勉ハンター(日本語吹き替え版)
中尾一貴(日本語吹き替え版)
撮影サイモン・ダガン
製作シガージョン・サイヴァッツォン
特撮デジタル・ドメイン社(視覚効果)
衣装オード・ブロンソン・ハワード
編集ジョン・ギルバート[編集]
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
23.《ネタバレ》 主役級を3人も揃えたら、そう簡単に優劣はつけられないでしょう。イスラムの掟ではなくハリウッドのルールでそれぞれに見せ場を用意し、玉虫色の決着を目指しましたという感じ。緊迫感があって、例によってアクションが派手で、けっこう楽しませてもらいましたが。
ただし、デ・ニーロが無双すぎること、それと前半の回想シーンで思わせぶりに登場したヒロインが、後半では意外にピンピンしていてキャラも平板だったことがちょっと不満。
眉山さん [インターネット(字幕)] 6点(2017-03-05 01:13:11)
22.最初おもしろいと思ってみてたけど、やっぱいろいろ無理あるなー。
センブリーヌさん [インターネット(吹替)] 6点(2017-02-19 00:19:45)
21.《ネタバレ》 話の内容が今一つ判りにくかったんですけど、ジェイソン・ステイサム主演で量産されている他のアクション映画と比べると水準は頭一つ抜けていたという印象です。椅子に縛り付けられたジェイソンが敵と格闘するシーンはさすがに見ごたえがあり、現役でこんなアクションができるのは彼だけでしょうし、いよいよ“21世紀のジャッキー・チェン”の領域に近づいたのかなと思いました。敵味方ともにいろいろとドジを踏むところがあって緊張感がそがれるという見方もありますが、私は却ってリアルな雰囲気がでてて良かったんじゃないかと思います。最初はデ・ニーロを使うような役じゃないよなと訝しく思ってましたけど、後半になるにつれて存在感がどんどん増してくるのはさすがです。 ジェイソンやデ・ニーロが所属していた組織って何だったのかは最後まで謎でした、やはりCIAなんでしょうかね。またSASが悪の秘密組織、まるでスペクターみたいな描かれ方をされているのは面白かったです。なかなかシャレたエンディングを観てると、これはジェイソン・ステイサム主演のラブコメもありなのかなと思ってしまいました。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-02-02 23:37:50)
20.《ネタバレ》 みんなしてヘマこいて、何をやってもしくじり続ける映画。敵に撃った弾丸が貫通して味方も殺しちゃうってあんた達それでもプロですか。げんなりしかけた所で〆てくれたデ・ニーロに感謝。
にしきのさん [地上波(吹替)] 5点(2015-02-04 13:38:45)
19.《ネタバレ》 ○この作品もジェイソンボーンシリーズの影響が垣間見える作品だった。どこかハリウッドっぽさを排除しようとしたそんな印象。○ジェイソン・ステイサムはいつも通りだが、デニーロに関してはあんたの演じるキャラじゃないだろうと思うんだが、最近はこういう役もよくやるよね。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-12-21 22:53:49)
18.可もなく不可もなく。ただ、ジェイソンステイサム=B級 のイメージは払拭された。それは多分、彼自信の中の殺しに対する葛藤があったからだと思う。
lalalaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-04-13 18:11:48)
17.《ネタバレ》 ステイサムが出ているので期待したがそうでもない。実話が元だと無茶できないのかな(笑)。自分の頭が悪いせいか利害関係もちょっと理解できなかった(泣)。やっぱりステイサムにはもっと暴れてほしい!!
ぷるとっぷさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2013-10-05 00:05:02)
16.《ネタバレ》 出演者の名前で期待してみましたが、それほど面白くない。非常に困難なミッションのはずが、相手はそんなに強くないしこちらの仲間もプロとは思えない。
pokobunさん [DVD(吹替)] 5点(2013-09-22 11:29:33)
15.《ネタバレ》 ステイサムが出ているせいでアクションうそ映画だと思ってしまい実話が元になっていることを忘れていました。デニーロがステイサムの彼女を護るエピソードが印象に残りました。それにしてもステイサム&デニーロ&オーウェンという取り合わせがなんとなく普通じゃない組み合わせぽくてそこが一番印象に残ったかも。
だみおさん [DVD(吹替)] 5点(2013-09-16 21:50:27)
14.《ネタバレ》 主人公が死ぬなら死ぬ、死なないなら死なない、どっちかはっきりしない微妙なテンションに終盤までモヤモヤした。
前者がおもしろいけど売れないB級映画、後者がそこそこおもしろいA級映画とするならば、
結果、B級からA級へと進化する過程のカエル映画だった。
どっちも味わえるという反面、オタマジャクシに手足がはえだした頃のモヤモヤ感がすごかった。
 
んんまぁ、最近はクドい拷問シーンとか削ったさっぱり感覚の薄味な脚本が流行ってるから、B級映画もこうなるのだろう。デニーロも死にそうで死ななかったな。生きててよかった。
おでんの卵さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-09-14 11:31:54)
13.ステイタム主演のクールな殺し屋チームの話。主人公はクールに殺しを片づけていくのだけど、足を洗っていたのに仲間のために嫌々仕事を引き受けているあたりが彼らしくないし、主人公が徹底したプロなのにその仲間は結構いい加減なところも何か腑に落ちなくて気持ち悪い。殺しの作戦もいい加減で実話に基づいているとも思えない。ただ、終盤のデニーロはカッコ良かったです。
ぽじっこさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2013-08-14 16:35:09)
12.アメリカのアクション映画らしからぬ… ヨーロッパの映画を観ているような落ち着いた雰囲気がとてもクール。うん…。でもそれだけで、話は面白くなかった。実話を基にしている点以外には価値を見いだせない平凡な内容。ジェイソン・ステイサムvsクライヴ・オーウェンが一番の売りになってると思うけど、これも予告編やダイジェストのように映像を切り取ってみればいかにもカッコ良さげで、期待させるんだけど、実際、本編を観ちゃうと二人が戦う背景、理由ってところに熱くなれる要素が少ない。最後もピリッとせずで、出演者が豪華なだけに残念な感じがしてます。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-07-23 23:07:04)
11.《ネタバレ》 予告編に期待させられすぎてしまった感があります。「孤高の殺し屋」VS「無敵の特殊部隊」 特殊部隊のターゲットは世界最高クラスの殺し屋で、特殊部隊員が束になってもかなわず、「俺にかまうな!」ってなキメ台詞に凍りつくような恐怖を覚え退散してしまう、みたいな展開を期待してました。裏の強者こそが真の強者…という感じかな?
ところが実際はもっと人間臭くて、殺し屋稼業はいい加減にして愛する人と余生を全うしたい、友人だって命を大切にして欲しいから引退して欲しい…実話ベースだとどうしても現実路線になってしまうのかな?
というわけで、決して駄作ではなく思いっきり楽しめるアクション・エンターテインメント。けれどもハードボイルド感は弱く現実路線まっしぐら。不安定な出来栄えに7点献上です。
ぽこたさん [DVD(字幕)] 7点(2013-06-04 01:54:53)
10.《ネタバレ》 キラーエリートって言うわりには、主人公をはじめ暗殺者も特殊部隊軍人も誰も彼もがアホ過ぎるんですけど。頑張って練った作戦だったはずなのに些細な事で総崩れしちゃってるし、行き当たりばったりで行動してやっぱり見張りに見つかっちゃってるし、そして追っ手が迫ってるってのに部屋に売春婦呼んでお楽しみしてたら案の定捕まってるし(しかも追っ手もアホだからせっかく捕まえたのに逃がした挙句、偶然通りかかったトラックに轢き殺されるって……)。無駄に豪華なキャストに免じて4点。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 4点(2013-05-03 14:53:24)
9.冒頭の派手なアクションから、これは節操なく暴れまわるドンパチ映画なんだろう、と思っていると、物語のテーマ自体は結構、地味だったりするのです。何しろ、主人公が依頼されるのは「事故に見せかけた暗殺」、ですから、派手にやりようが無い……ハズなんですけどねえ。だから、その暗殺の過程を地味でも着実に見せていけば、面白い映画になる……ハズなんですけどねえ。どうしてもこの作品、派手な方向に向かおうとして、結局は大味な作品になっちゃう。まず主人公の人物像、いったいどう描きたいのか、あるいは何も描きたくないのか。思わせぶりに寡黙で、冒頭のエピソードも意味ありげで、影のあるキャラなのかと思いきや、普通に彼女がいて、デ・ニーロとの友情にも恵まれていて、何の不足もないやんか。何のドラマも内包しない、たいして面白みのない人物像のくせに、顔だけは何やら思わせぶりにムツカシイ顔している。物語の方も、中身より外観の派手さの方に向かい、暗殺劇は抗争劇へと様相を変えるも、これまた、敵の組織がとても精鋭とは思えぬトロ臭い感じ、ワクワク感には程遠いのです。しっかりしてくれぃ。
鱗歌さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2013-04-06 23:07:47)(良:1票)
8.《ネタバレ》 普通。
デ・ニーロが彼女を守るシーンだけが突出してかっこいい。
主役が完全に食われてる。
虎王さん [DVD(字幕)] 6点(2012-11-24 12:24:22)
7.ど突き合い、撃ち合いの渋さはなかなかのものですが、ストーリーは2日経過して忘れました。お目当てのデ・ニーロの健在ぶりにホッとし、彼に歳相応のアクションをさせている製作者に好感が持てました。
JAPANESE. 551さん [DVD(字幕)] 5点(2012-11-03 23:21:33)
6.《ネタバレ》 実話に基づくお話だそうですが、まぁ実際は大幅に脚色してはいるんでしょうけど、この話の肝はやっぱり「殺し屋の苦悩」ではないかなと思います。多くの殺し屋の人たちは、なにも好きで殺しをしているわけではない。本当は辞めたいと思っている。だけど色々な境遇があって、抜けたくてもなかなか抜け出せない、そういう泥沼な職業なんだろう。その実情が伝わってきただけでも、本作の意義はあると思う。派手ではないけど、キレのあるアクションも見ものでした。
あろえりーなさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2012-10-29 21:09:18)
5.ジェイソン・ステイサムが主演だとB級映画と思っていたが、意外にB級映画臭さはない。
デ・ニーロの出番は少ないもの、要所要所でいい味を出しているのが、B級映画臭さを消しているのかもしれないなぁ・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 6点(2012-10-26 21:05:21)
4.《ネタバレ》 気軽に見られるサスペンス・アクション映画。展開の強引さは多少気になるが、無駄に派手な殺し合いはそこまで多くなく、地味だが堅実な展開が多いのはいい。

■「実話」をやたら強調しているが、どう考えても実話じゃないシーン(特にアクション)は多々あるので、実話も多少参考にした、という程度でいいだろう。ちなみに原作の著者は最後に暗殺されかかって殺されなかったあのSASの本を書いてた人

■デニーロはかつての重みはないが、それでも渋さは普通の人と比べれば十分か。
θさん [DVD(字幕)] 7点(2012-10-17 00:56:03)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 23人
平均点数 5.83点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
428.70%
5730.43%
6834.78%
7521.74%
814.35%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS