渋谷のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 渋谷
 > (レビュー・クチコミ)

渋谷

[シブヤ]
2009年【日】 上映時間:78分
平均点:7.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-01-09)
ドラマ
新規登録(2013-04-28)【8bit】さん
タイトル情報更新(2015-03-15)【3737】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督西谷真一
キャスト綾野剛(男優)水澤一成
佐津川愛美(女優)ユリカ
松田美由紀(女優)ユリカの母
ARATA(男優)ヘルスの店員
大島優子(女優)ユウ
斎藤工(男優)
西村和彦(男優)ヘルスの客
石田えり(女優)栗山
三村恭代(女優)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 渋谷内の とある空間、そこでのみツーショットになれる関係。
水澤一成とユリカの会話とその空間においてすごく惜しく感じるのは せっかくだったら45分コースの45分間をリアルに使い切ってほしかった。もしもその45分間をリアルな尺で撮っていたなら客としての自分とお店側の佐津川愛美ということでかなりのバーチャル体験となっていたんじゃないかとさえ思えたんですがね 惜しい。
そしてその二人の空間を埋めた長い台詞と長いシーンにおいて一番ドキッとしたのは『(もしかして)嘘ついてたの!?』 と彼女が男を睨んだ瞬間と睨み続けるその鬼の形相だったけど、そこに彼女の女優魂みたいなものをメラメラと感じた。いやホントすごい形相だった。ただし、実際には水澤、別にそこは嘘をついてるわけではなかった だから信用を失う事なく次の会話へと続いていったあたりに清々さを感じた 二人の会話にずっとひきつけられた事となるのであった。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-03-14 23:55:59)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
71100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS