モンスター・ホテルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > モ行
 > モンスター・ホテル
 > (レビュー・クチコミ)

モンスター・ホテル

[モンスターホテル]
Hotel Transylvania
2012年【米】 上映時間:91分
平均点:6.08 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-09-29)
コメディファンタジーアニメシリーズものCGアニメ3D映画
新規登録(2012-09-28)【+】さん
タイトル情報更新(2021-03-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ゲンディ・タルタコフスキー
演出木村絵理子(日本語吹き替え版)
アダム・サンドラードラキュラ
アンディ・サムバーグジョニー
セレーナ・ゴメスメイヴィス
ケヴィン・ジェームズ(男優・1965生)フランケンシュタイン
スティーヴ・ブシェミウェイン(狼男)
モリー・シャノンワンダ
デヴィッド・スペードグリフィン(透明人間)
ジョン・ロヴィッツカジモド
ルネル干し首
山寺宏一ドラキュラ(日本語吹き替え版)
藤森慎吾ジョニー(日本語吹き替え版)
川島海荷メイヴィス(日本語吹き替え版)
チョーフランケンシュタイン(日本語吹き替え版)
磯辺万沙子ユーニス(日本語吹き替え版)
我修院達也ウェイン(日本語吹き替え版)
若本規夫グリフィン(日本語吹き替え版)
三ツ矢雄二マーレイ(日本語吹き替え版)
後藤哲夫カジモド(日本語吹き替え版)
佐々木優子マーサ(日本語吹き替え版)
定岡小百合いじわるグレムリン(日本語吹き替え版)
音楽マーク・マザースボウ
編曲ジェームズ・T・セイル
製作総指揮アダム・サンドラー
制作コロムビア・ピクチャーズ
東北新社(日本語版制作)
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特撮ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス(視覚効果)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.《ネタバレ》 モンスターと人間の相互理解というのはこれからの世界に通じるタイムリーなメッセージがあると思いました。
素直に自分の気持ちを話すことの大切さとか、娘を守りたい気持ちと娘の自立を受け入れることなどきちんと描かれてて好感が持てました。
承太郎さん [インターネット(吹替)] 8点(2022-01-16 18:28:17)★《新規》★
11.アダム・サンドラーが好きで、出演作を漁ってたら辿り着きました。
でも、吹き替えで見てしまったので、アダム・サンドラーは関係なくなってしまったけどね。
キャラクターがそれぞれ愛嬌があって良かったです。
ラブストーリーとして見たら物足りない感じだけど、父娘の絆が感じられて良かったです。
娘の為に日に焼けてまで頑張ったのは感動的でした。
もとやさん [DVD(吹替)] 7点(2018-01-20 19:16:00)
10.かわいくて憎めないキャラクターたちで楽しいのですが、ラストに至る過程が弱いという印象があります。2もあるみたいなので、期待したいところ・・・ ■ちなみに児童書の同名シリーズとはまったく関係ありません。
HRM36さん [インターネット(吹替)] 5点(2017-06-12 10:23:25)
9.《ネタバレ》 前のレビュアーの方も書いているとおり、普通に楽しい映画です。9歳の息子(単純ギャグ好き)は大ウケでしたが、大人の目線としては、「118歳のドラキュラ娘と人間の男の恋愛? いいけどね、別に。でも、知ってる? 人間ってすぐ死んじゃうんだよ」と言いたいところです。

現代は「Hotel Transylvania」だけど、邦題は「モンスター・ホテル」。日本人はトランシルバニアという地名になじみがなくて、ドラキュラを連想できないからでしょうか。でも、モンスター○○だと、「モンスターズ・インク」のシリーズと誤解されかねないのでは。かといって、もっといい題名も見つかりませんが。
チョコレクターさん [インターネット(字幕)] 6点(2016-03-31 13:43:53)(良:1票)
8.《ネタバレ》 普通に楽しい作品だと思いました。ジョニーが普通に若い青年で一生メイヴィス一筋で安心できるかと言うとそれ程の描写は無かったりするので感覚のズレを感じました。
spputnさん [DVD(字幕)] 7点(2015-11-12 00:41:07)
7.いかにもアメコミっぽい感じがすごくいや。
aimihcimuimさん [DVD(吹替)] 3点(2014-09-28 01:16:18)
6.《ネタバレ》  メイヴィスが本当に可愛いのね。だからとーちゃんの気苦労もよーく判ります。

 話の殆どはホテルの中だけで展開する、娘をホテルの外に出したくない、ずっと傍に置いておきたいヴァンパイアの話で、そこにはかつて妻を人間に殺された過去があり、モンスターという個性は世界から隔絶・秘匿された存在でなければならない、っていう背景があって。
 作品には娘の自立心を尊重しなければならないという主張が存在していて。『アナと雪の女王』より先行して同じネタを扱ってますね。

 でも、その肝心のメイヴィスが惚れてしまう人間の男がどうにもこうにもただのバカで、アレに惚れちゃうあたりのセンスに甚だ疑問を抱いてしまった訳で、メイヴィスって人格(ヴァンパイア格?)そのものの評価が下がってしまうレベルなんですが、これは後に英語版をブルーレイで見た時点で理解できたっていうか、英語版はそんなにバカじゃないです。日本語吹替版のオリラジ藤森、アイツがあの芸風そのまんまの喋りで吹き替えやがるから途轍もなくバカなわけで。
 それと正直なところ、芸達者な山寺宏一の声も洋モノアニメで聴き過ぎて(『アラジン』のジーニーとか『シュレック』のドンキーとか『アイス・エイジ』のマニーとか)オリジナルな個性が消えてしまっています。
 なので英語版ならば9点です。英語版はメイヴィスのキモチがきちんと見えてきますから。

 現代の人間達が過去と違ってモンスターに対してとても好意的です、っていう設定は都合が良過ぎる感じがしますが、差別の無い世界への希望を描いていると解釈したいと思います。子供達に、その無限の可能性を指し示している映画なわけですから。
あにやん‍🌈さん [映画館(吹替)] 7点(2014-08-14 23:05:28)(良:2票)
5.惜しいっ! オナラネタとあの気色悪いミミズケーキさえ出て来なければ美的センスはバッチリだったのに!
3737さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2013-12-24 23:02:11)
4.《ネタバレ》 典型的なシナリオで、たしかにこれといった驚きはないけれど、これぞアニメ!という動きの楽しさは詰まっています。ジョナサンとドラキュラが、テーブルに乗って空中サーフィンみたく遊ぶシーンは、ジャパニメーションに通ずるダイナミズムを感じ、とってもハッピーな気分になれました。他にもアニメならではのユーモア溢れるモーションが、随所に散りばめられており、退屈することはなかったです。ただご都合すぎる展開が後半に多くなり、ちょっと興醒めしてしまいました。まぁでも、気楽に鑑賞するにはもってこいです。PS:出来れば吹替で観ることをオススメします。オリラジの慎吾がいい味出してます。あと、「すべらない話」のナレーションで有名な、あの独特なしゃべりをする若本規夫さんも出ていて、声を聞いているだけで、可笑しくなってきます。
Dream kerokeroさん [DVD(吹替)] 5点(2013-12-21 20:39:20)(良:1票)
3.話がありがちですし、登場人物にイマイチ魅力を感じません。

ヒロインはあごがしゃくれすぎだし、ヒロインが惚れる人間は単なるアホで声がキャラにあってないのも気になります(これはオリジナルの話。日本語吹き替えだともっといい感じなのかも)

登場する有名な各種モンスターも凡庸で面白みにかけます。
何がいけないかというと、シーンシーンが退屈なこと。話自体がつまらなくてもシーンや台詞回しが面白ければそれはそれで楽しめるんですが、そういう要素も全然なし。

致命的につまらないとはいいませんが、じゃぁ面白いか?と聞かれると「退屈」だとしか答えようがない映画でした。同時期のアニメでもたとえば「ラプンツエル」あたりとは大きな差を感じる映画です。





あばれて万歳さん [地上波(字幕)] 4点(2013-10-17 21:31:04)
2.《ネタバレ》 今まで見たソニーピクチャーズ製アニメの中では、一番面白かったと思います。ちょっと過剰かなとも思えるほどのテンポの良さで終始飽きずに見せてくれるのですが、このドラキュラと娘さんの双方の気持ちがよく理解出来て、すんなり感情移入が出来る。お父さんからすれば、恐ろしい人間から娘を守るためにやっているわけで、なんの悪気も無く親としては当然の行いだし、娘さんからすればいつまでも閉じ込められるは我慢ならないし、ましてや嘘をつかれたり恋する気持ちを認めてもらえないのは悲しいこと。よくある親子の葛藤そのものですね。吹き替えでみたのですが、山ちゃんは勿論のこと、オリラジの藤森がかなり巧かったのも驚き。役柄にぴったりと合ってました。
あろえりーなさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2013-03-22 01:28:37)
1.《ネタバレ》 そりゃま、ドラキュラのおとっつぁんが娘のために命がけで奔走するクライマックス、ホロリと来ますよ。確かにホロリと来たさ。でもね。その奔走の理由が「娘とボーイフレンドを繋ぎ合わせるため」だなんて、ちょーっとオメデタ過ぎないですかねぇ。もし娘が原節子みたいに「ワタシ、お嫁なんか行かないワ」とか言って婚期逃しかけてりゃ心配もするでしょうけど。でもコレ、どこかの誰かさんが「ビビビ婚」とか言ってたレベルじゃないですか。父親って、そんなもんかい? それとも何ですか、今どきのオヤジは、娘の恋愛のために全面協力するんですかね(私には無理です!!!)。と取り乱すくらい違和感のあるオハナシでした。設定に似たところのある『塔の上のラプンツェル』の方が余程ピンと来る。多分この作品、オドロオドロしいモンスターたちを意識的に「いい人」に描こうとし過ぎなんじゃなかろうか。だからちょっと理屈っぽくなっちゃう。それに“モンスター”を中心に持ってくる以上、オドロオドロしさをどう醸し出すかも見せ場のはず、だけど残念ながら、モンスターたちの造形も、これだけの数を出すにしてはもうひとつヒネリが無く、特徴が薄い。そしてオドロオドロしさの代わりに、単純にオゲレツ描写に走ってしまう。発想の豊かさの点でやはり水木しげる先生は偉大だと感じた次第。 ま、でも、ホロリとは来ましたから。大いに笑わせてもらいましたから。手に汗握りましたから。つまり、愉しい作品でしたから。
鱗歌さん [映画館(吹替)] 7点(2012-10-02 23:05:15)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 6.08点
000.00%
100.00%
200.00%
318.33%
418.33%
5216.67%
618.33%
7650.00%
818.33%
900.00%
1000.00%

【ゴールデングローブ賞 情報】

2012年 70回
アニメ映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS