三銃士(1993)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > 三銃士(1993)
 > (レビュー・クチコミ)

三銃士(1993)

[サンジュウシ]
The Three Musketeers
1993年【米】 上映時間:105分
平均点:6.71 / 10(Review 56人) (点数分布表示)
アクションアドベンチャー歴史もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2015-06-21)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・ヘレク
助監督リー・クリアリー(第二助監督)
キャストチャーリー・シーン(男優)アラミス
キーファー・サザーランド(男優)アトス
クリス・オドネル(男優)ダルタニアン
オリヴァー・プラット(男優)ポルトス
ティム・カリー(男優)リシュリュー枢機卿
レベッカ・デモーネイ(女優)ミレディー・ド・ウィンター
ガブリエル・アンウォー(女優)アンヌ王妃
マイケル・ウィンコット(男優)ロシュフォール伯爵
ジュリー・デルピー(女優)コンスタンス
クリストファー・アダムソン(男優)アンリ
ヒュー・オコナー(男優)国王ルイ13世
山寺宏一(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
堀内賢雄(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/(〃【テレビ朝日】)
玄田哲章(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
宮本充(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
麦人(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
高島雅羅(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
井上喜久子(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
金尾哲夫(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
牛山茂(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大塚芳忠(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
塩屋浩三(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
森川智之(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
磯部勉(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小林優子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
谷口節(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
日野由利加(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石田彰(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作アレクサンドル・デュマ「ダルタニアン物語」第一部「三銃士」
脚本デヴィッド・ロッカリー
音楽マイケル・ケイメン
クリス・ボードマン(ノンクレジット)
編曲ジャック・ヘイズ〔編曲〕
ロバート・エルハイ
マイケル・ケイメン
ウィリアム・ロス〔編曲〕
クリス・ボードマン
主題歌スティング"All For Love"
ブライアン・アダムス"All For Love"
撮影ディーン・セムラー
レックスフォード・メッツ(第二班カメラ・オペレーター)
製作ロジャー・バーンバウム
ジョー・ロス
ネッド・ダウド(共同製作)
製作総指揮ジョーダン・カーナー
ジョン・アヴネット
配給ブエナビスタ
美術ウルフ・クローガー(プロダクション・デザイン)
衣装ジョン・モロ
ヘアメイクデヴィッド・ルロイ・アンダーソン(メーキャップ)
字幕翻訳菊地浩司
スタントサイモン・クレイン
あらすじ
17世紀フランス、若き剣士ダルタニアンは国王を守る近衛銃士隊に憧れ、パリへとやって来た。しかし、銃士隊はリシュリュー卿の陰謀により解散を命じられており、銃士を名乗る者はアトス、ボルトス、アラミスの三人だけとなっていた。ひょんな事からその三人と決闘する事になったダルタニアンだったが、リシュリュー卿の放った追手が三銃士を急襲。銃士を志すダルタニアンは、迷うことなく三銃士に加勢するが…
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
56.安心・安全、ほどほどの冒険譚。全編に流れるディズニーテイスト。画面の隅々まで小ざっぱりとして綺麗で、荒くれ者たちが集う飲み屋ですらなんだか清潔感があって、裏を返すと作り物っぽいというか。テンポ良く展開してゆくので飽きはしないけど、あまりにも分かりきった勧善懲悪なのでつまんなさも感じる。三銃士ってもともとそういうお話だったっけ?そうだ、レベッカ・デモーネイ綺麗でしたな。悪役メイクが映えるんだ、この人は。発見でした。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-09-24 00:39:36)
55.《ネタバレ》  ディズニー映画好きとしては、さくっとたのしめる爽快活劇で良かったです。
 ディズニーはいつも似たような音楽と演出で始まるので、「さあ、はっじまるよー」ってな雰囲気を感じさせてくれるのが好きです。なんか、気持ちが高揚するんですよね。ディズニー映画観るときだけは、なんか心が若返って、少年の頃にわくわくしながら映画を観ていたときと同じ気分で観ることができるのが楽しいです。
 さて、アクション+アドベンチャーではキャラが立っているかどうかってのを、個人的に大事なポイントにしています。その点では、この作品、わかりやすすぎるキャラ設定で難なく物語を楽しめます。このわかりやすさもディズニーの良さでしょう。
 個人的には左手からいろんな武器をだすポルトスが最高に好きなんですけど、アラミスにしろアトスにしろダルタニアンにしろ、それぞれ個性が光っていて誰のシーンも楽しいんです。みんなが活躍してくれるのがとにかく嬉しい。
 それに、終盤、例のセリフを三銃士が国のあちこちにばらまいたら、仲間たちがそれぞれ隠していた制服を一斉に取り出すシーンがたまらないです。この王道すぎる盛り上げ方は、ディズニー映画って本当に上手です。わかっていても、気持ちが盛り上がってしょうがない。
 ちょっとだけ物足りないかなーと思ったのは、悪役さん達がちょっと少ないことでしょうか。もっといろんな強えー奴いっぱい出してほしかったかも。まあ、それでも最後まですっかり楽しませてもらえて満足です。やっぱディズニーは良いですね。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2013-07-10 16:40:12)(良:1票)
54.少年頃読んだ原作や昔見た三銃士の映画とは随分趣が異なる。複雑な人物関係やストーリーを単純化(作り替え)し、善者(王と王妃側)と悪者(枢機卿側)をはっきり分けているので非常にわかりやすい。そしてまたコミカルな要素もふんだんでおもしろくさせている。貢献者はティム・カリーのリシュリュー枢機卿か。ただド・ウィンター夫人があっさり死んでしまうのがちょっと惜しいけど・・・。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 7点(2013-02-28 22:28:09)
53.《ネタバレ》 それなりにドタバタしているんですが、特筆するようなことは何も起こらず、私的にはつまらない部類に入ります。緊張感が足りないんですね。そんな中、一人だけ強い魅力を放つのが、レベッカ・デモーネイ演じるアトス(=キーファー)の元奥様。綺麗でワイルドで情が深くエッチ。でも、こんなにご都合が蔓延している作品なのに、彼女だけは法に照らした罪を問われて律儀に断崖から身を投げてしまいます。理解に苦しむ勿体なさ。もう一人、色・金・権力、すべての欲望を下品に滴らせた枢機卿はステレオタイプを越えた俗物ぶりで、なかなか見応えありました。おっと、三銃士&ダルタニアンの映画だったっけ。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-06-17 13:59:03)
52.サプライズのカケラもない予定調和なヒーローもの。こういうのはキムタクにでもやらせておけば十分でしょう。当時絶好調だったはずのC・シーンが、どうしてこんな“地味”な役を引き受けたのか、いささか疑問です。それと、やっぱりJ・バウワーには剣より銃が似合いますね。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2012-04-30 11:38:38)
51.《ネタバレ》 そこそこ面白い。
あれ?こんな話だっけ?って思いながら当時見たけど、ディズニー的なすがすがしいアレンジが施されていて悪くなかった。

演者もテーマソングも強力な三銃士で、なんか90年代って良い時代だよなって思わされる。
決して出しゃばらないし、お祭り騒ぎもしない。節度の時代だったのかな。
黒猫クックさん [ビデオ(字幕)] 6点(2012-04-12 01:53:39)
50.2012.03/30 鑑賞。原作 は有名なアレクサンドル・デュマ 「ダルタニアン物語」第一部「三銃士」ですが、もう一つ分かっていませんでした。三銃士はアトス、ボルトス、アラミスの三人を指し、ダルタニアンは三銃士で無く、新たに四銃士になったんだね 。スピーディ感溢れ、音楽「All For Love」も楽しめた。「All For One, One For All」の言葉が印象に残る。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-03-30 18:41:37)
49.あの行きあたりばったりで思いつくまま書き散らしたような原作(それでも話が収まるからスゴイ)、もちろんそのまま映画化もできない訳ですが、原作をある程度下敷きにしつつも、活劇中心にうまくまとめています。まあ要するに危機また危機、アクションまたアクションで、子供も結構楽しんで観てました。死人続出の映画ではありますけれど。眼帯男にハゲ大男など、ワルモノのキャラ立ち具合も良いし、危機にはきっと仲間が助けにくる安心感も良い。という、ファミリー向けに楽しめる作品です。三銃士を演じるは80年代若手スターのチャーリーにキーファー。ん? もうひとりは、アンタ誰?
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-03-11 09:57:15)(笑:1票)
48.《ネタバレ》 ミラ・ジョヴォヴィッチの『三銃士』を見て、ミレディのスーパーウーマンっぷりと不可思議な飛行船にビックリ仰天したアタシは、原作は一体どんなお話だったかしら??と思ってコレ見ることにしたんだけど…どうやらこっちも原作とはかなり違うみたいね。 それにしても豪華なキャストねー。 ダルタニアンと三銃士の面々はもちろんだけど、アタシ的にはレベッカ・デモーネイの色気ババアっぷりとジュリー・デルピーのフランス女優!って感じがけっこううれしかったわ。 予定調和のもとに淡々と進んでいくストーリーは、確かにきれいにまとまりすぎてて若干インパクトには欠けるけど、まあ楽しめたわよ。 そしてラストで流れるテーマソング! ブライアン・アダムスとロッド・スチュワートとスティングなんてメチャクチャ豪華!! そういえば当時よくラジオで流れてたわよねー。 …キャストも主題歌もかなりお金かけてそうな割にあんまりヒットした記憶がないから、ちゃんと元は取れたのかしら??とか下世話な心配しちゃったわよ、アタシったら。 オホホ。
梅桃さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-11-29 14:27:54)
47.音楽が安っぽくて軽すぎて、見ていていらいらしました。サザーランドとチャーリー・シーンが悪人面にしか見えないのも難点。せっかくこのキャストなんだから、中途半端に風格有武芸者風の扮装にしなくてもよかったんじゃない?あと個人的には、ジュリー・デルピーのコンスタンスをもう少し見たかった。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2011-11-16 20:03:51)
46.《ネタバレ》 テンポよくわかりやすい娯楽作品です、ベタというか王道で楽しめます。
ないとれいんさん [地上波(字幕)] 7点(2011-11-13 22:49:28)
45.《ネタバレ》 何度も映画化されるのはフランス文学にしては陽気で血気盛んなムードが好まれてのことかと思いますが、これはその軽さを強調したライトで原作の要素少ない娯楽映画。 コンスタンス(フランスの香りはジュリー・デルピーだけ?)の夫ボナシウなんて出てこずバッキンガム公も名前だけの登場、アンヌ王妃(可愛いガブリエル・アンウォーは「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」につづいてオドネルと共演)は夫ルイ13世ラブ…とおふらんす的不倫部分は除いて、百合の刺青ミレディ(レベッカ・デモーネイ)も悪女ってほどではない。 長所はダルタニアン(クリス・オドネル)たちが過去の映画化より役に近い年令なことですが銃士たちの印象は弱く、一番目立ってるのは赤い法衣をひるがえすティム・カリーの濃ゆいリシュリュー枢機卿かも。 原作では灰色だった卿を隻眼黒衣のロシュフォールとともに完全黒にした冒険活劇は楽しいけれど、ものたりない気もしました。 チャーリー・シーンがアラミスっていうのもどうかなぁ。 「ロビン・フッド」でも主題歌を歌ったブライアン・アダムスがスティングとロッド・スチュアートと3人で、こちらも歌う三銃士♪
レインさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-04-21 12:00:09)
44.《ネタバレ》 ディズニー映画だったんですね。
暗闇を船がやってくる描写とか、悪役の枢機卿の“ジャファー”っぽい感じとか、これはもうディズニーのノリですね、なんとなく。
ディズニーは好きです。大砲に狙われても陽気なところとか、、、。
変な話“陽気さ”っていうのは生きるうえで一番失ってはいけない心であると、そうディズニーは教えてくれているようで、
それが未だに数々のディズニー作品にも受け継がれている気がします。
しかしその“陽気さ”とは、文明の進歩とともに最も忘れ去られた心なのだと思います。
もし敵に命を狙われても陽気に立ち向かわねばならない、そんなのは現実じゃとても無理なんですが、
変な話、いま生きているこの人生も一瞬の花。それなら陽気に過ごさねば綺麗な花は咲きません!
話が大きくそれましたが、なかなか面白かったです。
男ならば80%位は憧れる騎士の世界です。仲間、誓い、といった若い男子のスポコンの血を熱くさせる青春ファンタジーです。
陛下は目がパッチリお鼻が高くて凄く美形です。枢機卿は憎ったらしいなコリャ、、、。
悪役だけどカッコイイ眼帯の黒い騎士が良いです。
ディズニーの映画は人の心の芽生えのまだ若い青春の中にあって、その青春から心が完全に離れてしまっている人には全く楽しめないのだと思います。
ディズニーらしさがあって良い感じでした。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 6点(2011-04-03 03:46:26)(良:1票)
43.ディズニー映画とは知らなかった。さすが、ディズニー、そつのない完成度で、思ってたよりおもしろかった。映像もきれい。映画として、もっとヒットすれば、ディズニーランドのアトラクションにもなったんだろうなあ。
フラミンゴさん [地上波(吹替)] 5点(2009-02-16 20:08:28)
42.ストーリもテンポ良くいい感じ。
ジダンさん [ビデオ(字幕)] 6点(2007-10-26 21:09:27)
41.定番というか王道というか、この手のもののポイントは過不足なくおさえてある。娯楽作として十分水準は満たしている良作だとは思う。でも手堅すぎるのか、まとまりすぎているのか、あまり魅力を感じない映画。
MARK25さん [DVD(字幕)] 6点(2007-01-07 20:30:46)
40.完璧と言ってもいいほどに予定調和な展開で最後まで見せる映画。「実はこいつは悪いやつ」とか「実はこいつ死んでない」とか、新橋のサラリーマンに「ここからの一番ありそうなストーリー予想」をシーン毎に聞いていったら必ず予想一位になるだろうお約束のストーリー展開で最後まで見せきります。そのあまりのお約束っぷりは見事。(←誉めてます。そう読めないかもしれませんがw)
 
普通の日本人の僕には「三銃士」自体になじみがないのでノメリコミ感がイマイチ低かった事が最大の問題。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-01-21 23:19:47)
39.かっこよさそうだから観てみたけど、思っていたのと違った。
Geneさん 4点(2005-02-07 05:56:51)
38.その昔『クールランニング』と2本立てで見て感動した。今見てもそこそこに面白いが、若かりしころに感じた爽快感はなかった。良き時代のディズニー映画。
HKさん 7点(2004-08-20 07:50:26)
37.三人がかっこよかったのでよかったです。ストーリーはまぁまぁで。
幕ノ内さん 8点(2004-08-15 17:10:11)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 56人
平均点数 6.71点
000.00%
100.00%
200.00%
311.79%
4610.71%
547.14%
61323.21%
71730.36%
8712.50%
947.14%
1047.14%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review2人
4 音楽評価 6.00点 Review2人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

1993年 14回
最低助演男優賞クリス・オドネル候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS